折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

駅ナカきつね

2020-10-28 17:36:00 | ナノノベル
「へいいらっしゃい。食券をお願いします」
「いい匂いね」
「食券をどうぞ!」
 たぬきかなきつねかな。今日の気分はどっちかな。

「へいいらっしゃい!」
 やっぱりたぬきかな。ここの席にするわ。
 何だかよさげな店ね。きっと場所がいいのね。放っておいても人が来るような場所。味の方はどうかしら。期待を抱かせる出汁のよい匂いがするようね。きっとここはたぬきだわ。
「はい。お客さん先に食券をどうぞ」
 でもきつねも捨て難いものね。いつだって捨てた方は可哀想なものよ。

「へいいらっしゃいませ」
 とても威勢のいい店ね。呼び込まれるように人が入ってくるわ。
「いっらっしゃい。どうぞ」
 きつねが私を呼んでる気がする。熱いのがいいわ。一番熱いのをもらうとするわ。もしも熱くなければもう二度とこない。それだけのことよ。

「きつねをちょうだい」
 熱々でお願いします。

「いらっしゃいませ」
 忙しくても挨拶を欠かさない。わかってるわ。それが一番大事。
「はい。肉うどんお待ち」
 いいわね。あれもきっと正解ね。

「いらっしゃいませ。食券をどうぞ」
 ここはとても狭い店ね。もうすぐ満員御礼よ。5パーセントは還元されるのかしら。だったら私はPayPayで還元を受けるわ。今すぐ青青とした葱で還元させていただくとするわ。きつねが隠れるほどの還元で今年いっぱい私は生き残るのよ。葱は強く強く私を引っ張るのだわ。

「はい。カレーうどんね」
 ああ。なんてよさげな匂いでしょう! あなたの勝ちよ。カレーを選んだ者に負けはないの。それくらい知っていたけど今日の私はきつねに流された。敗れ去ったのはたぬき。だけどほんの紙一重だったわ。

「はい。ハイカラうどん」
 また私のじゃない。遅いわね。私のだけ来ないのね。私はここでよかったのかしら。私の正解はここだったのかしら。もうすぐ電車が来るわ。発車のベルがもう鳴り響いているわ。行き先を知る人が乗っていくの。みんな私を置いて行くのね。

「はい。たぬきお待ち」
 やっぱり誰かのたぬきなのね。

「いらっしゃいませ。食券をどうぞ」

 私のじゃない。ここはそういう店ね。
 みんな私を追い越していくの。私だけが通らないのね。

「いらっしゃいませ。食券をどうぞ!」

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 風とポメラ | トップ | マイ・ケース »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (鈴木)
2020-10-28 18:19:13
海の好きな60代の暇人です
仕事はリタイアし毎日が休日のようです
ブログ拝見してます
Unknown (Robomofu )
2020-10-28 19:10:11
こんにちは!

コメントを投稿