折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

フルオープン(アクロスティック)

2018-04-30 20:41:20 | 短歌/折句/あいうえお作文
総裁と
交際中の
火星人
私生活まで
公開中だ

折句「そこかしこ」
コメント

保釈金

2018-04-30 01:30:10 | 短歌/折句/あいうえお作文
ふらふらで
捕まる隠居
取り戻す
滅相もない
札束を積み

折句「フットメザ」
コメント (2)

さよならクレアおばさん

2018-04-29 05:52:35 | 短歌/折句/あいうえお作文
明日には
忘れるクレア
おばさんの
こさえたきのこ
シチューの風味

折句「粟おこし」短歌
コメント

みんなの家

2018-04-28 21:18:12 | 短歌/折句/あいうえお作文
8時にも
7時にもいる
みんないる
すき家はいつも
気の置けぬとこ

折句「ハナミズキ」
コメント

大きく報じ小さく詫びる

2018-04-28 13:08:02 | 短歌/折句/あいうえお作文
報じ合う
目立ちたがりの
子になって
論より早い
ショックが大事

折句「ほめ殺し」
コメント

ヒューマン・エラー

2018-04-28 03:11:32 | 短歌/折句/あいうえお作文
やさしさの
協定上で
盗賊の
宇宙少年
ファンブルしたの

折句「焼き豆腐」
コメント

デュエル歌合戦

2018-04-27 21:19:56 | 折句の扉
サイド攻撃を仕掛けようと君は左サイドを駆け上がった。けれども、ゲームは右サイドを中心に組み立てられていた。10番と7番がテンポよくパスを回し幾度となくチャンスを生み出していた。敵もそれに応じて右サイドに守備の重点を置き始めた。そうなると攻撃は目に見えて渋滞を起こした。「よこせ!」君は大きく手を上げてアピールした。ピッチの中にサイドチェンジという言葉は存在しないようだった。向こうが陸ならば、こちらは海だ。君の前には敵のアタッカーが立っていた。

「どうしてマークする?」
「危険だからだ」
ゲームは逆サイドに傾いているのに何が危険だ。左サイドには攻めもなければ守りもない。忘れ去られた左サイド。もしかしたら誰も見ていないのかもしれないと君は思い始める。ただ無意味な上り下りを繰り返して、地味に消耗していく肉体。退屈と少しの寂しさの中で折句の扉が開かれた。

「監督が希望の星をつかむ手に」
「ハミングをする炊き込みご飯」
何だって。
「駆け上がる希望の消えた土を蹴り」
「ハムを拾って食べてもいいの」
腹減ってるのか。
「過大なる期待の裏でつぶされた」
「バームクーヘン食べてもいいの」
「どうして返すんだ?」
「お前の動きに合わせるのが俺の仕事だ」
「そうか。だったらもっと真面目に返せ!」
「お前もな」

「回想の汽車が運んだ月の夜に」
「はくしょん!メシの種をまきたい」
何だって。
「軽やかに着こなしていたつかの間の」
「ハーフタイムに食べる焼きそば」
腹減ってるのか。
「形なきキッスがうそをつく頃に」
「ハンバーガーを食べ尽くす君」
「お前、腹減ってるな」
「それがどうした」
「歌に私情を挟むんじゃない」
「他に何があると言うんだ」
「もっと大きな世界を歌うべきだろう」
「お前がちゃんとビジョンを出せよ」
「お前とは合わないな」
「当たり前だろう」

「カシミアの胡瓜に苦い罪を着せ」
「はさみ将棋を楽しむがいい」
「快楽と恐怖が交じるつむじ風」
「判定はアンタッチャブルだぜ」
「癇癪のキックが語り継ぐものは」
「墓石ほどに他愛ないもの」
「どういう意味だ?」
「俺にわかるはずがないだろう」
「俺のかきつばたをよくも壊してくれたな」
「お前のかきつばただと?」
「俺のじゃない。だがお前のものでもない」
「だったら何だ」
「歌うならちゃんと魂を込めて歌え!」
「半分はお前のせいだろう」

「神さまが君を描いた翼ある……」
「……」
割れるような大歓声が歌を断ち切った。ついに右サイドの攻撃が実を結んだのだ。下の句を聞かず恐る恐る君は喜びの輪の方に近づいていく。ようやくチームの一員になる瞬間が訪れた。君は抱きしめるべき対象を探してチームメイトの顔を見回した。ゴール前で跳ねているのは、ウサギ、リス、キリン……。折句サイドでくすぶっている間に、急速な世代交代が起こっていたようだ。絡めそうな相手を見つけることはついにできなかった。10番はカモシカ。7番は今はユニコーンのものだった。



