撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

府内初!スーパーに選挙の投票所を設置 ~株式会社阪急オアシスと協定を締結しました~

2019年02月07日 | こんなことがありました!

箕面市では、平成31年4月に執行予定の大阪府議会議員選挙から、阪急オアシス箕面店(箕面市瀬川5丁目1番1号)に投票所を設置します。選挙当日の投票所をスーパー等の民間店舗内に設置することは、大阪府内の自治体では初めてです。

選挙当日の投票所となる阪急オアシス箕面店のレストスペース(イートインコーナー)

 

瀬川地区の投票区は、幅員の広い国道171号線で南北に分断されていて、有権者の皆様の投票所までの移動が大きな課題となっていました。

 

そこで、この地域内に新たな投票所の設置を検討していたところ、株式会社阪急オアシスさんのご協力により、阪急オアシス箕面店内の「レストスペース(イートインコーナー)」を投票所としてご提供いただけることになりました。

 

阪急オアシス箕面店に投票所を設置することで、この地域の有権者の皆様の移動の負担は大幅に軽減されます。また、お買い物ついでに投票ができるようになりますので、投票の利便性が格段に向上します。

幅員が広い国道171号線。これからは、ここを渡らなくても投票所へ行けるようになります。

 

設置に当たり、1月28日(月曜日)、箕面市と株式会社阪急オアシスは、「選挙等の投票所の設置に関する協定」を締結しました。

(右 株式会社阪急オアシス取締役 永田靖人 さん)
(左 箕面市選挙管理委員会 杉本良廣 委員長)

 

株式会社阪急オアシス取締役の 永田靖人 さん は、「このような取り組みがモデルとなって、他の自治体にも広まれば良いですね。今回の取り組みで、投票率が上がることを期待しています。」と話されていました。

箕面市選挙管理委員会 杉本良廣 委員長 は、「阪急オアシスさんが普段お客さんが利用されているイートインコーナーを投票所としてご提供いただき、大変感謝しています。これで有権者の皆様が投票所へ行くのに広い国道を渡らなくてすむなど、投票環境が大幅に改善されますので、投票率の向上につながるものと大いに期待しています。」と話しました。

 <投票しやすくなってよかったモミ!
                    <阪急オアシス様ありがとうでござる~

 


「火渡り修行」で無病息災を祈願!帝釈寺で福護摩祭りが行われました

2019年02月06日 | こんなことがありました!

護摩木(ごまき)を焚き、新しい年のご多幸と安全を祈念する伝統行事「節分会 福護摩(ふくごま)祭り」が、平成31年2月2日(土曜日)に帝釈寺(箕面市粟生外院2丁目14番11号・小西徹定 住職)で行われ、恒例の「火渡り修行」に約380名の参拝者が挑戦しました。

 

午後1時頃、清められた薪とヒノキの葉で建てられた護摩壇(ごまだん)に火がつけられると、積み上げられた薪が大きな火柱を立てて燃え上がり、辺り一面は白い煙で覆われました。

 

そして、山伏が祈祷を行う中、願い事の書かれた護摩木約2,500本が、次々と火の中へ投げ入れられました。

 

その後、まだ煙が立ち上る護摩木の灰の上(長さ約5メートル・幅約1.5メートル)を、無病息災、厄除、家内安全などを祈願しながら素足で歩く「火渡り修行」が行われました。

 

まずは、住職や山伏が渡りました。

 

次に、一般の参拝者が火渡りに挑戦しました。般若心経が唱えられる中、子どもからご高齢のかたまで幅広い年齢層の参拝者が、一歩一歩大切に素足で灰を踏みしめながら、厳かに渡りきりました。

 

参拝者は、渡りきった後、「火渡り成満(火渡り修行を無事終えました)」と書かれた半紙に、灰のついた足の裏を押しあてて足形をとり、「火渡り修行」に挑戦した記念として持ち帰りました。

 

火渡り修行に挑戦した福西美穂さんは、「熱くて今も足がポカポカしてますが、その分、御利益がありそうです」と話しました。

 

 また、美穂さんのお子様の信人さんは「熱かったけどとても気持ちよかった!」と元気に話しました。

 

【節分会 福護摩祭り】毎年、2月2日に開催

午前10時30分~ 新年星祭り護摩祈祷

正午~ 柴燈大護摩(福護摩

 

柴燈大護摩終了後 火渡り修行

お問い合わせ先
高野山真言宗宝生山 帝釈寺
電話:072-729-4028

<モミジーヌも、お願い事しながら素足で渡りきったよ! 


