撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

ニュージーランドの柔道選手と交流してみませんか?

2019年09月17日 | こんなことがあります!

箕面市では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会におけるニュージーランド柔道のホストタウンに登録されたことに伴い、2020年の大会までの間、ニュージーランド文化や柔道をはじめとするスポーツに触れる機会を提供していきます。

今年度は、9月29日(日曜日)から10月12日(土曜日)の14日間、ニュージーランドの柔道ナショナルチームが箕面市を訪れ、箕面市柔道協会のご協力を頂きながら、第一総合運動場(武道館)で柔道の練習やトレーニングを行います。

ニュージーランド柔道のナショナルチームの皆さんは、東京オリンピックの出場をめざし、滞在中は、日々ハードな練習やトレーニングを行う予定にしていますが、10月5日(土曜日)には、市民交流イベントを開催します!

ニュージーランドの遊びを一緒に体験するコーナーや技のかけ方を教えてもらうコーナー、世界で戦う選手の迫力を間近で体感できる柔道のデモンストレーションのコーナーなど、様々なプログラムを用意しています。

日頃なかなか交流できない貴重な機会となっていますので、ぜひご参加ください!

また、小学生以下の参加者には、もれなくゆずるのオリジナル缶バッジをプレゼントします。この日しか手に入らない限定缶バッジをゲットしてください。

 

■日時

令和元年(2019年)10月5日(土曜日)午前10時から正午

■場所

第一総合運動場(武道館) (新稲3-12-1)
※駐車場に限りがあります。公共交通機関等をご利用ください。

■内容

1. 一緒に遊ぼう(事前申込みが必要です)

柔道選手と一緒にニュージーランドの遊びを体験。日本とルールは一緒かな??日本とニュージーランドの違いを発見してみよう!!

時間:午前10時から11時
対象:小学生
定員:40人(先着順)

2. 世界の柔道を体感(事前申込み不要。直接会場にお越しください)

世界でたたかう柔道選手の迫力を間近で体感。技のかけ方を教えてもらおう!受け身にも挑戦!?

時間:午前11時から正午
対象:どなたでも

3. その他

会場でニュージーランド柔道選手への応援メッセージ記載ブースを設けています。メッセージを書いて、ニュージーランド柔道選手を応援しよう!

申込み・問い合わせ:人権文化部 文化国際室

電話:072-724-6769
ファクス:072-724-6010
メール:kokusaievent★maple.city.minoh.lg.jp
(★を@に変更してください)

 

<モミジーヌも、技のかけ方を教えてほしいモミ~!


熱演!力作揃い!箕面市青少年文化祭!

2019年09月13日 | こんなことがありました!

9月7日(土曜日)と8日(日曜日)の2日間にわたり、箕面市立メイプルホールにおいて、「第27回箕面市青少年文化祭」が開催されました。

 

このイベントは、中学校の文化系クラブを中心に、市内で文化活動を行う子どもたちが集まり、日頃の活動の成果を発表する芸術・文化の祭典です。

今回は、舞台発表に17団体、作品展示に16団体が参加しました。

箕面市立メイプルホールのロビー・小ホール・リハーサル室には、絵画や写真、陶芸など、子どもたちの個性豊かな作品がたくさん展示され、来場されたかたもじっくり見入っておられました。

 

作品展示(ロビー)

 

作品展示(小ホール)

 

作品展示(リハーサル室)

 

階段にも作品があり、来場者の目を楽しませてくれました。

 

また、ロビーでは1日目は四中茶華道部・彩都の丘中茶道部によるお点前披露、2日目は六中美術部によるビーズなどを使った「キラ☆キラ☆キラッとクラフトコーナー」が行われました。

 

舞台では、バンド演奏、吹奏楽、演劇、ダンス披露、放送部による映像作品の上映など、多彩なパフォーマンス、熱いステージが披露されました。

また、両日とも出演団体合同のカーテンコールでステージはしめくくられました。

 

1日目の様子

 

2日目の様子

 

青少年文化祭に参加している子どもたちは、舞台発表、作品展示だけでなく、実行委員会協力スタッフとして司会や受付、誘導、場内整理、作品監視、会場の片付けなど青少年文化祭を行うための様々な役割も務めました。

司会は出演者へのインタビューも!

