笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイルスのその時は・・・

2017年02月01日 | 2016年 映画 レビュー
12日のことですが、映画「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」を鑑賞しました。 ジャズ界の帝王として君臨するも 1970年代後半から公の場に姿を見せなくなったマイルス・デイヴィス 自宅にこもり、腰痛、ドラッグと鎮痛剤の影響に苦しむ日々 そこに音楽レポーターのデイヴ・ブレイデンが押しかけて、二人は盗まれたマイルスの最新曲を収めたテープを捜すことになり・・・ ジャズ界の帝王 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

今宵もマリック監督の世界に身をまかせ

2017年01月16日 | 2016年 映画 レビュー
30日のことですが、映画「聖杯たちの騎士」を鑑賞しました。 脚本家リックはハリウッド映画の仕事を引き受けたことをきっかけにセレブな生活を送るようになるが、その一方で 心の奥底に怯えや虚しさを抱えていた 進むべき道を見失ったリックは6人の女性の出会いと愛を通し自分の過去と向きあっていく テレンス・マリック監督作ですよ 作りというか、作風はここ最近の監督作と同じというかね 前作と同じような感じで . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

いかにしてデス・スター設計図を手に入れたか!

2017年01月11日 | 2016年 映画 レビュー
25日のことですが、映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を鑑賞しました。 帝国軍の誇る兵器デス・スターにより銀河は混乱と恐怖にさらされていた 窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジンは 反乱軍に加わりあるミッションを下される そしてジンの父親はデス・スターの設計者でもあり・・・ 去年、新たなスター・ウォーズが公開されたわけですが・・・ 今回はスピンオフの一作ですね 帝国軍 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (27)

ヒッチコックの技

2016年12月27日 | 2016年 映画 レビュー
14日のことですが、映画「ヒッチコック/トリュフォー」を鑑賞しました。 巨匠アルフレッド・ヒッチコックについてのドキュメンタリー作品 「映画の教科書」として長年にわたって読み継がれている「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」 1962年当時 フランソワ・トリュフォーが聞き手となってヒッチコックへのインタビューを行い、それをまとめて上記の本ができた その時のヒッチコックとトリュフォーの貴 . . . 本文を読む
コメント

事故後のそれぞれの人物スケッチ

2016年12月24日 | 2016年 映画 レビュー
11日のことですが、映画「誰のせいでもない」3Dを見ました。 モントリオール郊外 作家のトーマスはスランプ中、恋人サラとの関係がぎくしゃくしていた ある大雪の日、車を運転していたトーマスが目の前に飛び出してきた少年を轢いてしまい・・・ トーマスと恋人サラ、編集者のアン、少年の母ケイト、少年の兄らの人生を大きく狂わせていく なんとも独特のドラマでしたね ストーリー内容的には、劇的な展開になるかと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

残された男たちは・・・

2016年12月19日 | 2016年 映画 レビュー
6日のことですが、映画「母の残像」を鑑賞しました。 戦争写真家の母イザベルが謎の死を遂げてから3年。母の回顧展のため 長男ジョナが父と弟が暮らす実家に戻ってくる 久々に顔を合わせた父子たちが妻への 母へのそれぞれの思いを語り、イザベルの知られざる一面を戸惑いながらも共有するが… 残された家族の物語といえて 決して新鮮味ある題材ではないが、これが母の死であり 残されたのが全員男たちというのはちと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

郊外の若者と消えた女性・・・

2016年12月11日 | 2016年 映画 レビュー
28日のことですが、試写会「アズミ・ハルコは行方不明」を鑑賞しました。 アキバシアターにて 郊外のある街 独身OLの安曇春子が突然姿を消した。 愛菜、友人ユキオらは街中に貼られたハルコの行方不明ポスターをモチーフにグラフィティアートを作り それは拡散されていく また街中では男だけを無差別に襲う女子高生ギャング団が話題に上がっていて・・・ なんとも不思議なストーリーというか アズミ・ハルコをキ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (9)

