呑んベエSTING

ロック、やきとん、丼、ERをこよなく愛するオヤジのたわ言

温かくて懐かしい阿佐ヶ谷

2017-02-25 10:07:27 | 丼・カレー・ラーメン・パスタ・そば


カミさんの従兄弟の方が、

阿佐ヶ谷スターロードでお店をやっていると聞いて行ってきました。



「ろまんしゃ」

音楽と本とカルチャーを楽しめる、気軽で大人なバーです。

阿佐ヶ谷スターロードの老舗居酒屋「暖流」の真向かい2階です。



ご親戚になる(?)マスターも素敵な方です。






その後、やはり老舗ラーメン店「丸長」へ。



時代に迎合しないバリバリ昭和なこの一杯に感激。



阿佐ヶ谷もなかなかに昭和な街なのです。
コメント

いつもの感じで

2017-02-25 10:03:11 | 呑んだり喰ったり語ったり


「カラカラ」

いつもの感じです。



「肉豆腐」

甘みをコクにして味がしっかりと滲みているところが好きだ。



今度、ご飯を頼んで肉豆腐丼にするかな。
コメント

予感

2017-02-24 10:18:19 | 呑んだり喰ったり語ったり
その日は、予感がしたのでしょうか。

とことん呑んで喰いたかった気分。



<なべ屋>





酔わせてくれる大量なナカ。











お勉強。



<ルースター>











小さくても立派な鮑でした。







初めて喰った「ルースター」の煮込みは旨かった。



お隣さん、呑み過ぎ注意!

って、オレに言われたくないか・・・




<一蔵>





魚粉は控えめに。

でも、バターは欠かせない。




<ROCKET>



「一郎さんNIGHT」

「YES」のオールメンバー・ライブ映像。

人差し指を立てて歌うアンダーソン。

今は無き飯田橋「とんかつ いもや」のおやじさんを思い出す。



ウェイクマン。

歳を取ってもサラサラキューティクルヘアー。




チ~ン!

終了。
コメント

吉野家 地域限定「横浜デミ牛鍋膳」

2017-02-21 10:27:40 | 丼・カレー・ラーメン・パスタ・そば


昨年の11月ごろ、地域・季節限定として出されていた「牛すき鍋膳」

「ほとんどハヤシライス~!」的な意見など、

不人気だったのか早々に消えてしまった。

(今は・・・「なごや味噌」やってたかな?)



ご飯に乗せると・・・

「ハヤシライス」だと言う輩の感覚を疑うけど、

「ビーフ ストロガノフ」的な感じはあったかも。

不人気だったろうが、ぶっちゃけオレは好きだったんだけど~

デミベースの味つけだったからね。

消えて残念だ。



確か、普通の牛すき鍋より30円高い680円だったと思ったが、

牛肉の量も満足できるぐらい入ってるし、

オカズとご飯と言うディナー感覚的にも十分イケていると思いましたよ。

酔っ払って喰う「牛すき鍋」は旨しですよ。



こんな「すた丼」もどきの丼も店舗・期間限定でやっていたのね。

「すた丼」のジャンクさには敵わないと思うけど、

「吉野家」はご飯が旨いから多少高くってもあればたまに喰うかもね。
コメント

築地場外の立ち寿司屋「おかめ」

2017-02-19 01:13:39 | 呑んだり喰ったり語ったり


「おかめ」

なかなかいい場所にあって築地に来た観光客はみんな覗いて行くんだけど、

入る勇気がある人は少ないかなぁ~



「あじ」

リーズナブルで、



「さば」

もちろんネタは新鮮で、



「まぐろ赤身づけ」

旨いのになぁ~



「穴子」

あんなに2時間以上も並ばなくっても、

10分もあれば喰えて十分に満足できるんですがね。




寿司修行3カ月でミシュランに載った理由
コメント

「屯」呑み

2017-02-19 00:51:38 | やきとん・やきとり・やきにく・ステーキ


青梅街道

丸ノ内線新高円寺駅と南阿佐ヶ谷駅の中間ぐらいにある老舗やきとり・やきとん屋。



阿佐ヶ谷に引越したので家からはとても近くなった。

昔ながらで地元密着な店なので、常連度は高いが居心地は悪くない。



冷蔵ネタケースに焼く前の串がビッシリ入っているのがそそられますね。



「煮込み」 標準的ですが、味噌にコクがある。



「かわ」 普通です。



「とんばらしそ巻」 この日のベストチョイスでした。

旨い!



