あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

米朝首脳会談に向けた事前予想とか

2018-05-30 23:54:59 | 特定亜細亜
 現在の北朝鮮を取り巻く情勢が、ストンと綺麗に落ちる、久々に納得のゆく記事を見つけたので紹介したいと思う。

【プレジデント】朝鮮半島の"再属国化"を狙う習近平の誤算
http://president.jp/articles/-/25280

 なかなか長い記事なので、整理するとこんな感じ。

【中国の思惑】前提①
1.経済支援により北を救い、かつ北での立場を強化。
2.北主導で朝鮮半島の統一を行い、朝鮮を属国化する。

【北朝鮮の思惑】前提②
1.米中二股外交を展開している。米中両方に与する気がない。
2.中国が露骨に嫌い。

【現在の情勢】
1.トランプ政権の誕生、経済制裁によって北が窮地に陥る。
2.中国はチャンス。北への「救いの手」が高く売れる!
3.北は中国を無視。韓国を利用して米国の要請を受け入れる。
4.中国が焦る→中国の要請による中朝首脳会談が2回実施される。
※中国の経済支援「カネと口を出す」、「口」の方が大幅に制約されてしまう事に
5.北、中国の意をうけて米国を恫喝。
6.米国、米朝首脳会談の中止を宣言。北、米国への抱きつき戦略破綻。

 こんなところだろうか。
 面白いところは、日韓の思惑がまるで語られていない事であろう。
 こうして整理して見てみると、北朝鮮が日韓の方をまるで向いていない事がわかる。

 あくまで、北の目線は米中に向いているのだ。
 この記事は、ラストこのような文章で締められている。

北朝鮮問題はその本質において、アメリカと中国の二大国の駆け引きであり、「米中冷戦」と呼ぶべき現在の危機構造の一部として存在しています。アメリカにとって、北朝鮮に譲歩することは、中国に譲歩することと同じなのです。「ドラゴンスレイヤー」と呼ばれる対中強硬派で占められたトランプ政権の中枢は、そのことを最もよく理解しています。

 結果として、米国が北に譲歩する事はありえないという事なのだ。
 俺は記事の内容に対し、大いに納得がいって、同時に大変うれしくもあった。

 先日までのウチの煮えきらんエントリの論調を見てほしい。トランプ氏の突拍子のなさなどに起因する不安感で満載である。米国が、北に譲歩なんてしたらどうしようと。

 俺は元、2ch東亜板の住人だからして。非韓三原則提唱者である。
 つまり、「助けない・教えない・関わらない」の原則を守って、朝鮮とは付き合っていくべきと考えている。

 米朝首脳会談が成功し、朝鮮半島への経済支援などに日本が加わるような事があれば、日本の経済的損失は、単に朝鮮半島への日本の経済支援総額以上のモノとなってしまうのは確実。

 だが安心した。少なくとも米朝首脳会談は成功しないと確信できた。
 だって。この北の態度からすれば、一方的に米国に依存する事はありえない。コイツは韓国のようなエセではない「アジアのバランサー理論」提唱者なのだから。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

世界一おもしろい 世界史の授業 (中経の文庫)


コメント

韓国がとても邪魔なんだね

2018-05-30 07:08:40 | 政治(安倍政権)
 ずいぶんと失礼な物言いだ。

【朝鮮日報】米国が韓国に要請「非核化問題に深入りするな」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/29/2018052900888.html

 日本国内では本当に報道されない、米国の本音を垣間見た気がした。
 ああ。誤解をしないように。日本国内で報道されないのは「米国の本音」ではなく、「韓国がひどい扱いを受けている事」である。
 ホントに言ったのか?と耳を疑うレベルであろう。

 …でもこれ、多分本当なんだろうなぁ。

 もうずいぶん昔。韓国が盧武鉉政権だった頃の話だけど。韓国が、これほどにひどい扱いを受ける時期なんて、もう来ないだろうと思うほどに扱いが酷かった時期だった。

 今の文在寅政権は、軽々と盧武鉉政権の斜め上を行ってしまった。

 最近、日本国内のメディアにおいても、「日本が蚊帳の外」論が聞こえなくなってきた。蚊帳の外なのは朝鮮人だと言うことが、徐々に隠せなくなってきたのであろう。

 民主党が政権を奪取した時と同じパターンだ。

 鳩山がアホすぎて、発言に一貫性がなくブレブレだった時、日本メディアは鳩山の事を、最初「発言が進化した!」と表現していた。
 ※ちなみに、今でも鳩山を「発言が進化する漢」と捉える記事があったりする。佐藤優の事だ。アホかと。

