笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャズを軸に

2011年05月31日 | 音楽 レビュー
CD紹介を ジェイミー・カラム 「キャッチング・テイルズ」 イギリスのジャズシンガーの 2ndアルバム ジャズシンガーといっても そこまでジャズ色は濃くなくて ジャズを軸にポップ、ロック、ヒップホップと多様な音楽性で 聴きやすい 音楽です メロディー、声も良くて いいアルバムです ノリのよい曲からバラードまで ピアノで聴かせますね ピアノ音楽が好きな人にも オススメですね 3曲目 . . . 本文を読む
コメント

高校最後の武士道

2011年05月28日 | 小説
小説「武士道エイティーン」を読みました。 著者は 誉田 哲也 武士道シリーズ3作目 3部作ということで 完結編なのかな? 今作も香織と早苗の剣道を通じた青春スポーツなのですが 今回はサイドストーリーが入って 今まで 脇役だった人たちからの視点 甲本の姉、桐谷先生 、吉野先生、後輩 田原のパートが 主役2人の視点は少なくなりましたが その分 物語が膨らんで、マンネリ感も解消でした 特に桐 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (11)

追いつめられて・・・

2011年05月26日 | 2011年 映画 レビュー
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマに選ばれた ニナ しかし 白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられなくて・・・ バレエ映画ではあるが それ以上に 心理スリラーとして要素が強くて コーチの要求、ライバルの存在 過保護な母親の愛情、憧れの元プリマの陰・・・ さまざまなことにより 追いつめられ 精神を犯しはじめていく その様はまさに ホラー . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (78)

久々のシンプルな奇妙な話

2011年05月23日 | 日本ドラマ
「世にも奇妙な物語 ~21世紀21年目の特別編~ 」を見ました。 フジにて 14日 9時からやってました。 恒例の特番ドラマです 最近はコラボだったり、人気作家の原作だったりと 変化球な特別編だったので 久々にシンプルな感じの特別編でした ・ドッキリチューブ  まさに現代ならではの話ですが それだけだったかなぁ・・・  ストーリーもオチも もうひと捻りないとなぁ ・分身  しっかりとした . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

6編の別れ話

2011年05月20日 | 小説
小説「バイバイ、ブラックバード」を読みました。 著者は 伊坂 幸太郎 5股した男の5人の女性との別れ話 6編から連作短編 伊坂作品らしい軽妙さ やはり面白い どの短編も同じような構成で しかし どの話 飽きさせなくて 何より繭美の存在 キャラが立っていて 笑えます どの話もしっかりとオチがつき 巧いですね ありそうで ありえない そんな話  伊坂作品の中でも 今までになくシンプル . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (10)

邦楽でピアノ ロックを

2011年05月18日 | 音楽 レビュー
CD紹介を WEAVER 「Tapestry」 神戸出身のギターレス 3ピースバンド 1stアルバムです 割と洋楽を聴くことが多い 私ですが 久々に邦楽でヒットが 私的に好みな ピアノロックで聴かせてくれますね ピアノの音もしっかりと出ていて メロディーの良くて ボーカルの声もクセがなく聴きやすいです 爽やかな印象ですね これが デビューアルバムというのだから 今後も楽しみ WE . . . 本文を読む
コメント

久々の2時間ドラマ

2011年05月16日 | 日本ドラマ
SPドラマ「最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~」を見ました。 テレ朝にて 14日 9時からやってました 放火殺人現場から消えた容疑者たち 誰が犯人か、そして何が起きたのか・・・ 豪華キャストで見ごたえありました 犯人が誰というよりかは 動機が重要で そうきますかと やはり、最後の全員揃っての謎解のシーンが 見どころでした ミステリ度は高くはありませんが 最後で グッと見せます . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

家族のカタチ

2011年05月14日 | 2011年 映画 レビュー
6日のことですが、映画「キッズ・オールライト」を鑑賞しました。 レズビアンカップルとそれぞれの子どもたちの家族 そこに2人の遺伝子学上の父親が現れて・・・ ホームドラマ、ドラメディ レズビアンカップルという設定の妙 新鮮さがありますね とはいえ、それだけに頼らず 描かれるのは 普遍的なテーマともいえて 子どもの成長、親離れ、夫婦間の危機・・・ そして なんといっても アンサンブルキャス . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (11)

金閣寺に囚われた男

2011年05月12日 | 小説
小説「金閣寺」を読みました。 著書は 三島 由紀夫 久しぶりの いわいる純文学 三島作品は初めてでした うーん 普段 娯楽・エンタメ要素の高い 大衆小説ばかり読んでるせいか、読みずらかったですね なかなか 入ってこず 自分の中で 消化しきれずに・・・ 青年の深い思考 美しさと醜さ この文章のレベルの高さ 凄いものはありますね 私的評価:2     文学的には凄いのだとは思うけど・・・ . . . 本文を読む
コメント

5分間のお話

2011年05月09日 | アニメ
久々にというか 2回目の短編アニメを紹介 台詞もないので 誰でもどうぞ 「アルマ」 ALMA - Cortometraje animaci�n かわいい お話かと思えば 何気に怖いホラーです 元ピクサーのクリエイターのロドリゴ・ブラースが作ったそうです それでは、また . . . 本文を読む
コメント

選択によって・・・

2011年05月07日 | 2011年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「ミスター・ノーバディ」を鑑賞しました。 不死が可能になった未来で 最後の死ぬ人間となったニモ 118歳で残りわずかな時間の中 自分の人生を語りだす・・・ ニモの一生を描く とはいえ、それは複数のストーリー 選択によって違う人生、可能性 まさに 木の枝分かれのように 12通りの生き方を見せていきます 基本はSF、ドラマ、恋愛 といったところでしょうか なんとも 壮大 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (15)

あのバンドの1st

2011年05月05日 | 音楽 レビュー
CD紹介を レディオヘッド 「パブロ・ハニー」 イギリスのロックバンド 1stアルバム もはや 何を今さらといった感じかもしれませんが 取り上げていなかったので・・・ やはり 1stだけあって 今現在の音とは違いますね ギター・ロック色が強くて あたり前ですが 若々しさが感じられます 正直、この後の2ndや3rdと比べると 毛色が違うので アレですが・・・ レディオヘッドにしては と . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

手紙から見える真実

2011年05月03日 | 小説
小説「往復書簡」を読みました。 著者は 湊 かなえ 題名通り 手紙の文章からなる 独立した 3編のストーリー どの話も 謎があって、引き込まれますね 独白という感じも今までと似ていますね とはいえ、「告白」など今までと比べると 衝撃度や悪意度が低い感じです 悪い意味ではなく、これは 新境地ともいえる感じで いつもになく 優しさがあり、読書感が良かったです 私的には 2話目の「二十年後の . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

出会い、結ばれ、別れる

2011年05月01日 | 2011年 映画 レビュー
25日のことですが、映画「ブルー・バレンタイン」を鑑賞しました。 あるカップルの出会いから結婚の日々 そして別れるまでの 1日を描いてます ストーリーとしては 本当にそれだけ じっくりと見せていきます 壊れかけた現在を見せながら 出会い 幸せな時を交互に見せていきます なかなか 巧い構成で見せますね 愛は永遠ではないのか・・・ 愛していながらも 求めている愛が違うせつなさ そして、何と . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (15)