笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スピンオフ作品ながら!

2013年06月29日 | 日本ドラマ
SPドラマ「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」を見ました。 22日フジにて9時にやってました ドラマ「ガリレオ」からのスピンオフ 1作目に出ていた内海刑事が主演のミステリー いやはや、これが意外にもかなり良かった! ストーリーもかなり練られていて 2転3転としていく展開 内海のキャラの良さ、柴咲コウの好演もありますが ただ それだけに終らず ドラマとしてしっかりと作られてましたね . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (11)

この状況下で人は・・・

2013年06月28日 | 2013年 映画 レビュー
24日のことですが、映画「インポッシブル」を鑑賞しました。 マリアとヘンリーは3人の息子と共にタイにやって来た。 しかし 彼らは未曾有の天災に巻き込まれ 一瞬にして津波にのみ込まれ散り散りになってしまい・・・ スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基にしたストーリー ストーリーは実にシンブルで バラバラになった家族が再会するまでを描くドラマ 家族のそれぞれの想いに感動でき . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (22)

愛のある盗みでして

2013年06月26日 | 日本ドラマ
ドラマ「TAKE FIVE ~ 俺たちは愛を盗めるか ~ 」を見ました。 日テレにて 金曜 10時にやってました 愛のある泥棒たちといえばよいのか TAKE FIVEの活躍を描いていく 普通に面白く見れたけど うーん なんか物足りなさも もっとエンタテイメントに ハラハラドキドキがあればなぁと 唐沢寿明、松雪泰子、松坂桃李、六角精児、入江甚儀、倍賞美津子、稲垣吾郎 かなりの豪華キャストで . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (11)

殺人鬼になった人生

2013年06月24日 | 小説
小説「殺人鬼フジコの衝動」を読みました。 著者は 真梨 幸子 殺人鬼となったフジコの人生を見せていく この不愉快感というか 共感は薄いけど、最後まで気になり 読ませますね 淡々と進みながらも、 フジコの恐ろしと狂気が見えてきて! フジコという人間・・・ そこはしっかりと描かれ 伝わるものがありますね 母親との関係、血のつながり そして 最後に明かされる真相 これも なかなか驚きで! . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

無免許医、それだけが・・・

2013年06月23日 | 日本ドラマ
ドラマ「雲の階段」を見ました。 日テレにて 水曜 10時からやってました 無免許医として成りあがり、彼をめぐる2人の女性 いったい どうなるのか… この枠らしい作品というか まさに 大人のドラマ 大人の恋、人間模様 ドラマをしっかりと見せてくれますね 後半 けっこうドロドロな昼ドラ感もありながら 展開としても 引き込まれ 楽しめました 主演の長谷川博己はやはり巧いですね 今までないよ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (9)

本当の人類は

2013年06月21日 | 2013年 映画 レビュー
18日のことですが、映画「オブリビオン」を鑑賞しました。 エイリアン“スカヴ”の侵略、戦いによって地球が半壊し生き残った者たちがほかの惑星へと移住している人類 地球に残り監視任務に就いていたジャック・ハーパーは墜落した謎の宇宙船の中で眠っている美女を発見し保護するのだが・・・ トム・クルーズ主演のSFモノ ストーリーはけっこう意外な方向へ、まさかの真相もあり! 最後まで引込まれますね しか . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (40)

崩壊と再生のゲーム

2013年06月20日 | 日本ドラマ
ドラマ「家族ゲーム」を見ました。 フジにて 水曜 10時にやってました いや~ いいねぇ と言ってしまうほど良かったですね このクールでの作品では1番 面白かったですね 一筋縄ではいかない ストーリー 引き込まれていく展開といい そして かなり攻めているなぁと 1話目の冒頭から すでに! 長く台詞なしのシーンがあったり、確信的な演出 見せ方をしたり 非常に効果的で どこまでやるのか . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (10)

ローマでのアレン模様

2013年06月19日 | 2013年 映画 レビュー
18日のことですが、映画「ローマでアモーレ」を鑑賞しました。 毎年のように見せてくれる ウディ・アレン監督作です スペイン、パリ、ロンドンと続いて 今回はイタリア! アレンお得意のさまざまな男女の人間模様が描かれる 4つのストーリーを同時進行で見せていく やはりイタリアというお国柄をしっかりと見てとれて 笑 アレンお得意の恋愛モノもありながらも 今作はより コメディ色が強いですね ロバー . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (19)

幽霊と共に!