 
 ▲佐藤優氏

【プレジデント】あなたは鳩山由紀夫の学術論文を読んだか
http://president.jp/articles/-/25171

【佐藤】私も同じ考えです。もし民主党政権スタート時に小沢首相、鳩山幹事長だったら長期政権になっていた可能性もある。(中略)そこで鳩山は「数学を使えば、最適な意思決定ができたのではないか」と考え、政治家になる決意をする。そして彼は偏微分方程式やマルコフ連鎖確率理論を使った意思決定をしようとした。
【片山】一般的に鳩山はふらふらして発言がぶれるというイメージがあると思うのですが、そのブレは実は計算尽くなんですね。それでああなるのか。

 直前の麻生政権では、「解釈によっては異なる発言ととれるかもしれない」レベルの発言に対し、鬼の首を取ったように全マスコミが「また発言がブレた!こんなクズをいつまで国民は総理にしておくつもりか!」の連呼であった。今は安倍憎しだが、当時はまさに、麻生憎し。そのひどい日本のメディアのダブスタに、俺はずいぶんと腹を立てたものだ。

 やがて、あまりに無能だった鳩山はもはやその無能度合いを庇いきる事が困難なレベルになっていき…。そして急速に支持を失っていったわけだが。

 今もまるで同じパターンだ。
 民主党政権誕生時期と同じく、上下朝鮮を鳩山民主党にそうしたように褒めそやし、そしてその無能度合いがかばいきれないレベルに達すると、徐々にそのような主張を潜めていく…。
 まるで、無能な上下朝鮮を褒めそやした自分達をコソコソと隠すように。最初から、上下朝鮮を褒めそやしていた事実なんてものがなかったかのように。

 俺を含む、ウチのブログの読者の方々なんかはもう、最初からわかっていた事だとは思うんだけど。そもそも日本は今回の米朝情報戦争の「蚊帳の外」なんかではない。

 登場人物を見れば、北朝鮮、韓国、中国、米国、ロシア、日本の6者なんだけど。
北朝鮮と韓国はもはや「上下朝鮮」であり、1国扱いである。

 韓国が全力で北朝鮮をいろんな意味でかばっているのだけど、それが要するに「自分で自分をかばっている」ような捉え方をされているのだ。

 そりゃーウザいし邪魔だよ韓国さん。実質米VS上下朝鮮のタイマンなのに、まるで単独の少数派みたいな扱いを米国は強いられるわけだから。
 いい加減、自分を正当化し続けるのは限界だと気がつけよ。マジで。
 冒頭記事のような事を米国に通達されるとか、もう末期症状だよ?本当に邪魔なんだよ?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 (WAC BUNKO 273)

コメント (4)

他人と対話を求める者は悪罵を投げつけない

2018-05-28 23:49:31 | 政治(安倍政権)
 ちょっと前の記事なんだけど。とあるまとめサイトで目に止まって、さらに今朝の産経新聞のコラム「正論」といい感じに絡んでいたから、紹介したくなった。

 この記事である。

【朝日】辻元氏「日大アメフト部、安倍政権に重なって見える」
https://www.asahi.com/articles/ASL5S51Z0L5SUTFK00V.html

 ああ。なんつーか、なんでもかんでも安倍のせいである。日大アメフットのアレと安倍政権になんの関係性があるってんだ。

 野党の支持率の低さを考えれば、おそらくは大半の日本人がわかっており、米国のメジャーな時事解説が分析した通りなのは、ウチでもエントリで紹介したし、ご存知の方はきっとご存知なんだろうとは思うが。

 今の野党やマスコミは「ただひたすらに、安倍憎し」だ。
 そりゃあ、米国の時事解説に「日本のメディアは世論とは逆に動く」とか分析されるわ。
 連中、安倍政権倒した後、なんも考えてないだろう?例えば、次の政権が、…まあ石破はもう絶対になさそうだから、そうだなぁ。岸田文雄氏が総理になったとするやん。そしたら岸田大臣を退陣させるまで叩き続けるだけだよね。

 まだ、政権を奪取する気概があった民主党の方がマシだったとすら言える。
 あの民主党より最低の野党なんだよ今。わかるか。

 それで。今朝の産経の「正論」ってのは、この記事だ。例によって俺がファンである、櫻田淳氏である。

【産経】北が被る「怒りと敵意」の代償 東洋学園大学教授・櫻田淳
https://www.sankei.com/column/news/180528/clm1805280005-n1.html

 本文とは関係ないけれど。櫻田氏、教授になって本当によかったと思う。産経コラムに掲載されはじめた当初、櫻田氏は助教だったんだけど。いい歳こいた助教ってのは、ろくなのがいないのだ。

 まあ、そこは置いておき。引用してみようか。

他人に「対話」を求めるには、「悪罵」の言葉を投げ付けないというのは、最低限の作法である。対外関係において、「不作法」が何らかの「利益」を生むようなことがあってはならない。北朝鮮が絡んだ対外関係を評価するには、これは大事な視点である。

