銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

さよなら いつかわかること:grace is gone

2008-06-22 | 映画:ミニシアター

 

笑うとき 目覚めるとき

眠るとき 海をながめるとき

必ずママを思い出します

 

「グレイスが消える」、これが原題です。

 

6月13日、京都シネマにて鑑賞。イラク戦争で揺れるアメリカの異色作品です。グレイスとは、主人公スタンレーの妻の名前です。

アメリカがイラク戦争を始めてどのくらい時が経過したのか?はっきりと記憶していません。多くの兵士が戦死したことだけはしっかりと覚えています。その中には男性兵士と肩をならべた多くの女性兵士もいたのですね。女性兵士が戦地で戦うようになったのは、旧ソビエト連邦が最初だったそうです。「大祖国戦争」とも称された第二次世界大戦では、いつ戦死するかわからない危険な第一戦に相当数の女性兵士を送り出し、実際に多数の女性が戦死しているというのですから、驚きです。

今のアメリカ社会では、男女同権ということが認められるようになったため、現在軍人の14.3%が女性、階級も様々らしい。そして何とこの女性たちの4割が子持ちというのだから、これも驚きです。

 

そんな実情をモチーフに作られた「さよなら いつかわかること」。妻が戦場に出征し、残された夫と、その娘たちのお話です。

突然にもたらされた妻の訃報・・・・。夫スタンレー(ジョン・キューザック )は悲しみに暮れる 間もなく、この事実を幼い娘たちに伝えなければならない現実と向き合うことになる。遠方にいる母親が恋しくて仕方がない2人の娘とのコミニュケーションが上手くいっていない彼は、なかなか切り出すことが出来ない

絶望から、時間をかけてどのように立ち直り、生きる希望を見出していく3人家族の姿が何となく愛おしさを感じる。

スタンレーはホームセンターで働いていた。12歳の長女ハイディ(シェラン・オキーフ)はしっかりもので大人っぽいそして8歳の次女 ドーン(グレイシー・ベドナルジク)

そして陸軍の軍曹で、現在イラクに単身赴任中の妻・グレイスの4人家族。

ハイディは父が不在中にこっそり、戦争のニュースを見る。次女ドーンは、毎日母親と同じ時間に互いのことを想うという約束を守っていた。母を恋しがる娘たちとなかなかうまく接することが出来ないスタンレーはぎこちなく毎日食卓を囲むのだった。

そんなある日、妻の訃報がスタンレーの元に届く途方にくれるスタンレー、幼い娘たちにどう伝えたら良いのかわからないまま2人を外食に連れ出す。衝動的にドーンが以前から行きたがっていたフロリダの遊園地までで行くことに・・・・。

父親の突然の行動に?がるハイディ、無邪気に喜びはしゃぎまわるドーン夜中にこっそり自宅にして、妻の声で録音されている留守電の応答メッセージを聞くスタンレー。

フロリダまでの道中、プールでの遊び、ショッピング等を楽しみながら、時間を共有しながら、3人は徐々に絆を深めていく。

 

 

フロリダへ行く途中、父の実家へ・・・・・。叔父ジョンとの食事

父の弟ジョン(アレッサンドロ・ニヴォラ)は、彼女たちに世の中のすべてを鵜呑みにせずと話す。自分たちで考えることを教える。

ハイディは、父の様子がおかしいことに気づき、何か隠していると・・・・。

 

遊園地で至福のときを過した後、覚悟を決めたスタンレーはいよいよ娘たちと浜辺で向き合った。

 

どんな思いで彼は娘たちに伝えたのか・・・・・・。

戦死した女性兵士であり、妻のグレイスはワンカットもありません。戦闘シーンもまったくありません。でも戦争によって、家族を失われたこの3人の心情がひしひしと伝わります。

アメリカ政府が起こしたイラク戦争は、ベトナム戦争のときと同様、国内ではかなりの批判が高まっていると聞きます。

弟ジョンとスタンレー、それぞれの考えや思いも対照的です。スタンレーはアメリカの戦争に対して、正しいと考えていました。それがベストだと・・・・・。妻の戦死を知って戸惑い、その意義が分からなくなっている。ジョンはそうではありません。だから、娘たちに教えたのです。戦争が正しいのか?それを自分たちで考えて、判断して欲しいと。

 

クリント・イースト・ウッドが音楽を担当 

これまでにも、「ミスティック・リバー」(03)や「父親たちの星条旗」(06)で作曲を手がけ、放送批評協会賞やグラミー賞にノミネートされたイースト・ウッドだが、ジョン・キューザックから依頼を受ける。家族愛を描いた本作に心を打たれて快諾

 

ジェームス・C・ストラウス(監督・脚本)

