笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ここで一旦、過去へと

2016年10月31日 | 小説
小説「神様カルテ0」を読みました。 著者は 夏川 草介 シリーズとしては3作あり、第4弾となるわけですが ここにきて エピソードゼロというかね 前日譚 過去の物語を、それも短編にて4つのお話 今作もいままでと変わらずの良さというかね 読みやすさもありで やはり 今作はいままでを読んでからの方が よりグッとくるというか その先を知っているからこそのね 思いのほかというか どの話も良かった . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

こういう演劇もあるのです

2016年10月29日 | ライブ、舞台 など
12日のことですが、舞台「あの大鴉、さえも」を観劇しました。 東京国際芸術劇場 シアターイーストにて 男3人がガラスを運んでいる、どこに運ぶのか、そして届け先には入り口が見当たらない アングラ時のシュールな不条理な物語・・・ 予想していたけど、それ以上に 今までにない演劇体験といったらよいか! ストーリー展開云々はなく 単純に面白いとは違う表現というかね まさに身体表現で表すその様 こう . . . 本文を読む
コメント

ハンク・ウィリアムスの光と陰

2016年10月28日 | 2016年 映画 レビュー
11日のことですが、映画「アイ・ソー・ザ・ライト」を鑑賞しました。 カントリーシンガーとして成功を収めていたハンク・ウィリアムスだが妻オードリーもシンガーの夢があり家庭内はギクシャクに 子供が生まれ再び支え合う二人だがハンクが活躍するほど妻との溝が大きくなり彼は酒に溺れ 他の女性と関係を持つようになり 1950年代アメリカで活躍したカントリー歌手 ハンク・ウィリアムスの伝記作品 僕は名前ぐらい . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

死して想う・・・

2016年10月26日 | 私事
久々にちょっとした私事というかね ちょっと思ったことでも・・・ ここ最近 死というものが身近になり それは 親族の死 恩師の死と  なんとも重なる 重なる お通夜や告別式やら 普段とは違う雰囲気、いろいろと経験をでき それ以上に思う いなくなること・・・ 恩師は特に病気で亡くなり、まだ若かっただけに 久々に同級生と会い、語らう夜 いろいろと昔話に花が咲き、それは もう格別の・・・ こ . . . 本文を読む
コメント

奇妙な物語 16秋

2016年10月25日 | 日本ドラマ
SPドラマ「世にも奇妙な物語 ‘16 秋の特別編」を見ました。 フジにて 8日 9時からやってました 毎年 季節 恒例のですね 前回春が良かっただけに 今回はどうかと・・・ これはっ!というのはなかったですが、どれも粒揃いで楽しめたかな シンクロニシティ の怖さある感じ そして意外な展開 貼られる! のコミカル感もあり 捨て魔の女 のブラックさ 車中の出来事 の捻ったミステリ うん、安 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

超高速のヒーロー

2016年10月23日 | 海外ドラマ
ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」シーズン1を見ました。 日テレにて火曜深夜にやってました フラッシュ自体はDCのアメコミという程度は知っていまして その超高速で移動できる能力 アクションは見てみたいと思いまして まぁ、昔からのアメコミらしい作りというかね アクションで見せてくれ、手助けしてくれるチーム、正体を明かせない愛しき人、核となる母親を殺した真犯人の謎など 定番の設定がありな . . . 本文を読む
コメント

疑い、そして・・・

2016年10月22日 | 2016年 映画 レビュー
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京 大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、 沖縄 転校してきた女子高生 泉は無人島で田中という男と遭遇し・・・ 1つの殺人事件の軸に、3つのドラマ エピソードを見せていくと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (27)

家族の物語を!

