呑んベエSTING

ロック、やきとん、丼、ERをこよなく愛するオヤジのたわ言

親獅バンド MANDA-LA2 ライヴ

2007-09-30 12:13:10 | ロック
怒濤の子宝会ライヴをこなし、今度は吉祥寺の老舗ライヴハウス『MANDA-LA2』の3回目になる「オヤジ・ロック・フェス」に出演だ。

なかなかそんじょそこらじゃ出られないライヴハウスなのだか、古くからの知り合いのオレンジラインレコーズ代表 K戸さんの口利きで毎回呼んでいただいている。

日時:10月6日(土)16:00 OPEN 16:30 START
場所:吉祥寺 MANDA-LA2

まぁ、詳しくは↓こちらをご覧下さい。
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
スケジュールのところに書いてあります。

オヤジバンドばかり5バンドが出演する楽しいイベントです。

我らが親獅バンドは恥ずかしながら前回から「トリ」をつとめております。

お時間のあるかたは一杯呑みがてら、いらして下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々のメタボ街道

2007-09-27 00:38:32 | やきとん・やきとり・やきにく・ステーキ
ここ最近の忙しさが先週で一段落。
「よし、今週から呑み喰いにほっつき歩くぞ」と決意してたのに、忙しいじゃん
今日も9時まで会社で企画を考えながら高速キーボード入力、、、、、疲れる。。。。。

10時に中野到着。
「はい、石松です」
「マスター、(木)です。これから行って座れますか?」
「今なら大丈夫ですよ」

というわけで、極上レバ刺し喰って元気出すべし。

そして、今日のお通し(無料)は牛のハツ刺し! 
うっ旨い

レバ刺しも喰い、そしてナント今日は幻の煮込みがあった
これだけ通っててまだ1度しか喰っていない。
迷わず注文。
「少ししかないよ」
「少しでもイイです!!」
ウッ旨い。

ホッピー呑んで、焼き物喰って
「ごちそうさま」
「1,160円ね」
安すぎる!

すっかり調子に乗って、ラーメン屋に向かう。
「チッ、究極のカレーラーメン『代一元』はもう閉店か」
そして半年ぶりぐらいに「味七」行って、味噌ラーメン+バターを注文。
なんたって、ラードがぷかぷかで喰い終わるまでスープが熱々のここのラーメンは夏は汗だくになるのでとても喰えない。
もう、オーケーの季節だ。
旨い、、、、旨すぎる。
じっくり強火で火を通したスープは、コクがあってインパクトがありながら、どこか懐かしい味。
昔ながらのサッポロラーメンの味噌ラーメンに通じる味かな。

そういえば今日の昼飯も満足したな。
午後いちから夕方まで出かけていたので、また昼飯が3時過ぎに。
たまたま恵比寿にいたので定食屋の名店「こづち」に。
迷わず「牛バラ(味噌)焼き定食」を注文。
牛バラ肉の塊から長く厚めにスライスして、フライパンで蒸しながら焼き上げていく。
脂身も十分で香ばしい焼き上がり。飯が進む!
飯は頼まなくても丼に「てんこ盛り」

アァ、メタボ街道まっしぐら。

でも、、、、、、身長180cm 体重71kg 体脂肪率19.5%
文句あるか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝会お祭りライヴ終了

2007-09-16 15:23:59 | ロック
今年で3年目になる中野の氷川神社例祭、子宝会のお祭りでの2時間にわたるマラソン・ライヴが終わった。

今のメンバーになって初めての子宝ライヴだったが、良くも悪くも緩めでアドリブが効いたゆとりを持った内容になったと自負している。
合図や目配せひとつでキッチリ決められてなくても演奏構成はこなされていくもの。
ヴォーカルが気まぐれにまったく違うことをアドリブで歌っても、楽器隊もそれを楽しんで合わせてくれる余裕を感じられた。

本当に自分たちが楽しむことができたライヴだった。
聞いてくれていた人たちも楽しんでくれてたみたい。
今回はいろんなバラエティのある選曲だったので、老女男女それぞれに受けてくれたみたい。

