銅版画制作の日々

TBが残念ながら終了してしまいましたね・・・・。コメント歓迎です!

ぐるりのこと リリー・フランキー、映画初出演!

2008-07-23 | 映画:ミニシアター

 ぐるりって?→自分の身の周りのこと。または、自分をとりまく様々な現境のこと。

 

7月17日、祇園祭りの最中・・・・。京都シネマにて鑑賞しました。お客さん、さすが少なかった?みんな祇園祭で巡行見学みたいです。私は母の入院の手続き終了後、いそいそシアターへそういえば邦画は「アフタースクール」も鑑賞したのですが、未だ記事にしていませんまた後日書きたいと思います。

リリー・フランキーが映画に初出演した作品です。いつもは脚本・コラムなどを書いておられる方なのですが。絵本「おでん君」はみんなご存知ですよね。NHKでアニメ化され、大人気

そして女優木村多江さんが彼の相手役です。この方の出演されているドラマなどもほとんど未見です。どんな演技をされるのかも楽しみでした。

 

そんな2人が夫婦役で共演した「ぐるりのこと」。

何があっても別れない夫婦の10年におよぶ希望と再生の物語、

これは、今を生きる私たちの10年の物語。

何事もきちんとしたい妻・翔子(木村多江)とひょうひょうと生きる法廷画家の夫・カナオ(リリー・フランキー)。どこにでもいる夫婦のふたりにおとずれるさまざまな困難・・・・・初めての子どもの死、妻のうつ。それでもふたりは一つずつ一緒に乗り越え生きていくーーー。

1993年7月。ふたりの部屋のカレンダーには「×」の書き込み。妻・翔子(木村多江)が決めた週に3回の夫婦の「する日」の印だ。しかし、その日に限って、靴修理屋で働く夫・カナオ(リリー・フランキー)の帰宅は遅い。女にだらしないカナオが遊び歩いているのでは? 彼の手の甲をぺろりと舐め、浮気かどうかチェックする翔子。カナオは先輩の紹介で、新しく法廷画家の仕事を引き受けてきたところだった。「はあ!? 靴屋は? とにかく……決めたことやってから話そうか」苛立った様子で、翔子は寝室へ消える。「この感じからは……ちょっと無理だと思うな」カナオはぼやきながら、渋々寝室へ入っていく。

ふたりはどこにでもいるような夫婦。翔子は女性編集者として小さな出版社でバリバリ働いている。一方、カナオは法廷画家の仕事に戸惑いつつ、クセのある記者・安田(柄本明)や先輩画家らに囲まれ、次第に要領を掴んでいく。職を転々とするカナオを、翔子の母・波子(倍賞美津子)、兄・勝利(寺島進)とその妻・雅子(安藤玉恵)は好ましく思っていない。

しかし、そんなカナオとの先行きに不安を感じながらも、小さな命を宿した翔子には喜びのほうが大きい。

「動いた」とカナオと並んで歩く夜道、自分の小さくふくらんだお腹に手で触れる。カナオのシャツの背中をギュッ!と掴んで歩くその後ろ姿には幸せいっぱいって感じ・・・・。

1994年2月、ふたりの部屋に掛けられたカレンダーから「×」の印が消えている。寝室の隅には子どもの位牌と飴玉が置かれていた。初めての子どもを亡くした翔子は少しずつ心を病んでいく

気分転換のため、引越しするカナオと翔子。引越し祝いのため、友人たちと鍋を囲む。そのとき、一匹の蜘蛛が・・・・・。悲鳴をあげたとたん、翔子は過剰反応「殺さないで~~!」と絶叫その姿をカナオはじっと見つめるのだった。

カナオは法廷で、さまざまな事件を目撃していた。1995年7月、テレビは地下鉄、毒ガス事件の初公判を報じている。一方翔子は何と!産婦人科で中絶手術を受けていたすべてはひとりで決めたこと。カナオには秘密である。その罪悪感から、益々翔子は自分を追いつめていく無理をおして、書店でのサイン会に立ち会うが、ふとしたことからがあふれだしてしまう。そしてついに実家で

 

1997年10月、カナオは法廷画家として、すっかり堂に入っていた翔子は仕事を辞め、心療内科に通院の日々。ある日、台風でが通じないことに不安を感じたカナオは急いでに戻る。が吹き込む真っ暗な部屋で、翔子はびしょぬれになってたたずんでいた。「わたし、こどもをだめにした・・・・・」泣きじゃくる翔子、「どうして、私と一緒にいるの?」ながら、カナオを殴り続けるのだ。そんな彼女をカナオはやさしく抱きとめる。「好きだから、一緒にいたいと思っている」と告げる。ようやく二人の間に重く固まっていた空気が溶け始めた。

茶会に行くようになった翔子は、寺の庵主から天井画を描かないかと提案される。いつのまにか、ベランダに家庭菜園が・・・・。赤く実をつけたトマトをふたりはもいで食べる。夜中に熱心に画集を見入る翔子の姿を、カナオは発見する

 

 クリックして下さい!

