折句ラッシュ・クリスマス

折句、短歌、言葉遊び、アクロスティック、縦読み
クジラうえリクエストした水族館マダイが歌うスローバラード、クリスマス

忘却勇者

2020-09-27 23:47:00 | 忘れものがかり
「行ってくるよ」
 やり遂げるまで帰らない。弱くても崇高な目的を持っていた。
 駆け出しの頃がよかった。


 レベルアップするにつれて忘れてしまう。
 朝焼けの色。好きだった食べ物。人の名前。



 一番の敵は孤独のはずだったが、愉快な仲間たちに恵まれた。


 魔王は悪の限りを尽くしていたが、各地に多様な遊戯施設を張り巡らせて、娯楽性の高い世界を築くことによって己の悪事をぼかすことに長けていた。それはどんな強い魔物よりも、勇者の冒険を足止めするのに役立った。「もう少しゆっくりしよう」もう少し、あと少し。楽しければそれでいい。安定的な楽しさを手放してまで先を急ぐほどの理由があるだろうか。勇者は日々に広がる楽しさに浮かれ、旅立ちの朝にあった第一声を忘れてしまった。ぼかしの魔王恐るべし。



「どうだ。強くなったか?」
 電話の向こうに父の声。
 なってないとは答えられない。
「うん、まあ」


 こん棒は遙か過去、ついに伝説の剣を手に入れる。
 しかしその矛先にある目標を勇者は既に見失っていた。


 旅立った勇者。成長を続ける勇者。
 それなりの満足の中で戻れない勇者。
 勇者の中に埋もれる勇者。


「誰かみつけて」


 次の例文の中から本文を見つけよ


「迷子にならないことは難しい」



 僕は勇者
コメント

ナノ・スペース(猫の飛び入り)

2020-09-27 17:34:00 | ナノノベル
 夕暮れの観戦記者のあとについて猫は対局室に紛れ込んだ。極限の集中が高まる室内では野生の息吹が見過ごされることがある。人間の日常にあって見落とされがちなスペースの中に優れた心地を見出すこと。それが猫に託された新感覚なのだろう。
 堂々と配置された本榧の将棋盤に隣接された小さな塔に猫は狙いを定めた。ちょうど人間の指が動いて金銀をそっと寄せた後だった。

「ここ空いてますね」
「そこはちょっと……」
 金駒が連結して渋い顔をした。
「空いてまーす!」
 決め打ちするように猫は駒台に飛び込んだ。
 深く狭い空間を占めることこそが猫の本文だった。
 その時、棋士の指に乗って大駒がやってきた。

(飛車だ!)

 猫はその大きさに恐れをなして跳ね出した。
 乗り移ったのは、王座の肩の上だった。
 棋士は気づかない。
 何事もなかったように盤上に没頭している。
 猫は縦のリズムに乗りながら敵陣深くに睨みを利かした。

(寄せあり!)

コメント

大河ドロップ

2020-09-27 10:13:00 | ナノノベル
 自然はどこまでも美しい。
 人の手が加わってなおも美しくなるようであり、飽きることはない。ずっと見ていられるということは、そこに幸福が備わっているということだ。ならば、それ以上に求めるものは何もない。主体的に何かを生み出すこともなく、偉大な人たちの作ったもう一つの現実の中に自分の魂を投じてしまえばいい。その時、私は私でなくてもいい。(そもそも私などちっぽけな存在にすぎないのだった)物語の中に凝縮された現実は、私の人生の何倍も重く感じられる。どれほど残酷な瞬間が訪れたとしても、私自身はかすり傷さえ負うこともない。ただ美しいところだけをみて酔えばいい。それはなんて素晴らしいことだ!(私は物語の力によってのみ生かされていたようだ)

 とは言えもう100年。
 きりがないね!
 混乱に歯止めがかからず、みんなすっかり取り乱している。家系図はぐちゃぐちゃになり、裏切りが裏切りを呼び、もう誰を信じていいのかわからない。主人公は目的意識をとっくに忘れ毎日のように酒にばかり浸っている。100年すぎてまとまる気配はどこにもない。(河はどこまでも広がり続ける)まるでそう言っているようだ。
 もう、きりがないね!

