撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

山林検索訓練を実施しました!

2022年09月29日 | こんなことがありました!

令和4年9月28日・29日の2日間、エキスポ'90みのお記念の森周辺において、山林検索訓練を実施しました。

この訓練は、株式会社ヤマップと連携し、携帯電話アプリ「YAMAP」の「隊員トラッキングシステム」を使用した検索訓練です。このシステムは、指揮本部の携帯電話の地図上に、検索する隊員の位置情報、軌跡データがオンラインで反映され、隊員の活動管理と検索エリアの把握が容易になり、活動を効果的に行うものです。
「YAMAP」は、電波の届かない山域でも自分の位置がわかるGPS地図アプリです。遭難者が「YAMAP」アプリを携帯電話に入れている場合は、遭難場所の特定も可能です。

訓練は、「成人男性が下山中に道に迷い動けなくなった。」との通報内容で、指揮隊、消防隊(検索隊)、ドローン隊で実施しました。

登山道入口に到着後、指揮本部を設置。検索隊は携帯電話でアプリを起動し、指揮本部の端末とオンラインで繋がったことを確認して検索を開始します。

この山域はコースが多数あり、各隊がそれぞれ違うコースから入山して、携帯電話アプリの地図を確認しながら進みます。

陸上からの検索と同時に上空からの検索も実施します。ドローンを飛行させ、上空からマイク放送で呼びかけながらカメラ映像で確認します。
「こちらは箕面市消防本部です。聞こえましたらドローンに合図を送ってください!」

指揮本部は、遭難者の通報時の情報をもとに、隊員と頻繁に連絡をとりながら検索エリアの絞り込みを行います。

「遭難者発見!意識あり会話可能です!」隊員からの無線が入りました。
「もう大丈夫ですよ。よくがんばりましたね!」

指揮本部は、遭難者の位置情報がオンラインでわかるため、他の隊員を応援に向かわせます。

山林内での検索活動は、発見するまでに時間を要することが多く、正確な情報が遭難者の早期の発見と隊員の事故防止に大きく繋がります。
登山者の方は、万が一の場合に備えて、携帯電話に地図アプリを入れておくと便利です。
今後も技術向上、連携強化を図り、市民の皆様の安全・安心のために日々精進します!

〈消防隊員のみなさん、頑張ってね!〉


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「はじまるくんパソコン寄贈プログラム」の贈呈式がありました

2022年09月26日 | こんなことがありました!

 

 9月16日(金曜日)、エー・ビー・シー開発株式会社協賛による「はじまるくんパソコン寄贈プログラム」の贈呈式があり、株式会社オージス総研から、箕面市内の障害福祉サービス事業所4か所(いきがいワーク・ZEROの家・そよかぜの家・箕面市障害者雇用支援センター)に、ノートパソコン計10台を寄贈していただきました。箕面市内の事業所が寄贈を受けるのは、今回で3回目になります。

 はじまるくんパソコン寄贈プログラムとは、株式会社オージス総研が中心となり、企業や団体において業務使用が終了したパソコンを回収し、障害者事業所等で再生作業(クリーニング等)をした上で、他の福祉団体等へ寄贈するというものです。

 寄贈されたパソコンは、事業所の利用者のパソコンスキル向上等のために活用される予定です。過去に寄贈を受けた事業所からも、「就労に向けた訓練に役立てている。」「利用者間で教え合うコミュニケーションが生まれた。」というお声をいただいています。

 贈呈式には寄贈先の事業所の利用者と職員が出席され、寄贈元のエー・ビー・シー開発株式会社から寄贈先事業所に贈呈証が贈呈されました。また、事業所からは、寄贈に対する感謝のお手紙の披露がありました。

 

箕面市障害者雇用支援センター

 

そよかぜの家

 

いきがいワーク

 

 最後にみなさんで記念撮影が行われました。

 

 

 

 

 

 

箕面市では、9月1日から11月30日まで、統一キャンペーン「子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!」を行っています


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

止々呂美地区の観光農園が始まりました

2022年09月22日 | こんなことがありました!

