銅版画制作の日々

ぼちぼち更新致します。宜しくお願いします!

再会の街で・・・・。かなり前に鑑賞した作品

2008-08-09 | 映画:ミニシアター

アダム・サンドラー&ドン・チードル共演作。リヴ・タイラーも出演。「ハルク」に出ていたもので、リヴ・タイラーつながりで、この作品を紹介!

 

実はかなり前に鑑賞していたのにも関わらず、レビューせず、お蔵入りしていた1本です。今年の1月29日に、京都シネマで鑑賞しました。かなり反響のある作品だったようですが。確かにお話の内容は凄くいいのですが・・・・。何故か?いまいち乗れないのは何なのか

監督はマイク・バインダー。9,11の体験を元に生まれた作品だそうです。1日で全人生を失った人たちの姿が目に入ってきたと、マイクは振り返る。

9,11のあのテロ事件の模様が克明に表現されているものではありません。あの事件で、家族を失い、心に深い傷を負った男とそれを再生しようと助ける男の友情物語です。そういえば、最近観た「告発のとき」、「さよなら、いつかわかること」も9,11ではありませんが、アメリカが抱える戦争問題等などで人々に後遺症をもたらした作品でした。それらの作品とは少し表現が違うかもしれませんが、人間の病んだ心を詳細に訴えていた作品なのかもしれません。

 

9.11テロで妻子を失い心に深い傷を負って殻に閉じこもってしまった男と、彼の大学時代のルームメイトで仕事も家庭も恵まれた生活を送りながら満たされないものを感じていた男、そんな2人がニューヨークの街で偶然に再会し、再び友情を育んでいく中で、少しずつ互いの心を癒やしていく姿を切なく描いた感動ドラマ。主演は「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラーと「ホテル・ルワンダ」のドン・チードル、共演にジェイダ・ピンケット=スミスとリヴ・タイラー。監督は「ママが泣いた日」のマイク・バインダー。
 ニューヨークのマンハッタン。歯科医のアランは、ある日、大学時代のルームメイト、チャーリーを街で見かけ声を掛けるが、彼は気づかずにそのまま去ってしまう。その後、アランは再びチャーリーと遭遇、言葉を交わすが、驚いたことに彼はアランを覚えていなかった。彼は9.11テロで最愛の妻と娘を亡くして以来、すっかり心を閉ざしてしまっていたのだった。そんなチャーリーのことが気がかりでならないアラン。彼自身は歯科医として成功し、美しい妻とかわいい娘2人にも恵まれ、幸せな人生を送っているかに見えたが、実際には公私両面で問題を抱え、苦悩を深めていたのだった。そんな2人は次第に一緒に過ごす時間が多くなり、ニューヨークの街をさまよい昔のように遊び回るようになるのだったが…。(allcinemaより)

 

iPodのヘッドフォンを付けて、原付キックボードで雑踏を滑り抜け、部屋に籠ればプレステに耽溺し、コミュニケーション不全に陥ったチャーリー

キックボードは日本ではあまり見かけないけど、iPodを肌身離さずいる若者は日本でも多い、それとやっぱりですかね。ある意味、いまどきの若い人もコミュケーション不全とはまでは言わないけど 、取ろうしない傾向はあるように思います。だからチャーリーの行動はそんなに欠落している状態なのか?どうか・・・・。と考えるとう~ん微妙です。それからプレステだって、大人も子どもも必死に食い入るようにやっている場面をよく見ます。遊ぶ相手が人間ではなく、機械?それはゲーム、ネットなど機械を媒体にしたものばかり・・・・。そういう私もパソコンを相手にしているわけですが(笑)

人間同士の関係が希薄になっているのは間違いないわけで。そんな心病んだチャーリーの状態をほっとけないとかってのルームメイト、アランは何とか助けたいと生活を犠牲にして救おうとするそうしているうちに、幸せなはずのアランも実は彼をヘルプしていくうちに、素の自分を出さず、生きたことに気づくのである。つまり二人にとって共に再生していくということなのだと・・・・・・。

