折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

夕日泥棒

2020-11-30 11:03:00 | 忘れものがかり
寂しいメインストリート
土産物屋は定休日でもないのに
シャッターを下ろしている

降りるものは1人、2人
終電の終わる
23時にシャッターを下ろす

20時は闇に包まれた街
川の流れる音だけがする

街に1つのコンビニ
夜とともに明かりを消す

世代が変わる毎に
街から人がいなくなった
にぎわう声は
田圃の蛙と野鳥たち

会話の消えた18時
鴉がかすれた声で鳴く
四方を囲う山々が
あっさり夕日を持って行く

何もないだけ空気がきれい
コメント

折句の作り方を忘れた君へアメリカン・ベースボール

2020-11-30 04:06:00 | 短歌/折句/あいうえお作文

エモやんとオジーを聴いたマンションの
1階にあるアメリカの宿

(折句「エオマイア」短歌)


創作は言霊ひとつかっ飛ばす
主審がアウトコールしてなお

(折句「そこかしこ」短歌)


抜き取った狸のあとに浮かぶのは
何もないススキのセレナーデ

(折句「ヌタウナギ」短歌)


我何も正そうとせず思索へと
耽るすべては年齢のせい

(折句「渡し舟」短歌)


クマの説教に秀でたわんちゃんが
かっ飛ばすAメロ・モーニング

(折句「茎わかめ」短歌)


コメント

今夜、詩は降りてこないのか

2020-11-30 03:06:00 | オレソン
479ストリートから外れた
細い通りを歩く

自転車の急襲から逃れ
たどり着いた18時

俺たちの交わす会話
シュガーとミルクのQ&A

お気に入りの隅っこは
今夜も女たちが占めている
終わりのないライフ・トーク
俺の好きな場所は他人も好きだ

いつもの彼女のワンオペ
水音と食器が擦れ合う音を
大音量のジャズが天井から呑み込む

逆さに伏せたポメラの縁から
白いSDカードがのぞいている
コーヒーもすっかり冷めてしまったが
モチーフはまだ燃え始めない
コメント

棋書とカール

2020-11-29 20:06:00 | 夢追い
「お菓子を買っておいて」
 レジに並ぶ列の中から姉が言った。
 洋書とワインをかごに入れたカップルが、姉の後ろに並びながら、冷たい目を僕の方に向けた気がした。負けるな。与えられた任務は、秋の課題図書を見つけるのと同じくらいに尊いもの。うまい棒、もろこし輪太郎、キャベツ太郎、カール。どれも家にない。これは大変不安だ。いや緊急事態だ!

「任せて!」
 歩いても歩いてもお菓子コーナーが行方不明だ。前はこんなことはなかった。スポーツ書の前に広大なスペースがあり、無駄に歩かされる。ここでジョギングでもするのか。レイアウトが変だ! 店長を見つけたら文句を言ってやろう。
 今月の目玉コーナーに表紙を向けて棋書が置かれている。

「こんな本が店頭に並ぶようになったんですね」
 話しかけてすぐに後悔した。隣に立っているのは、まさにこの本の著者ではないか。(こんな本)と言うのは相応しくない。先生は無言で少しだけ笑っているように見える。子供の頃、先生の本を読んだことがあった。
「今はいいですよね。ソフトを使って、何が最善か確かめられて……」
「自分で考えないと!」
 先生の答えは厳しかった。自分の頭で考えることが、何よりも大切なことなのだ。
「先に答えを見ては駄目です」

コメント

消されかけた夜

2020-11-29 11:07:00 | オレソン
赤青白
理容の灯り渦巻いて
夜に消えて行く

胸にかすれ字のパーカーを着て
あのJazzとコーヒーの店へ
道程を歩く

すぐ左を
ハイスピードで抜けて行く自転車
少しよろめいたりしたら
俺は消されていただろう

この街の道
共存の限界ギリギリ

順番を待つ人の列が
駐車場から歩道にまであふれそう
できたばかりの業務用スーパーの
念入りな入場制限

列の最後のあの人は
何十分待つのだろう

俺は少し気にかけながら
立ち止まらずに行く

コメント

友情猫出演(猫大接近)

2020-11-28 21:19:00 | ナノノベル
 偶然を装った猫が通ることによって、話のきっかけとなる。予定時刻ちょうどに、猫が通りすぎた。
「この辺りは猫が多いみたいですね」
「そうなんですね」
「……」