「自分を生きたい」
 私は突然、自我に目覚めた。
 自分のペースで我が道をいきはじめると不思議なほど戻りたくなくっていた。(あの大河はいったい何だったのだろう)
 人生2000年時代。 
 ここはまだ序の口にすぎない。
コメント

モダン蒲鉾

2020-09-26 15:32:00 | ナノノベル
 前から現代人が歩いてくる。手の中の蒲鉾をフューチャーしながら、こちらに向かっている。世界をぎゅっと詰め込んだ最新の蒲鉾。見知らぬ通行人なんかより、その蒲鉾はずっとずっと大事だ。風が吹いても、道が折れても、蝶が舞っても、月が揺れても、現代人の関心は、ずっと蒲鉾の光に釘付けにされている。

(死んでも離さない)

 ぶつからないように予め進路を読んで安全な距離を取る。けれども、読みの範囲にない怪しい動きをする。前方にあるものはまるで視野にはないのか。ふらふら揺れながらこちらに接近してくる。現代人は誘導弾だ。
 ついに破滅的な衝突をして曲ができた。
 僕はそれに「誕生」と名前をつけた。
 避けようもなく、隕石というのはある日このようにぶつかるのかもしれないな。
 ともかく、できた以上はリリースしなければ。


コメント

詰将棋反省会

2020-09-26 07:52:00 | 将棋の時間
「詰将棋を終わらせるには」

 詰将棋は解いて終わらせるのが望ましい。しかし、わからない問題を眺めていると、頭痛がするという時もあるだろう。だんだんと嫌になってきたり、自分の無力さを呪いたくなったりもする。
 事が渋滞した時間を、そう悲観する必要はない。「問題」は決して人類の敵ではない。問題があるということは、そこに時間があるということだ。「無」が広がっていること思えば、希望だってある。
 解くよりもあきらめた方が早く終わると考えることもあるだろう。だいたいの場合、途中でやめた方が物事は早く終わる。しかし、それでは何事からも達成感が得られない。始めたからには、作者が用意したゴールにたどり着くことが理想と言える。
 すぐに解けないとしてもそう焦る必要はない。詰将棋は実戦と違い、相手からこちらの玉を詰まされるということはないのだ。どれほど熟考しようと、問題図はいつまでもじっと待っていてくれるのである。


「詰将棋は解いて終わりではない」

 詰将棋が解けた時には爽快感が得られる。
「さあ次だ」いい気分で次に進みたい気持ちは理解できる。しかし、詰将棋を解いた後にも、実は上達のヒントは残されているのだ。
「詰将棋に無駄駒はない」
 それを思い出して初形の配置と正解手順を見直してみよう。
 気になる駒はなかったか?
 作家でもなければすべてを検証しなくてもいい。気になった1つの駒に着目して考えてみる。詰みに直接的に関わらなかったようだけど、もしもこの歩がなかったら……。そうして研究してみると、歩1枚も重要な変化に関与しており、歩がない形では不詰めになることがわかる。(解いたことに満足して次の問題に進んでいたら、見過ごしていた発見)
 このような学習/発見も詰将棋/終盤の力となり、次回は似たような図式を見た時に、1つの歩の存在に着目してそこから詰み筋を類推することができるようになる。複雑に見える駒の配置にもパターンがあり、多くの図式を経験する内に、この形はこうだという急所/狙い筋が見えるようになってくる。
 一度解いた問題も、忘れた頃に再度解いてみるといい。前よりも解くスピードが速くなっていれば、学習が身についている証拠だ。








コメント

【曖昧コラム】チェック&アクション

2020-09-25 00:20:00 | フェイク・コラム
「大事なことは記憶だけに頼れない」

 人間の記憶はあまりに不安定にすぎる。
 そこで頼りにするのがチェックである。
 チェックと動作を紐付けて大事なことを抜かりなく実行するのだ。
 では、チェックが先か動作が先か。それは案外、難しい問題かもしれない。一つの説を挙げると、人間は大事なことを行った後では比較的大事でないことの方は忘れがちというのがある。ここで言う「大事なこと」とは、当然「動作」の方である。つまり、先に動作を実行して後からチェックをしようとしても、大事な動作を実行したことによる安心感からチェックを忘れることがあるということだ。チェックを忘れるのは別に構わないと思うかもしれないが、そうではない。チェックがないとしばらく経ち記憶が曖昧になると、動作がまだ完了していないと誤認してしまう。
 何のための「チェック&動作」であるか。それはその動作が一定の決まりを持っていて、安易に増減したりすることが認められないからである。(薬も過ぎれば毒になるのである)
 まずはチェックを先にすることにする。