 なんと常識的で、かつ野党やマスコミに似つかわしくない言葉だろう。
 野党やマスコミの、なんと安倍総理や麻生財務大臣に対する、偏見や偏向に満ちた悪意ある言葉が多いことか。

 そして、この記事のシメの部分。

この数週間、日本国内で世の耳目を集めたのは、「潰せ」という言葉の下に、悪質反則行為に及んだ日本大学アメリカンフットボール部の不祥事の顛末であった。日本大学の対応も、トランプ氏を激怒させた北朝鮮外交官の発言も「自らの内輪でしか通用しない理屈や言辞」を掲げて外の世界に対峙していた意味では、類似の趣を帯びている。激しい「言葉」を恃む危うさは、古今東西に共通のものであろう。

 野党にせよマスコミにせよ日大アメフット関係者にせよ、内輪の論理を対外発信している点では共通であろう。

 前述の辻元清美は、日大問題を安倍内閣に重ね、悪意ある印象操作をやっているが、他者と対話しようとしないのは、与党ではなく野党の方であり、より言葉が汚いのは野党ではないのか。

 民主党時代、「自民党にお灸を据えよう」という言葉が流行していたが、今はもう、そんな馬鹿な事を言うやつは存在しない。なぜなら、お灸を据えようとしていた奴らはお灸を据えたって治らないほどに腐った存在である事が広く知れ渡ってしまったからだ。

 そんなわけで、俺はまた、「野党やらマスコミやら中韓が最低である」と誰かに説明する為の言葉を1つ、得たのであった。

「他人と対話を求める者は悪罵を投げつけない」

 である。
 俺?俺はいいんだよ。野党とかマスコミとか中韓に対し、山程「悪罵」を投げてるけど。だって俺、この連中と「対話」なんて成り立たないと思ってるもの。

 マスコミは違うけど、野党は与党に、中韓は日本に対話を求めているのである。
 それでこれだけ悪罵にまみれているのはアホとしか言いようがない。

 ああそうか。野党や中韓も、俺やマスコミと同じで、ターゲットに対話を求めてないのかもしれないね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 (WAC BUNKO 273)


コメント (2)

上下朝鮮と日本のメディア

2018-05-27 06:02:00 | 政治(安倍政権)
 世の中、「ものすごくうまくいく」なんて事はほとんどない。

 例え、どんな事だろうと妥協は必要である。
 そこで、どこまでも際限なく自分の思い通りになるようにしようと考えて、結局自滅したのが金正恩なのであった。
 民主党政権が終了し、その後本格的に日本が韓国の後ろ盾をやめてからこっちの、朝鮮人達のワンパターンである。際限なくカネをくれた日本はもうなかった。

 もう後の祭りであろう…と思ったのに、こりゃあまだ、どうなるかわからんな…。

【時事】6月12日会談「あり得る」=北朝鮮と再調整模索-米大統領
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052501389&g=use

 金曜日の朝刊で、トランプ大統領側が米朝首脳会談の中止に言及した時の朝鮮側の反応は劇的だった。
 あまりの低姿勢がとてつもなく気持ち悪かった。無様であった…。同じことをもし、日本の総理とかがやったりしたら、俺は日本人として恥辱に震えたであろう。

 が、結果的にこれ(金正恩の土下座)が功を奏したのか。米国が6月12日…になるかどうかは不明だけど、とにかく米朝首脳会談を行う含みは残した形になった。

 これは、誰の思惑通りなんだろう。

 トランプ米大統領はこの手の揺さぶりをするのが日常茶飯事だし、頑なにコッソリ核技術を温存しようとして、それが叶わないと知るや交渉のテーブルをひっくり返して席を立った北朝鮮を再び着席させたという意味で「トランプ氏の」思惑通りなのか…。

 それとも、日本を蚊帳の外に置いておきたい北朝鮮が、日本の要望も聞かないと米国が動いてくれなさそうな事を察知して、わざと派手に交渉のテーブルをひっくり返して席を立つふりをし、席に戻ってきた時には日本からの要望についてなんて、米国に語らせる隙は与えず…日本をガン無視し続ける事に成功しているという意味で、金正恩の思惑通りなのか…。

 今、どのメディアも好き勝手にこの問題を論じているけれども。
 多分今の日本政府はそんな無責任な雑音なんぞにとりあわず、自身の常識に当てはめるような行動をとってくれているものと信じている。

 日本はやるべき事をきちんとやっているだろう。
 トランプが、これから実施するアジア歴訪を前に、中国に「日本が核武装してもお前はそれでいいのか」とか言っているのがいい証拠である。

