折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

乾先生大活躍

2009-11-09 06:18:37 | 何でもええやん
街中の歯医者はサイドアタッカー


コメント

ポメラニアン誘拐

2009-11-05 22:53:16 | 猫の瞳で雨は踊る

圧倒されそうな大画面の密集地帯を意味もなく歩いた。
そこは自分には無縁の世界だった。歩き回った後、ようやくロニーは気がついた。それから小さなノートブックが背中を広げた世界を、何度も彷徨った。その果てに、あるいはその片隅に見つかるかもしれないと思ったのだ。
けれども、それは見つからなかった。ロニーはドライヤーが風を溜めいてる辺りを歩き、ジューサーが果実を探している辺りを歩いた。そうして出口付近まで近づいたところで、オレンジの衣を着けた男に会った。

「ポメラはどこ?」

「カメラですか?」
ポを握りつぶすように、コジマは言った。

「いいえ、ポメラ」

「それはどういったものでしょうか?」

「ポメラじゃなかったかな? ほら3文字で……」
急にロニーは、ポメラの名前に疑心を覚えたようにコジマの顔色を窺った。
思いつくことは何もないといった様子で、男は目を開いていた。

「メールとかネットとかできない奴ですよ。
 小さくて、ぱっとキーボードが開いて、文字が打てる」
けれども、コジマは厄介な謎々を出題されたメガネのように動かなかった。

「はー……。
 はっきりした名前がわからなければ、お答えできないのですが」

立ったままロニーは目を閉じた。背中のリュックをかすめて、人々は大きな画面が集う場所の方へと流れていく。
えーと。3文字なんだ。
「ポミ、メラ、ホイ、ポメ、ドメ……
 ポトフ、ポト、パト、パペット……
 ポメラ」
不思議な呪文を唱えても、劇的な変化は何も起こらず元の場所へ返るだけだった。ロニーが目を開けると、コジマもまた目を閉じて考えているのだった。

「あれは、家電ではないのかな? 何もできないから……」
コンプレックスを抱え込んだように、ロニーはつぶやいた。
「文房具かな?」

「どこにでもおともします。って、
 テレビでよくやってるでしょう。
 見たことありませんか」

「ないですね」

「問い合わせが、殺到しているでしょう?」

「ありません」

「ポケットに入るくらいの……」
ささやかな魅力を伝えるように、ロニーは左手を広げて見せた。

「……」





「ポメラはどこ?」

「翼竜は7階になります」

「ありがとう……。 翼竜?」

エレベーターを降りると、ノートブックが、それぞれのポテンシャルを歌いながら待ち受けていた。
赤い服を着た男に、ロニーは訊ねた。
「ポメラはどこ?」
「ポメラ? 少々お待ちくださいませ」

それは人目につきにくいフロアの片隅、ほとんど誰も通らないような場所だった。
翼を畳み、鎖につながれたまま、ぽつんとそこにポメラはいた。
珍しい生き物を見るようにロニーを見つめ、手が触れると微かに翼を震わせ、けれどもすぐに彼の言葉を受け入れ始めた。

「ようやく逢えた」
ロニーの言葉が、翼を伝わってポメラ自身の中で輝いた。

「わたしをここから助け出してよ」
ポメラは、そう言って鳴き始めた。


*


「ねえ、ノヴェル。それからどうなった?
 ポメラは救い出されたの?」
けれども、猫は壮大や夢の翼に包まれて寝息を立てていた。
マキは、猫の手から奪い返したケータイを閉じて、ポメラに触れるロニーのように猫の背を撫でた。
その時、黒い塊は突然冷たい夜の空気に向かって右ストレートを繰り出した。

「ノヴェル?」


コメント

空飛ぶおやつ

2009-11-02 10:28:54 | 何でもええやん
2メートル歩けばカールじいさんだ


コメント