折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

キミのいる世界

2009-03-26 08:39:34 | 猫の瞳で雨は踊る
ひとりまたひとりと休みはじめてから何日かが経った。
とうとう少年も、休むことになった。少年は、深く深く休んだ。

「誰と来たの?」
「冬と」
女は言った。
雪の中から犬がやってきて、少年に飛びかかろうとしたが、白い女を見つけると炎の停止線に触れたように止まった。勢いよく後ろ足で大地を蹴った。交じり合う白と黒は明後日の方向に舞う。
「犬はあついから苦手」女は少年の背に隠れ込んだ。

「熱が下がらないわね」
誰かが、少年の額に触れた。少年の母だった。
少年の頭を持ち上げると、氷の枕をそっと差し入れた。

また逢えた。少年は雪の中でつぶやいた。
「あなたが憶えていてくれたからよ」
木馬の行進が、二人の間を遮った。就業時間に急ぐ朝の人々のように無の表情を保ったまま、ひとときも迷うことなくそれは進んだ。
途絶えることのない行進の中で、みるみる白く染まってゆく木馬たちを、少年は黙って見ていた。木馬も、その向こうにいるはずの女も、誰も何も言わなかった。
「大丈夫?」問いかけても、何もきこえない。
少年は、木馬を飛び越えようと手をかけた。けれども、次の瞬間に木馬は木馬でも馬でもなくあたたかい獣だった。そして、獣の背は、鋼鉄の棘で覆われていた。流血と悲鳴の中で、少年は振り落とされた。

「わるい夢を見たのね」
不自然に傾いた少年の体を、母は抱きかかえて直した。
ベッドから落ちた布団を拾って、再びかけた。

「助けてくれたの?」
「死んだら夢の中には戻れないのよ」
ベッドに横たわる少年を覗き込むように、女は言った。
どっさりと盛られたいちごを、少年の頭の横に置いた。地の奥の意思のように赤い。
「私の名前はユキ」
少年が最初に見た時よりも、ユキは、随分と小さくなっていた。
いちごの上にミルクを注ぐ。それを見ているうちに、少年は夢見心地になった。

「いつになったら目を覚ますのかしら?」
母は、心配そうに少年の顔を覗き込んだ。
ほんの一瞬、少年の口が誰かと会話するように動いた。

ユキは、少年に本を読んで聞かせた。
「昔々、あるところに役人の村がありました。およそ千人の村でした。
その隣には仙人の村があり、およそ百人の仙人が住んでいました。
けれども、その隣にも村があったのでした。
隣の村は、100年に一度の不幸に100回続けて襲われて、村人たちは元気がありませんでした。
だから村の若者たちは、次々とボート化して海へ出て行きました。
その頃、村長さんは家でゆっくりと年賀状を書いていました。」
「ごめん。寝てた。
せっかく、読んでくれていたのに」
「いいのよ。また戻ればいいんだから」
ユキは、明るい声で言った。
そうして何度か、物語の中を行き来して、その度ユキは繰り返した。
「いいのよ。何度でも戻ればいいんだから。
憶えているところまで」
ユキは、本を決して閉じることはなかった。
「新しい年が明けると、隣の村を次々と不幸が襲いました。
人々は必死になって豆をかき集めました。
なんとしても生きなければならなかったからです。」
夢の向こうの少年に向かって、読み続けた。

「食べなきゃダメよ」
いちごを抱えた女が繰り返していた。少年の母だった。
「食べなきゃ治らないんだから」

少年もボートになり、気まぐれな若さと情熱の赴くままに旅立った。
ユキはオールとなってボートを操った。終わりのない夜の中を、空っぽのボートは月を追いかけて進んだ。狂った波に呑み込まれて唯一の月を見失うたびに、ユキは完全なる占い師のように少年に月の居場所を思い出させた。
「なんでキミは優しいの?」
「あなたが望んだ世界だからよ」
「僕と、ずっと一緒にいてほしい」
「私は何も残せないわ。なぜなら……」
月が巨大な梨のように艶やかに、今にもそれは落ちそうに近づいていた。海はその迫力に押されて静まり返り、波打つことさえ忘れて、ゆっくりと服従の時を待っているようだった。時の流れを教えるように、灰色の雲が忙しなく動く。
いつの間にか、ボートの上には一匹の黒猫が住みついており、梨の白さにじっと目を見開いていた。
「キミのいない世界なんて」
「私のいる世界は幻よ」
猫の瞳に吸い込まれて、月は消えてしまった。