【APP】トランプ氏、対北で「武士の国」日本が動く可能性を中国に警告
http://www.afpbb.com/articles/-/3149247

 だから、きっと最終的には上下朝鮮と日本のメディアの思惑通りにはならないだろうと思っているが…。一抹の不安を拭い去れずにいるのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史


コメント (2)

アメフット残酷タックル雑感

2018-05-24 23:24:58 | 国内の事件
 いつもの雑感シリーズが書けるほど、俺はこの問題を突っ込んでチェックしていない。
 せいぜい概要ぐらいかなぁ。今北3行ぐらいのネタしか押さえていない。
 なぜって、あまり興味を持ちたくなかったからだ。胸糞だし。

 この件で言える事は2つだけ。

 1つ目は、渦中の内田前監督は明らかにゲス・外道な人である事。
 2つ目は、内田前監督が本当に相手チームのQBを負傷させる為に指示を出したという証拠がなにもない事。

 である。
 そりゃまあ数々の証言はあると思う。でも、それって別に証拠じゃないんだよな。もし、本当に内田前監督がかなり低い可能性であるにせよ、相手チームQBを負傷させる気なんてなかったのならば。どーすんの?と。

 これがまあ、俺がこの件について、積極的にネタにしない理由のほぼ全てである。
 推定有罪には関わりたくはないのだ。

 それに、はっきり言ってこれは、伝統的といえる日本の恥部であろう。そんなもんを何故に大々的にエントリで喧伝しなければならないのだ。

 ウチではいつも主張しているが。経営者なんてもんは、押し並べて大半が外道なのである。いつも和民の渡辺美樹を俺は例に出すが。

【拙】生存報告
https://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/cf3f2e899b90bf6263d268d7e5181c80

 この時、俺が自身の実体験を紹介したように、ある程度の大きな組織の上の方の連中は基本的に似たような外道である。

 以下の記事の古市氏のコメントを読んだ時、俺は凄く共感した。

【報知】古市憲寿氏、日大の悪質タックル問題に「外側を見ないで内部だけでやってきた結果」
http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20180524-OHT1T50065.html

「たぶん、組織的に外側を気にしなくてよかった組織だと思うんですね。大学にしてもスポーツ協会にしても。世間の目とかじゃなくて内側の論理だけで動いていて。得に日大なんかは税金も入って来ますし、予算収入もありますし、とにかく外側を見ないで内部だけでやってきた結果っていうのが、こういうことになってしまったという感じがしますね」と指摘していた。

 日本の集団の上層部にいる人に共通する事なんだけど。
 みんな貴族なんだよな。

 これも、ウチのエントリではよく話題にするのだけど。日本人ってのは基本的に本当に奴隷に向いているのである。文句あんまり言わないし、勤勉に働くし。

 それで、そんなお人好し日本人を良心の呵責なく上手く使えるからこその、上記貴族連中の今の地位なのではなかろうか。

 上記ウチのエントリでも紹介したけどさ。
 あんな連中、実はいっぱいいるのである。常々、実に苦々しく思っている。

 連中は、上記内田前監督も含め、日本人の恥部である。
 単なる爺さんならば、そのうち年齢的にいなくなるんだろうけど。企業上層部にいくにつけ、日本人がそのように変節していくように思う。つまりいつまでたってもいなくならない。日本型の会社がある限り。

 どこの国でもそうなのかなぁ。日本人だけだとは思いたくはないが…。
 それでも、俺はこれを、日本人の特色なのではないかと思うのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史


コメント (2)

五輪ボランティアスタッフ雑感

2018-05-22 23:51:40 | 政治(国内・その他)
 自分のツイッターのタイムラインをつらつらと眺めていると。なんだか東京五輪のボランティアの募集がやたらネットで叩かれているというか、不評だという話が出ていた。
 俺の友人もその話をツイートしていたし…。

 元記事は、NHKのコレらしい。

【NHK】東京五輪・パラのボランティア 「やりがいPRを」組織委
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011447361000.html

 叩いてるまとめサイトの例だと、こんなの。

【暇つぶしニュース】東京五輪さん、やりがい搾取
http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/9136319.html

8: 名無しさん@おーぷん 2018/05/22(火)12:30:20 ID:5c9

日本が世界に比べてどうこうみたいなのは基本嫌いやが
日本のボランティア=無償労働みたいな風潮はほんま謎や

9: 名無しさん@おーぷん 2018/05/22(火)12:30:39 ID:ND1

やりがいってのは最低限の基盤の上で成り立つんやぞ
どうしてこれで批判されないと思ったのか

 誤解を招きそうなので補足すると。ウチのタイムラインでツイートしてた人らは、「なんでボランティア募集でこんな叩かれてるの?」的立場でのツイートが中心だった。

 何を隠そう、俺もそっち側の立場である。
 五輪ボランティアが世界中から集まるのは普通だし、大変なのはどこの国でも当たり前であろう。渡航費を含む交通費や、宿泊費が自己負担なのも当然だ。