 

受付は来場されたお客さんに笑顔で挨拶!プログラムを勧めます。

 

< 幼稚園児から高校生までのバラエティーに富んだ作品や発表で、出品・出演した子どもたちもお客さんも笑顔にあふれていたよ!モミジーヌも参加したいモミ~♪


あれもこれも100円で買っちゃおう!来場者数 約2万人の大人気企画「箕面100円商店街」が開催されます

2019年09月12日 | こんなことがあります!

各店舗選りすぐりの目玉商品を100円で購入できる大人気企画「箕面100円商店街」が、9月21日(土曜日)、22日(日曜日)、28日(土曜日)、29日(日曜日)の4日間にわたって、箕面市内の5エリア・計133店舗で開催されます。


(箕面100円商店街のポスター。ゆずるの家族がとってもかわいいですね。)

 

平成22年に初めて開催され、今回で11回目の開催となる「箕面100円商店街」は、商店街の魅力の再発見と地域の振興を目的とし、商店街全体を100円ショップと見立て、各店舗が特徴を生かした目玉商品を100円で提供する企画です。

各エリアの店舗では、100円の目玉商品がきっかけとなって、他の商品を購入したり、開催日以外の来店者数が増加することで、売上が向上するなど、箕面市の商店街の活性化に大きく貢献しています。

昨年開催した第10回「箕面100円商店街」には、約2万人もの来場者が訪れ、大きな賑わいを見せました。


(昨年のようす。お店に並ぶ来場者のかた。)

今回の100円商店街では、人気の「からあげorハッシュドポテト入れ放題」、「絆創膏100枚入り」、「100万円ぴったんこゲーム」などに加え、新たに「半生食感!もちもちフランス伝統菓子カヌレ」、「能勢栗のつかみ取り」、「ブランド食器」などの魅力的な商品がすべて100円で販売されます。

また、100円商品だけでなく、昨年好評を博したお得感満載の500円商品と1,000円商品が今年も登場します。

 

開催日は、魅力的なイベントが盛りだくさんです。

桜井エリアでは、100円商品を購入すると「100円★KIDSパーク」で遊べる100円券がもらえる「100円キャッシュバック」が行われます。

桜井駅前広場・プロムナードで行われる「100円★KIDSパーク」では、パフォーマーとのジャグリング体験やラジコンカーサーキットに挑戦できたり、また、今年からおいしいドーナツやマカロンを購入できる「100円おやつブース」を併設しています。

その他にも、粟生エリアでは、子どもに人気のエアーマットで遊べる「ふわふわ遊具」が設置されたり、箕面エリアでは、タッキー81.6による開局24周年イベント「タッキー大集合!」が開催されるなど、楽しいイベントが目白押しとなっています。


(昨年のようす。桜井エリアの広場でのステージショー。多くの人で賑わっています。)

昨年同様、箕面市PRキャラクターの「滝ノ道ゆずる」が、全エリアで100円商店街を盛り上げます。

特別キャンペーンとして、各会場でゆずるを見つけて、購入した商品をゆずるに見せること等を行うと、先着100名様に各会場毎のオリジナル缶バッジをプレゼントします。

 

箕面100円商店街を主催する箕面商工会議所の渡部所長は「箕面100円商店街は、気軽に箕面の商店の魅力を知っていただけるイベントです。また今年は、商品力の向上や開催イベントの強化により、昨年よりも更に楽しんでいただくことができる内容となっています。リピーターのかたもはじめてのかたも、ぜひ箕面100円商店街にお越しください。」と話しました。

 


(チラシ表面)


(チラシ裏面)

 

■「箕面100円商店街」概要

・9月21日(土曜日) 桜井エリア

・9月22日(日曜日) 牧落エリア

・9月28日(土曜日) 粟生エリア、小野原エリア

・9月29日(日曜日) 箕面エリア

開催時間 午前10時~午後3時(全エリア共通)

 

■関連イベント

○開局24周年SP「タッキー大集合!」

【日時】9月29日(日曜日)午後0時5分~3時

【場所】箕面駅前野外ステージ

【内容】ラジオ公開生放送、レッツ防災コーナー、ミニ箕面100円商店街 など

【費用】無料(ミニ箕面100円商店街は有料となります)

【問い合わせ】電話 072-728-3210

 

■「箕面100円商店街」についてのお問い合わせ

○箕面商工会議所

・電話072-721-1300

・詳細については下記URLから確認できます

http://www.minohcci.or.jp/latest_information/201908284561/

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

 

 

<100円、500円、1,000円…買いたいものが多すぎて迷っちゃう…。


第6回「阪急箕面線ぶらり歩き箕面・牧落・桜井はしご酒80カ所巡り」が開催されました!