チャカチャンチャンチャン♪

 猫がまた戻ってきた。

「やっぱり多いですね」
「ほんとですね」
「何か探してるんですかね?」
「そうかもしれませんね」
「……」

チャカチャンチャンチャン♪

 猫がまた戻ってきた。
 一瞬立ち止まり、通り過ぎた。

「またきた」
「よくきますね」
「犬派と猫派どっちですか」
「どちらかと言うと犬ですね」
「犬もいいですよね」
「かわいいですよね」
「……」

チャカチャンチャンチャン♪

 猫がまた戻ってきた。

「猫か」
「……」
「猫は水が苦手みたいですね」
「どうしてでしょうか」
「どうしてですかね」
「……」

チャカチャンチャンチャン♪

 猫がまた戻ってきた。

「猫多いですね」
「同じ猫じゃないですか」
「同じか……」
「……」

チャカチャンチャンチャン♪

 猫が雨の中を戻ってきた。
 足を止めじっとこちらをみつめている。
 しばらくそのまま目を逸らさない。
 そのまま向きを変えず店の中に入ってきた。
 受付の前で足を止め、尾を立てた。
 作戦には含まれない行動だ。

「お腹空いてるのかな?」
「でしょうか」
「……」

コメント

まどろみ皇帝~ここでつかめ(縁は旬)

2020-11-28 12:49:00 | 夢追い
 推敲に次ぐ推敲は破壊に近づいていく。宿題をとき終えてからでなければ、悪夢はより濃いものとなるだろう。グリップがおぼつかない。微動する指先から、引かれ始めている。海月道、猫落ち葉、バナナ竜。歪んだ風景が、罫線の縁から介入してくる。恐ろしくもあり心地よくもある。誰の使いだ?

「まどろみ皇帝だ」
 邪悪な奴め。金魚、キャラメル、ちりとり、バームクーヘン、くさりかたびら、岩石、毛虫、消し屑。横殴りのノイズが、覚醒の邪魔をする。皇帝は、余計なものばかりをよこすもの。

「あなたが呼んだのでしょう」
「うるさい!」
 幻聴に抗って僕はまだ留まれる。夢の浅瀬こそは現の絶頂期なのだ。ここにいたい。先へ進みたい。この決戦は、引き裂かれそうなほどの高揚の中にある。反逆者の残党がペン先を奮い立たせる。掌編の構図が歪み、世界観が荒れている。グリップは現の淵に生の執着をみせてしがみついていた。

 まどろみ皇帝の押すブランコが揺れている。土埃を上げながら少年はボールを蹴っていた。木が少年を止める。猫が少年から奪おうとする。どこでどこに触れてもいい。それを全面幸福と少年は呼んだ。
「ここにあったの」
 少年の足下に素晴らしいタッチはあった。
「何を探すことがある?」
 既に見つけてしまったあとで。

 ブランコは夢と現を行き来している。
 この風だ。空間だ。重力だ。
 ここでつかめ!と本能が叫んでいる。
 ここにあるものはここにしかない。ここで手にしたものが次の夢を決めるだろう。僕の宿題は、何にもならないことを取っておくことだ。(それは未来の下敷きとなる)死を忘れながら生きられる人間にならできること。
 強まるまどろみ皇帝の攻勢。僕は風に手を伸ばす。
 ここでつかめなければ、この先ではもっとつかめないだろう。

 ここでつかめ!

 ここで最後の仕事(わるあがき)をするのだ。
 日曜、ペンギン、幸福、ロールケーキ、革靴、エルモ……。
 ブランコの軋む音が消えた。

 僕は泡の中にいる。海? 雨か。
 飛んだのかな。(負けたのか)
 落ち葉をつれた猫が、楽しげに泳いでいる。

コメント

【短歌】アディショナル・ドリーム

2020-11-27 20:07:00 | 短歌/折句/あいうえお作文
みてくれる人はいないの前線に浮いたゴースト・フットボーラー

挨拶と相槌だけで埋められた創造不在コミュニケーション

趣が七変化する円盤は君が聴き込むパワー・スポット

ダイジェストVからもれた右サイド君の勇士が焼きついたまま

定跡と同歩の他に許されたあなたが創る自由な指し手

退屈な2時間を越え衝撃が映える悪夢のクライマックス

妄想の熟成を待つテーブルに開くPomeraのディープ・スリープ

コメント

冒険寿司

2020-11-27 11:02:00 | ナノノベル
 私を作っているものについて考えている。
 私は誰といた?
 どこにいた? 何を食べてきた?
 どうして私は私を問うのだろう?
 答えのない問いの中をさまよっていると行き着くところは空腹だ。
 ああ、寿司だ。
 寿司が食べたいぞ。
 お金なんてない。だけど、冒険心が潜らせる暖簾があるのだ。