「チェックの後は間を置かずに」

 チェックをしたことに安心して動作を忘れてしまうと、それこそ本末転倒だ。しかし、油断するとその可能性は十分にある。「チェック」はその動作を行った印である。本来であれば、動作が終わってからチェックをするのが本当だろう。理由があって例外的に逆にしているのだという意識を持たねばならない。
 肝要なのはチェックをした後は間を置かずに、直ちに動作を実行に移すこと。(少しくらいいいか。わかっているから大丈夫。そういう慢心が一番危ない)例えば、その時電話が鳴った。家のチャイムが鳴った。反射的に優先順位を操作してしまうのではないだろうか。しかし、思い出してほしい。「チェック&動作」は時間の上でも紐付けされた約束事なのだ。電話が鳴ったくらいでルーティーンを壊してはならない。小腹が空いたからと言って、チェックと動作の間にチョコレートを食べるなど論外である。


「まるっきり忘れてしまうこともある」

 それでも人間どうしてもうっかりということがある。忘れる時は、完全に何もかも忘れてしまう。チェックも動作もまとめて忘れてしまうので、「チェック&動作」もまるで機能しないことになる。その時は、もう心がどこかへ飛んでしまっているのだ。かなしいことに、それもまた人間の一面。自分には常に「大事なこと」がある。そういう意識を持ち続けることが、せめてもの抵抗と言える。

「私を殺す気か……」
 SOSを聞いてはっと我に返る。そういう経験は、できればあまりしたくないものだ。

コメント

反省将棋

2020-09-24 23:54:00 | 将棋の時間
 力を溜めるのがいい攻撃だと聞いた。確かにそうかもしれないと思わせる名人の駒さばき。溜め込んだ力が終盤一気に爆発して華麗な寄せが決まるのを見届けた。
 私も真似してやってみる。仕掛けたいところをがまんして、チャンスと思われるところをあえて見送って。十分に力を溜めながら将来の寄せを夢見た。ところが、爆発の機会は訪れることがなく、攻め駒は単に大渋滞を引き起こしたまま最後まで動かなかった。寄せられたのは私の方だった。
 その時、私は昔読んだ何かの民話の一場面を思い浮かべた。上辺だけなぞってみても人生は上手くいかない。形や心を近づけても、勝つところまでは真似ができないのだ。肝心の読みの部分が明らかに欠落していた。
 読むことほど気力と体力のいる作業はない。それによって結果が約束されているわけでもない。感覚が鈍ければ無駄に読みを広げなければならない。人の心も、時代も、読み違えてばかりいるのだ。
 そうして私は今日も反省記を書くことになった。
コメント

不死の時間

2020-09-24 22:34:00 | ナノノベル
 テーマ曲のように繰り返される一日がある。再び戻ることのない一日。けれども、いつまでも風化することがない。昨日の出来事のようにいつまでも何度でも脳内で再現することができる。時間は確かに失われたが、あの日に限っては色濃く定着してしまった。永遠に顔を合わせることはなくなったのに、僕の脳内であなたは不思議なほどに生き続けている。かなしい一日だった。けれども、再現される風景の中であなたは笑顔さえのぞかせる。一日と呼んでいる記憶は本当はほんの一瞬なのかもしれない。それは終わりのない時間だ。定着し、たゆたいながら広がっていくことができる。取り戻せないかわりにその一日はしつこいほどの生命力を持った。一生の時間にも勝る重みと輝きを持って、これからも僕の中で幾度となく繰り返されることだろう。今日が今日として軽々しく過ぎ去ろうとも。

 猫とすれ違う。
 その時、僕は永遠を感じてしまった。
 
 猫をかおう。

「絶対猫と束の間猫とどっちにします?」
 さあ、どっち。
 弱気が勝り絶対猫の方を選んでしまう。
「今だけ100円になります」
 これは絶対猫じゃない!
 と思いながら家につれて帰った。