2019年09月12日 | こんなことがありました!

2019年9月6日(金曜日)、7日(土曜日)の二日間にわたり、阪急箕面線3駅(箕面駅・牧落駅・桜井駅)周辺の飲食店で、絶品フードとドリンクのセットがワンコイン(税込み500円)で楽しめるイベント「阪急箕面線ぶらり歩き箕面・牧落・桜井はしご酒80カ所巡り」が盛大に開催されました!

 

「はしご酒」は、阪急箕面線3駅周辺の飲食店事業者が中心となり、まちと飲食店の魅力を発信し、地域の活性化を図る人気イベントです。また、お手頃な価格でグルメとドリンクのセットを楽しみながら、参加者が周辺の店舗を「はしご」して回ることで、箕面市内のまだ行ったことがない店舗を知ってもらうきっかけになっています。

今回で第6回目を迎え、参加店舗数は過去最多の80店舗となりました。また、阪急電鉄株式会社様にも、駅構内にポスターやパンフレットを掲出いただき、広報面でのご協力をいただきました。

 

両日とも天気に恵まれ、あちらこちらの店舗ではしご酒のパンフレットを片手に並ぶお客さまの姿が見られました。

 

3店舗をはしごして、スタンプを集めるごとに参加できる抽選会では、協賛者の皆さんから提供されたさまざまな賞品が当たるとあって、抽選会場にも列ができていました。

なお、はしご酒パンフレットには、9月8日から使えるクーポンが用意されていますので、是非こちらもご活用ください。

はしご酒の次回の開催は春頃を予定とのこと。今回参加できなかったかたは、是非次回の「はしご酒」の開催をお楽しみに!

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

<はしご酒をきっかけに、これからもたくさんのお店に足を運んでほしいモミ!


第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会及びジャパンオープン2019に出場された星山茅奈さんに箕面市長表彰!

2019年09月11日 | こんなことがありました!

今年3月に行われた「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」(主催:公益財団法人日本水泳連盟)及び5月に行われた「ジャパンオープン2019」(主催:同)に出場された星山茅奈さんに、8月29日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、星山さんは今回が通算13回目の箕面市長表彰となります。



星山さんは、ジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会では女子バタフライの50mと100mに出場され、100mでは予選を4位で通過し、決勝で5位に入りました。
「練習ではものすごく調子がいいのですが、本番になるといいタイムが出ません」と話され、原因もわからず困っているようです。



星山さんは、今年の夏にもジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会と日本高等学校選手権水泳競技大会(インターハイ)に出場され、ジュニアオリンピックカップでは春季大会に続き女子100mバタフライで決勝に進出しています。
現在は、10月に開催される日本選手権水泳競技大会に出場するため、基準タイムを切ることを目標にしているそうです。



倉田市長は、「せっかく調子がいい時なので、それを結果につなげられるよう頑張ってください」と激励しました。




<星山さん、おめでとうございます!本番でも本来の実力を出して、基準タイムを突破するモミ!

 


キウィの言語を話してみませんか?

2019年09月10日 | こんなことがありました!

Kia ora! こんにちは、私は箕面市のニュージーランド出身の国際交流員ベラです。

今回は、私の8回目のブログになります!

さらに、私は箕面市の国際交流員として3年目に入りました。

箕面市に来てから、あっという間に2年が経ちました。同じ日に箕面市に来たフランシスコさんは帰国しましたが、新しい国際交流員クラウディアさんズィアさんが来ました。

箕面市へようこそ!


(国際交流員の3人)

先週、3人の国際交流員で初めて大きな業務がありました。

箕面市立豊川南小学校の国際交流クラブに招待され、自分の文化を紹介しました!

メキシコとニュージーランド及び姉妹都市のクエルナバカ市とハット市について簡単な発表をしました。

そのあと、伝統的なニュージーランドの文化の「ティ・ラーカウ」という棒を使う遊びを紹介し、実際に体験してもらいました。仕方は、2人が正座し、2本の棒を持ちながらリズムに合わせ棒を叩いたり、投げたりします。

昔、ティ・ラーカウはマオリ人の戦士の反射神経を向上するためにやりましたが、今は楽しむためにやります。

生徒たちも使ってみましたが、とても上手でびっくりしました!みんながティ・ラーカウをしている姿を見ると自分の小学生の頃を思い出しました。

私は棒を投げることがとても下手でしたが、生徒たちはあと5分ぐらいあればとても上手にできたと思います。

豊川南小学校のみなさま、ありがとうございました!


