撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

~箕面の特産品「ゆず」を使った食の祭典~「箕面ナンバーワンゆずグルメ」を決定する「みの-1グランプリ2019」が開催されます!

2019年04月24日 | こんなことがありました!

箕面の特産品「ゆず」を使った食の祭典「みの-1グランプリ2019」が、5月6日(休日)午前10時から午後5時まで、みのおキューズモールで開催されます。

 

 

「みの-1グランプリ」は、箕面の特産品である「ゆず」を使った創作グルメの中から、「みのおナンバーワン(みの-1)ゆずグルメ」を決定するグルメ大会で、今回で8回目の開催となります。箕面市内外から参加した22店舗が用意したゆず料理を、来場者に味わってもらい、その投票により「みの-1ゆずグルメ」が決まります。昨年度は約2,000食を販売するなど、年々人気が高まっているイベントです。

 

 

参加店は、箕面産のゆずを使用し、それぞれ創意工夫をこらしたゆずグルメを用意します。今年は、ゆずベーグルサンド、柚子つくねバーガー、柚子シフォンケーキといった、参加店が腕によりをかけた創作ゆずグルメが登場します。なお、昨年はハートフルの「ゆずラーナ」がグランプリに輝きました。

 

さらに当日は、「みの-1ダンスフェスティバル」も同時開催されます。箕面近隣で活動しているダンスチームが、ヒップホップやジャズダンス、よさこいなどのパフォーマンスで会場を盛り上げます。また、みのおキューズモールのキャラクター「ラ・ミノール」と市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」も会場に駆けつけます。

  

滝ノ道ゆずるは、「今年も、みの-1グランプリが開催されるでござる!箕面の特産ゆずを使った料理は、どれも絶品であること間違いなし!ぜひ会場に来て味わってくだされ~」と話していました。

※写真はいずれも昨年度のものです。

 

【みの-1グランプリ2019 開催概要】  

日 時:5月6日(休日)午前10時~午後5時(投票は午後4 時まで)

※午後4時30分からグランプリ発表及び表彰式を実施  

場 所:みのおキューズモール ふれあいパーク

主 催:みのおキューズモール

後 援:箕面市、箕面商工会議所

問い合わせ先:みのおキューズモール(箕面市西宿1-17-22)  

          TEL 072-729-1090

 

 <みのお特産のゆずを使ったグルメのイベント!いっぱい食べてね~♪


「平成30年度こども音楽コンクール」において文部科学大臣賞を受賞した西岡晟さんに箕面市長表彰!

2019年04月23日 | こんなことがありました!

今年1月に選考審査が行われた、「平成30年度こども音楽コンクール」(主催:株式会社TBSラジオ)小学校管楽合奏部門において関西創価小学校の一員として文部科学大臣賞を受賞した西岡晟さんに、4月16日(火曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、西岡さんは2回目の市長表彰となります。



西岡さんはこの4月に、中学校に進学されました。同校のクラブは5月の中間テストまでは見学期間で、テスト後に入部するクラブを決めるそうですが、西岡さんは運動部に入るか吹奏楽を続けるか悩まれています。
昨年、吹奏楽部に在籍していたメンバーも、中学校でも吹奏楽を続けるという人は少ないそうです。



倉田市長は、「これまでの部活動で身につけた技術を活かして中学校でも頑張るという道もありますが、身につけた技術はそう簡単には失われないので、違う道を選んでもあとから取り戻せるという考え方もあります」とアドバイスしました。
西岡さんは「中学校の授業でやるリコーダーはクラリネットと指使いが同じなので、それほどなまらないような気はしています」と話され、今はどちらかというと新しいことに挑戦したいという気持ちが強いようです。



倉田市長は、「ここまで続けてきた力があるなら、どの分野に行ってもその経験は生きてくるので、きっと結果は出せると思います。中学校でも頑張ってください」と激励しました。




<西岡さん、おめでとうございます!西岡さんが次に選ぶ道が気になるモミ!

 


阪急西宮北口駅で「箕面PR-DAY・春」が開催されました!

2019年04月22日 | こんなことがありました!

