笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラゴン・タトゥーの女 ジャパンプレミア!

2012年01月31日 | 映画関連
昨日、映画「ドラゴン・タトゥーの女」試写会に行ってきました。 いやー 久々の試写会! 東京国際フォーラムで 最初は水墨画パフォーマンスやら 菜々緒らによるダンス?もあったり 何気に水墨画は凄かったですね そして 何よりも デビッド・フィンチャー監督とルーニー・マーラが登場!! 席は真ん中だったけど 後ろに近かったので なかなか表情まではしっかり見れませんでしたが・・・ やっぱり 生で見 . . . 本文を読む
コメント

異色のアニメ!

2012年01月29日 | アニメ
アニメ「テルマエ・ロマエ」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました ノイタミナ枠ですね なんと 全3回という! そして まさかのフラッシュアニメ風という・・・ 見ていくうちに慣れましたが しかも 1回で2話分もあったし まぁ 普通なアニメとして見たかった気もしますがね 話としては 人気の漫画だけあり なかなか面白かったです ルシウスの声優も 賛否ありそうですが 割と悪くなかった . . . 本文を読む
コメント

獣になることで・・・

2012年01月26日 | 2012年 映画 レビュー
映画「哀しき獣」を鑑賞しました。 韓国映画 借金返済のために殺人を請け負った男  計画、実行、逃亡・・・ シンブルながらテンション高く見せますね 140分という長さながら 最後までストーリー、人物は絡み合い まったく飽きない ちょっと 複雑さもあったけど・・・ 真相を追うサスペンス性 そして 過剰ともいえるバイオレンス 韓国らしい その圧倒的な描写は凄まじくて 追跡シーンの迫力、面白さ . . . 本文を読む
コメント (6)

おもてなしの仕事

2012年01月23日 | 小説
小説「県庁おもてなし課」を読みました。 著者は 有川 浩 県庁、公務員たちを主人公に いわいる観光課たちの奮闘劇 まず 題材が面白く 観光を盛り上げるには? というね けっこう実話もあるらしくて・・・ いい意味でクセがなく 読みやすいですね 最初はダメタメから頑張って成長していく、そして恋も・・・ フリーターにも通じ 有川作品らしいなぁと まぁ らしさなんですが この純すぎる、優しす . . . 本文を読む
コメント

初の園子温作品!

2012年01月21日 | 2012年 映画 レビュー
20日のことですが、映画「ヒミズ」を鑑賞しました。 普通に生きることが夢の中学3年生の祐一 彼のことが好きな同じクラスの景子 この2人に起きる事件・・・ うーん 強烈! パンチの効いた作品といいますか ストーリー展開はどこにいくか わからなく 最後まで見れましたね まさに 今の日本を描いた 親からの暴力、通り魔、狂気 そして 何より震災後の影響・・・ そのことが まさに表しており メ . . . 本文を読む
コメント (4)

NYも4年目

2012年01月18日 | 海外ドラマ
ドラマ「CSI:NY」シーズン4を見ました。 テレ東にて 月、火の昼にやってました ニューヨーク編ですが やはり 楽しめました べガス、マイアミとは違う クールさというか スマートさがありますね 毎話 エピソードの一定のクオリティがありましたが・・・ 今回は1話では終わらない事件 333の謎 容疑者X タクシーキラー この2つが やはり見ごたえがありましたね キャラでもマックの苦悩  . . . 本文を読む
コメント

華族社会を舞台に

2012年01月15日 | 小説
小説「ロマンス」を読みました。 著者は 柳 広司 明治初期を舞台にした 華族社会を描いたミステリー 舞台設定、軍も絡んできたりと やはり「ジョーカー・ゲーム」シリーズを思い出しますね とはいえ、今回は長編ですがね 今回も華族という知らぬ世界を見せてくれ 興味深く 楽しめましたね ミステリーとしても最後まで読めました ただ、「ジョーカー・ゲーム」のようなスマートさ 騙された感は薄いです . . . 本文を読む
コメント