アダムのヘアスタイルはディラン風だそうで、流れる音楽は70年代の

チャーリーを演じるアダム・サンドラーの出演作を観るのは実はこれが初めてです。またコメディアン出身の彼がこのようなシリアスな役はまったく初めてだとか?それだけに、今までの彼とは一味違う役に挑んだわけなのですね。彼を知っている人にとってはがらりと変った彼の姿にきっと驚いたことでしょうね

 

アランは何とかチャーリーを社会復帰させるため、精神科医に引き合わせようと試みるため芝居をするが見抜かれ、チャーリー怒らせてしまうことに・・・・。

 

一方アランがチャーリーのことに執心することで妻ジャニーンの不満を募らせるそして、「あなたは、チャーリーの自由を羨んでいる」と指摘それにはアランも返す言葉がなかった

 

遂にチャーリーはセラピーを受けることに同意アランの思いが通じたアランはアンジェラを紹介する。

 

若き女精神科医 アンジェラ(リヴ・タイラー)

彼女はチャーリーの心が開くのを待ち続けた。さて、チャーリーは話をしてくれるのか?

 なかなかいい作品なんですが。でもちょっと乗れなかったのは何故なのだろう?多くの人が絡み合いすぎてなのか?結構ごちゃごちゃしていたようにも思えるんですよね。もう少し二人に焦点を当てたほうが分かりやすいのではないでしょうか?

 

時間が経つと記憶が薄れてしまいますね。記事を書きながら映像を思い浮かべております。

 

オフィシャルサイト

http://www.sonypictures.com/movies/reignoverme/ (英語版)

 

 

 

 

Comment   Trackbacks (36)   この記事についてブログを書く
« インクレディブル ハルク☆★ | TOP | THE DARK KNIGHT★★ »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

