笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナイナイの絆

2011年07月30日 | テレビ、バラエティ
「FNSの日 27時間テレビ2011 めちゃ×2デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃーん!!」を見た。 23、24日にやってました ここまで全編 がっつり見たのは さんまさんの時以来かな 今回はめちゃイケでの27時間 ナイナイ、中居君での組み合わせで 7年前も同じ組み合わせで 面白かったので 期待したのですが・・・ やはり 今回は矢部さんがマラソンということで 司会としてい . . . 本文を読む
コメント

ホレイショ劇場

2011年07月27日 | 海外ドラマ
「CSI:マイアミ 」シーズン6を見ました。 テレ東にて 月、火曜日 12時半からやってました 流石、マイアミらしさは健在 まさにホレイショ劇場ですね リアリティはないですが 決め台詞、アクション、ドラマ性がメインですからね もう割り切って見るしかないですね 私的に ちょっと異色だった「怪奇日食」は 面白いエピソードでした 今回はホレイショの息子が関わってきたり、カリーが狙われたり デ . . . 本文を読む
コメント

ハリーよ、お疲れ

2011年07月26日 | 2011年 映画 レビュー
20日のこと、映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」を鑑賞しました。 ついに 最後となるシリーズ やっとという気持ちですね もうここまでくると、良いとか悪いとかではなく 見なくてはと 内容自体は やはり 手堅くまとまっていますね まさに、大円団です 戦闘シーンの壮大さはシリーズ1番です 皆が戦い、迫力十分! とはいえ「不死鳥の騎士団」の最後のバトルシーンの方が 私的には好きですが . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (42)

デビュー作から妄想

2011年07月24日 | 小説
小説「太陽の塔」を読みました。 著者は 森見 登美彦 森見さんのデビュー作となる本書 まさに といった感じ 大学生の青春物語なのですが・・・ そこは 妄想とストーカーちっく(笑) あの「四畳半神話大系」を彷佛とさせますね 森見さんらしい、独特の古風な台詞 ユーモア、バカバカしさ、暴走・・・ いやー 森見ワールド炸裂です とはいえ、ストーリーとしては何って感じられず 細切れな感じがした . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

到達点ともいえる

2011年07月22日 | 小説
小説「光媒の花」を読みました。 著者は 道尾 秀介 6編の短編でもありますが 人物の繋がりが見えてくる連作集ともいえます いやー、道尾さん らしさ が感じられ 堪能できました 「龍神の雨」のような 兄弟、殺人、虐待、孤独・・・ 陰の 暗い部分を描きながら しかし、一貫しているともいえる 希望、優しさがあり そこが素晴らしい 巧妙な騙しという意味では微妙ですが・・・ おっ! というよう . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

懐かしき 映画のカタチ

2011年07月19日 | 2011年 映画 レビュー
8日に映画「SUPER 8 スーパーエイト」を鑑賞しました。 映画撮影をしていた子どもたちのそばで 貨物列車の衝突事故が発生 その後から町は不可解な事件が起こり・・・ 「LOST」のJ・J・エイブラムス監督 スティーブン・スピルバーク製作という まさに 夢のタッグ、評判も高い上に期待したのだが いやはや、なんだろうか この懐かしさ 時代設定もあるが 80年代の思い起こさせて まさに、あの頃 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (58)

KT 3rd

2011年07月17日 | 音楽 レビュー
CD紹介を KT タンストール 「タイガー・スーツ」 イギリスのシンガー ソングライター 3rdアルバム 今まで 1st、2ndと取り上げてきましたが ついに 3作目となりました 今作は 進化しましたね 1、2とも違う雰囲気へ ギター色からエレクトロ色が強まった感じです ファンからすれば 好みは分かれるかも・・・ もちろん、今までらしい GOODメロディーではありますが アレンジに変化 . . . 本文を読む
コメント