(ズィアさんと私がティ・ラーカウを紹介している)

さて、ブログのメインを続けましょう。今週(9月9日~15日)はニュージーランドで「Te Wiki o te Reo Māori」です!「テ・ウィキ・オ・テ・レオ・マオリ」って何でしょうか?直訳すると、マオリ語週間ということです。私のブログを読んでいる方はすでにご存知かもしれませんが、ニュージーランドは公用語が3つあります。

それは、英語とニュージーランドの手話、そしてマオリ語です。マオリ人はニュージーランドの先住民で、約700~800年前に太平洋から来ました。

今、ほとんどのニュージーランド人は英語を話し、マオリ語を話せる人数が限られています(2013年の国勢調査によるとニュージーランドの人口の3%ぐらい)。マオリ語を推進するために、政府はいろいろな活動を実施しています。Te Wiki o te Reo Māoriはそのひとつです。毎年、違うテーマがあり、今年は「Kia Kaha te Reo Māori(キア・カハ・テ・レオ・マオリ)」で、意味は「マオリ語頑張って」です。

実は、私もマオリ語を話すことができません。

でも、ほとんどのニュージーランド人と同じく、挨拶や簡単な単語を話すことができます。今年の目標は会話ができるようになることです。


(去年、ニュージーランドから箕面市に来られたカパハカグループがマオリ語で歌っている)

皆さんも、今週はマオリ語を話してみませんか?ニュージーランドでよく聞く簡単なマオリ語を紹介します。ちなみに、マオリ語の発音は日本語に似ているし、日本人はとても上手と言われていますよ!なので、ややこしい発音を心配せずに大きな声で話してみてください!

Kia ora キア オラ (こんにちは)

Haere mai ハエレ マイ (ようこそ)

Ka kite anō カ キテ アノー (またね)

Ka pai カ パイ (いいね、上手など)

Kei te pēhea koe? ケイ テ ペーヘア コエ? (お元気ですか)

Kei te pai ケイ テ パイ (元気です)

Kia kaha キア カハ (頑張って)

Aotearoa アオテアロア (ニュージーランド)

Hapani/Tiapani ハパニ/ティアパニ(日本)

市役所などで私や他のニュージーランド人を見かけたら、マオリ語で挨拶をしていただけたらとても嬉しいです!

では、ka kite ano!

<キアオラモミ!「モミ」ってマオリ語でなんと言うモミ?


パラアスリートから学ぶパラスポーツ体験型出前授業「あすチャレ!School」が実施されました

2019年09月09日 | こんなことがありました!


(競技用車イス。ハの字型の車輪が特徴的ですね。)

 

9月9日(月曜日)午後1時50分から、箕面市立南小学校(髙橋弘樹校長、生徒数560人、桜6-5-1)で、障害者スポーツのトップアスリートとの交流を通じて、障害について学ぶ体験型出前授業「あすチャレ!School」が、同校の4、5年生167人を対象に実施されました。

「あすチャレ!School」とは、日本財団パラリンピックサポートセンターが主催するプログラムで、子どもたちがパラアスリートに直に触れ、気づきと学びの機会を提供できるよう、全国の小中高等学校を対象に行う体験型出前授業です。

今回、講師を担当したのは、シドニーパラリンピック男子車いすバスケットボール日本代表のキャプテンを務めた、根木慎志(ねぎしんじ)さんです。

根木さんは現在、「あすチャレ!School」プロジェクトディレクターとして活躍されています。

 


(講師の根木さん。とてもお話がおもしろく、子どもたちも終始笑顔でした。)

 

授業は約90分間で、「デモンストレーション」「パラスポーツ体験」「講話」の三部構成で行われました。

 

 「デモンストレーション」では、根木さんが児童の目の前で、実際に競技用車いすに乗り、すばやいドリブルや車いす上からの見事なシュートを披露しました。

児童たちは、パラアスリートのハイレベルなプレーを生で見て、「すごい!」と驚きの声を上げていました。

 


(シュートを放つ根木さん!結果は!?)