ライヴ前やライヴ中もビールを飲みながらだったけど、終わった後の酒は格別に旨かったなぁ。

みなさん、ご苦労さまでした。

【演奏曲紹介】
<第一部>
*サージェントペパーズロンリーハーツオヤジバンド(オープニング)
*聖者の行進(パンクアレンジ 子宝会バージョン)
*心絵(ロードオブメジャー)
*宙船(TOKIO)
*チャンピオーネ(オレンジレンジ)
*老人のつぶやき(オフコース)
*月光花(ジャンヌダルク)
*千の風になって
*今宵の月のように(エレファントカシマシ)
*夏なんだな(ハイロウズ)
*バックインザUSSR(ビートルズ)
*カモンエブリバーディ(中野のオヤジバージョン)
*土曜日よりの使者(日曜日ではなかったので)
<第二部>
*太陽にほえろ(オープニングテーマ)
*どうにも止まらない(山本リンダ)
*セパレイトウエイズ(ジャーニー)
*ヘイブルドッグ(ビートルズ)
*レディマドンナ(ビートルズ)
*ドントストップ(フリートウッドマック)
*雨をみたかい(クリーデンスクリアウォーターリバイバル)
*ガンダーラ(ゴダイゴ)
*夜明けのブレス(チェッカーズ)
*野風増(河島英吾)
*ヘイジュード(ビートルズ)
*心模様(井上陽水)
*YES-NO(オフコース)
*アメリカンバンド(グランドファンクレールロード)
<アンコール>(無理やり)
*雨上がりの夜空に(RCサクセション)

※写真はノリノリのあまりバットや鉄棒で大暴れしている観客・・・・ではありません
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ERに望む

2007-09-16 14:36:39 | ER・アニメ
ERのシーズン12が終わった。

たいちょうが言う通り、また長い半年がやって来るわけだ。
おまけにこの半年はいつもやるはずの再放送もやらず、変なドラマをやるらしい。
見損なった話数も見られないのか!
NHK、金払わないぞ!

しかし、ガラントが戦死してクレメンテが精神に異常をきたして退場。
そしてシリーズ最終回では、
ジェリーが撃たれ、
ルカが全身麻痺を引起し死に至る薬を注射され、
アビーは流産?
サムは凶悪犯で脱獄者の元ダンナに子供共々拉致誘拐、
と壮絶なもの。
ガラントへの想いを切々とつづっていくニーラとプラットのやりとりは、このシーズンの隠れたクライマックスのはずなのに、すっかり消し飛んでしまった。

ここ毎回の次シーズンに期待を持たせる内容のもの。
でも、期待させるったってここまでやるのはどうかねぇ。
昔は、ほのぼのこころ暖かくさせられるシーズンラストもたくさんあったんだよ。
キャロルがダグのところに訪ねて行って、再開~和解するシーズンラストなんか最高だったのになぁ。
カーターがピーターに付き添われて、更生施設に行くシーズンラストも感慨深いものだった。

次のシーズンで予想できる展開は、
恐らくクレメンテ問題でケリーは窮地に立たされるのだろう。
ルカとアビーのからだとジェリーの命は大丈夫だろうか。
サムはいろんな面でますます四面楚歌になりそうだ。←暗いからもうやめて欲しい。
ニーラはERに残るのか?

そして、切望するのは新しいキャラクターの登場!
それも核になるキャラじゃないといけない。
かつてのマーク、ダグ、ピーター、カーター、キャロル、ロマノ、エリザベスあたりは望まないにしても、将来に向けて育っていくキャラクターの登場を切望する。
クレメンテに期待したが、あんな形で退場とは。。。。。。

まあ、半年間我慢なんだけど、せめて途中で終わっている地上波でのERの再開は望めないものだろうか。

最後にガラントの冥福をお祈りいたします。
イラクとついででスミマセンがダルフールに平和が訪れることも祈っています。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

遅昼飯

2007-09-16 13:57:53 | ランチ
最近、会社内に拘束される仕事が多く幸せになれる昼飯を喰いに行くことができない。

で、会社から行く範囲内で何パターンか行く店を決めた。
*カツ丼&カレー南蛮そば→A店
*カツカレー→B店
*中華丼系→C店
*親子丼→D店
*生姜焼き定食→E店
*もやしそば&マーボ麺→F店
*シンガポール料理→G店
という感じに。

こうやってあらかじめ決めておくと迷いがないし、ハズレて悲しい思いもしなくて済む。

会社の近所は店が少ないわけではないが、行って悲しい思いをした店も数々ある。
昼飯で悲しい思いをすると午後の仕事に差し支える。

会社内で集中して仕事をしていると、昼の時間に昼飯を喰い損ねることが度々ある。
というか、他の同僚たちと昼飯を喰いに行く習慣がないのでワザワザ昼時間に喰いに行かないのだ。

そんなわけで先日は飯を喰おうと思った時間が、とうとう4時になってしまった。
A店で旨いカレー南蛮のカレーのかかったカレー丼とたぬきそばのセットを喰おうと向かうが、はたしてやっているのか・・・・・?
オヤ?「商い中」の看板が、ラッキーやっている。
店内に入ると、店の電気が半分消えていてオバサンが伝票の計算をしていた。
「商い中」の看板を見たのでなんの躊躇いもなく席についたが、オバチャンもすかさず電気をすべてつけて「何になさいますか?」と聞いてきた。
「カレー丼セットください」
「うどん?そば?」
「そばで!」
注文はテンポよく大きな声で活舌よく答えるのがお店に対するマナーだ。