2013年06月18日 | 日本ドラマ
ドラマ「幽かな彼女」を見ました。 フジにて 火曜 10時にやってました 幽霊が見える中学教師が教師だった地縛霊により感化され 生徒の問題を解決していく いわいる、学園モノながら 幽霊が関わっていくのが新鮮かな! 1話完結というか、毎回 キーとなる生徒と問題があり解決していくという 問題等もありがちだし、展開としては既存感はありますね 地縛霊アカネの死の真相を絡めてくるあたりも 然り . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

その告白が・・・

2013年06月15日 | 2013年 映画 レビュー
10日のことですが、映画「殺人の告白」を鑑賞しました。 時効の成立後、連続殺人事件の犯人だと告白し 暴露本を出版したイ・ドゥソクという男 一方、犯人を追い続けてきたチェ刑事は本に最後の未解決事件の記述がないことを不審に思い・・・ いや~ ストーリーがしっかりと練られていて 最後まで楽しめましたね 時効、罪の告白、メディア利用、新たな犯人と名乗る第3者登場・・・  既存感のあるものながら 展開 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

どっちつかずな女の子

2013年06月14日 | 小説
小説「勝手にふるえてろ」を読みました。 著者は 綿矢 りさ 中学時代の同級生への片思い、現実の恋と・・・ ヒロインの恋愛模様というほどではないけど 全体としてユーモラスに 芥川賞作家としても有名な著者だけど 小難しくもなく、スラスラと読めて! 女性視点からの話なのだけど このリアルさと、ダメさ加減と、ユーモアと 男の自分でも楽しく読めました やはり独特の文章力というか 読ませるなぁと . . . 本文を読む
コメント

誰しもが光を

2013年06月10日 | 小説
小説「光」を読みました。 著者は 道尾 秀介 少年少女の冒険談 赤い川の謎、人魚の伝説、アンモナイト発掘、誘拐事件・・・ 子どもが主役の作品が多い道尾さんですが 今作もまさに! この感性というか、本当に子どもごころを感じて かなり陰な 暗い作品が多いですが 今作はどちらかといえば陽な子どものストーリーで まさに子どもたちの冒険、スタンド・バイ・ミー的な 笑 ストーリーもしっかりと読ませ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

そこから また始まる

2013年06月06日 | 2013年 映画 レビュー
3日のことですが、映画「はじまりのみち」を鑑賞しました。 戦時中、監督作『陸軍』が軍部からマークされ次回作の製作が中止となり そんな状況にうんざりした木下恵介は松竹に辞表を出す 戦況はますます悪化し山間地へと疎開すると決めた恵介は体の不自由な母をリヤカーに乗せ山越えをすることにしたのだが・・・ 木下恵介監督が実際に行ったという実話を基にしたストーリー 母を疎開させるためリヤカーに乗せ山越えす . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (17)

少女からの脱皮

2013年06月05日 | 2013年 映画 レビュー
3日のことですが、映画「イノセント・ガーデン」を鑑賞しました。 少女インディアは自身の誕生日に愛していた父親が交通事故で亡くなってしまう 母と葬儀に参列すると行方不明だった叔父チャーリーが姿を現し、彼と屋敷で暮らすことになるのだが・・・ 韓国の鬼才パク・チャヌク監督 ハリウッドデビュー作 「オールド・ボーイ」や私的に好きな「親切なクムジャさん」などの監督です 監督らしい画は随所に見られ カッ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (24)

人が死なぬ4編のミステリー

2013年06月02日 | 小説
小説「しあわせなミステリー」を読みました。 著者は 伊坂幸太郎、中山七里、柚月裕子、吉川英梨 4名、それぞれの短編を 題名通り、しあわせな 人が死なないミステリーです それぞれの味が出ていて! 私的にも好きな伊坂さんは やはり軽妙な語り口で 楽しく読めましたね あの殺し屋たちの繋がりもあって! 柚月さんはで佐方検事モノで 1番 真面目な正統派なストーリーでした 安定した良さ、手堅いミ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)