米・インディアナ州出身。短編作家、漫画家として活躍し、作品が文学雑誌に掲載されている。「リターン・トゥ・マイ・ラヴ」(05)の脚本で注目され、「さよなら いつかわかること」が脚本2作目。監督初挑戦となる。

 

http://www.graceisgone-themovie.com/(英語版)

 

※シンプルなストーリー展開ですが、父スタンレーと2人の娘の心情が上手く表現され、素晴らしい作品だと思いました。戦争によって家族を失われた家族の思い、悲しみがひしひしと伝わります。戦争がもたらす悲劇を二度と繰り返して欲しくないですね。

 

Comment (1)   Trackbacks (45)   この記事についてブログを書く
« 映画 「靖国」、鑑賞した。 | TOP | INDIANA JONES KINNGDOM O... »
最新の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
監督 (kimion20002000)
2008-12-06 20:46:04
こんにちは。
この監督さんは、新人とは思えません。
脚本も兼任していますが、しっかりしたものです。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

45 Trackbacks

男手ひとつの難しさ (宇宙のめいぐると)
「さよなら。いつかわかること」
さよなら。いつかわかること (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します イラクから突然届いた母の戦死。悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時を迎える』  コチラの「さよなら。いつかわかること」は、サンダンス映画祭で観客賞&脚本賞を受賞し、4/26公...
さよなら。いつかわかること/ジョン・キューザック (カノンな日々)
戦争で兵士である母親を失った家族の物語。これはアメリカでは兵士を家族に持つ者にとってはとても現実味を伴った内容らしいですね。戦争で妻を失ったとき、残された父はどうするのか、子供たちの将来はどうなるのか?とても興味深いテーマに惹かれ観に行ってきました。 ...
さよなら。いつかわかること (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
イラク戦争を新しい視点から扱った意欲作。戦争で、父ではなく、母親を亡くした家族の再生の物語だ。考えれば女性兵士もいるわけでこういうケースもありなのだ。父娘のロード・ムービーにしたことで心の変化が繊細に感じ取れる。好青年のイメージのキューザックが体重増加...
『さよなら。いつかわかること』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Grace is Gone) ----この映画、クリント・イーストウッドが音楽を担当しているんだって? 「うん。ただ、最初にサンダンス映画祭で公開されていたとき...
さよなら。いつかわかること・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
平凡な一家に、ある日突然やって来た「戦後」。 ジェームス・C・ストラウス監督のデビュー作「さよなら。いつかわかること」は、愛する者と...
「さよなら。いつかわかること」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/ジェームズ・C・ストラウス  出演/ジョン・キューザック      シェラン・オキーフ      グレイシー・ベドナルジク  ジョン・キューザック主演。クリント・イーストウッドが自分が監督以外の作品に音楽を提供したことでも...
『さよなら。いつかわかること』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:GRACEISGONE監督・脚本:ジェームズ・C・ストラウス音楽:クリント・イーストウッド出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク、アレッサンドロ・ニヴォラ鑑賞劇場 : シネ・アミューズ ウエスト公式サイトはこちら。<Sto....
さよなら。いつかわかること/Grace is gone (描きたいアレコレ・やや甘口)
ジョン・キューザックが、シャツのズボン中入れ、ウエスト太め(←びっくり)で うろたえる"お父さん"を目一杯演じています。突然の妻の死に...
『さよなら。いつかわかること』 Grace is Gone (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
せつなく優しく。 シカゴのホームセンターで働くスタンレーは、12歳の長女ハイディ、8歳の次女ドーンと暮らしていた。妻のグレイスは・・・。サンダンス映画祭で観客賞、脚本賞を受賞した本作は、音楽がクリント・イーストウッド作曲のもので、自身の作品以外にイース...
「さよなら。いつかわかること」 (古今東西座)
本当に大切な言葉ほど、なかなか言い出しにくい…『さよなら。いつかわかること』は、母親がイラクで戦死したことを娘達に告げられないでいる父親とその二人の娘たちの物語である。スタンレー(ジョン・キューザック)は二人の娘と暮らしている電化製品の販売員。妻は女性...
さよなら。いつかわかること (ダイターンクラッシュ!!)
5月5日(月) 12:50~ シネスイッチ銀座1 料金:1480円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフレット:600円 『さよなら。いつかわかること』公式サイト 軍人の妻がイラクで戦死。娘二人に事実を伝えられず苦悩。仕事サボって、学校サボらせて、末娘が行きたがっ...