身の上話です。

2011年07月16日 | 小説
小説「身の上話」を読みました。 著者は 佐藤 正午 題名通り 1人の女の身の上話が語られる 淡々と しかし 引き込まれる 軸としてはミステリー、ドラマといったところ 大金、殺人、恋愛・・・ いかにもなキーワードが絡んでくる いったいどうなるのか 人間関係、嘘、恐怖、孤独・・・ 最後まで しっかり読めます 独特の雰囲気がありますね リアルなのだが どこか浮いているというか 不条理とは . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

ゴーストになっても

2011年07月14日 | 海外ドラマ
ドラマ「ゴースト ~天国からのささやき」シーズン2を見ました。 日テレにて 木曜深夜にやってました やり残したことのある霊を あの世に逝かせる メリンダの奮闘 シーズン1の同様 基本的には1話完結の繰り返し とはいえ ゴーストという縛りはありますが 毎話 手を替え 品を替えてのストーリーで飽きさせませんね   そうくるかぁと! 今回からのキャラもいますが、しっかりと描かれていて デリアは . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

事件だから!

2011年07月12日 | 日本ドラマ
ドラマ「BOSS」を見ました。 フジにて 木曜10時にやってました シリーズ2作目となる本作 とはいえ 僕は1作目は見てませんが・・・ テイストとしては1話完結型の 刑事モノです もう 2作目ということで出演者のチームワークがいいですね 余裕すらある感じで 新たな人物を含め キャラが立っているので 楽しいです どうやら 前回よりもコメディ色が強いそうで たしかに かなりふざけている・・ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (13)

生きる男

2011年07月10日 | 2011年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「BIUTIFUL ビューティフル」を鑑賞しました。 バルセロナの裏社会で生計を立て 暮らしている男 しかし 余命が少ないと知り・・・ 2人の子ども、情緒不安定な妻 霊媒師、闇取り引き 生きるために、子どもたちのために まだ 死ねないと 必至に生きる 甘くない暮らし イメージとは違うバルセロナ これが現実でもあるのだろう 泥臭く 死ぬまで生きる そして 将来を託 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (30)

ただの学園ドラマではなき

2011年07月08日 | 日本ドラマ
ドラマ「鈴木先生」を見ました。 テレ東にて 月曜9時からやってました いやー、クオリティの高いドラマでした ここ最近見た ドラマでは 1番ともいえますね 原作ファンでもあるのですが あのマンガの良さを壊すことなく 巧く実写化してました そして、ドラマとしてもしっかり味付けがされていて 素晴らしかったです まさに 今までにない学園ドラマ 触れずらいテーマを盛り込んだストーリー 照明、画質 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (9)

きました、新曲!!

2011年07月06日 | 音楽関連
さて、コールドプレイの新曲が!! 「ウォーターフォール ~一粒の涙は滝のごとく~ 」 PVも公開されて Coldplay - Every Teardrop Is A Waterfall いやー またもいい曲ですね 美メロで らしいメロディーで とはいえ、ダンスナンバー的で ギター色もあり 新しさもある感じで これは Liveで盛り上がりそうですね PVもセンスあって かっこいい . . . 本文を読む
コメント

DNAをめぐる・・・

2011年07月05日 | 小説
小説「プラチナデータ」を読みました。 著者は 東野 圭吾 DNAと殺人をめぐるミステリー ある種 SFといえる感じで 管理社会の怖さがありました とはいえ、今作はエンターテイメント作品ですね 飽きることなく 最後まで一気に 深さはそれほどなく 単純に楽しめますね そこまで 意外性がないのが 残念かな もうひとつ何かあればなぁと 東野作品としては 人間ドラマ、トリックが弱かったかなぁと . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (9)

映像でシェイクスピアを

2011年07月03日 | 2011年 映画 レビュー
24日のことですが、映画「テンペスト」を鑑賞しました。 シェイクスピア最後の作品である本作 いやー かなり好きでしたね 好みは分かれそうですが シェイクスピアであり、舞台監督出身のジュリー・テイモアということで 舞台色を強く感じました  まぁ そこが好みでもありましたが そこに 大嵐や妖精、魔法などの描写が映像だからこその 描かれ方をして 良かったです 特に妖精エアリエルは印象深かった . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (15)