36 Trackbacks

再会の街で (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『話すことで、癒やされていく傷がある。』  コチラの「再会の街で」は、12/22に公開されたハートフルなヒューマン・ドラマなのですが、新年早々観て来ちゃいました♪一昨年の「ポビーとディンガン」、昨年の「リトル・ミス・サンシャイン」に続いて、今年も満点ス...
「再会の街で」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
原題は「支配」だけど、テーマは「解放」。映画館に本作を観に行く前の晩、テレビでT.ギリアムの「フィッシャーキング」が流れていました。目の前で愛妻が撃たれたショックから普通の生活を営めなくなった大学教授と、その事件の原因を作ってしまった罪に苦しむ元DJがふ...
話していくことが大事なことだ (CINECHANの映画感想)
35「再会の街で」(アメリカ)  アランはニューヨークで歯科医を営み、仕事は順調。美しい妻と二人の娘がおり、他人がうらやむ生活を送っている。しかし、彼はどこかその生活に息苦しさを感じており、クリニックのある同じビルで開業している精神科医アンジェラに相談...
再会の街で (I am invincible !)
NYの歯科医アラン(ドン・チードル)は仕事も成功し妻子と幸せに暮らしていたが、小さな鬱積を同じビルで開業している精神科医のアンジェラ(リヴ・タイラー)に“無料相談”している。 そんなアランは大学でルームメイトだったチャーリー(アダム・サンドラー)を見か...
再会の街で (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
再会の街で米同時多発テロを描く映画も、事件そのものから遺族の気持ちへとスライドしてきた。時間の経過を感じるが、腫れ物に触るような描写を見ると、やはり傷は深い。主人公はやつれた元ルームメイトに再会、妻子を一度に失くし心を病んだ彼の力になろうとする。アダム...
再会の街で / REIGN OVER ME (我想一個人映画美的女人blog)
たまご頭がトレードマークのアダム・サンドラーが、 髪ぼっさぼさのくるくるヘアにして、シリアス演技が絶賛された1本{/ee_2/} いよいよ日本上陸! {/arrow_r/} 自分の大切だったものをたった1日のうちに失った喪失感。独りでたえなくてはならない孤独、、、。 わ...
再会の街で (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞再会の街で/REIGN OVER ME 2007年/アメリカ/124分 監督: マイク・バインダー 出演: アダム・サンドラー/ドン・チー...
『再会の街で』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 9.11のこういう描きかたもあるのか。 『再会の街で』 "REIGN OVER ME" 2007年・アメリカ・124分 監督・脚本・出演:マイク・バインダー 製作:ジ...
★再会の街で(2007)★ (CinemaCollection)
REIGNOVERME話すことで、癒やされていく傷がある。映時間124分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2007/12/22ジャンルドラマ【解説】9.11テロで妻子を失い心に深い傷を負って殻に閉じこもってしまった男と、彼の大学時代の...
「再会の街で」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/マイク・バインダー  出演/アダム・サンドラー      ドン・チードル      ジェイダ・ピンケット=スミス      リヴ・タイラー  あの忌まわしい9.11。あの惨劇は、亡くなった人達だけでなく、その家族や友人、恋人に...
再会の街で (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ニューヨークで開業する歯科医、アランは、美しい妻と二人の娘に恵まれ、仕事も順調。一見、順風満帆の生活を送っています。ある日、アランは、大学時代のルームメイト、"9.11"で妻子を亡くして以来、消息が途絶えていたチャーリーを街で見かけます。後日、アラ...
「再会の街で」:深川五中前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}近ごろはボーリングのピンがある建物もどんどん消えているわね。 {/kaeru_en4/}時の移り変わりを感じるよな。グダグダとボーリング場でとぐろを巻いていた同級生たちとも、いまや離れ離れだ。 {/hiyo_en2/}町で偶然会ったときの変わりようにびっくりさせられ...
再会の街で/アダム・サンドラー、ドン・チードル (カノンな日々)
ドン・チードルっていい俳優さんですよね。この人、悪役ってあるんでしたっけ?キャリアある人だから無くはないか。今までの役柄の印象のせいか善い人のイメージが強いんですよね。本作でもそんなドン・チードルの役柄を期待しての観賞です。もちろんハンカチ準備オッケー...
『再会の街で』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「再会の街で」□監督・脚本 マイク・バインダー □キャスト アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、ロバート・クライン、メリンダ・ディロン...
『再会の街で』 (めでぃあみっくす)
これまで9.11を描いた作品はどれも当日の出来事ばかりでしたが、この映画が描いているのは遺族の心の傷の深さ。そしてそれは私たちが想像する以上のものでした。正直、こんな素晴らしい映画が日本ではミニシアターでしか上映されないことが本当に悲しくなるくらい、たくさ...
再会の街で (そーれりぽーと)
