折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

プライベート航海

2018-09-30 21:02:24 | 短歌/折句/あいうえお作文
盗み得ぬ
高みを泳ぎ
歌わせる
波と風との
ギターを仕立て

折句「ヌタウナギ」短歌






プライベートジェットはないけれど
散らかり放題のワンルーム
廃れたフードコートのがたつくテーブル
真夜中の
モスバーガーのカウンターの片隅に
プライベートな空間がある

よその国には飛べないけれど
過去や未来や月の向こう
存在しない世界にまで行くことはできる

甘く程良く冷えたコーヒーを頭の中に注ぎ込み
pomeraの翼を広げれば

どこにでも好きに行けるよ

きっと君もそうだろう(君だけの翼を持ってる)

さあ いまから行こうか

コメント

トラブル・イン・マインド(折句)

2018-09-29 21:16:51 | 短歌/折句/あいうえお作文
洗い場の
家来となって
同郷の
牛を見つめた
フランベの夜

「揚げ豆腐」


ハリガネが
涙の粒を
みせるほど
酸っぱかったの
奇襲梅ちゃん

「ハナミズキ」


指の動
きから察する
ひらがなは
よ・め・ぬ何やら
渦巻く背です

「ユキヒョウ」


絵の中の
虎と話した
週末の
グラスを伝い
去った雨粒

「江戸仕草」
コメント

答えは指にきいて

2018-09-28 21:19:53 | アクロスティック・ライフ
振り駒の結果

地球が3球で

キャベツ先生の先手となりました

友情棋士は5人まで

馬の守りは金星1球分

戦闘座布団は各1枚

一手一手交互に着手していただきます

静かに呼吸を整えて

指先からはじめ!


 アクロスティック「プチ救世主」
コメント

愛とロック(折句)

2018-09-27 10:41:09 | 短歌/折句/あいうえお作文
浮き沈む
旅が教えた
一日の
飛行経路は
蜻蛉に続け

「うたいびと」


壮大な
格子の中に
鍵を持ち
姉妹を守る
仔牛兄弟

「そこかしこ」


神さまは
書き着く先を
見極めず
一行まずは
詩を書いてみた

「鏡石」


演題も
届かぬベッド
消灯の
九時に目覚める
サブレの翼

「江戸仕草」






コメント

さあどうしよう(アクロスティック)

2018-09-26 21:18:50 | アクロスティック・ライフ
えんやこりゃ
どっこいさあと机に足を置いた
死んでいった虫たちのこと
苦楽を共にした仲間のことが思い出される
さあ、どうしたものか


エジルからのパスを受け取ったまま
ドリブラーはずっと戻ってこない
七人の侍が着席してから
クイズはずっと滞っている
さあ、どうしたものか


エクボという名の猫が
土鍋の中に身を沈めている
シチューを作るはずだった
具材はすべて整っている
さあ、どうしたものか


エイリアンの肉声が
ドライブレコーダーに記録されている
真実は手元にあるというのに
国はすべてを隠蔽したがっている
さあ、どうしたものか


 アクロスティック「江戸仕草」
コメント

健やかジャパン(折句)

2018-09-25 23:32:42 | 短歌/折句/あいうえお作文
我いつか
畳の上で
死ぬために
武家をたずねて
根回しをする

「渡し舟」


バッシング
一途に映える
おっさんを
毎日並べ
健やかジャパン

「バイオマス」


恐ろしく
黙しておくか
手拍子で
何かはなせば
洒落にもならぬ

「おもてなし」


甘やかな
メロディー・ライン
作業場に
いい裁量で
繰り返し夜

「飴細工」



コメント

もっと(折句)

2018-09-24 10:32:49 | 短歌/折句/あいうえお作文
俺ふれば
お前もふるか
ともにふり
かけあい消えた
今朝ののりたま

「オオトカゲ」


水割りが
ソーダの海を
遮った
雑念に好
意を忍ばせて

「ミソサザイ」


おっとっと
もっとおくれよ
手を出して
夏の冒険
心がおかわり

「おもてなし」


割り切れず
頼り切れない
詩を一つ
二つくわえた
猫のお帰り

「渡し舟」

コメント

ハリケーン(アクロスティック)