ただ愛する者のために・・・

2016年12月10日 | 2016年 映画 レビュー
28日のことですが、映画「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」を鑑賞しました。 刑事として働くローレルはステイシーという若い女性と恋に落ち 一緒に暮らし始めるが、ローレルが病に冒されていると発覚 余命はわずか半年 ステイシーに遺族年金が受け取れるよう郡に申請するが 同性のパートナー同士ということで法的に認められず 病と闘いながら権利を求めて闘うローレルの訴えは社会的な運動へと拡大して・・・ 第 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

過去と向き合い・・・

2016年12月05日 | 2016年 映画 レビュー
22日のことですが、映画「ジュリエッタ」を鑑賞しました。 マドリード、中年女性ジュリエッタは ある日ずっと行方不明だった一人娘アンティアを知人が見掛けたと聞き ショックを受ける 12年前自分に何も告げずにこつぜんと消息を絶ったまな娘、封印していた過去と向き合い 娘に宛てて手紙を書き始める… ペドロ・アルモドバル監督作 監督作は劇場では一作のみの鑑賞ですが、DVD等で過去作は何作か見ていて や . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

雨の日はカエル男が現れる

2016年12月03日 | 2016年 映画 レビュー
21日のことですが、映画「ミュージアム」を鑑賞しました。 雨の日だけに起こる猟奇殺人事件 殺人現場に残された謎のメモなどからカエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる 一連の事件の関連性を察知した沢村刑事は自分の妻子が狙われていることを知り、カエル男の仕組んだ罠にはめられ・・・ いや~ 日本映画でここまでのサイコサスペンスが出来たか! と思うほど 全体として雰囲気が 作りがまさにというか . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (16)

忘れた記憶の真実は・・・

2016年11月30日 | 2016年 映画 レビュー
18日のことですが、映画「手紙は憶えている」を鑑賞しました。 妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ 彼は友人のマックスから1通の手紙を託される 2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された アウシュビッツ収容所の生存者だった 手紙にはナチスの生き残りルディ・コランダーの情報が、容疑者は4人にまで絞り込まれていた・・・ ナチスの残党を探し旅、ある種のロードムービーとして . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (13)

アメフトの後遺症

2016年11月26日 | 2016年 映画 レビュー
10日のことですが、映画「コンカッション」を鑑賞しました。 医師ベネット・オマルはNFLを引退したスター選手マイク・ウェブスターの変死解剖に携わる オマルはプレイ中の頭部への激しいタックルが原因である脳の病気「CTE(慢性外傷性脳症)」を発見 論文を発表するがNFLサイドは全面否定、権力を使い オマルと彼の周囲に圧力をかけていく これは実話なのでね、これが大きいかと スポーツとその影響というか . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

そのピラミッドを見て泣いた

2016年11月25日 | 2016年 映画 レビュー
8日のことですが、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞しました。 1年前、夫の一浩が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだが 双葉と娘 安澄は二人で頑張ってきた ある日、双葉が急に倒れ 結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い やるべきことを着実にやり遂げようとする いわいる、難病モノというか まさに死ぬまでにしたい・・・というかね とはいえ、これが もう泣ける、泣け . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (19)

今作もラングドンは走る

2016年11月22日 | 2016年 映画 レビュー
3日のことですが、映画「インフェルノ」を鑑賞しました。 記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたラングドンは命を狙われるも、医師シエナ・ブルックスの手引きで事なきを得る 二人は人口増加を危惧する生化学者ゾブリストが人類の半数を滅ぼすウイルス拡散を企んでいることを知り・・・ ロバート・ラングドン シリーズ3作目 主演トム・ハンクス、監督ロン・ハワード と変わらぬメンバーで 今作は前作のエンタ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (27)

インド女子ボクシング映画

2016年11月18日 | 2016年 映画 レビュー
31日のことですが、映画「ファイナル・ラウンド」を鑑賞しました。 プラブは女子ボクシングのコーチとして成功をおさめていたが 持ち前の傲慢さが災いして協会と揉めて失墜してしまう そんな時17歳の少女マディと出会い その才能にひかれるが彼女はボクシングに興味がなく・・・ ふたりはタッグを組んでいけるか インド発の女子ボクシングを題材にした本作! 最近はインド映画の人気もあり、劇場公開される作品も . . . 本文を読む
コメント