初の朱川作品

2012年01月13日 | 小説
小説「本日、サービスデー」を読みました。 著者は 朱川 湊人 5編からなる短編集 どの話もちょっと不思議な 世にも奇妙な物語 を思わせる感じがありました やはり 表題作が1番 ストーリーもしっかりしていて 楽しめましたね 「蒼い岸辺にて」も良かったかな どれも ユーモアが感じられ ストレスなく 読める短編集でした ちょっと 児童向けという感じもしなくはないけど・・・ 私的評価:3+ . . . 本文を読む
コメント

死を感じながら

2012年01月10日 | 2012年 映画 レビュー
4日のことですが、映画「永遠の僕たち」を鑑賞しました。 臨死体験を葬式に参列するのを日常とする少年、病で余命わずかな少女 2人の交流と恋・・・ ストーリーはなんてことないのだが 非常に空気感ができていますね ピュアで繊細な、優しい・・・ 2人の恋、青春劇といえるのだが そこに 日本兵の幽霊が出てくるのが肝ともいえて この役を加瀬亮が 違和感なく演じてるのがイイですね また 主演のヘンリ . . . 本文を読む
コメント (2)

ウソを見破ります。

2012年01月09日 | 海外ドラマ
ドラマ「ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間」シーズン1を見ました。 テレ東にて 土曜深夜にやってました 事件を解決するミステリもの このドラマは「嘘」をテーマに見せていきます 1話完結型で 1話に2つほど事件を見せることが多いですね 微表情という表情やしぐさからウソを見破り 真相に迫っていく まず 微表情のすごさ とにかく 興味深く、面白い 主人公の心理学者ライトマンのキャラも良く ちょっと毒 . . . 本文を読む
コメント

2011年のベスト 3

2012年01月07日 | ベスト
さてさて 2011年のベストもこれがラスト テレビやDVD等で見た作品の中から 良かった作品を 順位は付けず なんとなくのジャンル分けをしてみました! ・日本映画  ★「アフタースクール」 全てがわかった時の爽快感! ヤラレタ  ★「おとうと」 日本映画の良さを感じられる 鶴瓶さんの自然感   「沈まぬ太陽」 4時間近くある大作だが それに負けぬ力が   「誰も知らない」 非常に考え . . . 本文を読む
コメント

性と生

2012年01月05日 | 小説
小説「ふがいない僕は空を見た」を読みました。 著者は 窪 美澄 第8回「女による女のためのR‐18文学賞」大賞受賞 ということで性描写もあるのだが それよりも文学としてしっかりと ストーリーとして引き込まれましたね 連作短編ということで どの話も巧いことつながっていて 性、生の物語 親子、夫婦、恋人、友人、嫁姑・・・ それぞれの想い コスプレ、産婦人科、小児性愛、不妊治療など 扱うテ . . . 本文を読む
コメント (2)

まさか、新年から・・・

2012年01月04日 | 私事
さて昨日・・・ なんと新年早々からダウン 寝込んでしまいました 2日の夜から体調を崩して 熱も出てきて 参りました どうにか、テレビを見たりパソコンなど 時々 してたのですが おいおい 笑 とはいえ その日は家でおとなしく・・・ 3日の夜にはだいぶ落ち着き そして今日は完全復帰というわけです まぁ 本当にぴったり1日といったところでした 1年に1回あるかないかというぐらい ほとん . . . 本文を読む
コメント

2011年のベスト 2

2012年01月02日 | ベスト
さてさて 2012年となりましたが まだ 2011年のベストを書いてないので・・・ 今回は映画編です 独断と偏見で 自分の好みと評価とのバランスで 第1位 「ゴーストライター」      極上のサスペンスを堪能      ポランスキーの技が光り ユアン・マクレガーの演技も良い 第2位 「英国王のスピーチ」      作品として品格があり 感動できた      出演者 皆演技が素晴らしい 第 . . . 本文を読む
コメント (7)

どうなる 2012年!

2012年01月01日 | お知らせ
明けまして おめでとうございます。 2012年も始まりました また 新たな1年の始まりというわけですが 今年は自分にとっては大きな年となるわけで・・・ なんと言っても 学生生活の終わり からの社会人スタート いやー どうなることか、、、 まぁ その前に就活を決めなければならないのですがね とにかく頑張らねば! 大きな変化がある年となると思い 楽しみと不安とで そして 当ブログも4年目 . . . 本文を読む
コメント