 毎日頭を撫でながらコインを入れた。
 今日は10円だ。

「少し重たくなったね」

コメント

できるかな(作業員の逆襲)

2020-09-24 04:47:00 | 短い話、短い歌
「これだけやって5円か」
 私たちの仕事は下請けだ。
 製品に欠かせないかけらの何かを作っている。
 それは何か? それを知る者はいなかった。
 発注に従って寸分の狂いもなくそれを作る。
(世界の大事な何かしらを作っている)
 私たちの手に自負はあった。
 私たちはいつも未来を作っているのだ。
「夢がある仕事ですね」
 響きのいい言葉。だけど、その目はどうも疑わしい。

「今を作ってみないか?」
 工場長は唐突に切り出した。
(一つの世界を作ってみよう)
 それは薄々皆が秘めていた想いだったが。
「そんなことはやったことがない!」
 心からの反対ではない。恐れからくる疑問だ。
「私たちにできるのでしょうか」
(神さまみたいに大きな仕事)

「できるに決まってんだろ!」
 工場長の言葉には寸分の疑いもなかった。
(自分たちの手をよく見ろよ)
 皆が我に返ったように自分たちの手を見た。
 これまでの作業はすべてここにくるためにあったのかもしれない。
「そうか……」
 あらゆる部品を作り、あらゆる部分を生み出す間に、それぞれの手の中に途方もない技術が培われていた。
「できないはずがない」
 確信の笑顔が工場の中に広がっていく。
(私たちの今がはじまる)

「我々は誰よりも先を行ってるんだから」


かみさまのかけらをつくる未来より
今に目覚めた下請工場

(折句「鏡石」短歌)
コメント

ワンリュック(憧れの四角)

2020-09-23 11:28:00 | ナノノベル
「今日はどんなのをお探しですか」
「できれば四角いのかなと」
「それでしたら、こちら一択になります」
「えーっ?」

チャカチャンチャンチャン♪

「こちら超おすすめのリュックになっております」
「なかなかのサイズですね」
「しっかりと入るようになっております」
「はあ」
「中にラーメン、チャーハン、他にも寿司やカレー、ハンバーガーなど何でも入れて運ぶことができます」
「ラーメン?」

チャカチャンチャンチャン♪

「同時に契約していただいて即日働いていただけますよ」
「私はリュックが欲しいだけなんですけど」
「そうですか。でもまあ一石二鳥と申しましょうか、運動不足の解消にもなるので、みなさん出前もされてますよ」
「はあ。まあ、運動はしたいですけど」
「そうなんですね。セットでナビがつきますので、不慣れな道も大丈夫ですよ」

チャカチャンチャンチャン♪

「じゃあ、これにします」
「ありがとうございます!」

チャカチャンチャンチャン♪

「それでは安全運転で行ってらっしゃいませ」
「頑張ります」
「あ、それと道で仲間とすれ違ったら合図を」
「仲間?」

チャカチャンチャンチャン♪
コメント

しめの一杯(さよならラーメン)

2020-09-22 10:28:00 | ナノノベル
 大繁盛店ということで少しは期待して入ったのだが。他人の味覚ほどあてにならないものはない。麺は輪ゴムを伸ばしたようなものだった。スープの方は泥水に塩を入れたものと変わりなかった。私は思ったことがすぐ口から出るタイプだ。
「カップラーメンの方が旨いね」
 大将の手が一瞬止まった。
「それを言っちゃあおしまいよ」
 よかった。心の広い大将のようだ。その人柄に打たれて私は箸を進めた。食えたもんじゃあなかったが、頑張って食べきった。
「お代は結構」
 せめてもの罪滅ぼしというわけか。
「ごちそうさん」
 客としての礼を尽くして私は店を出た。

「なんだあんたらは?」
 私は表で常連風の男たちに取り囲まれて、路地裏につれていかれた。
 この野郎!
 覚悟しろ!
 ひーっ! 勘弁してー!
 やっちまえー!
(それを言っちゃあおしまいよ)
 店主の言葉が思い出された。
 おしまいよー おしまいよー おしまいよー
 ああ、だまされた。
 これは口封じだ。
コメント