頑張る翔子

1999年2月、カレンダーには再び「×」の印が付けられていた。ふたりの生活は少しずつ平穏を取り戻していたカナオがバイトする絵画教室でスケッチに励む翔子。ふたりの部屋には翔子が描いた美しい絵の数々が立てかけられている。

季節は景色からの春、そしてが咲き誇る夏を過ぎ秋へ・・・・・。時が洗い流していく

カナオは法廷で地下鉄毒ガス事件、小学児童殺傷事件といった陰惨な事件が裁かれるのを目撃していた。

 

2000年5月、翔子の父親がガンになり、翔子とカナオは名古屋へ見舞いに行くことに。宿泊したホテルで出くわした他人の結婚式の風景。式をあげていないふたりはその光景を見つめていた。父親の様子を家族に報告するふたりは母波子(倍賞美津子)より、離婚の真相を聞く。(実は母が父を裏切ったと)そして、波子はカナオに「翔子を宜しくお願いします思わずこみ上げる翔子

 

2001年7月、部屋には名古屋で撮影したふたりの記念写真が飾られている。

ふたりは完成した天井画を穏やかな表情で眺めていた。畳に寝そべって・・・・。

数日後、小学児童殺傷事件の被告人に死刑判決が下る。被害者遺族に罵声を吐き捨てる被告人(新井浩文)、退廷させられる被告人。裁判所の渡り廊下で、「人、人、人・・・・・・」と呟きながら、カナオは今日も白い紙に向かう

 

本当にありがちな夫婦の物語をリリー・フランキーと木村多江は自然体で演じていた。特にリリー・フランキーは初めてとは思えないほど、素晴らしくて驚いた。木村多江も凄い、心を病んだ翔子役を見事に演じていました母親波子役の倍賞美津子はえらい年がいかれ、驚きました。魅力的な方だっただけに・・・・。柄本明、あまり好みの役者さんではないけど、かなり存在感があり・・・・う~んさすがって感じです。年を重ねる度にいい役者さんになられたな!なんて偉そうなことを言っておりますが。いい映画でした。ほろっときました。

 

ぐるりのこと めんどくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。

 

 

 

Comments (4)   Trackbacks (49)   この記事についてブログを書く
« 第3回ENNENN FACTORY 銅版... | TOP | ワン・ミス・コール One mi... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (michi)
2008-08-06 13:24:01
こんにちわ!
人間って、色々な出来事を一通り経験すると
一皮むけるものですね。

>く実をつけたトマトをふたりはもいで食べる。

このシーン、一番印象的でした♪
TBありがとうございました (sakurai)
2008-08-13 17:57:44
あっついですねえ。
京都はさぞ暑いでしょう。
姉がいたとき、何度か行きましたが、ゆらゆら陽炎が立ってたのを思い出します。
ご自愛ください。
じんわりいい映画でしたね。
木村タエさん、時代劇に結構出てます。
あたしは寺島兄がなんかよかった。
夫婦愛 (にゃむばなな)
2009-07-30 17:59:03
これまで夫婦愛を描いてきた映画はいろいろありましたが、奥さんの鼻をダンナさんがかんであげるシーンで夫婦愛を描いた映画は初めてだったので、ちょっと驚きましたが、でもあのシーンはなんかいいですよね~。

あれこそ等身大の夫婦って感じがしました。
ぐるりのこと (aebee)
2009-12-16 23:02:29
すごく細かく見て、書いておられて感心しました。映画は最近ようやく見ました・・・。