「ここに止めたらじゃまやねん」 小学生の絵で放置自転車を防止します

2019年02月04日 | こんなことがあります!

箕面市では、駅周辺の放置自転車を防止するため、小学生が描いた絵を活用した路面シートを、放置自転車禁止区域の道路に貼り付けます。この取組は、平成28年度から隔年で行われており、今回で2回目を迎えます。

 

路面シートに活用する絵は、市内の公立小学校4~6年生を対象に、夏休み中の自由研究として「放置自転車の防止」「駐輪マナーの向上」をテーマに募集しました。その結果、329作品の応募があり、最優秀賞(1点)と優秀賞(5点)に選ばれた作品を路面シートにして、阪急箕面駅・牧落駅・桜井駅の周辺道路に貼り付けます。

 

作品には、見た人がハッとするようなインパクトのあるイラストや、「ここに止めたらじゃまやねん」「危険 めいわくやめて」といった標語が描かれており、どれも自転車の放置に対する小学生の素直な気持ちが込められています。

最優秀賞

優秀賞(5作品)

 

また、最優秀賞と優秀賞の受賞者表彰式を、平成31年2月9日(土曜日)午後2時から、箕面文化・交流センターにおいて行います。

前回の表彰式のようす
 

表彰後、入賞作品6点を加工した路面シートを、受賞者が実際に歩道に貼り付ける「貼付式」が行われます。路面シートは、1作品につき5枚・計30枚作成します。貼付式で使用した分を除く残り24枚のシートは、順次、駅周辺道路に貼り付けられる予定です。

前回の貼付式のようす
 

併せて、応募作品329点全てを展示する「放置自転車防止絵画作品展」が、2月5日(火曜日)から10日(日曜日)まで、箕面市立メイプルホールで開催されます。

前回の作品展のようす

 

放置自転車対策に取り組むみどりまちづくり部道路管理室の担当者は、「市全体では、放置自転車は減少傾向にありますが、まちの美観と安全を守るために、今後も対策は欠かせません。子どもたちが素直な気持ちで描いた絵が、自転車の放置を思いとどまらせる抑止力になると期待しています」と話しました。

【表彰式・貼付式】
日時:2月9日(土曜日) 午後2時から
場所:表彰式 箕面文化・交流センター(箕面6-3-1)
貼付式 池田泉州銀行箕面駅前支店前

【放置自転車防止絵画作品展】
期間:2月5日(火曜日)から10日(日曜日)まで
時間:午前9時から午後10時まで ※最終日のみ午後5時まで
場所:箕面市立メイプルホール(箕面5-11-23)

【お問い合わせ先】
箕面市 みどりまちづくり部 道路管理室
電話:072-724-6748(直通)
ファックス:072-723-5581

<絵の上に自転車を止めないでね!


「第20回万里の長城杯国際音楽コンクール」及び「第22回PIARAピアノコンクール」に出場された大川紗花さんに箕面市長表彰!

2019年02月04日 | こんなことがありました!

昨年3月に行われた「第20回万里の長城杯国際音楽コンクール」(主催:中国音楽理事会)小学生の部Bにおいて第1位を獲得され、また昨年7月に行われた「第22回PIARAピアノコンクール」(主催:日本ピアノグレード認定協会)ジュニアB部門においてアポロ奨励賞を獲得された大川紗花さんに、1月24日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、大川さんは2回目の市長表彰となります。



大川さんは、これらのほかにも昨年12月に行われた「東京国際ピアノコンクール」小学生高学年部門において第2位となるなど、様々なコンクールで賞を獲得されています。
また、ピアノの他にも、習字、体操、バレエ、ダンスを習っていて、前回の表彰時よりもさらに忙しい日々を送られています。これらは全て大川さんがやりたいと思っていることをやっているそうです。



以前、大川さんは「宝塚歌劇団に入りたい」と目標を話されていましたが、現在はその夢を叶えるため、元宝塚歌劇団の先生にダンスやバレエを習っているそうです。



倉田市長は、「前にも増して忙しそうですが、夢に向けてこれから取捨選択することもあると思います。これからも頑張ってください」と激励しました。



<大川さん、おめでとうございます!これからもいろいろな事にチャレンジするモミ!


「K-4 JAPAN CUP 2018」において優勝された岡部こころさん、岡部神風さんに箕面市長表彰!

2019年01月31日 | こんなことがありました!