箕面市北部にあります止々呂美地区の観光農園が実りの最盛期を迎えています。

秋晴れの下、いも堀り、栗ひろい、しいたけ狩りなどの味覚狩りやバーベキューなどで楽しんでみませんか。

【おざき農園】

おざき農園

箕面市上止々呂美806

おざき農園のインスタグラムはこちら

 

【川西園】

川西園

箕面市上止々呂美492

072-739-0609

 

【中政園】

(しいたけ園のテントの色が反射して緑がかっています)

中政園

箕面市下止々呂美822

072-739-0895

中政園のインスタグラムはこちら

 

どちらの農園も出かける前にご予約をすることをオススメします。

ぜひ、止々呂美の秋を感じてください。

実りの秋を楽しむモミ~>

 

箕面市では、9月1日から11月30日まで、統一キャンペーン「子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!」を行っています


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東小地区の元気はつらつ頑張る高齢者表彰が行われました

2022年09月18日 | こんなことがありました!

9月18日(日曜日)、東小学校体育館で令和4年度箕面市元気はつらつ頑張る高齢者表彰の東小地区表彰式が行われました。地域の安全や住民間の交流促進など、地域貢献活動を長年にわたって続けてこられた70歳以上のかた5名と、要介護認定などを受けずに、お元気で暮らしておられる90歳以上のかた2名に、市長から表彰状が授与されました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あの天然記念物も登場!?箕面の観光名所を訪れた記念となる1枚「箕面の手ぬぐい」を市内各所で販売します

2022年09月14日 | こんなことがありました!

令和2年の「ゆるキャラ(R)グランプリ2020 THE FINAL」で全国第4位となった箕面市のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」と箕面市公式ブログナビゲーター「モミジーヌ」、そして、箕面大滝をはじめとする観光名所をあしらった「箕面の手ぬぐい」を、令和4年9月15日(木曜日)から市内各所で販売します。

「箕面の手ぬぐい」は平成22年に発売を開始して以来、滝ノ道ゆずるとモミジーヌをデザインの主役として、毎年異なるテーマで制作されています。
第13作目となる今回は、滝ノ道ゆずるの“どアップ”の顔が印象的な一枚に仕上がりました。手ぬぐいにあしらった滝道から箕面大滝までの観光ルートには、瀧安寺鳳凰閣の鳳凰など、観光名所にちなんだ様々なコスチュームを身にまとったモミジーヌがたくさん登場しています。滝道を訪れたことがない人でも、どんなコスチュームのモミジーヌがいるのか思わず探してしまうような、ワクワクするデザインに仕上がっています。箕面川と勝尾寺川に生息する“ある国指定特別天然記念物”に扮したモミジーヌもいるので、ぜひ探してみてください。
また、滝道から箕面大滝までの道中に目にする観光名所もあしらわれているため、手ぬぐいを見返したときに、滝道の風景や道中の楽しい気持ちが思い出されるような観光の記念品となっています。

カラーバリエーションは、黄色とうぐいす色の2色で、性別や年齢問わず幅広く親しみを持ってもらえる仕様となっています。また、黄色の手ぬぐいは、災害時に安否を知らせる「黄色いハンカチ作戦」にも利用できます。

箕面営業室の担当者は「箕面のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」を大きくあしらい、可愛らしさと迫力のある手ぬぐいに仕上げました。箕面を訪れた記念に、お土産やお部屋の飾りとして、楽しんでいただければうれしいです。マスクやスタイにリメイクして使っていただいても、かわいいと思います。」と話しました。

■箕面の手ぬぐい 商品詳細
・色:黄色、うぐいす色の2色展開
・サイズ:縦90センチメートル、横35センチメートル
・制作枚数:各色500枚
・販売価格:700円(税込み)
■販売場所
・箕面市役所(箕面営業室、止々呂美支所)、箕面市立郷土資料館
・市内コンビニエンスストア4か所
・箕面交通・観光案内所
・第一総合運動場市民体育館(スカイアリーナ)、第二総合運動場

※上記のほか、箕面市セールスプロモーション実行委員会が参加するイベントで販売予定です。

 

<みんなのお気に入りのモミジーヌをぜひ教えてほしいモミ~!