 4月20日(土曜日)、午前11時から午後3時まで、阪急西宮北口駅構内カリヨン広場で「箕面PR-DAY・春」が開催されました。このイベントは春の新緑シーズンの前に、箕面の観光PRを行い、一人でも多くの方に箕面に訪れていただくことを目的に、箕面駅周辺・箕面公園とシンボルロード「地域の魅力・顔づくりプロジェクト」推進連絡協議会により開催されたものです。

 会場では『新緑お出かけガイド』や『箕面川床(みのおかわゆか)』などの観光パンフレットが入った袋が配布され、阪急西宮北口駅を行き交う多くの方がパンフレットを受け取り、ステージに立ち寄られていました。

 この日は箕面市PRキャラクターの滝ノ道ゆずるが、新緑の箕面をPRするべく箕面から遊びに来てくれました♪

滝ノ道ゆずると同じ色の帽子を被った女の子も遊びに来てくれました!

滝ノ道ゆずると写真を撮るときは「ハイ!ゆ~ず!」と声を合わせます。

また、ステージ横にはPRブースも設けられ、箕面の魅力が詰まったさまざまなパンフレットがたくさん並べられていました。

箕面公園内にある箕面昆虫館もイベントブースを出し、昆虫の塗り絵ができるコーナーでは子供たちが蝶などの絵に思い思いの色を塗っていました。

また、ステージでは滝ノ道ゆずるのオリジナルグッズや、箕面川床の食事券等が当たる抽選会も開催しており、たくさんの方が当たった景品に喜びの声を上げていました。

 

この日、約2,000部のパンフレットを配布し、箕面PR-DAYは終了しました。

ステージにご参加くださったみなさま、パンフレットを受け取ってくださったみなさま、ありがとうございました。


新緑お出かけガイドにも記載がありますが、箕面PR-DAYが開催された4月20日(土曜日)~5月31日(金曜日)には、箕面国定公園内で「新緑カーニバル」が開催されています。この期間中は滝道沿道、箕面市内のお店などで、この期間でしか体験できないイベントや限定ランチメニューなどがたくさん用意されています。

また同日4月20日(土曜日)より「箕面川床」がスタートしています。

川のせせらぎ、鳥のさえずりなど自然のBGMに包まれながら、美味しい旬のお料理はいかがでしょうか。ご予約のうえぜひご利用ください。
川床磯よし(電話:072-724-2477)
川床音羽山荘(電話:072-721-3005)

<ゆずる西宮でも人気者モミね~!新緑の箕面にぜひ遊びに来て欲しいモミ~!


Daigasグループ“小さな灯”運動様からトレーニング器具を寄贈いただきました!

2019年04月19日 | こんなことがありました!

4月12日(金曜日)、Daigasグループ“小さな灯”運動様よりトレーニング器具が寄贈され、市長(代読:健康福祉部長)から大阪ガス株式会社様へ感謝状を贈呈しました。

 

 

 

Daigasグループでは、1981年より社会貢献活動として社員個々人が自主的に活動を行い、チャリティカレンダーの売上金や社内音楽クラブによるチャリティコンサートの収益をもとに、自治体を通して福祉教育施設へ物品等を寄贈するなど、その他にも様々な支援活動を行っていらっしゃいます。

 

今回、箕面市に寄贈いただきましたトレーニング器具は、稲ふれあいセンターに設置し、高齢者の健康維持及び増進に役立てていただきます。

 

 

Daigasグループ“小さな灯”運動の皆様、ありがとうございました。

 

 <Daigasガスグループ“小さな灯”運動の皆さん、今年もありがとうございました!

 


緑鮮やかな「青もみじ」が彩る「新緑カーニバル」が開催されます

2019年04月15日 | こんなことがありました!

4月20日(土曜日)から5月31日(金曜日)にかけて、青もみじで彩られた明治の森箕面国定公園(箕面公園)周辺で「新緑カーニバル」が開催されます。 「新緑カーニバル」では、春から初夏にかけての鮮やかな緑色の「青もみじ」を満喫できます。 開催期間中は、多数のイベントが開催されるほか、箕面公園及び滝道沿いの店舗で、期間限定メニューや各種割引も用意されています。

(青もみじでいっぱいの滝道)

5月25日(土曜日)には、昨秋大人気だった「滝ノ道ゆずるの分身とかくれんぼ大会」が開催されます。阪急箕面駅前で地図を受け取り(先着1,000名)、箕面公園内をハイキングしながら、ゆずるの分身を探すというイベントです。すべてのゆずるを見つけてゴールすると、空くじなしの抽選会に参加できます。

(ゆずる発見!)

