笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金とバトルと

2011年06月30日 | アニメ
アニメ「C」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました 定番となっている ノイタミナ枠のアニメですね 仮想空間でのバトルものでもあり 金融経済、金というものについて価値について・・・ かなり壮大というか 志しは高いアニメだったなぁと なんか すごすぎて ポカーンというか いったい何が起きてるの・・・ 正直 もう1クールぐらいやって じっくりと 丁寧に描いてほしかったですね 流石 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (15)

遺留物から・・・

2011年06月29日 | 日本ドラマ
ドラマ「遺留捜査」を見ました。 テレ朝にて 水曜9時にやってました テレ朝のこの枠らしい 新たな刑事モノで 科学捜査係である糸村が遺留物から事件を見ていく 1話完結型のミステリー 科学捜査班であったり、変わり者の主人公だったり まぁ ありがちではあるのですが・・・ ある種 遺留物に特化して事件を解決していくというのが このドラマの特徴ですかね まぁ、毎回のストーリーもしっかりしている . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (6)

身動き取れぬ 127時間

2011年06月27日 | 2011年 映画 レビュー
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカー監督 ダニー・ボイル、飽きさせずに最後まで見れましたね 岩を削ったり、ローブで持ち上げたり・・・ その場にあるものを使い 脱出 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (46)

一筋縄ではいかない恋

2011年06月25日 | 小説
小説「セカンド・ラブ」を読みました。 著者は 乾 くるみ この著者と題名からして あの作品を思い出させますが 話自体は別物で とはいえ、似たような男女の恋愛モノ そして ミステリー的オチへ 読み物としてはスラスラと読めて どうなるのか 楽しく読めましたね とはいえ、どうも腑に落ちないというか 残された謎もあり、なぜ? という印象も オチもそこまでの衝撃ではなかったかぁと もちろん 種明 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

東野圭吾 SP 第2弾

2011年06月23日 | 日本ドラマ
ドラマ「ブルータスの心臓」を見ました。 17日、フジにて9時からやってました 東野圭吾3週連続スペシャル 第2弾ですね 原作は未読ということもあり 最後まで楽しめました 犯人は誰かというよりは ドラマとして巧く出来ているなぁと、完成されていて 藤原竜也はこういうのはハマリ役ですね まさに彼あっての作品でした まぁ、最後は相変わらずの舞台色が気になりましたが・・・ 刑事コンビもユーモア . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (8)

ハガネな教師 2

2011年06月22日 | 日本ドラマ
「ハガネの女」シーズン2 を見ました。 テレ朝にて 木曜9時にやってました 小学校が舞台の学園モノ 11時代にやっていたシーズン1から昇格で ゴールデンになりましたが 勢いは失われずに 面白かったですね けっこう小学生にしてはハードな描写もありますが そこが 肝でもあって さすがに ありえない と思えるところもあるのですが ちょい強引かなぁと・・・ やる気のない新人教師、新校長、カウン . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

切腹を申し付ける

2011年06月21日 | 2011年 映画 レビュー
13日のことですが、映画「さや侍」を見ました。 松本人志監督作品 どうしても 期待してしまうのですが・・・ 今までの作品と比べても 1番 映画らしい作りで ある意味 見やすい作品でした 若君を笑わせるための 三十日の業 これがベースとなるわけで まぁ、1日 1ネタという 映画の中でも 実際に20以上は芸を見せていく展開で なかなか笑えて 見せ方、編集の巧さもあって 流石です 最後の決着 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (25)

いいお話です。

2011年06月18日 | 小説
小説「神様のカルテ」を読みました。 著者は 夏川 草介 地方病院で働く 青年の心温まるお話 なんとも、いい話です 誰も傷つかない よさがありますね 出てくる人が 皆さんいい人ばかりで ちょっと ファンタジーを感じるほどに・・・ 病院を舞台にしているため そこには命の話があるわけで とにかく、ページ数も少ないし読みやすくはあります 物足りなさはありましたがね 主人公が 夏目漱石に憧れ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