昨年10月に行われた「K-4 JAPAN CUP 2018」(主催:JAPAN CUP 実行委員会)に出場され、小学5年生部において優勝された岡部こころさん、小学1・2年生部において優勝された岡部神風さんに、1月23日(水曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、岡部こころさんは4回目、岡部神風さんは3回目の市長表彰となります。





姉の岡部こころさんは、今大会3連覇を達成されました。今大会は男女混合で行われているため、高学年の部で女子が優勝するのは大変なのだそうです。
また、弟の岡部神風さんは今大会は初優勝となります。
こころさんは、決勝戦でリードしていましたが終了直前で追いつかれ、延長戦で再度リードして優勝したとのことです。神風さんも決勝戦で延長戦を制して優勝したとのことでした。



お二人はそのほかにも数多くの大会で優勝されており、昨年の優勝回数はこころさんが14回、神風さんは9回だそうです。
これほど優勝できる秘訣について伺うと、こころさんは「勝つための練習をしてきたからです」と話されました。神風さんはこころさんの活躍が刺激になっているようで、こころさんがベルトやトロフィーをもらうたびに「自分も欲しい」と言って頑張るそうです。



お二人は今月末に開催される「リアルチャンピオンシップ」に出場するほか、来月からも様々な大会に出場を予定しています。この「リアルチャンピオンシップ」でも、こころさんは大会3連覇がかかっているとのことでした。



倉田市長は、「まだまだ戦いは続きますが、これからも頑張ってください」と激励しました。



<こころさん、神風さん、おめでとうございます!これからも二人でたくさん優勝をめざすモミ!


「第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」において第3位となった南方海至人さんに箕面市長表彰!

2019年01月30日 | こんなことがありました!

昨年10月に行われた、「第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」(主催:一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会)において第3位となった南方海至人さんに、1月16日(水曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、南方さんは3度目の市長表彰となります。



南方さんは一昨年(2回戦敗退)、昨年(ベスト8進出)に続き、3年連続の出場で、今大会ではこれまでを上回る第3位という好成績をあげられました。
今大会では、2回戦で昨年2位の選手に勝ち、3回戦では昨年負けた選手に勝ったそうです。この成績について南方さんは、「自分の力が伸びているという感じはあります」と話されました。



試合中は一切の応援が禁止されており、セコンドも入ることができません。これについて、同席された井上師範は「親やコーチの言いなりになることなく、自分で考えて戦うことを目的としています」と話されました。



南方さんは、今月末に「リアルチャンピオンシップ」という大会に出場されるほか、2月からは全国各地で始まるJKJO本大会への出場権をかけた指定大会にも出場されます。
今後の目標について伺うと、「JKJOで1位になりたい」と話されました。



倉田市長は、「まずは出場権を獲得できるように、トレーニングをしっかり積んで、いい結果を出してください」と激励しました。



<南方さん、おめでとうございます!来年こそは優勝だモミ!


人命救助に貢献された4名の方に箕面市消防長表彰!

2019年01月29日 | こんなことがありました!

 1月28日(月曜日)、心肺停止状態の男性に救命処置を行い尊い命を救った、冨岡さん、田中さん、竹﨑さん、前田さんに表彰状が贈られました。(冨岡さんは、ご都合により表彰式にお越しいただくことができませんでした。)

 

 平成30年11月25日(日曜日)、勝尾寺付近の路上で中年男性が突然倒れ、心肺停止状態に陥る救急事案が発生しました。偶然に付近を通りかかった冨岡さんが直ちに通報し、その後、田中さん(元看護師)と竹﨑さん(看護師)が協力して心臓マッサージを行うとともに、周囲の人にAEDの手配を依頼しました。
 知らせを聞いた勝尾寺職員の前田さんは、すぐに施設のAEDを現場まで届け、田中さんと竹﨑さんは、そのAEDで電気ショックを行い、救急隊が到着するまで心臓マッサージを継続しました。

 その結果、救急隊が現場に到着した時には、倒れた男性は心拍、呼吸が再開しており、速やかに病院へ搬送することができました。男性は、その後、病院で意識を回復し、現在は、後遺症なく社会復帰されています。 

 田中さんは、「倒れている人を見つけたら、誰でも助けに行くと思います。私も当然のことをしたまでです。」と話されました。
 また、竹﨑さんは、「定期的にAEDの取り扱い講習を受けているのですが、少し前にも講習を受けたところでしたので、落ち着いてAEDの音声ガイダンスに従い電気ショックをすることができました。」と話され、前田さんは、「私は、お寺に勤めていますので、人と人とのご縁の大切さをよく感じます。今回はそのご縁がつながって、人の命を助けることができ本当によかったと思います。」と感想を述べられました。

  <とっても勇気ある行動だね!表彰された皆さん、どうもありがとうございました。

 


勝尾寺で消防訓練がありました!