(空くじなしの抽選会!何が当たるかな♪)

また、箕面ならではの「プレミア体験」として、お土産で有名なもみじの天ぷらを揚げられる「もみじの天ぷら揚げ体験」、緑に囲まれたお寺の境内の中で、ヨガや瞑想ができる「西江寺deヨーガ」など、心が躍るとっておきのイベントが多数あります。

※もみじの天ぷら揚げ体験は、4月27日(土)~5月6日(月・祝)は休止となります。

(揚げて楽しい、食べて美味しいもみじの天ぷら揚げ体験)

そのほか、箕面公園周辺・滝道沿いでは、各店舗が新緑カーニバル限定の独自サービスを提供しています。例えば、1日10食限定の新緑ランチを提供する店舗もあれば、もみじの天ぷらを1,000円以上購入で「滝ノ道ゆずるルービックキューブ」がもらえるなど、この時期にこの店舗でしか受けられないお得なサービスがいっぱいです。

 

(店舗限定ランチの一例)

(ゆずるとモミジーヌがかわいいルービックキューブ)

新緑カーニバルを主催する箕面市観光協会の小枝正幸(こえだまさゆき)会長は、「鮮やかな緑色の青もみじは、紅葉シーズンのもみじとは違った魅力があります。また、箕面公園周辺の店舗が一体となって、活気溢れる期間限定のイベントを開催しますので、ぜひこの機会に、新緑に囲まれた箕面で、もみじの新しい楽しみ方を発見してください。」と話しています。

 

【新緑カーニバル 概要】

■開催期間:4月20日(土)~5月31日(金)

■場所:明治の森箕面国定公園周辺

■イベント

①滝ノ道ゆずるの分身とかくれんぼ大会  

・日時:5月25日(土) ※雨天時は5月26日(日)に順延  

・場所:阪急箕面駅改札を出てすぐ右の野外ステージ(地図配布)  

・定員:先着1,000名様(事前申込不要)

②プレミア体験

・もみじの天ぷら揚げ体験、修行体験カフェ、西江寺deヨーガなど

③店舗限定サービス  

・期間限定ランチの提供、商品購入で滝ノ道ゆずるルービックキュー ブプレゼント、各種商品割引など

※②、③の実施期間や内容については、それぞれの店舗や実施団体により異なります。

④その他のイベント  

・箕面川床、各種ハイキング、箕面の森の音楽会など

 

【問い合わせ先】 

■箕面市役所 地域創造部 箕面営業室

電話:072-724-6905

■箕面 交通・観光案内所

電話:072-723-1885

 

<新緑の青もみじでいっぱいの箕面を楽しんでね~♪


「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」に出場した森田毬愛さんに箕面市長表彰!

2019年04月15日 | こんなことがありました!

昨年8月に行われた、「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」(主催:公益財団法人日本水泳連盟)女子11-12歳50m平泳ぎ及び100m平泳ぎに出場した森田毬愛さんに、4月4日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、森田さんは2回目の市長表彰となります。



森田さんはこの4月から、中学校1年生に進級されました。中学校入学後は、吹田市内のスイミングクラブでの週6日の練習とともに、中学校の水泳部にも入る予定をされています。
今回の夏季大会のほか、先日開催された「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」にも出場されましたが、「昨年の夏からフォームが崩れてしまっていて、タイムが伸び悩んでいます」と話され、満足のいく結果ではなかったそうです。



今後の目標について伺うと、「全中(全国中学校水泳競技大会)に出場したいです」と話されました。
全中に出場するためには、7月に開催される大阪府予選において基準タイムをクリアする必要があり、普段どれだけいいタイムが出ていても予選で出せなければ、全中に出場することはできないそうです。



倉田市長は、「部活にも入るのであれば泳ぐ量が増えますので、タイムも伸びると思います。全中に出場できた時には、また報告に来てください」と激励しました。




<森田さん、おめでとうございます!中学校でも頑張って、全中に出場するモミ!

