呑んベエSTING

ロック、やきとん、丼、ERをこよなく愛するオヤジのたわ言

ヒロポンプと西荻呑み

2017-01-29 01:01:27 | 呑んだり喰ったり語ったり


「エラ・ベック・バンド」のベースマン・ヒロポンプと西荻で呑み。



一軒目は「豪」へ。



はいはい、よ~く焼いてから喰らってくださいよ~

ヒロポンプさんにバンドへの参加を打診したのでした。



「やきとん屋さんのレバニラ炒め」

新鮮なレバを惜しげも無くゴロゴロザクザクと切って一気に炒めるからトロトロの仕上がり。

毎度旨いなぁ~





二軒目は「ミスティ・キャラバン」

バンドのキーボード奏者の石川パパが営むウズベキスタン・ワインの店。

写真のワインはルーマニア・ワインです。



チーズをたくさん出していただきました。

ヒロポンプさんをパパにご紹介。



ウズベキスタン・ブランデーまで行ってしまったってことは・・・酔っ払ったハズ。





三軒目は「最後に笑え」



シンガーのえびちゃんにお店。



ヒロポンプ、ゴキゲンさん。



「ハンバーグ」が一押しですが、この日は無かったので「ガパオライス」を。



「オイルサーディンのペペロンチーノ」もいただきました。



ここで、ヒロポンプはご帰宅。



わたしは独りで四軒目の「中華21」へ。



先客無し。

マスターも寝てるし・・・・



とてもファンキーなお店。

ほぼ24時間やっているので、マスターは客がいない時に寝ているのだろう。



「もつ煮込み」

土鍋のまま出てきて、すごい量。



これが意外や侮れない味。



いいダシが出ていて旨いです。



「ちゆかくれぷたべるか?さびすするよ」

と出てきたのが、これ。

「北京ダック」かと期待したら、なんと「アジの刺身」!



まぁ、これまた意外にも旨かったです。



ドキドキしながら注文した「お好み焼き」

中華の店なのに「お好み焼き」(「ハンバーグ」もある・・・)

やって来た「お好み焼き」は意外にも普通のお好み焼きでした。

これは期待ハズレ。

マスターに「なんで『お好み焼き』あるの?」と聞いたら、

「わたしりょうりうまいからね」と素っ頓狂な返答。

まぁ、いいか。





その後、マスターと一緒に店で寝落ちして、慌てて歩いて帰る。



途中、荻窪を過ぎた辺りの青梅街道に魅力的な店を発見!

もう喰えん。

また次回にね。
コメント (6)

猿田彦神社

2017-01-29 00:44:13 | 家の日常


引越しした阿佐ヶ谷の家の近所に「猿田彦神社」がある。

朝、気が向いたときはふらりと行ったりします。

「猿田彦神社」は、三重県の「伊勢神宮」の近くにあるので、

こちらは分社ってことになるんだろうね。

なんだか隣りには新興宗教の社があるしね。



神社の裏手にまわると「御神水所」と書かれた井戸がある。

自由に汲んでいいらしいので、たまに3リットルペットボトルに汲んで帰ります。



「猿田彦神社」は、良縁、新しく物事を始めるときに願をかける神社ですね。
コメント

「HACO BAR」

2017-01-29 00:29:18 | 呑んだり喰ったり語ったり


高円寺からJRのガード下を阿佐ヶ谷方面に向かう途中にある「HACO BAR」

立ち呑みバーです。

ここの生ビールは3分ぐらい時間をかけて丁寧に注いでくれるので、

ビックリするぐらい泡がクリーミー。



「卯の花」(もしくは「白和え」だったかも)

あのナチュラル系居酒屋「ノラや」の姉妹店だから、

「和」寄りのおつまみも安い割りには旨いのだ。



特にお気に入りはこれ!

「サーモン刺し」



もしかしたら、少しスモークしてあるのかな?

絶品です。
コメント

2016年11月のランチ

2017-01-26 23:16:42 | ランチ

「しょうが焼き定食」  八丁堀「八丁堀食堂」

界隈ではピカイチのメガ盛りの店。

オカズもご飯も盛りに盛ってくれる。

ママさんが丼を持って「どのぐらい?もっと?もっとなの!」とご飯を盛ってくれる。

たくさん要求すると上機嫌。控えめだと不機嫌です。



味もご飯をススメてくれるコッテリ系でオレは好きだね。





「ジャンボメンチカツ」  新富町「煉瓦亭」

たまらなくメンチカツが喰いたくって、職場前にある有名店へ。

サイズもまずまずで、デミグラスソースもいい。



このポタージュなカップスープがなに気に大好きで、

これを一度はボウルで飲んでみたいと密かに考えている。



洋食ってヤツはオジサンたちのご馳走なのだよ。

判るかな?





