笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これぞ、本格ミステリ!

2012年05月31日 | 小説
小説「十角館の殺人」を読みました。 著者は 綾辻 行人 綾辻 行人のデビューあり作で 有名ですよね まさしく 本格ミステリ クローズドサークル ものです ミステリーは好きでけっこう読んでますが 何気にこういう本格系、ミステリ勝負のは意外に少なくて いやいや 堪能しました 驚きの犯人! 著者が仕掛けたトリック やられましたね・・・ 古典ミステリを知っているとより楽しめる要素もあり な . . . 本文を読む
コメント

なんだかんだで

2012年05月30日 | 仕事関連
社会人、働き始めて なんだかんだで もう1ヶ月たちまして! やっと仕事の流れはわかってきた感じですが まだまだまだ 至らぬことも多く まさしく不慣れ感 こればっかりは慣れていくしかないなぁと 仕事柄 学生を相手にすることも多いのですが 大人を相手にすることも多く やはり緊張 ミスがないように、的確にと! 学ぶことが多い日々 大変さもありますが、楽しさもあって そして バイト経験もない . . . 本文を読む
コメント

アレン流 タイムスリップ!

2012年05月28日 | 2012年 映画 レビュー
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや~ 僕は好きですね 楽しめました タイムスリップ内で出会う有名人たち! フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ダリ、ピカソ…etc . . . 本文を読む
コメント (2)

今回は短編で!

2012年05月26日 | 小説
小説「サヴァイヴ」を読みました。 著書は 近藤 史恵 「サクリファイス」 「エデン」に続く ロードレースを描いた3作目 今回は6つの短編からなる構成で ちょっとスピンオフ的な感じですね 「エデン」後のストーリー、「サクリファイス」前のストーリー 石尾、白石、赤城 それぞれを描いていく やはり 前2作を読んでいると楽しめますね あらためて ロードレースの世界の過酷さ 特殊性、面白さが感じ . . . 本文を読む
コメント

グリッソムよ さらば・・・

2012年05月25日 | 海外ドラマ
ドラマ「CSI:科学捜査感」シーズン9を見ました。 テレ東にて 月~木で昼にやってました 前シーズンの衝撃のラストからの始まり やはりウォリックの死は大きい・・・ 葬式のシーンはあまりにもつらい そして 今シーズンはさらに グリッソムの降板が!! 主役ともいえる主任がまさかの・・・ 2話から10話にかけてはストーリーの然ることながら良いのだが グリッソムの物語としての機能が高くて この流 . . . 本文を読む
コメント

ハワイも日常

2012年05月22日 | 2012年 映画 レビュー
20日のことですが、映画「ファミリー・ツリー」を鑑賞しました。 妻、娘2人と何不自由なく暮らしている弁護士のマット しかし 妻がボート事故で昏睡状態に陥ってしまう さらに、祖先からの土地売却問題、そして 妻の浮気が発覚して… マットの成長ドラマともいえ 娘との関係、家族再生劇とも見れますね 劇的展開とかではないが ユーモアを感じつつ、しっかりとドラマを堪能できる いかにも アレクサンダー・ . . . 本文を読む
コメント (2)

アパートで起こる…

2012年05月20日 | 小説
小説「そのころ、白旗アパートでは」を読みました。 著者は 伊藤たかみ 屋上に白い旗がある木造二階建てのオンボロアパートを 舞台にした連作短編。 主要人物 3人が語る 青春、ドラマ、アパート物語 いわいる 日常が描かれているのだが これがなかなか楽しい それぞれキャラの良さもありますね ほのぼのとするというか そして何より 文章の巧さが光っていて 流石 芥川賞作家といった感じですかね . . . 本文を読む
コメント

兄弟で宇宙へ

2012年05月17日 | 2012年 映画 レビュー
14日のことですが、映画「宇宙兄弟」を鑑賞しました。 日本人初の月面着陸に選ばれた宇宙飛行士 日々人 その兄 六太は仕事をクビになり、日々人と約束したように 宇宙飛行士になろうとするが… まだ 未完の漫画が原作 アニメの方で少し見てました 非常にテンポよく進み 最後まで駆け抜けていくかのような! 六太と日々人、それぞれを描きながら 六太は宇宙飛行士試験、日々人は月面 それぞれの対比、想い . . . 本文を読む
コメント (4)

笑う学生の就活 ~ 就活スタート

2012年05月14日 | 就活
さて、そろそろ就活記でも書こうかと だいたい、就職活動を始めたのは 大学3年の10月あたりか・・・ まだ はっきり目標は定まらないながら 周りの流されというわけでもないが、そろそろスタートしなければと思い 最初は例のごとく 合同企業説明会へ参加 期待と不安が入り交じり まだ着慣れないスーツ、革靴で参戦 会場である東京国際フォーラムの最寄り駅 有楽町 改札付近、会場までの道には、スーツ姿 . . . 本文を読む
コメント

日常の

2012年05月11日 | 小説
小説「終の住処」を読みました。 著書は 磯崎 憲一郎 第141回芥川賞受賞作 やはり 純文学は難しいというか 全部 つかみ取れなかった感じがしますね 妻との生活、不倫、子ども・・・ 最後まで読めましたし 終わりも良かったなぁとも思いましたが・・・ ストーリーは何というほどではなく 展開も淡々と 日常というか、リアリティなのか 何が評価されているのか 文学的なものを感じたいですね . . . 本文を読む
コメント (4)

2度目のモグラ捜し

2012年05月08日 | 2012年 映画 レビュー
1日のことですが、映画「裏切りのサーカス」を鑑賞しました。 2度目の鑑賞 なかなか 難解だった本作 親が見に行くということで、再度! やはり 2度目だからこその面白さがあり 発見がありますね 1度鑑賞しているからこその醍醐味です ストーリーはわかった上で 細かいところまで見れて 伏線、人物の表情や動き、想い・・・ 見えてくるものがあるなぁと とはいえ 改めて あまりに淡々としすぎてる . . . 本文を読む
コメント

ロックガール!

2012年05月06日 | 小説
小説「疾風ガール」を読みました。 著書は 誉田 哲也 バンド ペルソナ・パラノイアのギターリスト、夏美 憧れでもあるバンドのボーカリスト、薫が自殺してしまい・・・ ロックな夏美と彼女をスカウトしようとする芸能マネージャー祐司 この2人の視点から交互に描いていく展開 軸は夏美と祐司が薫の死の真相を探っていく とはいえ ここの謎、ミステリーとしては 割と普通で・・・ もとより、ミステリー作 . . . 本文を読む
コメント

笑う学生の就活 ~ はじめに

2012年05月02日 | 就活
やっと社会人として働きはじめ 日々 刺激的な毎日です そんな 働くことができるまで 長くかかったわけで・・・ その時は なかなか書くこともなく そして今 思い出し、振り返りを込めて 就職活動記を 書いていこうかなぁと また 例によって不定期で 回数も決めずに 気軽に読んでくれればと 笑う学生の就活 次はいつになるのか・・・ それでは、また . . . 本文を読む
コメント