「すっかり熱も下がったようね」
「明日は、もう大丈夫ね」念を押すように母が言った。
少年は、力なく頷きベッドに潜り込んだ。

「キミのいる世界が幻なら
僕は幻の中で生きたいと願う」
「本当の願いは、消えた瞬間に叶うものよ」
「また逢えるよね」
「本当の世界が、あなたを待っているわ」
「だめだ。行かないで。僕はまだ病気だ」
「いいえ、あなたはもう大丈夫」



  *

長い休みを終えて、少年は家を出た。
今まで何度も通ってきた道だったが、どうしても思い出すことができなかった。
学校に行く途中、少年は迷い道に入り込んでしまった。

「こっちだよ」

猫は、ずっと少年を見つめていた。
少年の夢も知っていたし、少年をユキの元へ案内することもできたのだ。

「こっちだよ」

けれども、少年は猫の言うことに耳を貸そうとはしなかった。
それどころか太陽に向かって、今後の行き先を相談していたのだ。
猫は、歌い出したい気持ちになった。


雲は雲と集まって
ささやきあった
けれど言葉は生まれない

あんたとこおいで
もっといっぱい
つれておいで

けれど言葉は
まだ生まれない

ゆらゆら風の
メッセージ

友と友と落ち合って
ひさびさあった
けれど言葉は生まれない

あんたとおもって
もっといっぱい
つけておいて

されど言葉は
まだ生まれない

ひらひら雪の
メッセージ

雲と友は似ていると
春風が吹いたら
もっともそれは
本当らしいね

どうやらね

がやがやね


少年は、少年の道を歩いて行った。
猫は、もう少年に干渉することをやめた。
新しい歌を、また歌い始めた。


あの道この道
どこまでも

続いていくのは
道だから

キミは僕より
道を選ぶ

一度だって
振り向かないのは
ずっと前を見ているから

だけど雲は知っている
見送る瞳があったこと

どの道キミは
行くのだろう

去っていくのは
人だから

キミは愛より
道を選ぶ

ひとときさえ
キミ止まらなかった
止まらなかったもう

だけど雲は知っている
見送る瞳で踊ったもの

雲は雲と集まって
ささやきあった
けれど言葉は生まれない

雲と友は似ていると
春風が吹いたら
もっともそれは
もっともらしいね

どうやらね

がやがやね


猫は、歌いながら、自分の歌声に聴き入っていた。
そして、気がつくと意識のない世界の中に入っていた。
猫の歌を、雨がしっとりと引き継いだ。



コメント

シングル

2009-03-25 16:16:49 | 忘れものがかり
なんだか激しくルーブル美術館
けれども生きていかなくちゃ
けれども天気予報を信じてる
けれども今日は20%
どこまで信じればいいですか
どうして34.27%じゃないのだろう
なんだか空しくジャワ原人
けれども生きていかなくちゃ

けれどもけれども沈んでいくよ
沈んでいくリストだけが
けれども生きる原動力
けれどもけれども遅れていくよ
けれどもキミは待っている
信念と錯覚に雨を混ぜて
けれどもキミはおにぎりを作ったね

けれども昔々おじいさんと
けれども昔々おばあさんと
けれどもみんな若かったよね
けれどもあの頃キミと僕
けれどもどうしても生まれてもなかった

けれども猫は言いました
もう反対のことは思いつかない
発明家でもない僕たちは
どうして生きていきましょうか
けれども僕は僕たちの中に
僕も入れてよ

すり硝子の向こうの白い世界に
突然光ってみえるものがありました
けれども太陽でしょうか稲光でしょうか
けれども僕の頭の中
けれども昔のシングルが鳴ってる
コメント

シャンプー

2009-03-24 21:56:14 | 忘れものがかり
本を探しに行った
けれども本屋さんはなかった
けれども店員さんは歩き出した
トムなら真夜中の庭にいるよ
けれどもどこまで行っても庭はなかった
なんでないんですか
なんでないんですか
僕の庭はどこにもないんですか
けれどもここで解散するんだ
好きなバンドは必ず解散するんだ
けれどもおかげでおぼえているんだ
けれどもずっと好きなままだと
けれども本に書いてあったのです

