折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

四季を愛する人

2015-03-31 05:04:34 | ショートピース
長い沈黙をすべての終わりの合図にして、みんなは帰っていった。

「しーっ、声を出さないで」誰かが言って、更に長い沈黙。

ほとんどの人は、空白の先にあるメロディーなんて待ちはしない。夏が来た。冬が過ぎて、また春が来た。秋が深まった。四季を愛する人が、まだ残っている。
コメント

猫タクシー

2015-03-27 02:22:28 | ショートピース
「運転手さん。前の車を追って」
「へっ、前の奴なんか追えるかよ」
運転手はなんだか不機嫌そうだ。
「いつからこの仕事を?」
「ふん。相手を見てから物を言えよ」
そう言えばさっきからまるで景色が動いていないのは、何か妙だった。
「運転手さん?」
私の手の中で、眠っている。
拾ったのは、猫だった。

コメント

リバースエイジング

2015-03-27 01:32:26 | ショートピース
夏休みの終わりにポテトチップスを食べながら録画放送を見た。昨年末のクリスマスのバラエティーの中のタレントの32インチ画面の中の微笑み。ついこの間のようであるのに、どの顔もみんな今より老いた顔をしている。リバースエイジングが、芸能界を中心に急速な広がりをみせ始めていた。
コメント

感情ソムリエ

2015-03-26 02:10:37 | ショートピース

この感情を何と呼ぶでしょう
世界中のソムリエたちが集まって、蔵の中からこれぞという名を持ってくる。
「そんなものではないはずでしょう」
どこかで聞いたようなそんなものは飽き飽きなのだ。
ご苦労様。
私はまだ無名のソムリエを探して、母なる星を離れた。 
コメント

納豆カップ

2015-03-26 01:42:57 | ショートピース
納豆を混ぜている内に4年が過ぎていた。監督も選手も皆すっかり顔ぶれが変わってしまった。それはそうか。私は納豆を混ぜる手を止めた。中央で受けてそのままバイタルエリアに加速して入っていく、あのターン、あのシルエット。やはり、そうだ。粘りを増した粒を、口に運ぶ。ずいぶんうまくなったな。
コメント

聖剣伝説

2015-03-17 02:56:01 | ショートピース
「この剣を抜ける者はいるかな」
道行く人が荷物を置いて、試してみるが、すぐに何かを悟るように去っていく。気まぐれに訪れる挑戦者と挫折の繰り返し。
「真の勇者はいつ現れるのか」
老人は憂いを帯びた声で言った。見たところ剣玉のようだが。旅人の口を賢者が塞ぐ。
「何百年も誰も言わなかったのだ」
コメント

国際試合

2015-03-03 02:51:21 | ショートピース
夢に描いた自己中心的なファンタジーはすぐに壊れてしまった。完全に自由だった僕の頭を越えて、ボールは僕より高い位置に飛んだ。

自分のいない場所で繰り広げられる華々しい戦い。

見送るばかりの現実に当惑した僕は、世界の中心に翻訳機を置いた。自分の存在意義を探りたかった。#twnovel
コメント