笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年を振り返り

2010年12月31日 | お知らせ
今日も2010年も終わり いろいろあった2010年でした まずは成人式から始まり 3年となりキャンパスの変わって 多くの先輩たちと出会うこともでき 良くしてくれて 感謝の日々でした そして ゼミという また、新たな仲間も増えて お酒も飲むようになり アルコールのおいしさがわかるようになったり そして 新たな親戚も誕生して 嬉しき年だったですね また 携帯がiPhone4にしたことも . . . 本文を読む
コメント

2010年のベスト 2

2010年12月30日 | ベスト
本の今年のベストに続いて 映画のベスト10を 第1位 「トイ・ストーリー3」   3作目ながら質は高く 素晴らしい     ストーリー、アクション、感動     誰もが楽しめる傑作 第2位 「ゴールデンスランバー」     原作の会話の妙、伏線の巧さが活かされていて     全員が適役で俳優陣が素晴らしい     最近見た 邦画では1番かも 第3位 「インセプション」      . . . 本文を読む
コメント

2010年のベスト

2010年12月29日 | ベスト
もうこんな時期となりまして そんなわけで 今年のベストを まずは 今年読んだ本 ベスト10を 第1位 「モダンタイムス」     伊坂作品の中でも かなり好きです     謎が謎を呼ぶストーリー、会話の妙も面白くて     考えさせられるテーマ性もあり いいです 第2位 「卒業」     短編集ながら どの作品も素晴らしく 感動     他にはない グッとくる感覚になりました 第3位 「手 . . . 本文を読む
コメント (2)

相棒らしさ

2010年12月28日 | 2010年 映画 レビュー
映画「相棒 -劇場版- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜」を鑑賞しました。 人気ドラマシリーズの映画版2作目 ドラマは見てるので 映画もという事で 事件そのものの謎は 映画の割には・・・ ある種 地味というか まぁ 警察内部の事件だったのがあるとは思いますが 相棒らしさはありましたがね 警視庁、警察庁との関係 陰謀、不正 あまり触れないところにいくのが 良いですね あえて 映画化で . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (21)

SPとチェスの世界

2010年12月27日 | 小説
小説「キング&クイーン」を読みました。 著者は 柳 広司 天才チェスプレーヤーの護衛を頼まれた 元SP 女性の活躍 サクサクと読みやすかったですね チェスが扱われますが 知らなくても楽しめて もしろ、チェスの頭脳戦を期待すると 期待はずれですね しかし SPのプロぶり、裏側が描かれて 面白いです 合間に それぞれの人物の過去やチェスの蘊蓄が入ったりと 巧い構成で ただ、事件はあっさ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

これぞ、3Dの醍醐味

2010年12月26日 | 2010年 映画 レビュー
. . . 本文を読む
コメント   トラックバック (31)

クリスマスだから?

2010年12月25日 | 音楽関連
今日はクリスマス とはいえ 特にはないのですが・・・ 昨日のイヴもこれといって まぁ 毎年のように明石家サンタには笑ったが そんなわけで どんなわけかはわからないが(笑) クリスマスには音楽を というわけで 前に紹介しましたが Coldplay - Christmas Lights (Live from Liverpool) コールドプレイの「クリスマス・ライツ」 ライブですね . . . 本文を読む
コメント

SPECはあるか?

2010年12月23日 | 日本ドラマ
ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」を見ました。 TBSにて 金曜10時にやってました 特殊な事件を扱う 未詳事件特別対策係に配属された 天才・変人の当麻と特殊部隊出身の生真面目 瀬文のコンビが事件を解決する いわいる、刑事モノながらも 特殊能力者との対決というところが 面白い 海外では HEROESがありますが 日本では こういう超能力のドラマは新鮮で . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (14)

カネ、返せ!

2010年12月22日 | 日本ドラマ
ドラマ「黄金の豚」を見ました。 日テレにて 水曜10時にやってました 会計検査庁の2係が官公庁の不正を暴いていく 基本的には 1話完結型で 破天荒な主人公が事件を解決していく というとありがちだが・・・ とはいえ キャストの良さが光っていて 主演の篠原涼子の格好良さ 大泉洋、桐谷健太のコンビの絆も良くて 「告白」、「悪人」の岡田将生の演技も巧くて そして ベテラン 生瀬勝久がいい所を . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

過酷なロードレース

2010年12月20日 | 小説
小説「エデン」を読みました。 著書は 近藤 史恵 ツール・ド・フランスを舞台にした 自転車ロードレースのスポーツもの あの 「サクリファイス」の続編となる作品 とはいえ、前作を見てなくても そこまで影響はなくて 今回は前作と違い そこまでミステリ要素は薄くて とはいえ ロードレースをより描いていて 他の競技とは違う 独特の世界観があって興味深いですね 単純に勝ちが全てではない競技 勝負 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

不可解な事件

2010年12月18日 | 2010年 映画 レビュー
9日のことですが、映画「白いリボン」を鑑賞しました。 第一次世界大戦前夜のドイツ北部のある村 そこで不可解な事件が次々と起こり・・・ なんだろうか ジワジワと感じる恐ろしさというのか 事件の犯人は誰か? なぜ起きたのか・・・ しかし 明確な理由はわからず わからない しかし 最後まで 引き込まれる まさに この時代だからこその 子どもたちの恐ろしさ それが あのナチスに繋がったのか . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (17)

ゼミ飲み 2回目

2010年12月16日 | 大学関連
昨日のゼミ飲みが ゼミでの飲みはあの日以来で 今回は先輩たちと合同ということで いやー 久々にけっこう飲んで 楽しくて サークル等で知っている先輩も多かったですが やはり 先輩たちのノリというか テンションはいいなぁと 先輩たちを見ていると なんか ゼミの仲間って いいなぁと思い 2次会も参加して ホント 楽しめました お酒のチカラって やはりすごいね 今回はBar洋酒堂で飲んで . . . 本文を読む
コメント

新たな道尾作品

2010年12月14日 | 小説
小説「球体の蛇」を読みました。 著書は 道尾 秀介 今回のはミステリーとは また違う 人間ドラマの趣が強くて 恋、火事、過去が大きく関係していき・・・ 全編を通し 重く 哀しみが 読みごたえのある作品 文学作品として 読めるぐらいの 描写なども考えられていて 嘘が招く悲劇とでもいうのか そして家族というもの 私的好き度:3+      作品としてはなかなか      しかし 期待した . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (8)

ホレイショ CSI

2010年12月12日 | 海外ドラマ
「CSI:マイアミ」シーズン5を見ました。 テレ東にて 月曜~水曜日、11時半にやってました 久しぶりのマイアミで やはりというか 相変わらずのマイアミ=ホレイショですね マイアミは科学捜査というよりは アクション、活劇といった感じなのでね 今回は いろいろとメンバーのドラマも 多くて描かれて デルコの負傷、カリーの恋?、ウルフの不祥事、ナタリアの元夫・・・ なかなか その辺りでも楽しめ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

濱ちゃん主演の

2010年12月10日 | 日本ドラマ
ドラマ「検事・鬼島平八郎」を見ました。 テレ朝にて 金曜9時にやってました 濱ちゃん主演ということで 見てみたのですが・・・ 意外に ちゃんとしたドラマで(笑) 笑いたっぷりかと思ったら・・・ とはいえ 濱ちゃんらしさもありつつ 普通にストーリーとして見れて 全7話と少ない感じで ちょっと最後がバタバタした感じもありましたがね 特別出演のたけしさんの存在感はさすがで もっと絡みが見たか . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)