写真をお借りしました。もしも不愉快でしたら別のを使います。勝手にすみません・・・。

post a comment

Recent Entries | 映画:ミニシアター

Similar Entries

49 Trackbacks

【2008-151】ぐるりのこと。 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にい...
ぐるりのこと。 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。』  コチラの「ぐるりのこと。」は、6/7に公開された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの復活作となるヒューマン・ドラマです。なかなか評判がよさげだったのですが、評判に違わずいい作...
「ぐるりのこと」 試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/5/13、ヤクルトホールでの開催。 後ろに座った男女、うるさい。 特に男、関西弁に文句を言うつもりはないが、 前を向いてしゃべらないで女の方を向いてしゃべれ。 それから、体を前に倒した時はしゃべるな、うるさい。 それともう一つ、たいていのホールは席では飲...
「ぐるりのこと。」 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ぐるりのこと。」□監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔 □キャスト 木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満...
「ぐるりのこと。」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
不器用はほどほどに、無神経は論外。1993年はぼくが就職した年。だから、その前後に起きた出来事っていうのは結構自分の中で線引きされていて、特に就職後の事件・事故は印象に残っているものが多い。主人公の翔子とカナオはそんな93年にいわゆる「デキ婚」で結ばれた。JU...
「ぐるりのこと。」舞台挨拶付き試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
監督は「ハッシュ!」以来6年ぶりの作品、橋口亮輔監督、因みに上映時間は2時間20分。な、長い…橋口監督自体、舞台挨拶時、鬱に罹っていたと言って、ぶっちゃけ、観終わった後の感想は、鬱病メンタルの状態で制作されたら、監督自身言っていましたけど、こりゃ...
ぐるりのこと。◆淡い筆致で描く夫婦の再生秘話 (好きな映画だけ見ていたい)
     「ぐるりのこと。」 (2008年・日本) 秋葉原で起きた無差別殺傷事件の衝撃が冷めやらぬなか、繁華街へ出かけるのは少し気が重かった。都心ならどこにでもある街の風景、どこにでもある雑踏。もし人の心が透けて見えたら、きっと眩暈が止まらないだろう。見え...
映画「ぐるりのこと。」を試写室にて鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「ぐろりのこと。」@松竹本社試写室 映画の話 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめていた。どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、あるとき子どもを亡くしてしまい...
「ぐるりのこと。」 (てんびんthe LIFE)
「ぐるりのこと。」試写会 ニッショーホールで鑑賞 「ぐるり」って人の名前かと思っていたのですが、身の回り360度(?)のことだそうです。 橋口亮輔監督のオリジナル脚本の完全なオリジナル作品です。 最近原作あるもの多いですから、なんだか新鮮ですね。 橋...
「ぐるりのこと。」 (元・副会長のCinema Days)
 橋口亮輔監督は“巨匠”の風格を漂わせ始めた。ゲイであることをカミングアウトしている同監督は、今まで同性愛を題材にしたストーリーラインとキャラクター設定でいくつかの秀作をモノにしているが、この映画にはゲイの雰囲気はない。わずかに主人公が男根の大きさに...
映画『ぐるりのこと。』 (健康への長い道)
久々に映画をハシゴしました。 まずはシネリーブル梅田にて昨日から公開の『ぐるりのこと。』 朝一番の10:40からでしたが、老若男女、幅広い客層で盛況でした。ある夫婦の1993年からの10年間を追った作品ということもあってか、カップルも多かったようです。 Stor...
映画 「ぐるりのこと。」 (ようこそMr.G)
映画 「ぐるりのこと。」 を観ました。
映画レビュー「ぐるりのこと。」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆個人と社会の両方が壊れていく時代の中、決して離れない一組の夫婦。丁寧な人間描写が光る。 【90点】  画家のカナオは定職さえないがのんびりした性格。一方、妻で出版社勤めの翔子は几帳面なしっかり者だ。対照的な二人は、それでも幸せに暮らして...
☆「ぐるりのこと。」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今月は試写会づいてるひらりん。 先週に引き続き、今週の平日休みもヤクルトホールにて試写会。 実は来週も予定が・・・。 近くのシネコンで映画観てたほうが空いてて楽なのにーーーー。
映画『ぐるりのこと。』 (ルールーのお気に入り)