2019年01月22日 | こんなことがありました!

1月22日(火曜日)、勝尾寺で自衛消防隊、箕面市消防団及び箕面消防署の総勢57名、消防ポンプ車など4台が参加し、合同で消防訓練を行いました。

この訓練は、1月26日の文化財防火デーに伴い、箕面市内の文化財を火災などから守るとともに、市民及び施設管理者等の文化財愛護に関する意識の高揚と、消防職員・消防団員との連携強化を図ることを目的として実施しました。
訓練内容は、勝尾寺の本堂から出火したという想定で行いました。


「火事です!!」119番をかけ、あわてずに、住所、氏名、状況などを通報しました。

 自衛消防隊が、重要物品である「勝ちだるま」を本堂から搬出しました。

 自衛消防隊が、屋外消火栓を使用して、初期消火を行いました。

 消防隊が到着し、現場指揮本部を設置しました。

 消防団が、防火水槽に部署し送水を開始しました。

 消防隊が、出火建物にホースを延長しました。

 消防団と連携して放水しました。

 最後に訓練総指揮者から訓練の講評が行われました。

 

みなさん、寒い中、真剣に訓練に取り組んでおられました。


<文化財は、世界に二つとない貴重な財産だね。みんなで守っていこうね!

 

 


「第73回国民体育大会水泳競技大会」女子少年B100mバタフライ第3位の星山茅奈さんに箕面市長表彰!

2019年01月21日 | こんなことがありました!

昨年9月に行われた「第73回国民体育大会水泳競技大会」(主催:公益財団法人日本体育協会ほか)女子少年B100mバタフライ第3位の星山茅奈さんに、1月7日(月曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、星山さんは今回で通算12回目の市長表彰となります。



星山さんは、第73回国民体育大会水泳競技大会において、女子少年B100mバタフライにおいて第3位となり、女子4×100mメドレーリレーでは第三泳者として出場され、この種目で優勝されています。



そのほか、昨年8月には第86回日本高等学校選手権水泳競技大会と第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会、同10月には第14回世界選手権代表選手選考会、同11月にはFINAスイミングワールドカップ2018東京大会など、多くの全国大会や国際大会に出場されています。



現在の星山さんの目標は、今年4月に開催される日本選手権水泳競技大会に出場することで、3月中旬の大会参加申込期限までに標準記録を突破するために日々練習に励まれています。



倉田市長は、「標準記録をクリアできるよう、これからも頑張ってください」と激励しました。



<星山さん、おめでとうございます!体に気をつけて、これからも頑張るモミ!


「箕面市成人祭」開催!

2019年01月18日 | こんなことがありました!

1月14日(月曜日・祝日)、箕面市立メイプルホールで平成30年度箕面市成人祭を開催しました。

今年度、箕面市では1,481人(男性:722人、女性:759人)のかたが成人となられました。
おめでとうございます!!


開式前には、箕面市少年少女合唱団のみなさんが、新成人を応援する歌を披露してくれました。

 


当日は天気が良く、多くの新成人が参加されました。


新成人を代表して、樹山仁周さんと吉海優芽さんが力強く「誓いのことば」を述べました。

倉田市長、藤迫教育長より新成人代表のお二人に花束の贈呈です。

 

 

第二部は、採用1年目の新規採用職員が企画・運営し、ゲストパフォーマンス、抽選大会が行われました!

梅花女子大学チアリーディング部レイダースのみなさん

箕面市青少年吹奏楽団のみなさん

素敵なパフォーマンスで会場を盛り上げていただきました!


豪華景品が当たる抽選大会では、

 

ワイヤレススピーカーやアクションカメラ、

有名テーマパーク入場券、韓国旅行など、素敵な景品が盛りだくさんでした。


閉式後、パンフレットに自分の夢を書いて参加する夢ボード抽選でも、

たくさんの景品が用意されていました!

景品は箕面市内の企業や団体のみなさまから協賛していただいたものです。
ご協力、本当にありがとうございます。


また、新成人が小・中学校を卒業した時の恩師のみなさまからメッセージをいただき、新成人のみなさんにお配りしました。

ご協力いただいた恩師のみなさま、ありがとうございます。

 来年度は平成11年4月2日から平成12年4月1日生まれのかたが対象です。
ぜひ、ご参加ください。

 <新成人のみなさん、本当におめでとうモミー!