撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

緑鮮やかな「青もみじ」が彩る「新緑カーニバル」が開催されます

2019年04月15日 | こんなことがありました!

4月20日(土曜日)から5月31日(金曜日)にかけて、青もみじで彩られた明治の森箕面国定公園(箕面公園)周辺で「新緑カーニバル」が開催されます。 「新緑カーニバル」では、春から初夏にかけての鮮やかな緑色の「青もみじ」を満喫できます。 開催期間中は、多数のイベントが開催されるほか、箕面公園及び滝道沿いの店舗で、期間限定メニューや各種割引も用意されています。

(青もみじでいっぱいの滝道)

5月25日(土曜日)には、昨秋大人気だった「滝ノ道ゆずるの分身とかくれんぼ大会」が開催されます。阪急箕面駅前で地図を受け取り(先着1,000名)、箕面公園内をハイキングしながら、ゆずるの分身を探すというイベントです。すべてのゆずるを見つけてゴールすると、空くじなしの抽選会に参加できます。

(ゆずる発見!)

(空くじなしの抽選会!何が当たるかな♪)

また、箕面ならではの「プレミア体験」として、お土産で有名なもみじの天ぷらを揚げられる「もみじの天ぷら揚げ体験」、緑に囲まれたお寺の境内の中で、ヨガや瞑想ができる「西江寺deヨーガ」など、心が躍るとっておきのイベントが多数あります。

※もみじの天ぷら揚げ体験は、4月27日(土)~5月6日(月・祝)は休止となります。

(揚げて楽しい、食べて美味しいもみじの天ぷら揚げ体験)

そのほか、箕面公園周辺・滝道沿いでは、各店舗が新緑カーニバル限定の独自サービスを提供しています。例えば、1日10食限定の新緑ランチを提供する店舗もあれば、もみじの天ぷらを1,000円以上購入で「滝ノ道ゆずるルービックキューブ」がもらえるなど、この時期にこの店舗でしか受けられないお得なサービスがいっぱいです。

 

(店舗限定ランチの一例)

(ゆずるとモミジーヌがかわいいルービックキューブ)

新緑カーニバルを主催する箕面市観光協会の小枝正幸(こえだまさゆき)会長は、「鮮やかな緑色の青もみじは、紅葉シーズンのもみじとは違った魅力があります。また、箕面公園周辺の店舗が一体となって、活気溢れる期間限定のイベントを開催しますので、ぜひこの機会に、新緑に囲まれた箕面で、もみじの新しい楽しみ方を発見してください。」と話しています。

 

【新緑カーニバル 概要】

■開催期間:4月20日(土)~5月31日(金)

■場所:明治の森箕面国定公園周辺

■イベント

①滝ノ道ゆずるの分身とかくれんぼ大会  

・日時:5月25日(土) ※雨天時は5月26日(日)に順延  

・場所:阪急箕面駅改札を出てすぐ右の野外ステージ(地図配布)  

・定員:先着1,000名様(事前申込不要)

②プレミア体験

・もみじの天ぷら揚げ体験、修行体験カフェ、西江寺deヨーガなど

③店舗限定サービス  

・期間限定ランチの提供、商品購入で滝ノ道ゆずるルービックキュー ブプレゼント、各種商品割引など

※②、③の実施期間や内容については、それぞれの店舗や実施団体により異なります。

④その他のイベント  

・箕面川床、各種ハイキング、箕面の森の音楽会など

 

【問い合わせ先】 

■箕面市役所 地域創造部 箕面営業室

電話:072-724-6905

■箕面 交通・観光案内所

電話:072-723-1885

 

<新緑の青もみじでいっぱいの箕面を楽しんでね~♪


「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」に出場した森田毬愛さんに箕面市長表彰!

2019年04月15日 | こんなことがありました!

昨年8月に行われた、「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」(主催:公益財団法人日本水泳連盟)女子11-12歳50m平泳ぎ及び100m平泳ぎに出場した森田毬愛さんに、4月4日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、森田さんは2回目の市長表彰となります。



森田さんはこの4月から、中学校1年生に進級されました。中学校入学後は、吹田市内のスイミングクラブでの週6日の練習とともに、中学校の水泳部にも入る予定をされています。
今回の夏季大会のほか、先日開催された「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」にも出場されましたが、「昨年の夏からフォームが崩れてしまっていて、タイムが伸び悩んでいます」と話され、満足のいく結果ではなかったそうです。



今後の目標について伺うと、「全中(全国中学校水泳競技大会)に出場したいです」と話されました。
全中に出場するためには、7月に開催される大阪府予選において基準タイムをクリアする必要があり、普段どれだけいいタイムが出ていても予選で出せなければ、全中に出場することはできないそうです。



倉田市長は、「部活にも入るのであれば泳ぐ量が増えますので、タイムも伸びると思います。全中に出場できた時には、また報告に来てください」と激励しました。




<森田さん、おめでとうございます!中学校でも頑張って、全中に出場するモミ!