年明けからロードショーの面白そうな映画が無かったので、年末から初泣き用に取っておいた『再会の街で』を観てきました。 ★★★★ お客さん少なくて良かった(汗) 途中で大泣きしてました。 9.11で家族を一度に失った夫だった男が、記憶も心も閉ざして暮らしている。...
再会の街で(映画館) (ひるめし。)
話すことで、癒されていく傷がある。
#197.再会の街で (レザボアCATs)
キックボードに乗って街中を走り回るアダム・サンドラーの姿、これを見てすっかり見る気満々だったこの作品。アダム・サンドラー出演作、それほどたくさん見たわけではないけれど、ここまでシリアスな演技が上手な人だったんだ?!なんて驚き。予告ですっかり感動してまし...
再会の街で (メルブロ)
再会の街で 194本目 上映時間 2時間4分 監督 マイク・バインダー 出演 アダム・サンドラー ドン・チードル ジャダ・ピンケット・スミス リブ・タイラー 評価 7点(10点満点) 会場 新宿武蔵野館  今年最後の映画鑑賞。新宿武蔵野館は初めて行ったんで...
再会の街で (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、愛する家族を奪われた男。仕事を捨て、誰にも逢わず、彼は人生から逃げるしかなかった・・・・・。久しぶりに会った友達が、心に大きな傷を抱えていた。あなたなら、どうする? 家族と恵まれた生活を送っているが、どこか息苦しさを感じている歯科医師のア...
再会の街で /REIGN OVER ME 感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
一見、ボブディラン風?なアダム・サンドラー。この映画では、一瞬、もしやカッコ良かったのか?と錯覚する瞬間が何度か(^^;)
「再会の街で」 (てんびんthe LIFE)
「再会の街で」新宿武蔵野館で鑑賞 公開が小さいのにすこぶる評判のよい作品。 ドン・チードルとアダム・サンドラーというW主演も異色の組み合わせですね。 アダム・サンドラー=コメディというイメージを払拭させる力演です。 彼も、ジム・キャリーのようにシリア...
再会の街で (映画鑑賞★日記・・・)
【REIGN OVER ME】2007/12/22公開製作国:アメリカ監督:マイク・バインダー出演:アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、マイク・バインダー 話すことで、癒やされていく...
再会の街で (5125年映画の旅)
セレブ御用達の歯医者を営むアランは、ある日大学時代のルームメイト・チャーリーと再会する。しかしチャーリーの様子はどこかおかしく、アランは戸惑いを隠せない。チャーリーは9.11のテロによって愛する家族全員を失っていたのだった。アランはチャーリーをなん...
再会の街で (2008 映画観てきましたっ!)
公開初日 1回目の上映を観てきました。
再会の街で (シャーロットの涙)
持つべきものは友?
映画~再会の街で (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆キャリアと家族に恵まれながらも人生にむなしさを感じる歯科医と、911の悲劇で家族を失い、自分の殻に閉じこもるようになった元歯科医の触れ合いと再生を描く感動作。911をニューヨークで体験したマイク・バインダーが監督を務めている。キャリアと愛す...
再会の街で (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  『存在』が癒す傷、『ふれあい』で前進できる一歩  
「再会の街で」 (古今東西座)
僕の仕事の取引先で、長年連れ添った妻に先立たれた人がいた。それまでは実にバイタリティ溢れ、職場でもリーダシップを発揮しバリバリと仕事をこなす人だった。しかし奥さんに先立たれてからは全く別人になってしまった。常に目は虚ろ、他人の言葉は耳に入っているのかい...
「再会の街で」 Love, Reign Over Me (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 昨年のうちに観ようと思っていたのですが、なかなかタイミングが合わず 今日、やっと観てきました。 いろいろと思うところがあるので、感想を書きたいのですが 重要なエピソードに触れてしまうと思いますので、(ネタバレ) あらかじめお断...
ワンダと巨像とやさしい奴ら (宇宙のめいぐると)
「再会の街で」
映画 『再会の街で』 (Death & Live)
今年最初の映画鑑賞。 『再会の街で』  2007年 原題 : reign over me 監督 : Mike Binder アダム・サンドラーって凄いんですね。 コメディっぽい役ばっかりだったけれど、 こんなに心理描写が上手いとは。 やっぱり、上手い役者ほどコメディに行...
『再会の街で』 2008-No1 (映画館で観ましょ♪)
寒いし。 今夜は鍋焼きうどんにしよう! 心が深く傷ついたチャーリーを演じたアダム・サンドラー 苦しさや悲しさがいっぱい、いっぱ...
再会の街で (MneMe fragments)
監督:マイク・バインダー 出演:アダム・サンドラー/ドン・チードル/ジェイダ・ピンケット=スミス/リヴ・タイラー/サフロン・バロウズ ストーリー 愛する家族と歯科医としての仕事、人もうらやむ人生を送るアラン。9.11で愛する家族を一瞬に失い、心を閉ざす...
再会の街で (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2007年12月22日 公開作品 2008年6月24日 DVDリリース 真の友情は、心の闇を照らしてくれる 公開時から観たかった作品だったんです。 忌まわしい9.11がベースとなっていますが、ドン・チードル&アダム・サンド...
『再会の街で』 (『映画な日々』 cinema-days)
再会の街で 9.11.事件で妻子を亡くした大学時代の ルームメイトと15年振りにN.Y.の街で再会。 【個人評価:★★】 (自宅鑑賞) 原題:REIGN ...