 

箕面市では、9月1日から11月30日まで、統一キャンペーン「子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!」を行っています


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

熱演!力作揃い!箕面市青少年文化祭!

2022年09月13日 | こんなことがありました!

9月10日(土曜日)と11日(日曜日)の2日間にわたり、箕面市立メイプルホールにおいて、「第30回箕面市青少年文化祭」が開催されました。

このイベントは、中学校の文化系クラブを中心に、市内で文化活動を行う子どもたちが集まり、日頃の活動の成果を発表する芸術・文化の祭典です。

 

今回は、舞台発表に18団体、作品展示に13団体が参加しました。

 

箕面市立メイプルホールのロビー・リハーサル室には、絵画や、陶芸など、子どもたちの個性豊かな作品がたくさん展示され、来場されたかたもじっくり見入っておられました。

 

 

作品展示(ロビー)

 

 

作品展示(リハーサル室)

 

 

階段にも作品があり、来場者の目を楽しませてくれました。

 

 

また、ロビーでは1日目は四中茶華道部・彩都の丘中茶道部によるお点前披露が行われました。

 

 

舞台では、バンド演奏、吹奏楽、演劇、ダンス披露、放送部による映像作品の上映など、多彩なパフォーマンス、熱いステージが披露されました。


また、両日とも出演団体合同のカーテンコールでステージはしめくくられました。

 

 

1日目の様子

 

 

2日目の様子

 

 

青少年文化祭に参加している子どもたちは、舞台発表、作品展示だけでなく、実行委員会協力スタッフとして司会や受付、誘導、場内整理、作品監視、会場の片付けなど青少年文化祭を行うための様々な役割も務めました。

 


司会は出演者へのインタビューや活動PRも!

 

 

1日目には、タッキー816みのおエフエム からインタビューを受ける生徒たちと前田実行委員長と俵積田副実行委員長の姿もありました。

 

 

< 幼稚園児から高校生までのバラエティーに富んだ作品や発表で、出品・出演した子どもたちもお客さんも笑顔にあふれていたよ!モミジーヌも参加したいモミ~♪

箕面市では、9月1日から11月30日まで、統一キャンペーン「子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!」を行っています


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

勤労障害者及び障害者雇用優良事業所の表彰式を開催しました

2022年09月01日 | こんなことがありました!

9月は「障害者雇用支援月間」です。

箕面市では毎年9月に、職務に精励され、積極的に社会参加に取り組まれている姿が他の模範となっている勤労障害者のかたと、障害者雇用に積極的に取り組まれている障害者雇用優良事業所に対して市長表彰を行っています。

今年度は、勤労障害者のかた5名、障害者雇用優良事業所1事業者を表彰しました。

○勤労障害者表彰受賞者の皆さま

梶村 将夫 様

早川 恭二 様

他3名

 

○障害者雇用優良事業所表彰受賞の事業所さま

近畿セイビ株式会社 様

 

受賞された皆さまへ、副市長が市長からのお祝いのメッセージを代読されました。勤労障害者のかたがたへは「就労を継続しながら地域社会の一翼を担っていただき、他の障害者市民の模範であり続けてほしい」と激励されました。

また障害者雇用優良事業所のかたへは、今後とも障害者雇用へのご理解とさらなる雇用の促進にご尽力いただくことをお願いしました。

 

<受賞おめでとうございます!益々のご活躍をお祈りしています!