 


「第24回日本管楽合奏コンテスト」高等学校B部門において最優秀グランプリ賞及び文部科学大臣賞を獲得した石田翔悟さんに箕面市長表彰!

2019年04月11日 | こんなことがありました!

昨年10月に行われた、「第24回日本管楽合奏コンテスト」(主催:公益財団法人日本音楽教育文化振興会ほか)に大阪桐蔭高等学校吹奏楽部の一員として出場し、高等学校B部門において最優秀グランプリ賞及び文部科学大臣賞を獲得した石田翔悟さんに、4月3日(水曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



石田さんが吹奏楽を始められたのは中学校1年生からで、当初はトランペットを演奏したかったそうですが、先生からチューバを勧められ、以後現在に至るまでチューバを演奏されています。
吹奏楽部には梅田先生という総監督と、各パートごとにレッスンの先生がいて、普段はレッスンの先生から指導を受けているそうです。
今回出場したコンテストには部員のほぼ全員となる約180人で出場され、高等学校B部門において最高位の賞となる最優秀グランプリ賞及び文部科学大臣賞を獲得されています。



大阪桐蔭高等学校吹奏楽部は、先日行われた春の選抜高校野球大会で優勝した東邦高等学校の応援でアルプススタンドで演奏していたことが話題になりました。
市長表彰を実施した4月3日はちょうど決勝戦が行われた日で、石田さんは決勝戦での演奏を終えたその足でお越しいただきました。
その様子について伺うと、「みんな興奮して、テンションが上がっていました。甲子園での演奏はいつも楽しいです」と話されました。



今後の目標について伺うと、「7月の初めごろにコンクールメンバーが選抜されますので、そのメンバーに入りたいです」とのことでした。
石田さんは4月から2年生になり、吹奏楽部にも新入生が入ってくるので、「1年生の世話もしながら、個人の技術を上げたいです」とも話されました。



倉田市長は、「コンクールメンバーに入ることができるよう頑張って、賞を取った時にはまた教えてください。」と激励しました。




<石田さん、おめでとうございます!甲子園の応援は楽しそう!今年はコンクールメンバー目指して頑張るモミ!

 


「第37回全国高等学校弓道選抜大会」に出場された諏訪愛南さんに箕面市長表彰!

2019年04月10日 | こんなことがありました!

昨年12月に行われた、「第37回全国高等学校弓道選抜大会」(主催:公益財団法人全日本弓道連盟ほか)女子個人の部に出場された諏訪愛南さんに、3月29日(金曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
また、藤迫稔教育長より箕面市青少年健全育成推進奨励金が交付されました。



諏訪さんが弓道を始められたのは、高校に入学してからです。きっかけは「袴姿がかっこいい」というものでしたが、オープンスクールで弓道を2度体験し、とても楽しかったことから入部を決めたそうです。
入部して間もない6月にインターハイの予選大会に出場し、予選を通過するなど上々の成績をあげられました。



入部当時、諏訪さんの2年先輩には同じく箕面市長表彰を受賞された髙橋佑大朗さん(後にインターハイ男子団体で準優勝、男子個人で第4位)が在籍されていました。
髙橋さんには大変お世話になったそうで、「メンタルの持ち方や技術のほか、身の回りの方々への感謝の気持ちが大事だと教わりました」と話されました。
同席した顧問の先生も、「髙橋君はよく『弓を持っていない時の行動が的中につながる』と言っていました。諏訪さんも最近それがわかってきたように感じます」と話されました。



的に全く当たらないスランプの時期もあったそうですが、「的に当たらなくても、焦ると今までのものが無駄になります。無理せずゆっくりと自分のペースを守りながら、『この日に必ず当てる』という日を決めて練習しています」と話されました。
諏訪さんは4月から3年生になり、後輩に先輩から教わったことや自分が得たものを伝えるなど、育成にも努めています。



倉田市長は、「弓道は当日の調子だけで決まるスポーツではないのですね。今からゆっくり仕上げて、またよい報告を聞かせてください」と激励しました。



<諏訪さん、おめでとうございます!焦らずじっくり、「正射必中」だモミ!