 何故に、日常業務でサビ残やらされてる日本のサラリーマンと同列に考えているのか。と思う。
 やりがいをアピールして、何が悪い。五輪ボランティア参加者は、まさにやりがいを求めて集結しているのだ。

 実際、五輪ボランティアはやりがいがあって、ボランティアにしては俺、珍しく使用者側とボランティアスタッフ側とでウィンウィンの関係になっているものだと思う。
 言っておくが、五輪スタッフが全員ボランティアなわけではない。勿論、有償のスタッフはボランティアの数よりも多い。
 つまり、五輪のボランティアスタッフってのは、出会いの場、普段得られない人脈を作るための機会として、わざわざボランティア枠を準備しているのである。
 有償スタッフで占める事もできるのにだ。

 そりゃーね、世界各国の人と交流したいとか、一流アスリートの共演をスタッフ枠で参加したいとか、そーゆー動機できちんと人は集まるのよ。
 こーゆーボランティアを「搾取」としかとれない連中は、それこそ参加しなければいいのである。別にそんな人にボランティアを強要しているわけではない。

 俺は、この手の話題で盛り上がるような人々を見ていると苛立ちを覚える。
 だって。五輪スタッフ募集を妨害しているようなものだもの。それは、日本で行われる世界的なイベントを、成功しないように画策しているようなものではないか。

 五輪の一部スタッフがボランティアなのは、言わば伝統なのに。
 むしろ、ボランティアを募集せず、有償スタッフオンリーにすれば、叩かれるかもしれないぐらいじゃないか。

 そりゃーね。裁判員制度と同じく、多分やらない人は絶対にやらない類のボランティアなんだろうけどさ。俺だって日々日常業務や家事なんかで、そう安々とやれるボランティアじゃないんだけどさ。

 俺だって、やれるもんならやってみたいわ五輪ボランティアスタッフ。そこでの出会いは、俺は一緒もんの宝物になるような予感がするんだけどな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

2020年東京五輪に参加するために読む本(にちぶんMOOK)
コメント (2)

だから日本のメディアが信じられない

2018-05-21 23:57:18 | 政治(安倍政権)
 今回の北朝鮮関連の報道に関して言えば。
 ほとんどの全国紙はクソな報道を繰り返しているように、俺は思っている。

【SMART FLASH】合同軍事演習に韓国が不参加「北朝鮮」に手玉に取られる米韓
https://smart-flash.jp/sociopolitics/40843

 最初、俺はこの記事を読んだ時、注目したのはこの部分だった。

真っ先に反応したのは韓国である。
 自分たちがお膳立てした米朝首脳会談が実現できなくなっては困ると大慌て。北朝鮮が最も恐れる核搭載可能の米戦略爆撃機B-52が参加する空軍演習に、韓国は参加を見合わせることを決めた。

 ええー。マジか…と思ったのだ。
 勿論、文在寅が北朝鮮人に極めて寄ってるのは知ってる。でも、今の流れは基本的に「国」であれば北朝鮮への圧力一択(日本メディアは逆なんだよね。「日本への圧力一択」米国で先日分析されちゃってたのは記憶に新しい)である。無論、中国も北寄りではあるものの、ここまで北寄りではない。日本にやんわりお上品ぶって警告する程度で、距離をとっている。国際的批判にできるだけ巻き込まれない為にである。

 ここまで北に寄ってしまうと…。韓国を含めた朝鮮半島全体が、世界から本当に孤立していく事になるよ?…てなエントリにしようと。

 この記事を最後まで読むと…こんな文章があった。

これにはトランプ大統領も慌てたようで、「リビア方式を当てはめるつもりはない」と北朝鮮の意向に沿った発言をした。もともと北朝鮮には “虎の子” の核ミサイルを手放す考えはないのである。

 いやいや。これぜんぜん温度差違うやろ。確かに似たような事を言ってたけど。
 俺が最初に産経でみた記事と、ぜんぜん意味が違うぞ?と。
 それで、ざっとこの辺りのトランプ氏の発言を日本語のメディアで検索してみると…。驚くべき事に、ほとんどの記事は、この上記の記事と同じ意味合いでトランプ氏の発言を捉えているのである。

 ちなみに。俺が最初にこのニュースに触れたのは産経新聞であった。
 これが、何故か産経だけぜんぜん違う。

【産経】トランプ大統領、北が非核化すれば「正恩氏を保護」「リビア方式」は否定
https://www.sankei.com/world/news/180518/wor1805180012-n1.html

トランプ氏はまた、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が先に言及していた、完全な核放棄の実施後に制裁緩和などの見返りを提供する「リビア方式」に関し、「リビアでは(当時の最高指導者)カダフィ氏の保護を確約しなかった」と指摘し、北朝鮮の体制保証を図ろうとしている点で「リビア方式とは異なる」と強調した。

 産経の論調では、少なくともトランプ氏は朝鮮半島の非核化を前提としている。
 そして、非核化を実現したならば、金正恩を保護する事を約束しているのである。

 これ、どちらが本当だと思う?