「へい、いらっしゃい」
 基本のない寿司店だった。
 マグロやハマチなんてありゃしない。
 だから、任せる他に道はなかった。
 何が出るかはお楽しみか……。

「しぶきです」
「ほう、これははじめて聞くネタだ」
「そのままどうぞ。なくなる前に」
 とてもさっぱりしている。
 口に運ぶ前に半分消えたようだ。

「のろいです」
「のろい……」
 不快な響きだ。味は独特の苦味があった。
「大丈夫です。お茶でとけますんで」

「なつびです。燃えてますんで、熱い内にどうぞ」
「おー」
 炎を吹き消して口の中に押し込んだ。
 目の覚めるような熱さだ。

「かっぱです」
「これが?」
 私の知る海苔巻きとはまるで違う。
「皿ごといけますんで。乾く前にどうぞ」
 握ってすぐに食べさせる。
 大将の強いこだわりを感じる。

「わかさです。あえて荒削りにしてます」
「へー、そうですか」
 勢いに任せて噛みついた。
 強い反発があって、簡単には噛み切れなかった。
 手強い寿司があるものだ。

「ゆうひです。眺めてからどうぞ」
 一転してロマンチック。
 私は言葉を失ってしばし箸をとめた。
 グラデーションがきいて見た目にも楽しい寿司だ。
 大将、アートじゃないですか。

「うわさです。とある街の」
「どこです?」
 大将は笑ってごまかしただけだった。
 産地不明というわけか。
 つかみどころがなく、歯ごたえもなかった。
 私が食べたのは風かもしれない。

「あらいです。くまと一緒にどうぞ」
「くま?」
 洒落をきかせたと言って大将は笑った。
 真面目なだけが寿司ではないようだ。

「やしんです。かみつきますんで」
「ひえー」
 ギラギラとして攻撃的だった。
 箸で叩いてとげを落としてから反撃の暇を与えず一気に飲み込んだ。
 なかなか気の抜けない寿司を出してくる。油断大敵だ。

「ねだめです」
「ほー」
 なかなかできないネタらしい。
「若い頃はもっとできたんだがね」
 大将は少し弱音を吐いた。
 ねだめは白く夢のような香りがする。
 こちらはスタミナがつきそうだ。
 
「たぬきです」
「じゃあこの辺で」
「あいよー!」
 握り疲れたのだろう。
 大将はうれしそうに返事をした。
「ずっとだましだましですわー」
 長らくだましながら働いてきたと言う。
 そのおかげで今日の私の冒険があった。
 人生に迷った時には、また来よう。

「ごちそうさま」
 
コメント

偽の封じ手

2020-11-27 07:12:00 | 将棋の時間
「封じ手は……」

 えっ?
 読み上げられた一手を聞いて名人の表情が変わった。手元に引き寄せた図面を見て、表情は一層険しくなった。
「局面が……」
 どうも局面が間違っているようだ。
「あなたは……」
 挑戦者も事の異変に気づいた。
「別人だ!」
 局面も封じ手も夕べから引き継がれたものとは違い、勝手に創作されたものだった。男は少し肩を落として自分の非を認めた。
「私の作った定跡を名人戦の大舞台で指させてみたかった……」

「待った!」
 その時、襖を開けて正立会人が入ってきた。
「前説はそこまで」
「負けました」
 偽立会人が頭を下げて退席した。

 正立会人が封筒に鋏を入れ、角まできたところで止めた。切り落としてしまうとその部分が下に落ちてしまう。それを拾うのは一手無駄である。細かいところまで配慮を行き届かせることも、正立会人の務めであった。2枚目の封筒も同じよう開封して、中身を取り出した。いよいよ名人戦最終決戦、2日目の対局が始まろうとしていた。名人は息を止めてその瞬間を待っていた。挑戦者は眠るように目を閉じている。

「封じ手は……」
 

コメント

妖怪ごっこ(やめられない遊び)