しかしやはり居心地が悪く違和感がある。
厨房でもすでに火を落としていたのか、注文したものの出てくるのが遅い。

「お待ちどうさま」
「スミマセンねぇ、中途半端な時間に入っちゃって」
「平気ですよ」
美味しくいただきました。

お会計の時に再確認。
「昼はだいたい何時までなんですか?」
「だいたいは3時ぐらいまでですかね」
「えっ、じゃあ休憩時間だったんですね。スミマセンでした」
「いえいえ、構いませんよ。またお越し下さい」

本当にごめんなさい。
その後、仕事ははかどりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよならマイケル

2007-09-08 14:58:49 | ER・アニメ
さて、ER。

今シーズンもあと1回で終わり。

レギュラーをつとめていて、イラクに派兵されて遠距離恋愛のニーラと結婚。
なぜか幸せな生活を捨ててまたイラクに戻っていったガラントが戦死した。

ガラントはER史上まれに見る真面目なキャラクターで、そのために印象も薄かった。
でも、わたしが見るに彼の存在はチーフレジデントからスタッフドクターとして成長していくカーターには欠かせない存在だったのではないか。

ちょうど、ピーターが去ってカーターが自立していく時期。
グリーンが亡くなる少し前だ。

ピーターとグリーンはカーターにERの将来を託して去っていった。
カーターは本当はプラッドやガラントにそれを託して去りたかったのだろうけど、
プラッドはダメなやつで、ガラントはイラクに行ってしまった。
そしてよりによってモリスに・・・・・・モリスは全くわかってないようだった。

そんな真面目な、昔のERを思い出させるガラントのER復帰を思い願っていたのに。
なんで彼を殺さなければいけなかったのだろう。
若妻のニーラがかわいそうだというよりも、ERに目覚めたプラッドの喪失感が気になってしまう。

ガラントの死は番組冒頭のワンシーン。
そして、ERのアンチキャラクターでとても重要な存在感を担っていたクレメンテのフェードアウト。
すべてケリーのいないときに過ぎていってしまう。

この後、またまた他の重要キャラが難事に遭遇するらしい。

ER、昔のように仲間の絆を感じさせる職場のドラマに戻ってくれ。
それにしてもメインキャラが育たない。。。。。。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

レバ刺しat久遠

2007-09-08 13:12:07 | やきとん・やきとり・やきにく・ステーキ
最近仕事が忙しくて、呑み喰い歩きができない。
スタミナ不足だ。

昨日もやっと仕事を切り上げ、帰る途中我慢がならず「久遠」に飛び込む。

隊長(久遠のヤングマン・マスター)に挨拶もそこそこに「レバ刺し!」コール。
隊長、苦笑したがら「あいよ~ぉ」

まあ、酒も呑まないわけにはいけないので、隊長セレクトで芋焼酎をロックで。

レバ刺し用に切り分けたレバの塊からその場で切っていく。
(「石松」の場合は、刺しも焼きも注文が入ってからレバの塊から切り分けるが)

「久遠」のレバ刺しの嬉しいところは、スライスではなくてぶつ切りで出てくるところ。
噛みごたえがあって、中から甘味がジュワ~っとにじみ出る。
そう、新鮮な豚レバ刺しは歯ごたえがあって、甘いのだ。

隊長に「新鮮」「甘い」「ぶつ切りが最高」と正直な感想を伝える。

サクッと食べて元気いっぱい。
さて、「ハツ焼きをレアで!」注文。
2分も焼かずに出てきた塩コショウを振ったハツはレア焼き。血が滴っている。
旨い!

よし、これで大丈夫だ。「ごちそうさまです」
在店時間30分。

「また来ま~す」
店を出て10歩は歩いただろうわたしの背中に隊長の「あーりがとーございぁ~したぁ~」といういつもの送り出しの声がかかる。
道行く人たちの視線を浴びながら、振り返ることなく右手をあげて応じる。

30分で1週間の疲れを回復させる男の癒し術、なわけだ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

われらが親獅バンドのライヴ告知

2007-09-05 23:14:22 | ロック
われら「親獅バンド」ライブのご案内です。

子宝会お祭り
9月15日(土)18:00~
中野区 囲桃園公園(中野駅南口下車)
中野区中野3-20
地図:http://mooo.jp/bq78

ステージ第1部:18:30~19:30
ステージ第2部:20:00~21:00

祭り自体はもっと早い時間からやってるので、祭りで売ってるビールで出来上がってから見てもらいたいですね。

ハードロック、ヘビメタ、ビートルズ、フォーク、歌謡曲、太陽にほえろ、などなど・・・・
何でもありの怒涛の2時間ライブだす!

楽しませまっせぇ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加