「キーマカレー炒めスパゲッティ」  我が家

目指せ「ロメスパ」!

デロデロに茹でたスパゲッティをクミンシードとバターで炒めて、

チープなレトルト キーマカレーをかけて出来上がり。



もっと、麺をデロデロに茹でて、麺にカレーを吸わせたいな。



挽き肉ボロボロボロネーゼ・・・





「オムハヤシライス」  青山一丁目「銀座ライオン」

極々普通のランチです。

卵トロトロ、ハヤシはほんのり酸味あり。

以上!





「麻婆豆腐定食」  新富町「華桃」

麻婆豆腐が無性に喰いたくって、

前々から目をつけていた四川系街中華の店へ飛び込む。

花山椒をもっともっと効かせて欲しいが、街中華としてはかなりのレベル。

旨い麻婆を喰うと幸せなんだよねぇ~



「担々麺」「五目焼きそば」も要チェックな感じ。





「カレーそば」  外苑前「信越そば」

青山ベルコモンズの並びに突如現れる立ち喰いそば屋。

青山・外苑前と言うシャレ乙な場所にもメゲずにやっています。

「カレーそば」はデフォでかき揚げがカレーの下に仕込まれたジャンクもの。

こりゃなかなかに旨いわい。





「カレーそば」  横浜駅構内「いろり庵きらく」

一転して、いかにもチェーン立ち喰いそば屋チックなカレーそば。

いけませんや。





「カルボナーラ」  磯子駅前「サイゼリア」

いけませんや・・・





「とんかつ定食」  築地「とん㐂」

肉厚赤身ロース肉にガリガリ衣のとんかつが喰いたくて。



大きさこそ往時に比べると寂しいものになったけど(それでも大きい)、

肉厚で噛み応えがあることは変わっていない。



お茶はお一人様にペットボトル一本。



この店も老舗よね。



そして、14時過ぎても客でいっぱいの人気店だ。

ガッツリ喰えるからかしら?





「キーマカレー スパゲッチ」  霞ヶ関「ミスターハングリー」

官公庁で仕事や用のあるときは必ず寄るロメスパ店。

好きですから。



大盛りにしてみました。

「山」ですね・・・

頂上には雪も積もっているし。

カレー味だからこそ、飽きずに全部喰えましたよ。



付け合わせで出てくる「酢キャベツ」が嬉しい。





「濃厚あら焼き鶏白湯そば」  東新橋「カシムラ」

お仕事でお世話になっている方に「旨いラーメン屋があります!」とご案内いただいた。

ご馳走にまでなってしまった。

その日仕入れた魚介のあらを焼いて鶏白湯スープと煮詰めたスープ。

黒板にはその日仕入れたあらが書かれていて、

その日は「真鯛」「メダイ」「金目鯛」「カツオ」「ビンチョウ鮪」とありました。



今系のラーメンだったけど、旨いなと思いました。

デザートに「ライチ」が!





「ズワイ蟹のカルボナーラ」  築地市場場内「トミーナ」

この絶品パスタをまた喰えた喜び。



「ゴルゴンゾーラピザ」を初めて喰えた喜び。



築地の奥と懐の深さを思い知らされる。



他にも喰いたいパスタが満載なのに・・・





「Bセット(ポークカツとカニコロッケ)」  新富町「煉瓦亭」

グリル料理ってヤツは、色が無いのが玉にキズだよね。

旨いんだけどさ。



ポークカツのデミグラスソースのかかっていない部分にウスターソースをたらして。

やはり色は着かない。





「カレースパ」  築地「キッチン カミヤマ」

冷たい雨の降る日でした。

温まるには手っ取り早いこちらの飲むカレー。



丼と言うよりは洗面器のような器に並々と入ったカレー。

このカレーの中には大量の炒めたスパゲッティが沈んでカレーの熱で

デロデロのチュンチュン状態になっていてヤケドすること著しく。

肉、ソーセージ、ハム、ベーコン、タマネギ、ピーマン、ジャガイモ、トマト、キノコ、

と具もたくさんなんだから、こりゃまた大変だ。

悪戦苦闘しながらスパゲッティを喰い尽くしても、カレーは半分にも減らないと言う・・・



すかさずマダムが「ご飯あげますね」とサービス嬉しいなぁ~( ゚д゚)



ご飯も無くなって最後はカレーを飲み干すしかないのだが・・・

残してしまいました。

恐るべし、「キッチン カミヤマ」





「ハヤシライス」  新富町「煉瓦亭」

デミグラスソースを評価しながら、ハヤシを喰ってなかったとは如何に!