(『シュパッ』という音とともに、ボールはネットに吸い込まれていきました。)

 

次の「パラスポーツ体験」では、代表の児童20人が、実際に競技用車いすに乗り、5対5のミニゲームを行いました。

児童たちは、慣れない車いすの操作に苦戦しながらも、周りの児童たちからの大きな声援や、根木さんからのアドバイスを受けながら、一生懸命プレーしていました。

 


(パスを待つ子どもたち。みんな楽しそうです。)


(ゴールに向かってシュート!)


(赤組も負けじとシュートを打ちます!)


(なんと先生たちも車いすバスケを体験!)

 

そして「講話」では、根木さんがパラスポーツを通じて得た経験を交えながら、障害についてや、夢や目標を持つことの大切さについて話しました。

講話の最後に、根木さんは「苦手なことがあっても、それは恥ずかしいことではないので、何事にも前向きに取り組んでいってください。また、今日はみんなと友達になることができて嬉しかったです。素敵な出会いをありがとうございました。」と児童たちに語りかけました。

 


(子どもたちに笑顔で語りかける根木さん)

 

授業を受けた児童は、「はじめて車いすバスケットボールを体験してみて、車いすを操作しながら、同時にスポーツを行うことの難しさがわかりました。でも、とても楽しかったので、またやってみたいです。」と話しました。

また、別の児童は、「私は野球やサッカーが苦手ですが、先生の話を聞いて、挑戦することの大切さや周囲の人たちの応援が自分の力になることを知り、苦手なことでも頑張ってみようと思いました。」と話しました。

 

【お問い合わせ】

○実施概要について

箕面市 子ども未来創造局 人権施策室  

電話072-724-6921 

ファクス072-724-8360

 

○「あすチャレ!School」の概要について

日本財団パラリンピックサポートセンター あすチャレ!School事務局

電話03-5500-0825 

ファクス03-5500-0826

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

 

 

<根木さんの迫力あるプレーと面白いお話で子どもたちもとっても楽しそうでした!来年のパラリンピックが楽しみだね!


勤労障害者及び障害者雇用優良事業所の表彰式を開催しました

2019年09月09日 | こんなことがありました!

毎年9月は「障害者雇用支援月間」です。

箕面市では例年、一生懸命仕事に励み、社会で活躍している障害者市民のかたと、障害者雇用に積極的に取り組んでいる優良事業所に対して市長表彰を行っています。 今年度は、勤労障害者のかた7名、障害者雇用優良事業所2カ所を表彰しました。

【勤労障害者表彰】

山田 進也さん

瀧本 香織さん

足立 充敏さん

渋谷 譲さん

山田 祐太さん

斉藤 健二さん

他1名

【障害者雇用優良事業所表彰】

株式会社関西スーパーマーケット小野原店

クモノスコーポレーション株式会社

 

【市長挨拶】

受賞された皆さまへ市長からお祝いのメッセージがありました。「働き続けるということは誰しもが大変なことですが、仕事を継続されている姿は周りのかたがたの励みになっていると思うので、これからも頑張っていただきたい」と激励されました。優良事業所のかたへは、事業所内で一体となって障害者のかたがたが働きやすい環境づくりに励んでおり、障害特性の理解に努める姿勢に感謝の意を表されていました。

 

【懇談会】

表彰式の後、受賞された皆さまと市長の懇談会を行いました。勤労障害者のかたがたには、仕事の内容、働いていて良かったこと、大変だったこと、趣味や休日の過ごし方などをお話しいただき、市長は1人1人のお話に真摯に耳を傾けました。また、優良事業所のかたがたには、障害者のかたがたにとって働きやすい職場環境づくりについて職場での具体的な取り組みについてお話しいただきました。

 

【最後に】

市長と受賞者で記念撮影をしました。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

 

 

<受賞おめでとうございます!益々のご活躍をお祈りしています!


北大阪急行線延伸事業におけるシールドトンネル工事現場が公開されました!

2019年09月06日 | こんなことがありました!