かなしい知らせが流れてきたら
僕は思い切り蹴飛ばすだろう
けれどもけれどもかなしい知らせは
流れていくだけ
流れることなく流れていくだけ
けれどもけれども流れていくから
けれども僕はけれどもけれども
いつまでもけれどもけれども

希望の種なら腐るほどあった
けれども腐るほどあるということは
けれども本当に腐ってしまうよ
ありすぎるものはいかがなことか
一塁塁審に僕は訊いた
けれども明日のことはわからないと
けれどもな答えをするから
僕は塁審を蹴飛ばしてしまった
高々と上がった塁審は

新しい本屋ができたと猫が言う
けれども僕は本より歌がききたかった
けれども猫は逃げていった

電話がかかってきた
けれども僕は出なかった
頭がシャンプーになっていたからです

コメント

ミューは改行した

2009-03-24 20:57:41 | 狂った記述他
ミューは改行した。
今回ミューは改行した。
たくさんたくさん改行した。
人の数だけ悩みがあるから、
ミューは改行した。
改行したから人がくるとか、
来ないかもしれないとか、
なんだかわからないのに、
改行した。
ミューは改行した。

人の話を聞くためだけに、
ミューは改行した。
うれしくなって、どんどん、
改行してみた。
改行してわかったことは、
色々あったけど、
わからないことの方が、
やっぱり多かったから、
続けてミューは、
改行した。

タロは手伝った。
ミューの改行を。
ミューの言葉と、
人の言葉を理解して、
タロは橋渡しする。

ミューは改行した。
人の悩みは、
人には、
わからないから、
ミューは得意そうに、
改行した。
ミューは明日、
改行した。


コメント

猫のアドバイス

2009-03-23 17:36:16 | 忘れものがかり
言葉の発射台の上で震える僕を猫が蹴り上げるので
仕方なく僕はおかしくなって飛んでいくのだ
世界は「けれども」でてきているのさ
猫は言う
けれども僕にはまだわからない
けれども僕は猫に言われたことは一度は信じてみる
けれどもその先はわからない
裏切られることは多いけれどもうまくいくこともあるのだから
絶対的な信頼を僕は何にも寄せたことはない
けれども瞬間的にすごく信じることはあるのだ

お知らせには3種類しかないんだ
猫は箱を並べて言った
けれども僕はわからない
明日雨が降るというお知らせ
新しい星が生まれたというお知らせ
イチローがヒットを打ったというお知らせ
猫はしゃべりながらお知らせを仕分けしていった
ロケットの到着が遅れるというお知らせ
遠足が中止になったというお知らせ
お腹が空いたというお知らせ
セルジオさんが来週もやってくるかもしれないというお知らせ
猫の動作に少しの迷いもみられなかった

ポエム・バー終了のお知らせ
うっとりとあるいはうっかりと魅せられて
けれども猫はポエムにのって流れていった
けれども猫は消えてしまった

友達のいないきみだけが僕の友達

僕の言葉が世界中に流れる
やってくる それから人がやってくる
僕と猫とお婆さんの元にやってくる
けれども時はやってこなかった

けれども僕もいくつも送ったものだ
けれども毎日送った人にしてみれば
けれども僕はいくつも送らなかったと思う

ボールは必ずピーペを経由して行くよ

送るつもりだったポエムは眠っている
けれどもポエムのつもりでポエムでなかったかもれしない
僕はポエムのことも何も知らない
けれどもそんなに信じられたらいい
けれども僕はそんなには信じられないかもしれない
けれども少しは信じてみる
けれども少しは信じている

知らずに言ってしまって後悔することは多い
けれども知らなかったんだ
けれども知らなかったんだ

ボー
いつか
誰でもピカソに出られたらいいね

コメント

動物園

2009-03-23 15:18:13 | 幻視タウン
「一人で動物園に?」
ペンギンが足を止めて訊いた。
「クマを見にきたのよ」
なぜか、クマを見たい気分だったのだ。
キリンでも象でもなく、クマでなければならなかった。
クマを探して、私は一人歩いた。
昔、クマがいた場所にはライオンがいた。
孤独のライオンをしばらく見つめていた。
ライオンは何も言わず、こちらを見つめていた。
静かにライオンと私は太陽の視線を共有した。
動物園は、誰もいなかった。
看板にクマの引越し先があった。
知らない住所だった。