『さよなら。いつかわかること』 7.5P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:7.5Pこれは元々みたいと思っていた映画でしたー。 【STORY】 スタンレー(ジョン・キューザック)の妻は、陸軍軍曹としてイラクに単身赴任中だ。彼は12歳のハイディ(シェラン・オキーフ)と、8歳のドーン(グレイシー・ベドナーチク)とともに妻の帰...
「さよなら。いつかわかること」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Grace Is Gone」2007 USA イラク戦争がもたらした悲劇に直面した家族のヒューマン・ドラマ。 主演のスタンレーに「グリフターズ/詐欺師たち/1999」「理想の恋人.com/2005」のジョン・キューザック。 スタンレーの娘ハイディにシェラン・オキーフ、ドーンにグレ...
さよなら。いつかわかること (5125年映画の旅)
ホームストアで働くスタンレーはイラクに出兵した妻グレイスの代りに二人の娘の面倒を見ていた。そんなある日、スタンリーの元にグレイスの訃報が届く。母親が死んだ事実を娘達に伝える事が出来ないスタンレーは、3人でフロリダの遊園地に旅行に行く事を提案する。 ...
さよなら。いつかわかること (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
戦争で母親を失う現実_、アメリカの現在と、今も起こっている悲劇! 愛する人を失った絶望の中から、生きる希望を見出していく家族の物語。 物語:シカゴのホームセンターで働くスタンレー。家族は、12歳とは思えない程しっかりしている長女・ハイディと、8歳の次女...
さよなら。いつかわかることGRACEISGONE (まてぃの徒然映画+雑記)
HOMESTOREで働くスタンレーは、12歳の長女ハイディ、8歳の次女ドーンと暮らしている。妻のグレイスはイラクに駐留していて、ドーンと「同じ時間にお互いのことを考えようね」という約束をしている。いつもと変わらないある朝、突然の訪問者がスタンレーの日常に入ってくる...
さよなら。いつかわかること (映画三昧、活字中毒)
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞さよなら。いつかわかること/GRACE IS GONE 2007年/アメリカ/85分 監督: ジェームズ・C・ストラウス 出演: ジョ...
映画 『さよなら。いつかわかること』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆大切な家族を戦争で失った一家が時間をかけてその死を受け入れ、乗り越えていく様をじっくりと追う感動のドラマ。本作で主演と製作を担当し、心にしみる名演をみせるのは『“アイデンティティー”』などの実力派、ジョン・キューザック。スタンレー(ジ...
【映画】 さよなら。いつかわかること (Coffee and Cigarettes)
今回は、「さよなら。いつかわかること」 ホームセンターで働くスタンレーは、二人の女の子の父親。母親は陸軍軍曹として、イラクに赴任中...
【さよなら。いつかわかること】 (日々のつぶやき)
監督:ジェームズ・C・ストラウス 音楽:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク 「スタンレーはホームセンターで働き、妻グレイシーがイラクに出征しているため二人の娘ハイディとドーンの世話をして...
さよなら。いつかわかること (めでぃあみっくす)
サンダンス映画祭で観客賞と脚本賞を受賞したこの作品はまたしてもジョン・キューザックの選ぶ脚本にハズレなし伝説を裏付ける感涙映画でした。非常に地味で静かな映画なんですけども大切な家族と死別した経験がある方にはすごく心に響く映画ではないでしょうか。 イラ...
【2008-140】さよなら。いつかわかること (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 突然の訃報 言い出せない真実 妻の声で録音された留守番電話 笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します。 イラクから突然届いた母の戦死。 悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時...
さよなら。いつかわかること/Grace Is Gone (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・キューザック出演映画にハズレなし{/atten/}ほとんど{/m_0205/} とこれまでずっと思ってたんだけど、 今回も。  例に漏れず。 面白いっていうんじゃなく、ちょっと心にしみるような作品。 わたしはアメリカで高評価されてるほど 良かった!って感じたわけで...
さよなら。いつかわかること (映画を観たよ)
これでも反戦映画。
『さよなら。いつかわかること』 (Grace is Gone) (Mooovingな日々)
さよなら。いつかわかることを見ました。ジェイムズCストラウス監督、ジョンキューザック、シェランオキーフ、アレッサンドロニヴォラほか。 イラクから届いた妻の戦死。そのことを娘に伝えなければならない現実に直面し苦悩する主人公の夫。 時間をかけながら家族で...
「さよなら。いつかわかること」(アメリカ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
家族を失った絶望から寄り添って歩き出す父娘の物語・・・Grace Is Gone。
映画『さよなら。いつかわかること』を観て (KINTYRE’SDIARY)
46.さよなら。いつかわかること■原題:GraceIsGone■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:85分■字幕:関美冬■鑑賞日:5月4日、シネマスクエアとうきゅう(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ジェームズ・C・ストラウス□製作....