2020-11-27 01:13:00 | 【創作note】
小学生の頃
妖怪ごっこをして遊んだ
「妖怪だ」という体で
背中から被さる愚か者

「やめろっ!」
「ひっひっひっひっ!」

何が面白かったのだろう……

美しいものを美しくするのは
感性の問題かもしれない

詩を書くことは肩の凝ることだ

今も背に妖怪を感じる

コメント

地下道を抜けて

2020-11-27 00:54:00 | オレソン
地下トンネルを通って
線路の向こう側へ

つぶれた紙パック
骨の折れたビニール傘
ずっと置き去のにまま

真夏も休まない熟年アスリート
Tシャツ姿で行き来している

地上にあがるとまぶしい光
徐行するパトカーとすれ違う
瞬間身体に力が入る
何もしていないのに

少し覚えた近道をして
この街のたまり場へ

雑誌コーナーの立ち読み人
何か気になることがあるの

積み上げられたセール・シューズが
通路の中央を占領している
30%のやさしさは
俺の足を止めやしない

いつもの青いノンシュガー

セルフレジは選択の嵐
電子マネーそして交通系電子マネー
レシートまでの3秒間

何もできない俺の時間

コメント

疑惑の人

2020-11-26 06:16:00 | ナノノベル
「者共、疑ってかかれー!」
 うわーっ、僕がいったい何をしたんだ?
「お前元気か?」
「お前起きてるか?」
「お前さそり座か?」
「どこから来たかー」
 一気になんなんだ?

チャカチャンチャンチャン♪

「もっともっとかかれー!」
 何だ? 何が目的なんだ
「お前家から来たか?」
「お前仕事するか?」
「お前兄ちゃんおるか?」
「お前人間嫌いか?」
「夢あるか?」
 何と返せばいいのやら……

チャカチャンチャンチャン♪

「もっと深く疑ってかかれ!」
 もう解放してくれ
「お前バナナ好きか?」
「バナナは野菜か?」
「バナナはおやつか?」
「おやつは500円か?」
「お前おやつ好きか?」
 もうどっか行ってくれよ

チャカチャンチャンチャン♪

「もっと広く疑ってかかれ!」
 ならば他でも当たってくれよ
「お前虫嫌いか?」
「お前左利きか?」
「お前暑がりか?」
「人生は夢か?」
「メロン好きか?」
「宇宙広いんか?」
 もう僕じゃなくていいよ

チャカチャンチャンチャン♪

「ボス、こいつ何も答えませんぜ」
「ふっふっふっふっ、まいってるのさ」
「へへっ、そのようです」
「よし、もっともっとかかれー!」

チャカチャンチャンチャン♪

「お前ビーフカレーか?」
「チキンカレーか?」
「ポークカレーか?」
「チキン煮込みカレーか?」
「スープカレーか?」
「お前ポトフか?」
「クレアおばさんのか?」
「シチューの方か?」
「お前楽しいんか?」
「寒いんか?」
「まいっとんのか?」
「宇宙人は……」

コメント

スロー・インプット(ゆとり時代)

2020-11-26 00:11:00 | ナノノベル
 捜査官は容疑者をゆったりと泳がせていた。何も急く必要はない。1パーセントの見込み捜査も持ち込まない。そいつが現代的なコンプライアンス。誤認逮捕はかなわない。あくまでも慎重に、捜査はゆったりと行うものだ。容疑がはっきりと固まるまでは見失わない範囲で泳がせる。200年、300年、たっぷりと時間をかけて。積み上げられた捜査資料の中身は殴り書きのままになっている。整えるには早すぎる。(そういう時代だ)

 容疑者は逃げきれない時間の中を泳ぎ続けるしかない。ひと時は詩情の湖を泳ぎ、ひと時は芸能の田圃を泳ぎ、季節が巡れば湘南の海を泳いだ。一通り泳ぎ疲れると職人の世界にも飛び込んだ。多くの魚に触れて感化されたようだった。
 寿司職人の修行もまた急がない世界だった。80年、90年とも言われる修行のはじまりは板場にはない。まずはお絵描き帳を広げて魚の絵を描くことから。情熱はゆっくりと温めなければならない。(そういう時代だ)

「たこですかね」
 捜査員は密かにお絵描き帳の上を注視している。
 人生は長い。
(ゆっくりいこうよ)

コメント

狐のへりくだり

2020-11-25 22:09:00 | 幻日記
「いつもつままれさせていただいております」
 どうぞどうぞと紳士は腰が低く無防備に見えた。
 どうもパワーが出ない。苦手なタイプだ。
 化かしが発動しないと狐は思った。
 ドアのない金庫は破ることもできないのだ。
 どこかにもっと見下してくれる者はいないのか……。
 それならどれだけ自分の力を出せることだろう。

「ちょっと休まさせていただいております」
 人間みたいな言い回しをしている自分を狐は恥じた。
 獣度が日に日に薄まって行く。
コメント