家族連れが通り過ぎた。
子を連れた夫婦が通り過ぎた。
心地良い獣の匂いを、風が連れてきた。
見知らぬ男女が、私にチョコレートをくれた。
「写真を撮ってもらえますか?」
それはカメラだった。
カメラを覗き込むと、今見たばかりの男女が映った。
私は、なかなかシャッターを押せなかった。
二人は何を待っているのだろう?
私を待っているのかもしれなかった。
ライオンが、何かを言ったような気がした。
私は、ライオンにカメラを向けた。


クマはしゃがみ込んでいた。
前に見た時よりも、随分と大きかった。
私のことを知らないだろうね。
知らないだろうし、覚えてないだろうね。
クマは頭を抱え込んでいた。
痛いのか、かゆいのかいずれにしても、助けられなかった。
自分のことで精一杯だった。


「子供の間は飛べるの」
ペンギンは、そう説明した。
「大空というわけじゃないけどね」
ペンギンは低空飛行、飛ぶとすぐに下りてくる。
私は、最近空を飛べなくなっていた。
夢の中でさえ、空を見なくなっていた。
「仲間のペンギンたちは?}
ペタペタと質問を助走で踏み潰していった。
ペンギンは更なる飛翔を夢見ているようだった。
誰もいないベンチで、私は太陽と翼を見上げた。


時代遅れの衣装をまとって、人々がランチを食べている。
私は、その中に違和感なく溶け込んでランチを食べた。
食べている間にも、時代はゆっくりと遅れていった。
一人くつろいで、時代遅れの味を堪能した。
二杯目のコーヒーは、クマの苦悩も忘れさせた。
もう、昔のようだった。


ふれあい広場は、恐ろしい罠だった。
小さなサルたちが跳び回り、跳ね回りしている。
子サルなのか小サルなのか、小さいサルだった。
好奇心を取り付けたような目を、光らせながら、奪っている。
「返しなさい!」
私も大切なものを奪われてしまった。
それが何かは言えなかったし、言えないものだった。
彼らは、人の言葉に耳を貸さず、次から次へ働いた。
サルには必要ないけど、私に大切なものは高いの木の上にさらされた。
木に登るには、私はあまりにも人だった。
盗人に似た敏捷さの中で、オレンジは俯きがちに西へ落ちていった。


動物園を出た。
人間だけが、動物園から自由に出ることができる。
私は、入る時よりも、より自由だった。
「一人で帰るの?」
「逃げてきたの?」
私は、驚いて訊いた。
「ここの子じゃないもん」
「どこへ行くの?」
私の問いかけを踏み潰して、ペンギンは振り返らない。
ゆっくり助走に入る。

コメント

椅子とりゲーム

2009-03-20 17:01:45 | 忘れものがかり
椅子の周りを僕たちは回っていた。
椅子は全部で数えるほどあった。
正確な数は、回り続ける僕たちには捉えられない。
着席、と誰かが言った。
誰も椅子には座らなかった。
遠心力が上回っていたためだ。

椅子はどこからやってきただろう
人が立ち上がるまで
椅子はどこに隠れていたのだろう
四肢は何も答えない

椅子の周りを僕たちは取り囲んでいた。
どこにも椅子を逃がさないために。
着席、の声に一人が座った。
男は瞬間、撃ち抜かれてしまった。
座ることは悪だったのだろうか?
僕らはまだ回っている。

椅子はいつから椅子になるのか
誰かがそれを椅子と呼んで
誰かがそれを認めた瞬間

椅子は回っていた。
公転しながら自転しながら。
回っているのは僕らだけではなかった。
僕たちは星だった。
生まれたり滅びたりする星だった。
椅子の向こうは、何も見えなかった。

いつも堂々と座っていた
彼こそはチェアマンだった

椅子はだんだんと失われていった。
僕たちが背中を向ける瞬間に。
誰かが椅子を奪っていった。
回りを抜けて誰かは探しにいった。
バケツや、ゴミ箱を持ってきた。
階段をもぎ取ってきて、椅子だよ、と。

歩き出すまで
必要でなかった
もののひとつ

椅子らしくない椅子たちは、排除された。
椅子であるとする一つの声と一緒に。
僕たちは回ることをやめてしまった。
みんなはバラバラになった。
椅子という椅子は一つ。
残ったのは僕とキミ。


許された僕らの椅子は一人分

コメント