2018-09-23 21:20:29 | アクロスティック・ライフ
ハクションよりも大胆に
夏を横切って
みんなの積み上げてきたもの
すべてのフェスに蓋をして
気晴らしを奪っていった


歯がゆさばかり募ったら
殴られるよりもっと痛い
見えているけどそこにはいない
好きだと思っていたみんな
気のせいだったみたい


反則行為が横行していた
名前が力を持つ内は
ミステリーにも逆らえない
スタジオに長い机を置いたら
菌の多彩さをフォローせよ


犯行は非計画的で
何かの思いつきみたい
見逃すことは望んでないのに
すべてをなぎ倒していった
君自身ももう消えてしまった



 アクロスティック「ハナミズキ」
コメント

誠に勝手ながら本日も休業

2018-09-23 04:22:02 | 短歌/折句/あいうえお作文
聡明な
コクゾウムシの
カンフーが
しのぎを削る
個人商店

折句「そこかしこ」短歌
コメント

ラボーナ(折句)

2018-09-22 21:19:06 | 短歌/折句/あいうえお作文
花に添う
ナナフシが描く
未来史に
透かし見た宇治
金時の色

「ハナミズキ」


駆け抜けて
神に近づく
短くて
いいの僕らは
詩情の獣

「鏡石」


8秒の
波を受け止め
見送りの
スワイプで断ち
切った新曲

「ハナミズキ」


颯爽と
45度の
宇治を抜け
夏をまたいだ
ラボーナキック

「さようなら」

コメント

かなしいお断り

2018-09-22 02:00:50 | 短歌/折句/あいうえお作文
おいお前
おれお客様
ということで
金払うから
ケンカ売ってね

折句「オオトカゲ」短歌
コメント

ワイドもの忘れ

2018-09-21 03:54:29 | アクロスティック・ライフ
大通りを歩いていると
者共があらわれた
(者共かかれー! あいつだ。あいつを生かしておくな。やっちまえ! とっとと)
手強い奴はあまりいない
名のある奴は前に出よ!
しばし剣を構え者共は顔を見合わせている

 アクロスティック「おもてなし」



多くの人が似たような姿勢で
黙したままにずっと
手の中の世界をのぞき込んでいる
何がそこにあるのだろう
しあわせだろうか

 アクロスティック「おもてなし」



羽を広げることを忘れ
長いトンネルを歩いていた
見上げること
好きなことを忘れていた
嫌いなことをつき合わせては天秤にかけていた

 アクロスティック「ハナミズキ」



我ながらあきれるくらいの
棚を見上げていた
志望の動機なんてあり得ない
吹いて飛ばした消しクズの数だけ
寝巻きに包まれていたかったのに

アクロスティック「渡し舟」


コメント

その節はどうも

2018-09-20 03:50:14 | 短歌/折句/あいうえお作文
叔父上の
文字群淡く
手短に
夏をとらえて
新聞の上

折句「おもてなし」短歌
コメント

ちくわ風

2018-09-19 04:00:10 | アクロスティック・ライフ
ちまちまと
栗を拾った
わけてあげません

地球史に
クワガタが描く
わたしには理解できない物語

ちゃっかりと
靴を揃えた
忘れ物がまだあるというのに

挑戦者
口も軽やか
若さと勢いを前面に出す所存です



アクロスティック「ちくわ」
コメント

わかるな(折句)

2018-09-19 02:37:57 | 短歌/折句/あいうえお作文
峰打ちで
掃除を終えた
侍が
鞘に秘めたる
一抹の好き

「ミソサザイ」


貫けば
無駄に思えた
信念が
微かに触れた
世界共感

「つむじ風」


8月の
なんでだろうが
脈を打つ
好きは感性
嫌いは惰性

「ハナミズキ」


おっかない
人間関係
対策に
犬の尾がもつ
「し」が必要だ

「鬼退治」


コメント