今までを踏まえての

2011年06月16日 | 音楽 レビュー
CD紹介を レディオヘッド 「ヘイル・トゥ・ザ・シーフ」 言わずと知れた バンド 6thアルバム もはや 貫禄ともいえる安定感 そして 完成度 「キッドA」の電子音と「ザ・ベンズ」のギターロックの 融合というか、中間といった感じ 過去の作品を踏まえてのアルバムというか ある種 どっちに偏ることなく 評価は分かれたそうですが 私的にはかなり良かったです また、けっこう攻撃的というか 強 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

東野圭吾 SP 第1弾

2011年06月14日 | 日本ドラマ
ドラマ「11文字の殺人」を見ました。 10日、フジにて 9時にやってました 東野圭吾3週連続スペシャル 第1弾ですね 原作は未読だっため 最後まで 引き込まれました 犯人はなかなか意外で 流石 東野圭吾! といった感じ とはいえ なんとも スッキリ感はなくて 悪い意味ではなくてね テーマ自体が 善人と悪人がはっきりしない 的なところがありましたし これが 現実なのかも・・・ ストー . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

卵を探すだけでも

2011年06月12日 | 小説
小説「卵をめぐる祖父の戦争」を読みました。 著者は デイヴィッド・ベニオフ 久しぶりの洋モノ 祖父が語る 戦時下の冒険談 第二次大戦時代ということもあり、歴史・戦争小説ともいえるかも とはいえ、かなりエンターテイメント性があり ユーモアがあります 卵を探す旅という 面白さもあるが 2人の会話からなる妙 恋愛、セックス、文学、芸術・・・ さまざま語られていく もちろん そこに戦争の惨さ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

奇跡を願って

2011年06月10日 | 2011年 映画 レビュー
2日のことですが、映画「奇跡」を鑑賞しました。 読売ホールにて 試写会で見ました 両親が離婚し 母親と祖父母と鹿児島で暮らす兄、父親と福岡で暮らす弟 新しくできる九州新幹線がすれ違うときを見ると奇跡が起きると噂を聞きつけて・・・ 子どもたちのちょっとした冒険、そこで また成長する まさに スタンド・バイ・ミー的な 鹿児島、福岡と それぞれの暮らしが淡々と描かれていく 日常の積み重ね その . . . 本文を読む
コメント (19)   トラックバック (34)

宮城へ

2011年06月08日 | 旅行
5日のことだが、宮城県に行ってきました もともとは 前日に茨城の方へ用があり その勢いがてらに 宮城ということで 利久という店で牛タンを これが 肉厚で絶品でありました そして 仙台、名取などの見ていったのだが 震災の爪痕が残っていましたね 実際にその光景を見ると 驚き 凄まじいと ニュースなどでは知ってはいましたが あらためて 地震 津波の怖さを感じました どうすることもできないと . . . 本文を読む
コメント

密告者は誰か・・・

2011年06月06日 | 小説
小説「乙女の密告」を読みました。 著者は 赤染 晶子 第143回芥川賞受賞作 話自体も短いし 読みやすくはあったが・・・ イマイチ 面白味は 独特の文章スタイルだとは思ったけどね アンネの乙女が同じ立場になっていく展開は なかなか巧いなぁとは思いました まぁ、芥川賞なので 純文学的ということで 自分には合わなかったかな 私的評価:2+     最後まで どうなるのか読ませますね    . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

急に新曲!!

2011年06月04日 | 音楽関連
さて 3日金曜 20時に コールドプレイの新曲が発表されましたね 「ウォーターフォール ~一粒の涙は滝のごとく」 Coldplay - Every Teardrop Is A Waterfall (Official) おっ! また かなりPOPですね テンションが上がりそうな曲で いやーー 新しさがある感じも、ダンスチェーン的というか しかし らしさも残っていて 美メロですね、ギター . . . 本文を読む
コメント