箕面市では、9月1日から11月30日まで、統一キャンペーン「子どものSOSサインに1つでも気づいたら迷わずにお電話を!」を行っています


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北大阪急行電鉄南北線延伸線(千里中央駅から箕面萱野駅)の開業時期を公表しました。

2022年08月25日 | こんなことがありました!

2022年(令和4年)8月25日(木曜日)、箕面市と北大阪急行電鉄が進めている北大阪急行線延伸事業について、開業に向けて工事が順調に進んでいることから、開業時期を「2023年度末(令和5年度末)」とすることを発表しました。

なお、具体的な開業日につきましては、決まり次第、改めてお知らせします。

箕面船場阪大前駅の地下3階ホーム階の様子

箕面船場阪大前駅から千里中央駅にむかってレール敷設が進んでいます

 

同日は、開業時期の公表にあわせて、工事が進む「箕面船場阪大前駅」の地下駅構内を報道機関の皆様に公開しました。

 

「北大阪急行電鉄南北線延伸線」は、江坂駅から千里中央駅まで運行している北大阪急行電鉄南北線を、千里中央駅から北へ約2.5キロメートル延伸し、箕面市域に「箕面船場阪大前駅」と「箕面萱野駅」の2駅を新設する路線であり、整備主体である箕面市と北大阪急行電鉄が2016年度(平成28年度)より工事に着手しています。

箕面船場阪大前駅から箕面萱野駅 周辺地図

2022年(令和4年)5月末には箕面船場阪大前駅から千里中央駅間のトンネルが貫通したことにより、高架橋やトンネルなどを構築する土木工事は全工事区間で概ね完了しました。現在は、主に軌道や電気設備・駅舎関連工事及び車両製造を進めており、これらの工事なども順調に進んでいます。

千里中央駅付近まで貫通したシールドトンネル

(写真手前が千里中央駅側、奥が新しくつながったトンネル)

箕面市では、北大阪急行電鉄南北線の延伸により大阪における鉄道の大動脈「大阪メトロ・御堂筋線」と直結することで、新大阪や梅田、本町、なんば、天王寺など、大阪都心部まで乗り換えなしのアクセスが可能となり、利便性が飛躍的に向上します。

千里中央駅から箕面萱野駅 位置図 

 

さらに、バスと鉄道の大規模な結節点を現在の豊中市域の千里中央駅から新たに設置する「箕面萱野駅」に移し、バス路線網を大幅に充実させますので、市内移動がより便利になります。特に、箕面市の中部地域は、これまで鉄道不便性から市内でも自動車依存度が高いエリアでありましたが、新駅の設置により「駅への徒歩・自転車圏」になります。

また、箕面船場阪大前駅周辺では、既に昨年、大阪大学箕面キャンパスが開校、箕面市立船場図書館や生涯学習センター、箕面文化芸能劇場が完成し、ご利用いただいています。

人口の増加や生活施設の充実が進み、企業や店舗の増加による新たな雇用の増加、集客力の向上による商業の活性化、移動の利便性向上による市民活動の促進など、まち全体の活性化にさまざまな効果を期待しています。

 

 

<開業後の街の賑わいがとっても楽しみだモミ~

 

 

箕面市では、5月1日から8月31日まで、統一キャンペーン「滝道を楽しもう!」を行っています

 

 

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「令和4年度危険箇所・問題箇所点検結果改善要望書」が提出されました。

2022年08月17日 | こんなことがありました!

