あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

ハニ垣と小泉の呪い

2008年09月03日 22時50分06秒 | 特定亜細亜
 昨日もちょっと書いたが…。もう危ないな。韓国。数週間どころではないかもしれぬ。

 ロイター通信によれば、外貨準備は前月比43億2000万ドル減の2432億ドル。介入はもう絶対にあきらかで、そこらじゅうの海外の新聞では記事になっているのだが、韓国政府は、

「為替介入はしない。市場にゆだねる」

 と、前述のようにガスガス介入しているくせに不介入を宣言してみたり

「最近のウォン安はドル高が原因。おちついてください」

 と、原油先物の暴落が始まった時のブッシュと同じ台詞を言ってみたりしている。ちなみに原油先物は、俺の予想通りバレル100ドル目前である。

 そして、どうも韓銀発表の介入額が、妙に少なく…。要するに粉飾しているくさい。
 まあ、この手の話で粉飾はままある話なので、別に驚きはしないのだが…。ここまでミエミエの粉飾が珍しく、相当ヤバい。

 外貨準備はまだ2432億ドルあると言っているが、為替介入は実弾である。債権によっては即実弾化できないものも多数あり、中には米国産のカス債権(よりにもよって不動産債とかな)も大量に含まれている模様。

 先日から、韓国の4大造船の1つ、大字造船の株過半数が、希望販売価格、市場価の4倍で売りに出してみたりして、あきらかに実弾が切れかかっている様子が伺える。アホ過ぎる。原材料高で赤字確定の造船業を今この時期に誰が市場価格の4倍なんぞで買うのか。買い叩かれるに決まっている。

 ここ3ヵ月ほど、ウォンはずっと下落を続けている。
 前回の韓国通貨危機の時は、IMFや日本、アメリカから資金を調達し、それでも下落は止まらず。1ヶ月にわたる日銀の必死の欧米説得により、ウォンは下げ止まった。

 あの時、日本が韓国に貸した金は、実はまだ半分以上返ってきていない。
 IMF融資も、もちろん全額返済が基本である。まだ返済中であるかの国は、再度のIMF融資が満額受け取れない。
 日本が経済支援に乗り出す可能性はあるが、サイコーのタイミングで福田は辞任した。もうこればっかりはGJといわざるを得ない。最後の最後で感動的な仕事と言えた。

 どうする韓国。日本は今政治空白時期だぞ。日本初の女性総理、小池総理が誕生すれば、操縦している奴は野中とか中川(女)だ。莫大な援助をするかもしれん。それまで耐えしのげるか?

 かわいそうにな…。李明博大統領。歴代大統領で最も現実的政策を実施する人なのに、いかんぜん出てくるのが遅すぎた。
 盧武鉉大統領の登場で、既に詰んでたんだな…。後は緩慢に死を待つのみだった。頭のいい奴はみんな国外逃亡。

 今の時点でも、韓国は米牛デモをしてる連中に補助金を支払い、経済浮揚政策の為に減税し、独島防衛の為に軍拡をしているのであった。

 まるで、「どうせ破産するんだから目一杯金を使ってやる!」と自暴自棄に陥った、元天才作曲家とかみたいだ。
 為替レート眺めながら、「うっひょーーーっ。さっがれーー。」とか、凄い笑顔で両側に美女をはべらせてワイングラス片手に唾を飛ばして叫ぶ盧武鉉と李明博を見たような気がした。


 …そろそろ、韓国崩壊後の心の準備をしておいた方がいいな。
 あ、ちなみに日韓はスワッピング協定を結んでいるので、相手国の要請があれば、日本は韓国に問答無用で100億ドルの援助をしなければなりませぬ。日本が通貨危機に陥れば、韓国は50億ドル日本に援助する事になっているが、こんなのは建前だ。
 いいかね。援助だ。融資じゃないぞ。前回の韓国の通貨危機の時と同じ、100億ドル支払うわけだ。日本は。

 今回崩壊したら、日本はビタ一文払わねぇではすまないのであった。ちなみに、日韓スワップ協定の取り決めは、2006年1月。小泉政権下の谷垣禎一財務大臣によって行われている。



 …ってっか、谷垣かよ!!
コメント