麒麟を描く(伝説のペン)

2020-09-22 07:44:00 | ナノノベル
 多くの人間を描いてきた。数え切れないほどの猫を。世界中の野生動物をずっと描き続けてきた。そろそろ次のステップに踏み出してもいいかも……。そんな野心が私の中に芽生え始めると日に日に膨らんでいき、ついには抑えきれなくなった。無数の猫を描いた経験があっても、麒麟を描くとなると話はまるで違ってくる。同じような姿勢ではその輪郭さえも捉えることはできないのだ。
 私は噂を頼りに伝説の洞窟へ足を運んだ。
(すべては麒麟ペンを手に入れるために!)

「私に描かせてください!」
「素性のわからん者に渡すことはできぬ!」
 老人は厳しい目をして言った。容易く手にできるようなら、それは街の文房具屋さんで売っていることだろう。審査のハードルが高いことは覚悟していた。

「麒麟を知っておるのか?」
「憧れています」
「ならば麒麟に乗ったことはあるか?」
「いいえ。ありません」
「麒麟と暮らしたことはあるか?」
「ありません」
「麒麟と目で話し合ったことは?」
「ありません」
 自信を持って(はい)と答えられる問いは皆無だった。

「麒麟と喧嘩したことはあるか?」
「いいえ」
「麒麟の上から弓を引いたことはあるか?」
「いいえ」
「傷ついた麒麟を助けたことはあるか?」
「いいえ。ありません」
「まったくないのか!」
 厳しく言われて返す言葉もなかった。

「麒麟と将棋を指したことはあるか?」
「ありません」
「お前が麒麟であったことはあるか?」
「ありません」
「麒麟と炒飯を食べたことがあるか?」
「ありません」
「麒麟の上から夜を眺めたことはあるか?」
「いいえ。ありません」
「麒麟と共に働いたことはあるか?」
「ありません」
「お前は今までいったい何をして生きてきたのだ!」
「えーと、それは……。自分なりに精一杯の努力をしたり……」
「そうか。それだけか」

「あのー」
「何じゃ」
「私では駄目なのでしょうか」
「駄目と思うのか?」
「わかりません」
「何がじゃ」
「何も答えられない自分がくやしいのです」
「そうじゃろうな」
 老人は杖を地面に突き刺しながら深いため息をついた。

「お前は麒麟を夢に見たことはあるか?」
「ありません」
「麒麟の尊敬を集めたことはあるか?」
「ありません」
「麒麟と野球をしたことはあるか?」
「ありません」
「麒麟と海を渡ったことはあるか?」
「ありません」
「自分を麒麟と思ったことはあるか?」
「いいえ。ありません」
「そうか」

「もう教えてください。駄目なら駄目と」
「本当に駄目になりたいのか」
「コンプレックスで爆発しちゃいそうです」
「誰でもそうじゃ」
「話を前に進めてもらえますか」
「ずっと進んでおる! 馬より速く進んでおる!」
「とても理解が追いつきません」
「お前の瞳にはずっと麒麟が映って見える」

「……」
「それが答えだ!」
「それじゃあ……」
 老人はおもむろにブリーフケースを開けて伝説を取り出した。
「これを受け取るがよい」
「いいんですか?」
「このペンで好きに麒麟を描くがよいわ!」

コメント

リベンジの剣(7段階認証)

2020-09-21 02:45:00 | ナノノベル
 さあ、お前が来るのを待っていたぞ。
その剣を手にして俺の人生は終わりへ向かうだろう。(復習の始まりだ)ドローンが静かに正確に目標地点に接近する。
「本人確認顔認証実行中。普通の顔確認」
 IDもサインも必要ない。俺の証明は俺の顔だけだ。
「怒ってください。ぷんぷんぷん」
 それでなくても俺は怒っている。これでどうだ!
「驚いてみせてください。あなたは夕べお化けをみました」
 俺だって人並みにお化けは怖いね。おおっ!
「恐れてください。魂を抜かれそうです。疑ってみせてください。あなたはあなたでしょうか。とぼけてみせてください。あなたは大変おとぼけさん」
 ああ、忙しい。俺の顔の筋肉はもうへとへとだ。セキュリティー強化のためとはいえ、認証が厳しすぎる。(むしろ不安にもなる)