8月17日(水曜日)、箕面市青少年指導員連絡協議会(福田会長)より、上島箕面市長に「令和4年度危険箇所・問題箇所点検結果改善要望書」が提出されました。

 

この「危険箇所・問題箇所点検結果改善要望書」とは、箕面市青少年指導員連絡協議会が市民などに呼びかけて行った「危険箇所・問題箇所点検活動」で見つかった危険箇所・問題箇所をもとに、市に対しての改善要望をとりまとめたものです。

 

「危険箇所・問題箇所点検活動」は子どもたちがより安全に地域で過ごすことができるよう、箕面市青少年指導員連絡協議会が中心となって行うもので、40年近く続く活動です。各小学校区ごとに、子どもたちを見守る多くの地域の方々、箕面市、警察関係者、子どもたちが一緒に校区内を歩いて回り、通学路や遊び場を中心とした危険箇所・問題箇所の点検活動を実施しています。市民と行政が連携して行う点検活動は、全国でも珍しい取り組みです。

 

今年度は新型コロナウイルス感染症予防の観点から参加者も関係者のみに制限する校区もありつつも、PTAの皆さんや子どもたちには事前アンケートで意見をいただくなど各校区で工夫して実施されました。

市内の全ての小学校区(14校区)において、通学路や公園など子どもの身近な場所に潜む危険箇所・問題箇所を点検した結果、一時停止や車に減速を促す路面標示を塗り直してほしいところ、見通しの改善が必要なところ、横断歩道をつけてほしいところなど622件の危険箇所・問題箇所の改善要望がありました。

 

今年度の危険箇所点検について福田会長は、「今年度は、新型コロナウィルス感染症により、関係者のみで実施した校区や、地域の方も参加して実施した校区もあった。来年度はまた例年のように多くの方々と点検活動を実施できればと思う。」と話されていました。

 

箕面市青少年指導員連絡協議会では、危険箇所について市に改善要望書を提出するとともに、自分たちでできる改善は自分たちで行おうと、水難やちかんなどの注意看板や電柱巻の設置を行ったり、道路でよく見かける飛び出し注意の人形を設置するなど、改善活動も行われています。

 

市では、青少年指導員の方々が市民のみなさまと子どもたちの安全を守るため点検活動を行い提出された改善要望書にもとづいて、改善にむけて調整し取り組んでいきます。そして、12月をめどに箕面市青少年指導員連絡協議会へ経過報告、さらに、来年4月をめどに結果報告する予定です。

 

<危険箇所・問題箇所点検活動のおかげで、箕面の子どもたちは守られているんだね!市民だれでも参加できるということなので、来年はみんなで参加できればモミ~。

箕面市では、5月1日から8月31日まで、統一キャンペーン「滝道を楽しもう!」を行っています


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第78回豊能地区支部消防総合訓練大会が開催されました!

2022年08月12日 | こんなことがありました!

 令和4年8月11日(木曜日・祝日)に第78回豊能地区支部消防総合訓練大会が開催されました。
 この大会は、箕面市、豊中市、池田市、豊能町、能勢町の豊能地区3市2町の各消防団の代表選手団員がポンプ操法訓練を実施するもので、この日は消防団員約240名が池田市猪名川運動公園に集結し、実施されました。

 ポンプ車操法訓練では、設置された防火水槽から、消防ポンプ車で水を吸い上げ、消防ホースを延長して火災現場の火点(かてん)に見立てた的に放水し、資機材を撤収するまでの一連の手順を安全・確実・迅速に行います。

 ポンプ車操法訓練の開始報告を行います。

 防火水槽から消防車に水を吸い上げます。

 ホースを延長します。

 隊員同士が連携し、ホース延長が完了したことを伝えます。

 火点と見立てた的をたおし、火勢を制圧しました。

 

 箕面市消防団23分団から選抜された選手は3カ月に及ぶ訓練を重ねてきた成果を十分に発揮し、見事なポンプ車操法訓練を披露しました。
 また、来る9月4日(日曜日)、箕面市消防団は豊能地区支部代表として大阪府立消防学校で実施される第66回大阪府消防大会にも出場します。

<これからも箕面市消防団員をよろしくだモミ~

箕面市では、5月1日から8月31日まで、統一キャンペーン「滝道を楽しもう!」を行っています

 

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする