笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その瞬間、2人の、

2016年01月18日 | 2015年 映画 レビュー
29日のことですが、映画「ディーン、君がいた瞬間」を鑑賞しました。 1955年、若き写真家ストックはパーティで無名の新人俳優ディーンにスター性を見出しLIFE誌に掲載するため密着取材を開始 ディーンを追ってロサンゼルスやニューヨーク、故郷インディアナまで一緒に旅を続けて・・・ ジェームズ・ディーンと写真家デニス・ストックの青春ドラマといえるかな 伝説の俳優 ジェームズ・ディーンはもちろん知っ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

新たな3部作の幕開け!

2016年01月15日 | 2015年 映画 レビュー
21日のことですが、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて ポー・ダメロンはファーストオーダーに拉致される前にルークの居場所を示す地図をBB-8に託す。BB-8は難を逃れレイと出会う 一方、フィンはファーストオーダーから逃れたいと考え 拉致されたポーと一緒に脱出成功するが戦闘機が墜落し離れ離れに・・・ オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (50)

ロッキーの続編、新章として

2016年01月07日 | 2015年 映画 レビュー
17日のことですが、映画「クリード チャンプを継ぐ男」を鑑賞しました。 試写会にて アドニス・ジョンソンは亡きボクサー アポロ・クリードと愛人の間に生まれた子であり、現在は大手企業の社員として働いていた しかし 父を追うように自己流でボクシングに打ち込み、ついにはプロになることに、そこで父の戦友ロッキーのもとを訪れ・・・ ロッキーシリーズの7作目となるのか いや もはや新章というべきか、これ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (25)

たまにはフランス流を!

2016年01月04日 | 2015年 映画 レビュー
15日のことですが、映画「メニルモンタン 2つの秋と3つの冬」を鑑賞しました。 33歳 定職に就けずにいる元画学生のアルマンは、ジョギング中に知り合ったアメリにひかれる。 ある日 男に襲われそうになったアメリを助けようとしたアルマンは刃物で刺されるが、この事件をきっかけに2人は急接近し付き合い始め・・・ 言ってしまえばラヴコメ  ストーリーはなんてことないのだけど、台詞と演出で魅せるなぁと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

天才ゆえに・・・

2015年12月27日 | 2015年 映画 レビュー
14日のことですが、映画「完全なるチェックメイト」を鑑賞しました。 試写会にて 伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの半生を映画化した伝記ドラマ ボビー・フィッシャーの名前は知っている程度で、そこまでのチェス知識もなかったですが・・・  普通に面白く見れたかな! ストーリーとしてはボビーの子ども時代から、テンポ良く 人生が描かれていき アイスランドで開催される世界王者決定戦での . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (9)

前作から続くクオリティの007

2015年12月19日 | 2015年 映画 レビュー
6日のことですが、映画「007 スペクター」を鑑賞しました。 IMAXにて見ました 少年時代の生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取ったボンドは写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる その過程で死んだ犯罪者の妻ルチアと滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を突き止めるが・・・ さて、007はダニエル・グレイグからのも、過去のショーン・コネリーから歴代の作品 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (35)

奇妙な贋作画家の騒動

2015年12月16日 | 2015年 映画 レビュー
30日のことですが、映画館「美術館を手玉にとった男」を見ました。 2011年、アメリカ20州46か所の美術館の様々な作品がある男が造ったニセモノだったことが判明する メディアは騒然となりFBIも捜査するが、その男マーク・ランディスが全ての作品を無償寄贈のため罪に問われることはなかった この謎の男、贋作画家マーク・ランディスを追ったドキュメンタリー こんな事件 知らなかったし、まさに驚き これ . . . 本文を読む
コメント

悪役たちの魅力

2015年12月09日 | 2015年 映画 レビュー
20日のことですが、映画「劇場版MOZU」を鑑賞しました。 妻子の死の謎を追い警察の闇を明らかにした公安警察の倉木 半年後 ペナム大使館襲撃と高層ビル占拠爆破のテロが同時に勃発 事件は犯罪プランナー高柳と暗殺のプロ権藤らのグループによるもので、彼らはダルマの名のもとさらなる計画を進めており・・・ 連ドラからの映画化 お決まりのパターンですが、本作はドラマが映画なみだったので期待はしてましたが・ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (16)

騎士道をつらぬく

2015年12月08日 | 2015年 映画 レビュー
20日のことですが、映画「ラスト・ナイツ」を鑑賞しました。 強欲な大臣から賄賂を要求されるもそれを断り彼に刀を向けたバルトーク卿が反逆罪に問われ死刑判決が下される 1年後 まな弟子のライデンは酒に溺れる毎日を送っていた その裏でほかの騎士たち権力者たちへ報復する計画を進めていて・・・ 紀里谷和明監督がハリウッドデビューした本作 ストーリーは非常に王道というか、シンプル 「忠臣蔵」をベースとい . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (23)

こうやって悲劇は起こる

2015年12月06日 | 2015年 映画 レビュー
16日のことですが、映画「裁かれるは善人のみ」を鑑賞しました。 ロシア北部の小さな町で自動車修理工場を経営するコーリャは妻リリア、先妻との息子ロマと生活していたが 市長が権力を武器に自分の土地を奪おうとする中 友人の弁護士が市長の悪事をつかみ徹底抗戦に挑むが事態は思わぬ方へと・・・ 土地をめぐる攻防・・・ 市民と行政 そこから生まれる悲劇というか ドラマは引き込まれ 予想のつかない展開へと . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (11)

戦争時、芸術の行方

2015年12月04日 | 2015年 映画 レビュー
14日のことですが、映画「ミケランジェロ・プロジェクト」を鑑賞しました。 ナチスドイツが歴史的に重要な美術品の略奪を繰り返していたことに危機感を抱くハーバード大学付属美術館の館長ストークスは 7人の美術専門家で構成される建造物や美術品を保護するチーム「モニュメンツ・メン」を結成し、ヨーロッパ各地を奔走する 評判や予告の感じから 予想はしてたがけっこうゆるめのテイストというか ユーモアがあり . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (22)

エレベストの恐怖

2015年12月01日 | 2015年 映画 レビュー
9日のことですが、映画「エレベスト3D」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて見ました エベレスト登頂を目指し世界各地から集まった登山家たちは参加者の体調不良などトラブルが重なり下山が大幅に遅れてしまう さらに天候が急激に悪化、命の危険性が高いデスゾーンで離れ離れになり ブリザードや酸欠などの極限状況に追い込まれて・・・ 世界最高峰エベレストで1996年に起きた実話を映画化した本作 エレベスト . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (17)

女優の性

2015年11月28日 | 2015年 映画 レビュー
6日のことですが、映画「アクトレス ~女たちの舞台~」を鑑賞しました。 有能なマネージャーのバレンティーヌと二人三脚で仕事をこなす大女優マリアは出世作のリメイクのオファーを受ける しかし かつて演じた若き美女ではなくヒロインに振り回される中年上司役だった 美女役は新進女優ジョアンであり・・・ これは、なかなか凝っていてるというか、構成の妙、脚本が練られているなぁと! 言ってしまえば、メタ要素 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (10)

ステーキを食べる、考える

2015年11月24日 | 2015年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「ステーキ・レボリューション」を鑑賞しました。 世界一おいしいステーキを探すために、20カ国、200軒以上のステーキハウスをめぐる旅を追ったドキュメンタリー 世界中の食肉業界のキーパーソンたちに会い さまざまなステーキを食べ歩き、世界一おいしいステーキを見つけ出す 肉、それもステーキに絞ったドキュメンタリー! この作品の良いところというか、よくある食業界への告発や問題を . . . 本文を読む
コメント

どうにかしようとして・・・

2015年11月21日 | 2015年 映画 レビュー
29日のことですが、映画「モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ」を鑑賞しました。 TIFF、4本目 在宅介護していた夫の容体が急変、妻は主治医に連絡を取ろうとするが取り合ってくれず どうにかしようと妻は息子を連れて主治医を尾行し自宅へ押しかけるが・・・ なんと 75分という尺ということで、スピーディで最後まで飽きさせず! ストーリーもシンプルでわかりやすいし ただストーリー展開的に捻りがな . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)