 ちなみに、仮に産経の記事が真実で、前述のスマートフラッシュの記事を含む大半の日本のメディア記事が間違っているとしよう。

 ほとんどの日本のメディアは前述のスマフラと同じ書き口なんだけど。

これにはトランプ大統領も慌てたようで、「リビア方式を当てはめるつもりはない」と北朝鮮の意向に沿った発言をした。もともと北朝鮮には “虎の子” の核ミサイルを手放す考えはないのである。

 事実は「リビア方式を当てはめるつもりはない」と「もともと北朝鮮には “虎の子” の核ミサイルを手放す考えはないのである。」の2つだけなんだよね。

 この発言から、スマフラの記者は、トランプ氏が「北朝鮮の意向に沿った発言をした。」と説明する。実はそれ「カダフィは殺されたけど、金正恩は殺されないように全力で保護してやるから」という意味なんだよね。記事のタイトルもそれだし。
 でも、それを「金正恩に核を捨てさせる気はトランプ氏にはない」と誤解を受けるような書き方にしてあるのだ。そして、文脈で最後に「もともと北朝鮮には “虎の子” の核ミサイルを手放す考えはないのである。」を持ってくる事で、「核の放棄は行わない」という北朝鮮の単なる願望を、まるで米国との共通認識としているかのような流れにしてあるのだ。

 実際、スマフラの記事はどっちとも…産経がはっきり書いている「リビア方式での核放棄の後、金正恩体制の保護」とも、「核放棄させられず日本を蚊帳の外にして米北で密約を結んでいる」ともとれてしまう。

 卑怯な書き口だし、日本の外交をいたずらに貶めていると思う。

 朝日新聞が、「日本のTV局は中韓に乗っ取られているというデマ」という記事をさっき書いているのを見つけたんだけど。

【朝日新聞】「日本のTV局は中韓に乗っ取られている」はデマ
http://jpsoku.blog.jp/archives/1070999706.html

 これ、言われても仕方がないと思うよ。だって日本のメディアって日本の為の報道ってやってくれないんだもの。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史


コメント (3)

放送法改正後の未来予想図

2018-05-17 06:38:28 | 政治(安倍政権)
 実は俺、今回安倍内閣が画策した放送法改正で、民放各局が全力で反対したのが何故なのか、理解できる。
 まあ東京MXは例外としても、その東京MXの経営層の言葉尻を捉えて、フジやTBSなんかと「同じ論調である」と曲解させた上で「民放全局の総意」とし、全戦力で反対したのは、やはりやり過ぎである。
 さらに、その後のメディアスクラムでの安倍政権潰しは凄まじいもので、結局安倍政権は放送法改正を一旦棚上げせざるをえなかった。ヘタレだし。

 どうしてここまで過剰反応し、全力で反対するのだろう。
 俺が普段、主張しているように、TV局は日本型リベラル的な主張がやりにくくなるから、ここまで放送法改正を拒むのか?

 実はそうではないと俺は考えてみる。

 よくよく考えてみれば、俺の中ではあまりに自明であったので、今までエントリで言及した事がなかった。よって今回はその事について書いてみようと思う。

 この話が表面化した時、民放が主張した言葉を、みなさんは覚えておられるだろうか。確か「政府は民法が不要だとでも言うのか」とかの言葉だったと記憶している。

 これには実は、卑近な例があるのだ。決して的外れな言い分ではない。
 何か。それは日本の国会である。

 しかも。実は実例が2回も存在している。
 1回目が社会党の台頭からの村山政権。2回目が民主党の台頭からの鳩山政権である。
 1回目の後、小泉政権が、2回目の後、安倍政権が、それぞれリベラルの隙を突き、保守を少しずつ浸透させた。これにより、リベラル(社会党やら民主党やら)はどうなったのか。
 それはものすごい壊滅的打撃を受けたと言っていい。元祖社会党は消滅寸前だし、社会党→民主党→民進党→立憲民政党と生き残り続けたあのクズ共は、もう主流派に返り咲く事はほぼありえない。
 時代錯誤な、永遠の傍流である。

 こうなってしまった原因は何か。
 それは、日本型リベラルの鉄壁が崩れた瞬間、保守の介入を許した事である。

 今、日本型リベラルなマスコミはな…。嫌われっぷりがガチなわけだよ。特に朝日とか。
 ここに、小泉政権や安倍政権のような保守のマスコミの介入を許せば、どうなると思う。小泉政権の頃なんて、インターネット黎明期で、まだパソコン通信が生きてたような時代である。国民への浸透度はゆっくりしたもので、日本型リベラル勢の政治家崩壊もゆるやかだった。

