笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相棒らしさ

2010年12月28日 | 2010年 映画 レビュー
映画「相棒 -劇場版- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜」を鑑賞しました。 人気ドラマシリーズの映画版2作目 ドラマは見てるので 映画もという事で 事件そのものの謎は 映画の割には・・・ ある種 地味というか まぁ 警察内部の事件だったのがあるとは思いますが 相棒らしさはありましたがね 警視庁、警察庁との関係 陰謀、不正 あまり触れないところにいくのが 良いですね あえて 映画化で . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (21)

これぞ、3Dの醍醐味

2010年12月26日 | 2010年 映画 レビュー
. . . 本文を読む
コメント   トラックバック (31)

不可解な事件

2010年12月18日 | 2010年 映画 レビュー
9日のことですが、映画「白いリボン」を鑑賞しました。 第一次世界大戦前夜のドイツ北部のある村 そこで不可解な事件が次々と起こり・・・ なんだろうか ジワジワと感じる恐ろしさというのか 事件の犯人は誰か? なぜ起きたのか・・・ しかし 明確な理由はわからず わからない しかし 最後まで 引き込まれる まさに この時代だからこその 子どもたちの恐ろしさ それが あのナチスに繋がったのか . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (17)

ダークさが増し

2010年12月06日 | 2010年 映画 レビュー
25日のことですが、映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1」を鑑賞しました。 言わずと知れた魔法使い映画 今作が7作目にして 最終章となる前編 正直 最近のはどうも微妙だったので 監督も同じですし  期待は低かったのですが・・・ 今作は面白かったですね ダークさがより深まって もう子ども向きではないね ある種の今まであった 学園ドラマは一切なくて ハリー、ロン、ハーマイオニー 3人 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (26)

生き埋め映画

2010年11月24日 | 2010年 映画 レビュー
18日のことですが、映画「[リミット]」を鑑賞しました。 棺桶に生き埋めになった男 携帯、ライターしかない どうするか・・・ うー これは、息苦しい まさに 息が詰まりそうな映画体験でした ホント、棺桶の中だけが舞台で 一切、外のシーンや回想などもなくて 携帯の相手として声は出てくるが 実質 出演者は男1人というね ここまで 徹底していると、すごいね 究極の密室劇ながら 飽きることはな . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (15)

3人の警官

2010年11月17日 | 2010年 映画 レビュー
. . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (21)

ついに ファイナル

2010年11月09日 | 2010年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「ソウ・ザ・ファイナル 3D」を鑑賞しました。 もう この時期の定番の映画ですね ついに 7作目にしてファイナルということで 最後です ホフマンとジルの対決 そして メインとなるゲーム まぁ 流れとしては いつもどおりで メインのゲームもなかなか面白かったですね まぁ マンネリ感はありますが 今までと比べると グロさも控えめ いや 慣れてしまってるだけかも・・・ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (15)

2大スターだからこそ

2010年10月30日 | 2010年 映画 レビュー
21日のことですが、映画「ナイト&デイ」を鑑賞しました。 トム・クルーズ、キャメロン・ディアス 2大スター共演で 追われているスパイ、巻き込まれた女 まさに娯楽作で 楽しめた 娯楽アクション・コメディといった感じかな 最近ハヤリ?のリアルなアクションではなくて ありえねー的な コミカルさも 前半にあるカーチェイスはスゴイですね 最後のバイクシーンも良いけど  何より この2人だからこそ . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (29)

自分の死がわかったら・・・

2010年10月28日 | 2010年 映画 レビュー
14日のことですが、映画「メッセージ そして、愛が残る」を鑑賞しました。 人の死が見える男 その男に付きまとわれ 自分の死が近いと悟る男 そして別居中の妻 これは愛の映画かな サスペンス要素もありつつ ドラマがメインで 何より 美しい映像 カメラのリー・ビンピンの仕事が光りますね 死が見える医者役のジョン・マルコヴィッチの 存在感がすごいですね 妻役が「LOST」のケイト だったの驚きも . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (14)

なぜ消えたのか?

2010年10月04日 | 2010年 映画 レビュー
30日のことですが、映画「彼女が消えた浜辺」を鑑賞しました。 浜辺にバカンスに来た仲間たち 子どもが海に溺れる事件が、そしてエリも姿を消していて・・・ イラン映画であります 心理サスペンス、ドラマですね 最初は 淡々とバカンスが描かれて ちょっと 退屈になりそうですが・・・ しかし 子どもが海に溺れる このことで 一気に面白くなって  このシーンのハラハラ、ドキドキは巧い 子どもは?  . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (16)

悪人とは?

2010年09月22日 | 2010年 映画 レビュー
16日のことですが、映画「悪人」を鑑賞しました。 殺人を犯してしまった男、出会い系サイトで出会った女 惹かれ合う2人の逃避行・・・ 骨太の人間ドラマ 悪人とは何なのか 考えさせられます 加害者の母、被害者の父も重要となってきて 無駄のない作品 全てが意味をなしているというか 主演 2人の演技はもちろん 助演も素晴らしく ちょっとした脇役も自然で 全員が好演していますね 終盤には群像劇み . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (20)

人生はカラフル アニメ編

2010年09月07日 | 2010年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「カラフル」を鑑賞しました。 死んだ主人公の魂が 当選によって 天使により 自殺した少年 真の体にホームステイすることになって・・・ なんともファンタジーな感じながらも その後はあくまで普通の青春劇 派手な活劇があるわけでもなく 事件がおこるわけでもなく 日常の描写によって進む しかし そこが良くて 効いてくる 友だちの大切さ 家族の愛 人生は一色なんじゃないんだと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

長い長い、美術館が出来るまで

2010年08月31日 | 2010年 映画 レビュー
25日のことですが、映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」鑑賞しました。 アムステルダム国立美術館の開業以来の大規模な改築工事が始まるのだが・・・ 再オープンを追ったドキュメンタリー作品です とにかく、さまざまな問題が 反対があり 一向に進まない計画・・・ ちょっと滑稽すらある感じで とはいえ あくまで真面目に 淡々と描かれていきますね ドキュメンタリーとして見れます 対立しあう人々 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (6)

笑えるゾンビ映画

2010年08月22日 | 2010年 映画 レビュー
18日のことですが、映画「ゾンビランド」を鑑賞しました。 題名からのとおり ゾンビもの とはいえ コメディー色も強くて ゾンビ化した世界での生き残りたちのロードムービー 少年の成長、青春ロマンスもあったり とにかく 登場キャラが良くて しっかりと考えられていますね また 主役のルールが可笑しくて それを毎回のように見せる演出もGoodですね 主役のジェシー・アイゼンバークは良いですね . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (19)

夢の世界を何重にも

2010年08月14日 | 2010年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「インセプション」を鑑賞しました。 レッドカーペットイベントにも行った今作 評判も良いだけに期待も膨らんだのですが 期待を裏切らない出来で 素晴らしい 今までにない感じで とにかくスゴイ ある種の強盗映画といった感じ とはいえアイデアを盗むという そして 夢が大きく関わっていて とにかく 見てもらうのが1番かと 刺激に満ちた、スリル満点な、この世界観の圧倒されます . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (44)