笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

それぞれの告白

2010年05月31日 | 小説
小説「告白」を読みました。 著書は 湊 かなえ やっと読めました、 その後の「贖罪」、「少女」を先に読んだので 本作が1番という声も多く 期待値が高かったのですが さすが すごい! 緻密な構成という意味では1番ですね それぞれの告白 被害者の母、犯人、犯人の級友、犯人の母・・・ そしてわかる真実 湊作品らしい展開というか 作りで 巧いなぁと ただ、かなり暗いですね まぁ それも毎度です . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

短編アニメを紹介

2010年05月30日 | アニメ
ネットサーフィンやYouTubeなどを見てると なかなか面白い作品などの出会いもあって SEBASTIAN'S VOODOO 短編アニメかな ブードゥー人形?のお話なのだが 良く出来ていて 言葉がないのも またいい なんとなく「9」を思い出しました 映像だけで伝わる短編 良いですね それでは、また . . . 本文を読む
コメント

善悪

2010年05月26日 | 小説
小説「ヘヴン」を読みました。 著書は 川上 未映子 2010年本屋大賞第6位 善と悪について そんなことを考えさせられる いじめから見えてくる いじめがテーマではないと思う あくまでそれは1つの道具として とはいえ いじめの描写はガッチリとあって つらくなるほどに いじめる側の思考、いじめられる側の思考 解決、分かり合えることなんてないのではないか 何が正しいのか・・・ クライマッ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

ピアノからギターに持ち替えて

2010年05月25日 | 音楽 レビュー
CD紹介を ノラ・ジョーンズ 「ザ・フォール」 4thアルバム 今回はギターが強くでてますね ノラは好きなアーティストで 最初に買ったアルバムはノラの1stだったりしたこともあり アルバムごとに個性が違うノラですが 今回はだいぶ新しさが出たかと ジャズ的な要素はないといってもよいかも そこが賛否かもしれませんが・・・ とはいえ、ノラの歌声はやはり良いですね 聴きやすくて POP的で  . . . 本文を読む
コメント

元スパイの活躍

2010年05月23日 | 海外ドラマ
「バーンノーティス 元スパイの逆襲」シーズン1を見ました。 日テレにて 木曜深夜にやってました 副題からのとおり、元スパイが主人公 なぜ彼が解雇されたのか が大きな謎となって進みます とはいえ、基本的には1話完結モノ 毎回 お金ため、人助けのために依頼された事件を解決していきます それと同時に少しずつ解雇の真相を突き止めていく・・・ スパイとはいえ アクションよりもコミカル要素が強く そこ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

3年間 たった1人、月に

2010年05月22日 | 2010年 映画 レビュー
18日のことだが、映画「月に囚われた男」を鑑賞しました。 たった1人でエネルギーを採掘するため月で3年間契約で作業している男 残り2週間となったとき事件がおきて・・・ SF作品 アイデア光る まさにそんな感じ 謎が深まり いったい何なのか・・・ 正直 そんな展開になるのかぁと たった1人という男の孤独 そして ある秘密の悲しさ 淡々と進んでいく展開 そこが映画の雰囲気と合っていたなぁと . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (9)

ついに主役に

2010年05月21日 | 日本ドラマ
「警部補 矢部謙三」を見ました。 テレ朝にて 金曜11時にやってました 「トリック」シリーズからのスピンオフ 生瀬勝久主演ですね いやー、ホント 徹底してくだらない よい意味でですけど 生瀬さんの怪演につきますね 強烈なキャラで まさにハマり役 小ネタももちろんあって 笑わせてくれます 事件的にはテロだったりと「トリック」とは違う感じで ただ、最後の2話は「トリック」らしさがあって好き . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

質問と答えのみで

2010年05月19日 | 小説
小説「Q&A」を読みました。 著書は 恩田 陸 デパートで起きた謎の事件 いったい何があったのか? これが面白いところは、題名からのとおり質問と答えのみで構成されてる点 意外になかった構成ですよね 被害者の取り調べや被害者同士、事件を利用する者、弁護士、消防士、タクシー運転手など 何組かのQ&Aから、様々な視点から なるため意外にも飽きず読めましたね 事件の真相はもちろん、QとAの正体な . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ビジュアルセンスが光る