 今は速いよ。崩壊も。

 あっという間に落ち目になる可能性が否定できない。
 相手がAIDSのキャリアだと知ってて、スキンなしでセックスをするようなものだ。実は感染率は思ったよりは低リスク(1%未満)なのだけど。絶対イヤだろう?民放各局が感じたリスク感は、こんな感じではなかっただろうか。

 そりゃ必死で抵抗もするわと。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史


コメント (3)

米朝首脳会談実現率逆転

2018-05-16 23:21:07 | 政治(安倍政権)
 これを読んで、「こいつ、何を言ってるの?」と思った。

【文春】北朝鮮が拉致を「解決済み」と切り捨て。日本外交4つの「誤算」とは?
http://bunshun.jp/articles/-/7400

 それで、その記事を読んだ、直後の事である。
 俺は「米韓合同演習に反発し、南北会談を急遽中止する」という金正恩の声明を産経の記事で知ったのであった。

【産経】米朝交渉、一気に緊迫 北朝鮮、南北会談「中止」、米韓合同軍事演習を非難
https://www.sankei.com/photo/story/news/180516/sty1805160013-n1.html

【拙】今は「朝鮮のターン」
https://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/947c181737bfd25e1ce1af20f7152b47

こんなんで、日韓のメディアは文在寅とか金正恩を賞賛してるわけで。個人的には「アホなの?」としか思えない。(略)とりあえず、現在の「朝鮮のターン」でうかつにも浮かれ狂っとる連中が、今後発生しそうな急転直下でどうなんのかなぁと。

 唐突にやってきたな。朝鮮のターンの終了。
 俺は、「もしかしたら本当に米朝首脳会談が実現するかも…」とか思いつつ、こうなるリスクを30%ぐらいは見ていたつもりである。

【拙】外交の天才(誰?)
https://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/faaf18df50d8f80b0880d1dccebe52bc

このまま順調に推移できるのなら、確かに米朝首脳会談は実現するだろう。

 そう。あくまで、順調に推移できたらの話であったのだ。
 これは暗雲立ち込めてきたわ。そしてついに。

【河北新報】北朝鮮、一方的な核放棄強要拒否 「妄言」と米国を非難
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201805/2018051601001348.html

 とうとうハッキリと、米朝首脳会談の中止に踏み込んで発言してきた。
 どうやら北は、思惑通りにいきそうにないから、無茶振りしてスケジュールを潰しにかかってきたようだ。

 既にガッツリ石油などの密輸の現場を海上自衛隊に撮影させた上で韓国につきつけたのに、韓国がいけしゃあしゃあとしらばっくれる事態にもなっており…。

【Share News】韓国、北朝鮮に原油瀬取り販売か 海自が発見し日本政府が抗議するも韓国政府は完全無視
https://snjpn.net/archives/51112

 この記事の関連動画によれば、米湾岸警備隊の派遣も検討されて、日米の連携がとれている事も伺わせる。

 さて。
 だから言ったよな。「米朝首脳会談実現が可能であれば、文在寅はかなりのやり手」だと。とてつもなく困難なのである。だからこそ、俺はここまで持ってきた文在寅を「舐めてたかもなぁ」と言ったし、彼はよくやっていたとは思っていた。
 それでも。やっぱり最後まで気が抜けない、金正恩の機嫌次第で簡単にぶっ壊されるリスクは、考えておかねばならないわけよ。俺はそれを、30%ぐらいと見ていたわけだけど。

 韓国国内の、もう「米国を韓国面に落とし込んでの日本孤立化作戦」が大成功裏に終了したかのようなお祭り騒ぎは、いったいなんだったのよ。
 それと、こうなるギリギリに、「日本は世界から孤立している!」とかいうアーホーな記事をアップした運のない冒頭紹介記事の著者、春名幹男君(コテコテの日本型リベラル)は、今どんな気持ちだろうな。彼だけでなく、米朝蜜月を夢見て、日本蚊帳の外論を展開していた大半の識者は今!…という気分なのである。今の俺は。

 こうなってくると、日本型リベラル共よりも事態が深刻なのは、当然の事、文在寅である。外交の天才、初の挫折か。

 まあ、初の挫折っつーか、これまでもこれからも、文在寅は誰にも相手にされてなかっただけなんだけどな。

 とりあえず。米朝首脳会談に漕ぎつけられる可能性は激減した。
 当初俺予想で実現率7割だったわけだが、3割に低下したと言っていい。つまり米朝首脳会談実現率が逆転してしまった。