「とりはつ」と「レバ」かな。 普通です。



日本酒にしました。

「澤乃井 本醸造」



「豚はつ」 これも普通です。



味噌をつけて喰うのがいいですね。



「とん」 たぶん「かしら」ですね。

これはなかなか良かったです。



一品もののツマミも豊富な品揃えなんですが、

フラッと寄って、ちょいちょいとつまんで呑むのがいい店でしょうかね~




吉田類の酒場放浪記【TBSオンデマンド】
コメント

「七面鳥」喰い

2017-02-19 00:30:32 | 丼・カレー・ラーメン・パスタ・そば


「七面鳥」

高円寺の有名街中華店。

セルフサービスのビールは冷凍ケースから冷えたコップとともに出します。

栓を自分で抜いてカウンターに着くと無料のお通しが2品スッと出されます。



昭和な中華店の嬉しいところ。

これだけで十分に晩酌になる。



「餃子」 シンプルに。



「青椒肉絲」 芸術的です。



ビールをキリンからサッポロへ。

黒ラベルも最近見なくなったよなぁ~



「キクラゲ玉子炒め」 これまた芸術的。



「いりそば」 ソース焼きそば的なものですが太麺ですね。



そして「カツ丼」を喰わなきゃ終わらない。

ここの「カツ丼」が大好きなんです。



カツは薄めのロース肉を二枚合わせて揚げてあるようですね。

そして濃い目で甘めのタレは「つゆだく」



いやぁ~

喰った喰った~

って、喰い過ぎやろ!
コメント

親が死んでもメシは喰う

2017-02-18 16:05:21 | 呑んだり喰ったり語ったり


そう、酒も呑みます。

病院から早朝に呼び出され始発電車で横浜に向かって父の最期を見届けて、

あれやこれやと父の葬儀の準備や諸処への連絡を終えて、

一旦阿佐ヶ谷に帰ろうと横浜駅を通りかかったときに、

無性に寄りたくなった人気中華屋「龍王」

「ねぎ肉炒め」ツマミにビールを流し込む。

モーレツにノドが渇いていたことだけ憶えている。



そして、空腹であることにも気がついて間髪入れずにご飯をもらった。

旨かったなぁ~

忘れないだろうなぁ。






自宅に着いてから出された「ビーフシチュー」も沁みるほどに旨かった。

生きている人間はそうやって生きていくのだろう。
コメント

原宿「クロコダイル」でライブを観る! AFTER編

2017-02-18 15:42:41 | 呑んだり喰ったり語ったり


「クロコダイル」ライブ後、

電車があるうちに中野に移動して、

「久遠」の隊長が新しく開いた日本酒バー「和呑」へ。



オープン時に鏡割りされた菰樽のお酒をいただきました。



「天青」



濁り(名前は失念)



「山本」



他のお客さんからの差し入れ?



なんだっけ・・・?



「天明」

かなり呑んでいます。



この時点ですでに26時半ぐらい。





「なか卯」で「親子丼」を喰ったみたい。



この後、歩いて自宅のある阿佐ヶ谷に帰って布団に入ったのが27時半ぐらいだったと思いますが、

まさか寝てから1時間も経ずに父が亡くなったとの連絡で

叩き起こされるとは思ってもみないことでした。
コメント

原宿「クロコダイル」でライブを観る! 「LAZY HORSE」編

2017-02-18 14:54:07 | ロック


「クロコダイル」



うん!



素晴らしく雰囲気のいい箱です。



箱の良さなら他にいろいろあるでしょうが、

「クロコダイルだから!」みたいなライブハウスは、なかなかあるようで無い。



あれ?関西弁丸出しな流しのオッサンが登場・・・

すでにご機嫌の態。



流しのオッサン、オープニングアクトのバンドに乱入!



「ROX Ⅲ」







ギターがなかなか多彩な音を出すバンド。

ギターの出す音でいろんなジャンルの音楽を奏でる。





ベースもかなりのテクニシャンだった。

ジョン・ウェットンぽくって嬉しかった。












「LAZY HORSE」



流しのオッサン率いる大阪では有名なニール・ヤングのトリビュートなバンドです。



オッサン、圧倒的な存在感。



彼女は、圧倒的に素敵です。



支えてらっしゃるのが、圧倒的にデカイギターの方。



スライドとシンセギターの名手、圧倒的に怪しいです。



ドラマーは、圧倒的にチャーリー・ワッツ。



ベースの方は、今年初めて見る方。



キーボードの方は、「ROX Ⅲ」でも弾いていましたね。



う~ん



かわゆす。







オッサンのソロコーナー



名手のソロコーナー



意外にもフォークタッチのラブソングです。

苦笑交じりのオッサン。



でも、名手です。



オッサンのピアノ弾き語り。

メローです。





バランスが良くって気持ちいい。



歌もギターも、グイっとくる感じでパワフルです。



毎年観てもと思いながらも毎年行ってしまう、そんなライブです。









オッサンバンドの有り様を観るようでした。

今年もありがとうございました。
コメント