笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大人なドラマ

2012年03月31日 | 日本ドラマ
ドラマ「最後から二番目の恋」を見ました。 フジにて 木曜10時にやってました いやー 面白かったです まさにアンサンブルの妙といいますか キャストも年齢層高めの大人のドラマですが 皆 ハマっていて、好演でした 特に 中井貴一は もうこの役は彼しか考えられないと思うほどで 自然で、なんともいい大人を演じていて 酔っぱらった演技なんか 自然で巧くて 浅野和之も巧かったですがね 内田有紀の役 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (14)

18年間・・・

2012年03月30日 | テレビ、バラエティ
朝のニュースはずっとめざまし派の 私でしたが 今日のめざましテレビは感慨深かった 愛ちゃん、遠藤さん、伊藤さん そして 大塚さん・・・ 卒業 いままで 何人も交代、卒業はあったけど ここまで多いのは 初だろうし 何よりメインの大塚さんが 初期からの伊藤さんまでもが 大塚さんの入院ということから もしかしたらという思いはありましたが・・・ 伊藤さんも 知りたがり があり 忙しすぎるよなぁ . . . 本文を読む
コメント

秋葉原という町で

2012年03月29日 | 2012年 映画 レビュー
22日のことですが、映画「RIVER」を鑑賞しました。 あの 秋葉原の無差別殺傷事件をテーマに 事件で恋人を亡くした女性の新たな1歩までを描く 秋葉原の町を歩き、さまざまな人たちと会っていく その模様を淡々と ある種 それだけでもあり しかし この秋葉原という町の独特の空気感、人々をリアルに描いていて 切り取られているかのような けっこう ドキュメンタリー的というか ゲリラ撮影もあったと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

いいじゃないか!

2012年03月26日 | 日本ドラマ
ドラマ「孤独のグルメ」を見ました。 テレ東にて 水曜深夜にやってました 30分のドラマで 個人で雑貨輸入業をやっている井之頭五郎が店で食事をする ホント それだけで しかし これがいいぞ、いいぞ ほとんど 町にある大衆食堂など 個人でやっているような店で 実際にある店をモデルにしていることもあり ちょっと ドキュメンタリーぽい感じで 淡々と食べていく これが美味そうで たまらない 松 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

運命に翻弄され

2012年03月25日 | 日本ドラマ
ドラマ「運命の人」を見ました。 TBSにて 日曜9時にやってました 山崎豊子原作によるドラマということで 重厚な作り、豪華キャスト 新聞記者 弓成の波乱の人生 政治、会社、家族 さまざまな視点から 山崎豊子らしい 今までと似たような作風で 見せていきます ドラマとしては毎話 しっかりとした作りで 最後まで見れましたね ある種 堅い話、気楽に見れる内容ではないですが 大人のドラマといった . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (10)

いびつな家族

2012年03月24日 | 小説
小説「at Home」を読みました。 著者は 本多 孝好 家族をテーマにした4つの短編 家族とはいえ、ストレートな家族モノではなく いびつな、普通とは違う家族たち どの編もいい話 絆だったり、優しさがあって そこに 謎がなにかしらあり 引き込まれる いかにもな、本多ワールド なかなか共感できぬ家族関係 しかし 読み物として楽しく、そのテーマは共感できて 4つの中では「共犯者たち」が . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (9)

神戸の相棒も・・・

2012年03月23日 | 日本ドラマ
ドラマ「相棒」シーズン10を見ました。 テレ朝にて 水曜9時にやってました もう 10回目となると毎話のストーリーも安定感 そして 杉下・神戸のコンビは良い感じになっきて 今回は過去キャラの再登場が目立った感じがありましたね おなじみ陣川くんや映画版米沢の相棒 相原、あの名探偵など・・・ そして 月本幸子がまさかのレギュラーに! そういう意味で 今まで見てきた身としては 嬉しいエピソード . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (15)

勘に頼って

2012年03月21日 | 日本ドラマ
ドラマ「ストロベリーナイト」を見ました。 フジにて 火曜9時にやってました SPドラマからの連ドラ化 いわいる刑事モノですね 1話~2話完結の構成で 姫川班の活躍を描いているわけですが どの エピソードも引き込まれ 最後まで気の抜けない展開で楽しめました 特に最後の「ソウルケイジ」は2転3転して ドラマ、ミステリとしても良かったですね 題名的には「右では殴らない」が好きですね 笑 主 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (19)

卒業式にて

2012年03月20日 | 大学関連
さて、今日は春分の日ですが・・・ 自分にとっては卒業式だったわけで 4年間の大学生活も終わり なんだか早いなぁと感じつつ 答辞の代表者の涙に驚きつつ いろいろと思い出したり という自分も学科代表として登壇したりもして 気の抜けない卒業式となりました 後からの ゼミメンバーとの最後の交流 そして サークルメンバーとの部室でのべしゃり 後輩も数名 来てくれて、定番の色紙なんかもらったりして . . . 本文を読む
コメント

フィルムの音

2012年03月17日 | 2012年 映画 レビュー
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これはスコセッシが監督したの?と思える感じで 万人に見やすく 楽しめました 今まで そこまでハマれなかったスコセッシ監督作品でしたが・・・ 今作は素直に良かったです いわいる . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (67)

逃亡犯の素顔

2012年03月15日 | 小説
小説「チェインギャングは忘れない」を読みました。 著書は 横関 大 逃走劇のサスペンスを軸として 主人公大貫と共にする子ども、その母親、刑事の3つの視点から描かれていて ミステリというよりサスペンスといった感じで 軽く、読みやすいですね 流れとしては、前作のような感じで 絆だったり、つながりが いい奴、いい話という感じで さすがに 上手くいきすぎ感も強いですが それをおいても 読ませ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)

馬が繋ぐもの

2012年03月12日 | 2012年 映画 レビュー
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソード等も捻りもなく、新鮮さはないが 王道な 安定した、演出力で見せる 戦争映画というよりも馬と人間の映画ともいえ ドラマとして素晴らし . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (53)

あれから、1年

2012年03月11日 | 時事
さて、今日はあの日から1年 思えば もう1年かぁという思いがある 早いなぁと 自分は埼玉なため 大きな被害はなく 大きいことはいえないが たしかに この1年は非常に濃いものだったように感じる 何度もくる余震、計画停電、テレビなどの放送・・・ 地震の年、地震ゆえのといったら失礼かもしれないが あまりにもすごかった 変わったこともある 考えたこともある 運命だからとはいえ なんともやりき . . . 本文を読む
コメント

怪物は誰だ?

2012年03月09日 | 日本ドラマ
ドラマ「聖なる怪物たち」を見ました。 テレ朝にて 木曜9時にやってました いやー これはなかなか濃いドラマでした ドロドロといってよいのか・・・ 代理出産、死、一族の名誉、それぞれの秘密 それぞれが守るために 賛否はありそうですが 私的にはけっこう最後まで楽しめましたね 出演者も揃っていてよかったし 特に中谷美紀は出色でした 勝村さんも後半 いい味で 正直 あともう少しで大傑作になっ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (16)

討論、議論、口論・・・

2012年03月07日 | 2012年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「おとなのけんか」を鑑賞しました。 題名どおり、まさにおとなのけんか! 子どものけんかを穏やかに話し合いにより 解決しようとした2組の夫婦なのだが・・・ 元が舞台劇ということで、濃厚な演技と台詞合戦が繰り広げられ 4人による討論、論議、口論・・・ 問題、テーマはいろいろな方向へ及び 4人の関係性は変わっていって 徐々に露になるホンネ・・・ 真面目に話しているからこ . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (35)