 これは…。韓国大統領、かつてない逆境に陥ったな。この状況を、国内でどう調整するつもりなのか。慰安婦像の撤去ほどではないけれど、なかなかツラい事態である。

 ホレッ。がんばれよ~。ピンチをチャンスに!の精神だよ。文在寅。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史


コメント (1)

瀬戸物VSセラミック

2018-05-14 22:45:50 | 政治(安倍政権)
 まあ、「同じもの」というツッコミはなしで。

【産経】扉を開けると「移民は来るな」のステッカーが…寛容政策が生んだ新世代「極右」 三井美奈
https://www.sankei.com/world/news/180515/wor1805150036-n1.html

 「寛容なリベラル」はよく喧伝される。対して「保守の不寛容」もよく指摘されるのだが。俺は逆だと思っている。最近、特にドイツのメルケル首相を中心とした、EUの移民寛容政策の問題が表面化してからになるかな。日本でも、リベラルの不寛容さの指摘は、増加傾向にある。

 リベラルは、不寛容である。

 そして、リベラルが最も不寛容なのが、自国民に対してなのだ。それは特定日本人を見ていればわかる話だ。
 彼らは不寛容を糾弾し、寛容な自身らを、特別な存在として自画自賛しがちだが、ネットが発達した昨今では、その自分達の言葉が、まるでブーメランのように、自分に返ってくる事を繰り返している。
 それで、様々な方面から馬鹿にされるようになってきているのだ。

 それでも、日本のメディアの基本論調は日本型リベラルなので、日本はEUのようにリベラルの支配下にあって、絶対に非寛容を是とはしない。

 結果、生まれるのが優遇された外国人勢力に対する日本国民の不満なのだ。
 そんな不満の受け皿になりうるものがネットで、そこから、レッテルを貼られた「ネトウヨ」が誕生したのだ。
 尤も、現在はネトウヨも先鋭化してしまい、本当に不寛容な極右と化してしまっていると思うが。

 前述の紹介記事のタイトル通りである。まさに「寛容政策がネトウヨを産んだ」のだ。特定日本人こそ、日本のがん細胞だ。連中がいなければ、日本ではこんな、極端な不寛容は生まれなかった。

 俺は昔から、「韓国人よりも中国人よりも、何より特定日本人が一番嫌いである」と主張しているが、それは諸悪の根源が特定日本人にあるからだ。連中さえいなければ、気持ち悪い主張を繰り返す中韓人にしても、「一部そういう人もいるよね。一線引いて穏便にお付き合いをしよう」という認識が中心であり、現在のような全中韓人を敵視するような雰囲気にはならなかったに違いない。

 差別は、差別を連呼する連中から生まれるのだ。

 勿論、全てのリベラル政策が間違っているとは思わない。
 しかし、俺は基本的な今の世界の混乱は、日本型リベラルも含む、世界のリベラル勢力がおこしているように思う。

 一方保守は、比較的クソ真面目である。リベラルに指摘された点も妥協点を探ろうとする。今の自民党を見ればわかるだろう。だからこそ、つけこまれ、超絶少数派の野党に妨害され、国会運営に支障をきたしているし、二階や村上誠一郎のような売国奴も抱え込んでしまえる。個人的には「それで保守とかちゃんちゃらおかしいわ」という気分である。小林よしのりや鈴木邦男のようなエセ保守も生まれる。

 保守は、あまりに寛容すぎるのだ。保守という体裁がとれなくなるほどに。
 ホレ。どうよ。世間ではリベラルが寛容で、保守が不寛容という区分けなんだろうけど。まるで逆だろうが。

 ACのCMで、「せとものとせともの」ってのがあるやん。どっちかが柔らかければ、誰も割れないってやつ。

 

 ACジャパン


 違うねん。従来は全員が柔らかかったはずなのよ。それが、リベラルがカッチコチの瀬戸物に変身して、他の柔らかいヤツをベッコベコと凹ませていたんだよ。それで、周辺の連中が「もうベコベコにされるのはイヤー!」っつって、防衛するためにカチカチになってしまったんだよ。それで、へこまされなくなった。
 今は、周囲の連中の方が、瀬戸物は瀬戸物でもセラミッククラスの硬度になってしまって、初代瀬戸物だったリベラルが、セラミック瀬戸物にぶつかられてガッチャンガッチャン割られているのである。
 それで、割られて数が減ってしまって、「これ以上割らないで…」って気持ちで、みんなに「寛容に(やわらかく)なってください」って言っているのだ。

 しかし、リベラルっつーのはな、絶対に自分が柔らかくなる事を是としないのであった。でもって、「これ以上割らないで」とも、口に出しても言わないのだ。

 まるで、「日○通貨スワップが必要です助けて」と決していわないどっかの国のようだよ。ホントそっくりだよ。

 …さっさと砕け散れ。

 

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史


コメント (3)