そして、やっぱりこのポタージュ・スープにホッとする。

「ハヤシライス」は、若干のもの足りなさを感じる味で、たどり着いた感は無かった。



もう一度確かめてみたいけど。

いつか。
コメント

菱(ヒシ)

2017-01-23 01:32:30 | 家の日常


薬師あいロード商店街で、

び~ちくりん大作戦♪でご存知の「ブランチャー・チョップスティック」の

ベースのAさんが地方活性のために行っている九州の柳川市の物産展をやっていると言うので、



行ってまいりました。



地元でも年に一度しか手に入らないと言う、

「菱(ヒシ)」



水草の実なのだそうだ。



思いっ切り茹でても、表面の殻は固くて剥くのが大変。



爪の間を痛い痛いしながら殻を剥くと、ユリの根のような実が出てくる。

なかなか口にできない味覚でしたね。






薬師あいロードにも出店したこちらはどうなのでしょうか?

中野創業の「第二の四文屋」になれるのでしょうか。
コメント

中野「四文屋」と新中野「浦野屋 やきとん てるてる」

2017-01-23 01:23:33 | やきとん・やきとり・やきにく・ステーキ


「四文屋」



やきとん屋として安定している。



押しも押されぬ「やきとん」チェーン店。






「てるてる」



正直、やきとんは今ひとつもの足りない。



なにかが足りない。

焼きかな?



しかし、洋食系メニューなど一品ものが豊富で使える感じ。






ネブラ坂

降りて行けば、



「ネブラスカ」






家に帰ればデザートが。

こりゃ、可愛くて喰えませんや。
コメント

「耳なしフランケン」at 自由が丘「BAR CLAPTON」

2017-01-22 12:33:04 | ロック


自由が丘

久しぶり



やっぱりシャレ乙。



同行者たちと餃子屋で待ち合わせして、



「耳なしフランケン」演奏すると言う「BAR CLAPTON」へ。



こじんまりとした2階のお店。



イカした焼酎もあるジャマイカ!



モノホン!!

流石、「BAR CLAPTON」

しかも、オレの一番大好きなアルバムに・・・

テンション上がります!



で、「耳なしフランケン」ステージを暫しご静聴ください。







耳なしさん





フランケンさん









ライブ中も呑む・・・





耳なし法一・・・





ライブ終了!


演奏の動画は、こちらから↓
「赤色エレジー」あがた森魚





終了後は、押しかけた高校時代の旧友たちが大酔っ払い。





差し入れもいただき、



いつの間にか、



店を占拠してセッション。



迷惑なのでお店を後にして、



最近どこの街にもある、24時間営業の海鮮系居酒屋へ。



「まぐろメンチ」旨かった。


酔っ払ったな~
コメント

東京おでん「空き屋」は変なおでん屋さん

2017-01-18 23:57:54 | 呑んだり喰ったり語ったり


「東京おでん」

って、どんなですか?



おお、濃ゆいのねぇ~甘いのねぇ~



「ネギシオパクティー」

ここ、おでん屋ですよね~?



「フライドポテトの博多めんたいバター」

ここ、本当におでん屋さんですよねぇ~??
コメント

荻窪ゴールデンコース

2017-01-18 23:36:42 | 呑んだり喰ったり語ったり


荻窪の至宝「やきや」でございます。

「いか刺し」の鮮度とホッピーの氷の旨さに感嘆。



「いかみみ刺し」

色、食感、味など、「いか刺し」とはまったく違うから面白い。



目の前のバットに山積みされた「げそ揚げ」が旨そうだ!



いただきやした。



「いか塩辛」 絶品!

毎日仕込む塩辛は、新鮮そのもの。



「いか棒」

いかしんじょを揚げて、注文が入ったら軽く炙ります。

ボリュームあります。





〆は「十八番」の「ラーメン」

ザ・ベスト・オブ・呑んだあとラーメン!

縮れ麺にニンニク香るあっさりながらパンチのあるスープがよく絡みます。

トッピングのニラと黒ゴマがアクセント。



安いから嬉しいネェ~
コメント

晩杯屋~バンパイヤ~悲しき定め~♪

2017-01-18 21:21:10 | 呑んだり喰ったり語ったり


ほ~ら、そこは晩杯屋~



安値の定め~!



晩杯屋~バンパイヤ~



立ち呑み定め~!
コメント