90年代の殺伐とした事件の数々と並行して描かれる、「いろいろあるけど一緒にいたい」夫婦、10年に及ぶ希望と再生の物語・・・。
『ぐるりのこと。』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:橋口亮輔出演:木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明公式サイトはこちら。<Story>「お、動いた!」小さく膨らんだお腹に手を当て、翔子(木村多江)は夫のカナオ(リリー・フランキー)とともに、子を身籠...
木村多江とリリー・フランキーの「ぐるりのこと。」を観た! (とんとん・にっき)
木村多江とリリー・フランキーの映画「ぐるりのこと。」を観ました。悲しみから心を病み、やがてそこから力強く再生していく妻・翔子を演じるのは木村多江です。そして、何があっても妻をやさしく受けとめる夫・カナオを演じるのはリリー・フランキーです。それぞれ映画
ぐるりのこと。 ( 壁   穴)
今日はぐるりのこと。という映画を見てきました。 主演はリリーフランキー×木村多江。 2人ともいい味出してます。 リリーさん好きだ・・・ この映画は、自然な夫婦の姿を描いた作品なんですが 途中から木村多江が鬱になるなど、かなりつらく悲しい...
ぐるりのこと。(映画館) (ひるめし。)
めんどうくさいけど、いとおしい。いろいろあるけど、一緒にいたい。
【ぐるりのこと】 (日々のつぶやき)
監督:橋口亮輔 出演:木村多江、リリー・フランキー、倍償美津子、寺島進 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。 ~ 一組の夫婦の10年の物語 ~ 「靴の修理のバイトをするカナオと結婚した出版社に勤める翔子。、間もなく
「ぐるりのこと。」映画館レビュー 完敗 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
あっやばい良い!と思ったシーンを思い出そうとしたが、忘れてしまったようだ。もう一度観たい、もう一度会いたい、とはこういうことで、理屈じゃなく「好き」ということが確実だから、もっといっしょにいたいと思うんだろう。
『ぐるりのこと。』 (ぺんき塗りたて)
映画の試写会に久しぶり行ってきました。リリー・フランキーが出てます。リリー・フランキーと言えば、言わずと知れたベストセラー『東京タワー ~おかんとボクと、時々おとん』の作者ですが、実はましゃととってもお友達です。ましゃのファンクラブの会報で、毎回、ショ...
「ぐるりのこと。」並んだ姿が絵になること (ももたろうサブライ)
監督 橋口亮輔少しあらすじ 小さな出版社で働く美人でしっかりものの妻翔子(木村多江)と女にだらしなく、靴修理のアルバイトをしている夫カナオ(リリー・フランキー)。 カナオは先輩の紹介で法廷画家の仕事を得て、さらに絵画教室の講師をつとめるようになる。子ど...
『ぐるりのこと。』 (Rabiovsky計画)
『ぐるりのこと。』公式サイト 監督:橋口亮輔 出演:木村多江 、リリー・フランキー 、倍賞美津子 、寺島進    安藤玉恵 、八嶋智人 、寺田農 、柄本明 2008年/日本/140分 おはなし Yahoo!映画 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村...
『ぐるりのこと。』 7.5P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:7.5Pマジックアワー見に行こうかと思ってたんですが、ぐるりのことは会社の近くでしかやってなかったので平日見てきましたー。【STORY】 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを...
映画:ぐるりのこと。試写会 (駒吉の日記)
ぐるりのこと。試写会(スペースFS汐留) 「人って変わるのよ」 生真面目な妻が仕事や家庭のことで少しずつ疲労がたまり子供を亡くしたことでうつになってから立ち直るまで。とちょい浮気症のダメ夫が法廷画家の仕事を通じて妻を支える強さをもつようになる姿、夫婦...
「ぐるりのこと。」:深川一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここは、深川閻魔堂って言ってな、本堂の左側の建物の中に閻魔様がいるんだ。 {/hiyo_en2/}閻魔様って、あの恐ろしいエンマ様? {/kaeru_en4/}ああ、エンマ様だ。 {/hiyo_en2/}じゃあ、こんなところでうっかりしたこと、言えないわね。 {/kaeru_en4/}死んだ...
「 ぐるりのこと。(2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ぐるりのこと。】2008年6月7日(土)公開 監督 : 橋口亮輔 ...
83●ぐるりのこと。(舞台挨拶つき) (レザボアCATs)
わーい!リリー・フランキーが大好きな私。リリーさんに生で会えるぅ!と喜び勇んで、舞台挨拶つきジャパンプレミアに、出かけて参りました。
83●ぐるりのこと。(舞台挨拶つき) (レザボアCATs)
わーい!リリー・フランキーが大好きな私。リリーさんに生で会えるぅ!と喜び勇んで、舞台挨拶つきジャパンプレミアに、出かけて参りました。
映画[ ぐるりのこと。 ]に思いをはせて (アロハ坊主の日がな一日)
ようやくです。。 前作から、ほぼ7年。橋口亮輔監督の作品ずっと待っていた。
ぐるりのこと。:90年代を象徴するのは「こころ」だ! (犬儒学派的牧歌)
★監督:橋口亮輔(2008年 日本) 京都シネマにて。 ★あらすじ(Yahoo!映画より引用) 19...