(シールドマシンの後部)

北大阪急行電鉄株式会社は9月6日(金曜日)、箕面市と共同で進めている北大阪急行線延伸事業において、箕面船場阪大前駅南端部から千里中央駅までのトンネル区間を掘進するシールドマシン2機が設置された工事現場を公開しました。


(シールドマシンの後部。前方のカッターで削った土は、上部の四角い部分から排出されます。)

本工事は、北大阪急行電鉄南北線を千里中央駅から箕面萱野駅までの2.5キロメートル延伸させる北大阪急行線延伸事業の一端を担うものとなります。

箕面萱野駅までの延伸における工事区間は、シールドトンネル区間、開削トンネル区間、高架区間の3つに分かれており、シールドマシンを稼働するシールドトンネル区間は、北大阪急行電鉄が整備を行うこととなっております。


(地下1階通路。左隣には新御堂筋が走っていますね。)


(地下2階通路。前方下部にシールドマシンがあります。)


(シールドマシン上部)


(地下3階のシールドマシンへと続く通路。実際に電車が走る階です。)

設置されている2機のシールドマシンは、直径6.95メートルの大きさで、トンネルを掘り進める速度は、昼夜間作業を行う場合、1日10メートル、1ヶ月200メートルとなります。


(シールド工法について。こちらの部長ブログに詳しく書かれていますのであわせてチェック!

1号機は、9月9日(月曜日)から箕面船場阪大前駅南端部から千里中央駅までの約1.2キロメートルを掘進します。なお、2号機は約1ヶ月後の10月から稼働予定です。


(1号機全体像。黄色いカッターで、土を掘り進めます。)


(2号機全体像。1号機は明るい白ベースですが、こちらは深みのある美しいえんじ色ですね。)

 

本工事を担当している株式会社熊谷組JVの社員さんは「シールド工法におけるトンネルの掘進工事は、周辺環境への騒音や影響を極力少なくできる工法です。2023年の開通目標をめざし、安全に工事を進めていきたいと考えています。」と話しました。


(この場所が駅ホームとなり、電車が走ると思うとワクワクしました!)

 

 

○北大阪大阪急行電鉄延伸事業についてのお問い合わせ

・箕面市役所 地域創造部 鉄道延伸室

・電話:072-724-6907

・FAX:072-722-7655

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2019」が8月1日(木曜日)にスタートしました。10月25日(金曜日)の投票期間終了までの間、毎日「滝ノ道ゆずる」に投票をお願いします!

 

 

<今日は貴重な体験をさせていただきました!開通後の街の賑わいがとっても楽しみだね!


第73回大阪府総合体育大会中央大会の卓球種目が箕面市で開催されました!

2019年09月04日 | こんなことがありました!

8月25日の日曜日、箕面市新稲にある第一総合運動場「スカイアリーナ」で、「第73回大阪府総合体育大会中央大会」の卓球種目が開催されました。

左から「一般女子の部」、「一般男子の部」の優勝旗

左から「一般男子2部(40歳以上)」、「一般女子2部(40歳以上)」の優勝杯

 

本大会は、府内各地域のスポーツ振興と府民の健康づくりと親睦に寄与しようとするもので、今年で73年目になる歴史ある体育大会です。

大阪府内各地で卓球、ソフトボール、バレーボール、柔道など全12種目が行われ、その内卓球種目がなんと約30年ぶりに、ここ箕面市で開催されました。大会運営には、箕面市卓球協会さまにご尽力いただきました。

府内7ブロックでそれぞれ行われた地区大会を勝ち上がってきた選手の皆さんが開会式に勢揃いし、緊張感が伝わってきました。

箕面市体育連盟の大野会長が開会のご挨拶をされました。

開会式の最後には、箕面市選手代表による宣誓も行われました。

 

開会式を終えるとすぐに第1回戦が開始されました!

会場のいたるところで「おぉ~」っと、どよめきがあがるスーパープレイが観れ、目が離せません。

選手の皆さんが熱戦を繰り広げられました!

「一般男子の部 決勝戦」 

左チームが高槻市、右チームが前回覇者の八尾市。緊張感が伝わってきます。

 

各部ごとの優勝結果はそれぞれ、

「一般男子の部」は八尾市、「一般女子の部」は茨木市、「一般男子2部」は堺市、「一般女子2部」は吹田市となりました。

本当におめでとうございます!

優勝旗を受け取る八尾市チーム

優勝杯を受け取る吹田市チーム

 

激闘を制し、見事優勝された4市の皆さんをはじめ、本大会に出場した全ての地域の皆さんに素晴らしい試合を観せていただきました!また、惜しくも箕面市には軍配があがりませんでしたが、来年に期待しています!

今後も引き続き、本大会が継続して開催され、スポーツ振興につながればと思います!

<箕面市卓球協会さま運営お疲れさまでした!来年の開催も楽しみだモミ!