気まぐれに
世界をかける
キッカーは
例に背いて
生きるのが好き

折句「キセキレイ」短歌

コメント

ジャパン・レッド(アクロスティック)

2018-04-27 13:24:36 | 短歌/折句/あいうえお作文
梅ちゃんの
旅先今日は
イタリアン
ひねくれ麺に
とけ込めるやら

折句「うたいびと」
コメント

心の太陽

2018-04-27 03:11:54 | 短歌/折句/あいうえお作文
愛情を
語る上では
皆が知る
煮込みの上手い
クレアおばさん

折句「赤身肉」
コメント

インテリア・ショップ

2018-04-27 02:06:54 | 短歌/折句/あいうえお作文
チーズバーガーを食べていた椅子が気に入ったので、一緒に持ち帰ろうとするとやっぱり店長に止められてしまった。ちょうど大通りを隔てて前にあったインテリアショップで椅子を探した。アマゾンで見つけたお気に入りの机に合う椅子が必要だったけど、それはアマゾンでは買えないしパイプ椅子では駄目だったし、ホームセンターやリサイクルショップに行っても気に入ったのが見つからなかった。くるくる回るような椅子は嫌だった。遊ぶにはいいけれど、それで机に向かっていると遠心力が働いてどこかに飛ばされてしまうことが気になった。店主のおすすめの椅子は、5万とか6万とかそんな感じの高級な椅子だった。

「まあ掛けてみてください」

掛けてみるとまあまあだった。くつろぎに来たのではないけど、少しくつろいだ気分になる。踊り場にある気になる椅子に掛けてみるとそれが探していたものであることは、直感でわかった。アマゾンで手に入れた机の高さとピッタリ合うのだ。すぐに値段を聞いた。安くはないけど、あの椅子に比べれば高くはないと言えた。理想の椅子のために、ある程度の覚悟はできていた。好意を告げると店主はうれしそうに笑った。

そんな椅子を買ったことがある。今も元気だ。

少し暖かくなってきた春、久しぶりにその店の前を通ると店は閉店セールの貼り紙に覆われていた。外から少しのぞいてみると店の中にほとんど商品はない様子だった。セールはもう終盤に差し掛かっているのかもしれなかった。あの時、家まで椅子を届けてくれた店主は、そう若くはなかった。ガラス張りの店の中からこぼれる明かりがキラキラト輝いて、いつも夜になると綺麗な店だった。もう、次の椅子を買うことはなくなった。



援助者は
通りすがりの
鹿に化け
繰り返しあい
さつを教える

折句「江戸仕草」短歌

コメント

個文字デュエル

2018-04-27 01:40:01 | 短歌/折句/あいうえお作文
エルボーは
届かぬ屋根の
心象が
くの字を描いた
錯乱の角

折句「江戸仕草」
コメント

おあずけ

2018-04-26 12:33:10 | 短歌/折句/あいうえお作文
「まだ。まだよ」
「うー。もういいんじゃねえの」
「まだ!」
「なんなん。どうせ食うんじゃん。何の意味あんの?」
「意味とか言うんじゃないの」
「えー。なんでなん」
「犬は犬らしく言われた通りにしてればいいの」
「犬らしくあるより、僕は僕らしくありたい」
「生意気言うんじゃないの」
「だって僕は僕なんだもん」
「かわいくないぞ」
「かわいくなんてなくていいもん」
「そんな風に育てた覚えはありません」
「じゃあ、もう食う!」
「待て! 待て!」
「えー。なんで待つの?」
「最後までちゃんとできたら教えてあげる」
「ちゃんとできるよ。知ってるじゃん」
「ならちゃんとしなさい」
「ちゃんとするのは簡単なんだから」
「だからそうすればいいのよ」
「ずっとしてるって」
「そう。お利口ね」
「嫌だ。もう食うから」
「まだ駄目よ」
「もう食う」
「待て!」
「うー。うー」
「待て!」
「うー……」
「はい。よし!」
「いただきまーす!」



永遠に
届くことない
詩情にワン
クリックで今日
さよならをする

折句「江戸仕草」短歌
コメント (2)

忍耐未来(アクロスティック)

2018-04-26 10:27:38 | 短歌/折句/あいうえお作文
確率が
確実になる
未来まで
一千回の
試練に耐えよ

折句「鏡石」
コメント

フライング部長

2018-04-26 05:29:15 | 短歌/折句/あいうえお作文
遅延した
春を待たずに
山へ行く
部長はあつい
ルールブックだ

折句「ちはやぶる」
コメント

厳しい茶会

2018-04-25 16:10:31 | 短歌/折句/あいうえお作文
お茶の子に
モナカを選び
手があけば
茄子と胡瓜の
塩揉みをとれ

折句「おもてなし」短歌
コメント