笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6つの謎

2016年08月29日 | 小説
小説「満願」を読みました。 著者は 米澤 穂信 久々の米澤作品かなぁと 6つの短編集  どれも完全に独立した作品となっています どのストーリーも一定のクオリティがあり ミステリとしてもしっかりと謎に引き込まれ、結末へと 総じてこれがテーマとか、こういうタイプとはいえない6つ作品 あえていえば、独特の怖さというか 暗さが共通しているかなぁと まぁ この辺は米澤さんらしいなぁとも この作 . . . 本文を読む
コメント

数学が事件の謎を解く!

2016年08月27日 | 海外ドラマ
ドラマ「NUMBERS ~天才数学者の事件ファイル~」シーズン2を見ました。 テレ東にて、月~金のお昼にやってました シーズン1も2をやる前にやっていたのですが だいぶ前に見ていたので、シーズン2からで 作りとしては1話完結型の事件捜査モノ 刑事の兄の事件に数学者の弟が協力して解決していくという キーはもちろん、数学ということで 数式や方程式などで謎が解かれていくというね まぁ、普通に飽 . . . 本文を読む
コメント

徹底したデタラメ、ナンセンス笑いを

2016年08月25日 | ライブ、舞台 など
15日のことですが、舞台「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない〜」を観劇しました。 名探偵アラータ弁護士は助手のアルジャーノン少年を従えて戦中にタイムトリップし ヒトラーにユダヤ人虐殺を止めさせるべく奔走する これにアンネ・フランクと黒人ガブリエルの恋が絡み・・・ ケラリーノ・サンドロヴィッチ作 演出の舞台劇 古田×ケラのデタラメ舞台 第3弾  1作目「犯さん哉」をDVDで見てい . . . 本文を読む
コメント

最終章となる新3部作

2016年08月22日 | 2016年 映画 レビュー
11日のことですが、映画「X-MEN: アポカリプス」を鑑賞しました。 1983年 文明 誕生前から神として君臨していたミュータントの始祖であるアポカリプスが長い眠りから覚醒 マグニートーら4人のミュータントを率い世界の破滅を計画 プロフェッサーXはミスティークらと共に阻止に挑むが… 前作からの流れなどもありつつ、新3部作といえる最終章の本作 私的にはファースト・ジェネレーションからのシリーズ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (29)

マンション内の格差混乱

2016年08月19日 | 2016年 映画 レビュー
6日のことですが、映画「ハイ・ライズ」を鑑賞しました。 建築家ロイヤルが設計した高層マンション群、ハイ・ライズ スーパー、プール、学校、レストラン、医療施設なども完備している 医師ラングは低層階と高層階の住民の間で階級をめぐる軋轢を知る ある日 停電を機にハイ・ライズ内部は凄まじい混乱が起き・・・ この世界観だったり、原作の要素などもわかるけど・・・  私的にはイマイチ入り込めなかったかな . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (9)

五郎さん、東北 宮城にて

2016年08月16日 | 日本ドラマ
SPドラマ「孤独のグルメ ~真夏の東北・宮城出張編~」を見ました。 3日 テレ東にて10時からやってました 来ました、五郎さん SPにて復活! しかも 10時からって 大出世というかね 今回は東北 宮城ということで、牛タンや海鮮丼や・・・ いやいや 今回も美味しそうでして まぁ 内容はいつも通りの展開なのでね、それが良いのですが とはいえ、渡辺いっけい、余貴美子、でんでん、向井理とゲスト . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

今度はドリーが探します

2016年08月14日 | 2016年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「ファインディング・ドリー」を鑑賞しました。 あの冒険から1年 3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ある日 ドリーは忘れていた両親との思い出を夢に見る 忘れん坊のドリーは両親を探すことを決意 モロ・ベイの宝石 を唯一の手がかりに海の生物を保護する海洋生物研究所に行くが・・・ 名作 傑作だった前作だけに 期待と不安もあり・・・  しかし そこは期待を裏切らず、流石ピクサーです . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (19)

生みと育ての親、それぞれのドラマ

2016年08月12日 | 日本ドラマ
ドラマ「朝が来る」を見ました。 フジにて 土曜11時40分からやってました 内容はあまり知らず、このオトナの土ドラ枠 前回のが良かったのと 出演者に惹かれ、そして原作が辻村さんというのが大きいかな いや〜 なかなかジャンル分け 難しい、いろいろな要素を感じて そこが核となる部分が絞りきれてない、中途半端と感じてしまう感もなくはないけど とはいえ 私的にはまぁ 楽しめたかな 養子を育てるこ . . . 本文を読む
コメント

年相応に生きること

2016年08月11日 | 2016年 映画 レビュー
29日のことですが、映画「ヤング・アダルト・ニューヨーク」を鑑賞しました。 8年間 新作が完成しないドキュメンタリー監督のジョシュと妻コーネリア 40代になり人生にも夫婦にも何かが欠けてると感じる日々 ある日 20代カップルと知り合い 自由でクリエイティブに生き レトロを愛する2人に刺激を受けたジョシュたちだったのだが・・・ ノア・バームバック監督作 彼の作品は前作だったりと何作か見てるけど . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (9)

MVを作り、彼女を作り・・・

2016年08月07日 | 2016年 映画 レビュー
19日のことですが、 映画「シング・ストリート 未来へのうた」を鑑賞しました。 1985年 ダブリン 両親の離婚や転校 いじめで暗い日々のコナーは兄と一緒にミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみな14歳 ラフィナに恋に落ちた彼は思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る 慌ててバンドを組み 彼女のために音楽活動に奔走する 前評判も聞いていたけど、期待値を越えてくる 良作でしたね とにか . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (16)

初の松尾スズキ作品を

2016年08月06日 | ライブ、舞台 など
18日のことですが、舞台「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」を観劇しました。 シアター・コクーンにて 内乱状態のアジア架空の国 作家 永野は人質になった先輩のため現地に赴く そこでは美しいダンサーたち“ゴーゴーボーイ”の一人 トーイの危険な美しさに魅了され・・・ 日本で永野の帰りを待つ妻ミツコは悲劇のヒロインとして現地に向かうことになり・・・ 松尾スズキの作 演出の舞台劇 松尾作品は初めての . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

英雄の本当の顔

2016年08月02日 | 2016年 映画 レビュー
11日のことですが、映画「疑惑のチャンピオン」を鑑賞しました。 25歳で発症したガンを克服後、「ツール・ド・フランス」で7年連続総合優勝の偉業を達成したランス・アームストロング 競技外ではガン患者を支援する活動に尽力し賞賛を集め まさに英雄 しかし 1人のジャーナリストの追及に衝撃の事実が明らかになり ロードレース選手ランス・アームストロングの栄光と転落の人生の物語 彼のことは 正直 名前ぐ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (10)