さよなら。いつかわかること (夫婦でシネマ)
イラク戦争で妻を亡くしてしまった家族。ロードムービーの形で遺された家族の再生を感動的に描きます。
『さよなら。いつかわかること』 2008-No38 (映画館で観ましょ♪)
二人の女の子の父親を、父親らしい体格=貫禄で演じたジョン・キューザック。 母親はイラク戦争へ。  ちいさな二人の娘とは、母親を...
さよなら。いつかわかること■グレース・イズ・ゴーン (映画と出会う・世界が変わる)
父親と娘二人が共に旅をするというだけのシンプルな構成の映画であるが、非常に内容のつまった仕掛けの大きな作品である。ロードムービーによくある旅する人物たちの心情の変化。その変化を促す出来事。それぞれの人物たちの性格。そして、彼らを包み込む社会全体という大...
「さよなら。いつかわかること」は、国家にはたして死を強制する... (映画と出会う・世界が変わる)
ジョン・キューザック演じるスタンレーは最初から最後まで悲しく元気のない表情である。途中で笑ったり、はしゃいだりするシーンはあるのだが、それらは非常に作為的なもの。その理由はただひとつ。「グレース・イズ・ゴーン」である。戦争の悲劇の最大のものは愛する者を...
さよなら。いつかわかること■イーストウッド監督作品であってもいい (映画と出会う・世界が変わる)
「さよなら。いつかわかること」の音楽はクリント・イーストウッド。まさにイーストウッド映画の世界を彷彿とさせるメロディーである。そこでふと思ったのであるが、この作品をイーストウッドが監督しても良いのではなかろうかということ。もちろん、現実の「さよなら。い...
「さよなら。いつかわかること」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 ジョン・キューザック主演のこの作品、 昨年アメリカで公開された際の評判も高く 音楽がクリント・イーストウッドということもあり 公開前から関心を持っていました。 イラク戦争に出兵しているのはジョン・キューザック演じるスタンリーの...
「さよなら。いつかわかること」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)のもとに、ある日、イラクに 出征中の妻グレイスの戦死の報が伝えられる。気持ちの整理がつかないスタンレーは、2人の娘、 12歳の長女ハイディ(シェラン・オキーフ)と8歳の次女ドーン(グレイシー・ベドナ...
さよなら。いつかわかること (小部屋日記)
Grace is Gone(2007/アメリカ)【DVD】 監督/脚本: ジェームズ・C・ストラウス 出演:ジョン・キューザック/アレッサンドロ・ニヴォラ/シェラン・オキーフ/グレイシー・ベドナーチク 笑うとき 目覚めるとき  眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出しま...
mini review 08340「さよなら。いつかわかること」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
大切な家族を戦争で失った一家が時間をかけてその死を受け入れ、乗り越えていく様をじっくりと追う感動のドラマ。最初はぎくしゃくしていた父と2人の娘の関係が、旅を通して少しずつほぐれていくまでをじっくりとみせる。本作で主演と製作を担当し、心にしみる名演をみせ...
さよなら。いつかわかること (ピースのAMEBLO CANTABILE)
【GRACE IS GONE】 家族を残して、戦争の地イラクへ向かった母親。 ほどなくしてイラクで戦死したと父親に伝えられた。 まだ幼い娘二人にどのようにして伝えようか悩み、思いつきで3人で小旅行へと出かける。 この映画は良かった。 ...
DVD:さよなら いつかわかること Grace Is Gone 現代だから有りうる家族の苦悩。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
名作とは言わないが、なかなかぐっとくる、現代ならではの話。 オープニングで、シカゴのホームセンターで働くスタンレーの妻から留守電メッセージが残る。 「しばらくは電話できないけど心配しないで。こっちは暑いわ」 ?!? 物語の進行とともに、彼女が女性兵士で...
さよなら。いつかわかること  Grace is gone (映画の話でコーヒーブレイク)
ジョン・キューザックを始めて見たのは遥か昔。 20数年前の「すてきな片思い Sixteen Candles」 典型的なティーンのスクールラブストーリーで最後はプロム(卒業ダンスパーティー)。 メインの恋話に加え、スクールバスで通う生徒達のキャラが可笑しくって今も記憶に...
『さよなら。いつかわかること』 (『映画な日々』 cinema-days)
さよなら。いつかわかること イラク戦争で妻が戦死したとの知らせを 娘たちに伝えられない主人公は、彼女たちが 行きたがっていたテーマパ...
『さよなら。いつかわかること』 (『映画な日々』 cinema-days)
さよなら。いつかわかること イラク戦争で妻が戦死したとの知らせを 娘たちに伝えられない主人公は、彼女たちが 行きたがっていたテーマパ...
さよなら。いつかわかること (悠雅的生活)
笑う時 目覚める時 眠る時 海を眺める時・・・
さよなら。いつかわかること (こんな映画見ました~)
『さよなら。いつかわかること 』 ---GRACE IS GONE--- 2007年(アメリカ) 監督:ジェームズ・C・ストラウス 出演: ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ 、グレイシー・ベドナルジク、マリサ・トメイ シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・...
さよなら。いつかわかること (心のままに映画の風景)
シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)は、 12歳の長女・ハイディと8歳の次女・ドーンとともに、イラクに赴任中...