2016年10月20日 | 小説
小説「家族シアター」を読みました。 著者は 辻村 深月 久々の辻村作品ですが 今作は家族を題材にした、7つの短編でどれも独立したストーリー 割と今まで読んだ辻村作品はサスペンスやミステリ系が主だったけど 今作はまさに日常のドラマでして 姉と妹、姉と弟、母と娘、父と息子、祖父と孫など まさに家族同士の物語 どれも ちょっとしたドラマがあり、ほっこりする結末と 読みやすいし、短編を気軽に読 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

硬派 骨太な警察ドラマを

2016年10月17日 | 日本ドラマ
SPドラマ「狙撃」を見ました。 2日 テレ朝にて9時からやってました 警察内部の権力闘争、次期首相候補狙撃事件、大がかりな隠ぺい工作・・・ 硬派な骨太な警察モノでして なんというか、SPドラマならではの 陰のほうのね エンタメ性がないといったら語弊があるけど、シリアスな展開といえて 派手さのないリアルといえばよいか 主演 尾野真千子だからこその強い女刑事が物語のキーだし おふざけなしの阿 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

政治家は野望のために・・・

2016年10月16日 | 小説
海外ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」を見ました フジにて深夜に一挙放送していました ワシントンの政治モノ ちとお堅いドラマかと思いきや、サスペンスフルに引き込まれるドラマで 目的、復讐、野望のために動く主人公 まさにパワーゲームな面白さ 裏をかき、嘘を使い、人を動かし・・・ その狡猾さといったら! 中盤で まさかここまで戦略だったとかという驚きもあり 政治の裏側も知れたりと ま . . . 本文を読む
コメント

ビートルズをライブで見る

2016年10月15日 | 2016年 映画 レビュー
2日のことですが、映画「ザ・ビートルズ 〜EIGHT DAYS A WEEK」を鑑賞しました。 題名を読めばわかる通りのビートルズのドキュメンタリー しかも「ザ・ビートルズ」の公式ドキュメンタリー映画ですよ 僕もビートルズ好きでして、アルバムは聴いてますし、解散後もそれぞれを ポールのライブも見に行ったりしましたからね! そんなビートルズファンの僕からしたら 興味深く見れたし、見てよかったし . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

妻が死んだ、その後・・・

2016年10月12日 | 2016年 映画 レビュー
30日のことですが、試写会「永い言い訳」を鑑賞しました。 一ツ橋ホールにて 小説家の津村啓こと衣笠幸夫の妻 夏子はバスの事故でこの世を去る しかし夫婦に愛情はなく幸夫は悲しむことができなかった。 ある日 幸夫は夏子の親友で共に命を落としたゆきの夫 大宮陽一に会う その後幸夫は大宮家に通い 子供の面倒を見ることになり 西川監督作の新作 彼女の作品は好きだし、クオリティも毎回 期待できるので今作 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (19)

亡くなっても続く、その愛のもの

2016年10月10日 | 2016年 映画 レビュー
29日のことですが、映画「ある天文学者の恋文」を鑑賞しました。 天文学者エドと教え子エイミーは年の差 不倫 ある日 エイミーにエドからメールが届くが エドの訃報を聞き・・・ その後もエイミーのもとにエドから手紙やメール、贈り物が届き 疑問を抱いたエイミーはエドの暮らしていたエジンバラを訪れる さて この行為をどう見るかで賛否が分かれそうな本作であるが・・・ けっこうやりすぎ感というか、気持ち . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (11)

島で起きたこと・・・

2016年10月09日 | 日本ドラマ
SPドラマ「望郷」を見ました。 28日のことですが テレ東にて9時からやってました 望郷は湊かなえ原作で6つの短編からなる小説で 小説は読んだことあり、湊作品の中でも素晴らしかった覚えがあり 今ドラマはそのうちの3つの短編をドラマ化 3つはどれも独立した作品であり しかし どれもミステリがありながらも、よりドラマが深く見れる作品でしたね 海の星の意外な真相も良かったけど、やはり雲の糸が1 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

今さらながらERシーズン1を

2016年10月07日 | 海外ドラマ
ドラマ「ER 緊急救命室」シーズン1を見ました。 テレ東にて 月~金のお昼にやってました まさかのシーズン1が地上派で! これは嬉しい、流石 テレ東さんです ERは好きで、NHKでやってたのは見ていまして 途中からルカが入ってきたぐらいから見てまして、シーズン13まで見て、その後は放送がなくて・・・ そんな中 まさかのね いや~ あらためて見て 面白いし 皆が若い 若い あらためて見ると . . . 本文を読む
コメント