まりっぺのお気楽読書

読書感想文と家系図のブログ。
ゆる~い気持ちでお読み下さい。

スペイン王カルロス2世妃 マリア・ルイサ

2009-05-06 00:28:07 | スペイン王妃・王女
不幸な王を愛した王妃
カルロス2世妃 マリア・ルイサ・デ・オルレアンス


1662~1689/在位 1679~1689

ヨーロッパが激しい争いと変化を繰り返していた17世紀後半
フランス王ルイ14世と王弟オルレアン公フィリプ1世は、再びスペインとの関係強化が
重要だと考えて、カルロス2世の妃をフランス王家から嫁がせようと考えました。
けれどもルイ14世の王女たちは夭逝してたので
オルレアン公の娘だったマリア・ルイサが嫁ぐことになったのです。

      
たぶん、カルロス2世が精神的に稚拙で、見た目もあまりよくない…というか
一種異様であるという噂は届いていたはずで、マリア・ルイサの説得には
ルイ14世自らがあたりました。

マリア・ルイサはオルレアン公の大のお気に入りで、伯父のルイ14世にも大切にされ
とても幸せな少女時代を送りました。
また、幼い頃には宮廷に父方の祖母アンヌ・ドートリッシュ
(亡命中の)母方の祖母イングランド王チャールズ1世妃アンリエッタ・マリアがいて
たいそう可愛がれていました。

そんな箱入り娘が17歳で異国の地へ嫁ぐのです。
しかも相手は “ 悪魔に魅入られた王 ” などと呼ばれている人物です。
大変な決心だったでしょうね。

カルロス2世は性的に不能だといわれていましたが、マリア・ルイサに会うなり
夢中で愛するようになって、その情熱は死ぬまで続きました。

けれどもスペイン宮廷のうるさいしきたりと、世継ぎが生まれないことへのプレッシャーで
マリア・ルイサは見るからに衰弱していきました。
フランスから随行して来た使用人たちは、王妃が不当に扱われていると
スペイン王家を非難したほどです。

マリア・ルイサはカルロス2世と揃って祈祷に出かけたりしましたが
やはり子供に恵まれず、あまりにも幸せだったフランスへのホームシックもあって
過食に陥りかなり太ってしまいました。

1689年、乗馬の後急に腹部の激しい痛みを訴えたマリア・ルイサは
その夜のうちに亡くなりました。
母后マリアナによる毒殺説もあります。

マリア・ルイサは死に際してカルロス2世に
「陛下はきっと次の妃をもらわれるでしょうが、私のように陛下を愛する人は
 いないでしょう」と言ったとされています。
しかし、これはスペイン側の立会人が言っていることなのでね…

もしかしたら、ふたりの間には愛が存在していたかもしれません。
けれども、孤独でどうしようもない毎日を慰めてくれたり
母后や宮廷内の圧力から守ってくれる力がカルロス2世に備わっていなかったということが
ふたりにとっての悲劇だったのだと思います。
愛だけでは乗り切れないことって、けっこうありますからね

(参考文献 佐竹謙一氏『浮気な国王フェリペ4世の宮廷生活』
      岩根圀和氏『物語 スペインの歴史』 Wikipedia英語版)

物語 スペインの歴史 中央公論新社


このアイテムの詳細を見る
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ジゴロとジゴレット』エゴ... | トップ | ぼちぼち咲いてます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スペイン王妃・王女」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事