 


「ぷらっと箕面」を大幅リニューアル!1冊で2度おいしい「箕面市民ガイド・ぷらっと箕面」を発行しました

2019年04月09日 | こんなことがありました!

箕面市は、暮らしに役立つ行政サービスの情報と箕面の見どころや地域情報が満載の「箕面市民ガイド・ぷらっと箕面」(A4版、オールカラー、全160ページ、73,000部)を、広告・出版業などを行う(株)サイネックス(村田吉優社長、大阪市中央区瓦屋町)との官民協働により制作し、このほど発行しました。

この冊子は、行政サービスを掲載した「箕面市民ガイド」(左開き118ページ)とお出かけ情報などを掲載した「ぷらっと箕面」(右開き42ページ)の合冊で、両面開きの構成になっています。「ぷらっと箕面」は今回、全面リニューアルしました。

「箕面市民ガイド」は、ごみの出し方や子育て情報など、毎日の暮らしに役立つ行政サービスを、写真やイラストを使い分かりやすく紹介しています。さらに、情報を「ごみ・生活」「子育て・教育」「シニア・介護」といった13のカテゴリーに分けて掲載することで、興味のあるページを必要な時にさっと調べられるデザインになっています。

「ぷらっと箕面」では、お出かけ情報と知れば得する生活情報を紹介しており、箕面の意外と知られていない魅力を発見できる内容です。お出かけ情報では、心も体も元気なれるスポットを「みのお元気スポット」と名付け、親子で楽しめるスポーツイベントや人気ウォーキングコース、温泉・足湯スポットなどを紹介しています。生活情報では、一時保育のサービスや、市内店舗でお得に買い物をするコツなどを紹介しています。また、市外のかたにも魅力的なスポットやお得な情報を掲載しています。

冊子は、4月10日(水曜日)から4月末までの間に、市内全戸に無償で配布するほか、公共施設などにも設置しています。また、スマートフォンやパソコンからアクセスできる電子書籍版を、4月19日(金曜日)公開予定です。

今回の「官民協働事業」では、広告の募集から、印刷、製本、配布を(株)サイネックスが行い、そこへ市が情報を提供するという形で発行をするため、市にとってはゼロ予算での発行となります。  

箕面広報室の担当者は、「『箕面市民ガイド』は、箕面での生活を楽しく快適にする情報が、『ぷらっと箕面』には、市内外のかた向けのたくさんのお役立ち情報が掲載されております。ぜひ、多くのかたにご覧いただき、日々の生活をより豊かなものにしていただきたいと考えております。」と話しました。

<箕面の魅力がたくさん詰まっているので、みんな読んでね~♪


「第32回ヨーロッパ極真空手道選手権大会」及び「第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」において優勝した和田靜里奈さんに箕面市長表彰!

2019年04月09日 | こんなことがありました!

昨年9月に行われた、「第32回ヨーロッパ極真空手道選手権大会」(主催:Kyokushin World Federation)ジュニア部門において優勝され、また昨年10月に行われた「第12回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」(主催:一般社団法人JKJOフルコンタクト委員会)高校女子48kg未満の部において優勝された和田靜里奈さんに、3月28日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、和田さんは2度目の市長表彰となります。



和田さんは「ヨーロッパ極真空手道選手権大会」を前回に引き続き優勝し、見事2連覇を達成されました。次回大会の出場権も先日獲得され、3連覇に向けて練習に励まれています。
この大会では、日本人選手にとってはやや厳しい判定が下されることが多く、前回はかなり苦労する選手が多かったのですが、「今回はそこまで不利という感じはなかったです」とのことでした。



一方、前回は3位に終わり悔しい思いをしたJKJOでは、今回見事優勝されました。 調子はあまり良くなかったそうですが、準決勝で2年連続で負けている相手に勝ち、決勝では再延長戦の末勝利したとのことでした。
今後の目標について伺うと、「JKJOを2連覇することです」と話されました。



倉田市長は、「JKJOの2連覇、ヨーロッパ選手権の3連覇をめざして頑張ってください。楽しみにしています」と激励しました。




<和田さん、おめでとうございます!外国人と互角に戦う和田さんの勇気はすごいモミ!