2010年05月17日 | 2010年 映画 レビュー
11日のことだが、映画「9〈ナイン〉9番目の奇妙な人形」を鑑賞しました。 アニメ作品 とはいえ、どちらかというと大人向けかも 人類滅亡後が舞台 9体の人形が機械獣と戦う そこに 人形たちはいったい何なのかという謎があったりして・・・ いわば ストーリーは単純で ダークファンタジーといったところか やはり この世界観の面白さが見所かなぁと ビジュアル的な 人形たち それぞれの個性も楽しく . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

怒濤のシーズン3

2010年05月15日 | 海外ドラマ
「HEROES」シーズン3を見ました。 日テレにて 月曜深夜にやってました とにかく 怒濤だった感じ コロコロとどこに進むかわからない展開で まぁ、今回は2部構成となっていることもあるとは思うが・・・ 登場人物も増えて ストーリーも複雑になってきて 善悪も入り乱れるそんな感じで ある種 飽きはなかったですね 今までのシーズンと比べても テンションの高いシーズンだったかなぁと さまざま . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

サークルの飲みで

2010年05月14日 | 大学関連
今日はサークルのメンバーで飲み会へ 949というお店で コース品と飲み放題で2時間で 楽しかったなぁ 久しぶりに けっこう飲んで そして 先輩たちとしゃべり 時間経つのが早く感じる、そんな2時間 新たなキャンパスとなり 初めて会う先輩もいたりして 今回で知れたこともあり、交流が出来 良かったなぁと やはり、飲み会 こういう大人数だからこそワイワイガヤガヤできて なかなかこのような機会がな . . . 本文を読む
コメント

死、そして卒業

2010年05月12日 | 小説
小説「卒業」を読みました。 著書は 重松 清 4つの短編からなる構成 それぞれ独立した話ですが、死というのがテーマかなぁ どの話も素晴らしかったですね 重いながらも ドラマとして読ませます  これは 感動しましたね なんか グッときますね  台詞の巧さなのか  リアルな感じがとても感じられるんですよね 誰かの死から そこで生まれるドラマ そして それを乗り越え卒業していく・・・ 久々 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

名作を映画館で

2010年05月11日 | 2010年 映画 レビュー
4日のことだが、映画「パピヨン」を鑑賞しました。 あの名作 午前十時の映画祭での上映です この作品、初見でした 前々から見たかったのですが 機会がなかったもので いわいる脱獄劇 とはいえ ただのアクションではなくて さまざまな出来事があって  男の友情、人間ドラマとしての良さがでてますね 監禁房での極限状況、自由のために・・・ ここまで人間はできるのか すごいです マックイーンの格好良 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

天才の物語

2010年05月08日 | 小説
小説「あるキング」を読みました。 著者は 伊坂 幸太郎 僕の好きな作家さんの1人伊坂さん 今回はどうかなぁと・・・ これは 今までとは違う感じですね いわいる伊坂節というのか そういう感じがなくて 伏線や人物の繋がりもなくて 1人の男の人生を見せていく とはいえ ただの男ではなくて・・・ 野球の天才な男の伝記モノといえるか ある種 今までの作品よりも、淡々と進んでいきますね とはいえ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

新鮮な斬新なSF

2010年05月07日 | 2010年 映画 レビュー
29日のことだが、映画「第9地区」を鑑賞しました。 宇宙船の故障により、ヨハネスブルクに第9地区として住んでるエイリアン 28年間後 エイリアンの強制移住が決定。 責任者ヴィカスが指揮を執るが・・・ エイリアンモノのSF作品  そしてアカデミー作品賞ノミネート作でもある まいった、これは斬新 新鮮なSF映画でした 変にリアルな設定 しっかりと作り込まれた世界観・・・ ドキュメンタリータッチ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (11)