「微笑んでみせてください」
 できるか! 今はそんな状況じゃないんだ。
「最後の認証です。無理にでも微笑んでみせてください」
 俺はこれから仇討ちに向かうのだ。怒りを剣先に集中させて最後の決着をつける。微笑みなんて、もうひとかけらも残っていないよ。
「認証実行中。実行中……」
 ふふふ。くそーっ。これが限界だ。
「確認できません」
 こんな気持ち、お前には関係ないんだ。

「認証失敗! 一旦引き取らせていただきます」
「おう、帰れ! 二度と持ってくるな!」
コメント

カオス感想戦(強くなりたい)

2020-09-20 09:48:00 | ナノノベル
 私たちは頭の中だけで駒を動かすことができるし、自分の対局なら棋譜を見なくても難なく再現できるものだ。私たちは死力を尽くしぼろぼろになった後でも、もう一つの対局を怠らない。
「感想戦」確かにそれは、叶わなかった夢や幻の構想、負け惜しみのような言葉をつぶやく場でもある。しかし、その本当の目的は自身の棋力向上のためだ。疲れ切った熱い頭をもう一度酷使するのは、誰よりも強くなりたいという一心から。だが、時には自分たちだけではどうしてもよみがえらない対局というのもあった。

「えー、ここで私はどう指しました?」
「確か、あれ? どうでしたっけ」
 そういう時に頼りになるのが記録係という存在だ。
「角を出られました」
「へー、角を」
「あー、確かに」
 これが私の指した手か……。
 今となってはまるで意味がわからない。

「で銀交換してから端歩を突いたの。ほー」
「それに対して私はじっと金を寄ったの」
「ありがとう。君がいてくれて助かったよ」
「いいえ。仕事ですから」
 記録係は今でも正座を崩していなかった。
 近い将来、私たちの棋力を凌駕するだろう。

「で私が桂を打った」
「私は銀を立った」
「へー、こんな手あるの?
 歩を打ったらどうするの。どう指すんですか」
「たぶん何もしないつもりでしたね」
「えー? あなた何しに来たの」
「いやお恥ずかしい」

「これはひどい」
「乱れがひどいですね」
「振り返りたくないね」
「流石にひどすぎる」
「夕食のワインがまわってきたよ」
「私もおやつのウイスキーが……」
「ああもう駄目だ」
「お酒強くないからなあ……」
「お互いまだまだ弱いね」
「もっと強くなりたいですね」
コメント

スロー・ノベル(AIライター)

2020-09-19 03:21:00 | ナノノベル
 僕は現代小説家。数年前から、ほとんど書くことはなくなった。僕はまず自分の頭の中で書きたいもののイメージを膨らませる。ここにほとんどの精力を傾ける。そして、AIライターに伝える。あとは少し待てば作品ができあがる。僕はそれをざっと見て気になるところに付箋を貼る。それから、イメージのズレを伝え書き直してもらう。その工程は何度か繰り返され、だんだんと自分のイメージに近づいていく。AIライターとの粘り強いコミュニケーションが何よりも大切だ。長時間に渡る執筆作業は昔の話。
 書くこと以上に「話す」能力を磨かねばならない。そういう時代だ。


「……とまあ、だいたいこういう話なんだよ」
「おおよそ理解しました」
「よろしく頼むよ」
「名前はどうしましょう?」
「適当に頼むよ。無国籍な感じでね」
「わかりました」
「真ん中10000字くらい遊ばせちゃってよ」
「わかりました。文体はどうしましょう?」
「任せるよ。ポップな感じで頼む」
「わかりました。オチはどうしましょう?」
「それも任せるよ。ふわーっとした感じね」
「ふわーっとですね」
「そう。得意でしょ」
「ベストを尽くします」
「だいたいこういう話だから。細かい筋書きとか、みんな任せるから。いいようにやってよ」
「ベストを尽くします」


 そうして書き出しだけは自分で書くようにしている。そこは自分なりのこだわりと言えるかもしれない。(まあ、少なくとも今の内は)


 扇子を透かして見た恐竜たちは無言のまま向き合っていた。

「じゃあ、ここからよろしく」
「はい。それではお待ちください」

コメント