「ぐるりのこと。」 (みんなシネマいいのに!)
 一見権威のありそうな「キネマ旬報」のベストテンだが、実は大人の事情なのかどうか
『ぐるりのこと。』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
「お、動いた!」小さく膨らんだお腹に手を当て、翔子は夫のカナオとともに、子を身籠った幸せを噛みしめていた。しかし、そんなどこにでもいる二人を突如として襲う悲劇…初めての子どもの死をきっかけに、翔子は精神の均衡を少しずつ崩していく。うつになっていく翔子と...
『ぐるりのこと。』 2008-No49 (映画館で観ましょ♪)
ごく普通の夫婦。 適当でだらしない夫と、全てを“ちゃんと”したかった妻の10年間のお話。 上手くいかなくなって相手を取替えて...
ぐるりのこと。 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。橋口亮輔監督、木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明。色々と、色々な意味で性的な肉体と、それに伴う出産のイメージ、死産のイメージの様態が折に触れてバリエーションを付けて描かれる。
mini review 08318「ぐるりのこと。」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
前作『ハッシュ!』が国内外で絶賛された橋口亮輔監督が、6年ぶりにオリジナル脚本に挑んだ人間ドラマ。1990年代から今世紀初頭に起きたさまざまな社会的事件を背景に、困難に直面しながらも一緒に乗り越えてゆく夫婦の10年に渡る軌跡を描く。主演は『怪談』の木村多江と...
真・映画日記『ぐるりのこと。』 (CHEAP THRILL)
JUGEMテーマ:映画 6月10日(火)◆832日目◆ 午後5時半に終業。 神谷町から日比谷線で銀座へ。 『ぐるりのこと。』はなるべく早いうちに見たかったのでこの日「シネスイッチ銀座」で見ることにした。 しばらく、チラシを見たりして暇を潰していたらSさん...
ぐるりのこと。 (迷宮映画館)
一緒になるということは、どういうことなのか?ちょっと考える・・。
『ぐるりのこと。』 (カエルノセカイ)
小さな出版社で編集者として働いている翔子(木村多江)と、法廷画家のカナオ(リリー・フランキー)。 何事も几帳面で生真面目な妻と、女にだらしがない夫は、お互い些細な不満ははあるけれど、それなりに幸せに暮らしていた。 しかし、やがてその平穏な生活に翳りが見え...
【映画】ぐるりのこと。 (新!やさぐれ日記)
■動機 一度見逃したレアもの映画だから ■感想 良い映画だなっと思った。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめて...
ぐるりのこと。 (シネマライズ) (たいようの映画の感想)
 世の中はいつからこんなに混沌としてしまったのか。いつからこんなに殺伐としてしまったのか。  人間関係はいつからこんなに希薄になっ...
ぐるりのこと■センスの良い社会派 (映画と出会う・世界が変わる)
「渚のシンドバッド」を見たときは、それほど感じなかったが、「ハッシュ!」を見たときには橋口亮輔という監督は、もしかしたら社会派ではないかと思った。今回の「ぐるりのこと」を見たときに、これはまさにそうだとほぼ確信に至った。しかし、強烈にメッセージを投げか...
映画 【ぐるりのこと。】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ぐるりのこと。」 橋口亮輔監督の6年ぶりのオリジナル脚本作品。 おはなし:1993年。零細出版社に勤める妻・翔子(木村多江)と、靴修理店でアルバイトする夫・カナオ(リリー・フランキー)。日本画家になる夢を捨てきれないカナオは、あるとき法廷画家の...
ぐるりのこと (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  初めのうちは、どことなく頼りなく、はっきりせず、女の尻ばかり追っている夫役のリリー・フランキーいらいらしていた。だがストーリーが進むうちに、だんだんこの男の好感度がアップしてゆくのが不思議だった。 このあたりは、リリー・フランキーの演技のな...
ぐるりのこと。 (サムソン・マス=ラーオの失脚 -日曜日の映画たち-)
     = 『ぐるりのこと。』  (2008) = 1993年。 何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と、法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめていた。 どこにでもいるような幸せな夫婦であったが、あるとき子どもを...
「ぐるりのこと。」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
じんわり心に響きました
『ぐるりのこと。』 (めでぃあみっくす)
なんか夫婦っていいなぁ~。結婚してから改めてこの映画を見たらもっといいんだろうなぁ~。そう思える映画でした。別に劇的なことが起こる訳ではないのですが、一緒に育てたトマトを食べる、手を繋いで歩く、決め事をカレンダーに記すという、何でもないことが凄く羨まし...
ぐるりのこと(2008年) (食卓の端 et バセンジ)
「ぐるりのこと」(2008年) この映画のことは色々賞を取ったという以外は何も知らなかった。 実家で母と見た。 いい映画だった!脚本もいい。橋口亮輔という映画監督をこの映画で初めて知った。 あんまり生活力のない、頼りなげだけど優しい夫に飽き足らなくなったら...