折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

狐のへりくだり

2020-11-25 22:09:00 | 幻日記
「いつもつままれさせていただいております」
 どうぞどうぞと紳士は腰が低く無防備に見えた。
 どうもパワーが出ない。苦手なタイプだ。
 化かしが発動しないと狐は思った。
 ドアのない金庫は破ることもできないのだ。
 どこかにもっと見下してくれる者はいないのか……。
 それならどれだけ自分の力を出せることだろう。

「ちょっと休まさせていただいております」
 人間みたいな言い回しをしている自分を狐は恥じた。
 獣度が日に日に薄まって行く。
コメント

グッバイ・モーニング

2020-11-25 06:10:00 | オレソン
狂った夜を抜けて潜り込んだ
街のアンダーグラウンド

「たばこ吸えます」
8時から
全席喫煙可能

ちがうちがう
俺が探しているのは

地下世界を抜け出して
駆け上がったショッピングモール
営業時間は11時から

ここはまだはやすぎる

駆け下りるエスカレーター
交差点で待つ人々に交じる
行き先は風にまかせて
西へ
いつかもみたセルフカフェ

「ホットドッグとホットコーヒー」
「…………よろしいですか?」
「えっ?」
単品だと550円
モーニングだと
サラダに玉子、小話までついて470円!?

どうなってんだモーニング!

俺は番号札を乗せて店の奥へ向かう
3席だけのノースモーキングに
その先は見通せないほど
遙かまで喫煙エリアが伸びている
パーティションのない世界から
漂ってくる黒い煙と小話の断片

いつまでも
こんなところにはいられないぜ

グッバイ・モーニング
コメント

【短歌】うまいもんだね

2020-11-25 02:45:00 | 短歌/折句/あいうえお作文
ミミズクに束縛された作戦で
再調査せず生き残るサイ
(折句「ミソサザイ」短歌)


そばつゆと校正をするかけすぎた
七味が燃える交換日記
(折句「そこかしこ」短歌)


宝石の目玉を寄せてゴロゴロと
ロックオンしたししゃもの干物
(折句「ほめ殺し」短歌)


温度差が問題化した停留に
夏が残した白滝の麺
(折句「おもてなし」短歌)


ユリの根にキックを入れてひねられた
羊羹ですか美味いもんだね
(折句「ユキヒョウ」短歌)


かつてない家系を抜けた溝のした
生き抜く術は知らぬ存ぜぬ
(折句「鏡石」短歌)

コメント

くつろぎのひと時

2020-11-25 00:50:00 | ナノノベル
「いつまで荷物背負ってるんだ?
まだどこか行くのか」
 そんなつもりは少しもなくても、そんな風に映ってしまう時がある。誤解というのは、ごくありふれた日常の風景である。
「今は落ち着く時だろう。
くつろぎの宿なんだから。へへ」
 くつろぎの形は人それぞれ。
 例えば馬よりも速く走っている瞬間、最大限のくつろぎに到達している人もいるのかもしれない。

「あっ、お構いなく」
「えっ? 一部? リュックじゃない?
何? 甲羅? へー、そうなの……」
 地球人を見るのは初めてらしい。

コメント