あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

ホビージャパン最悪

2018-06-08 00:04:16 | 特定亜細亜
 これはあかんわ…。

【ねとらぼ】「二度目の人生は異世界で」原作ラノベも出荷停止に 続刊については「未定」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000035-it_nlab-ent

 大騒ぎになっているワリに、TVとかはあまり取り上げていないようだけど。
 これは本当に駄目だと思う。

 ちなみに。俺は「二度目の人生~」という、なろう小説を読んではいない。
 だからって、この騒動を引き起こした連中を叩いてはいけないという理由にはならないだろう。ものすごいムナクソの悪さである。

 何が駄目って。こんなの「ごめんなさい。もうしません。該当ツイートは削除します」と謝罪し、二度と「虫国」とか「姦国」とかいう蔑称を使わずに、今後特定アジアを批判すればそれでおしまいの話ではないか。

 それが、結局18巻ものシリーズで現在も続刊の、作者が長年かけて構築してきた「世界」を潰し、今後も発生するであろう、その作者の収入を潰し、さらには作者の将来をも潰してしまうまでの大事にしてしまう程の事なのか。

 言ってみれば、ホビージャパンはテロに屈したと言っても過言ではない。

 今後、ホビージャパンからの書籍化の依頼があれば、選択肢があるなら積極的に断るべきだと思う。

 なんとクソな決断をしたのだホビージャパン!マジで見損なったわ。

 この事件の経緯としては。
 対象の物語の敵国が、モチーフが中国なんだよね。(このあたりは後述の棘のまとめが詳しいので省略)
 それで、4年前ぐらいの作者のツイートから、前述した「虫国」とか「姦国」とかの、いわばヘイトスピーチが発掘される。

 それを、心無い日本人が中国語で中国に紹介。
 ↓
 中国メディアが反応。
 ↓
 中国人のオタクが日本の声優に抗議。
 ↓
 ソンミ@中国垢氏(現在垢削除)が日本のツイッターで煽る。
 ↓
 作者謝罪。4年前のヘイトスピーチツイートは全部削除
 ↓
 主要キャラの声優が全員降板。
 ↓
 「二度目の人生~」全巻絶版
 ↓
 ソンミ@中国垢氏も炎上「悪いのは俺じゃない!」

 降板して、アニメを放送中止に追い込んだ声優は、以下4名だ。

 山下七海 エイベックス・ピクチャーズ
 安野希世乃 エイベックス・ピクチャーズ
 中島愛 ビクターミュージックアーツ
 増田俊樹 スペースクラフト・エンタテインメント

 これは、事務所側の決定かもしれないが、いわゆるジャスコ岡田ばりの忖度があったんだろうな。

 こちらが、棘にまとめられたソンミ氏の時系列ツイート。読めばわかるが、かなりのムナクソだ。これはいいまとめ。

【棘】「二度目の人生を異世界で」騒動における「ソンミ@中国垢」の行為、見解の矛盾を検証する。
https://togetter.com/li/1234659?page=1

 今回の件、誰が悪かったのかと言えば。

 ホビージャパン>ソンミ>>>>作者

 ではないかと思う。過失割合は、5:4:1。
 作者に落ち度がなかったわけではない。が、棘でのまとめを読めばわかるけど「二度目の~」は架空戦記の域を出ず、敵国が中国であるとの証拠もない。コードギアスの神聖ブリタニア帝国レベルである。
 これで作家人生が潰されるレベルなのであれば、日本に執拗に抗議を繰り返した中国人達がいつも見ている抗日ドラマはいったいなんやねんと言いたい。

【検索】「sonmichina」
https://twitter.com/search?q=sonmichina

 ツイッターをソンミ垢で検索すると、ものの見事にソンミ氏への日本人の呪詛で埋め尽くされている。これはまさに大炎上。本人削除して逃走するのもさもありなんである。まあ、ソンミ氏もここまで大事にする気はなかったのかもしれない。ビビったであろう。

 で。それを決定づけてしまったのが、ホビージャパンのクソ対応であり、その激震の初期微動が声優の降板なのであった。
 アニメ中止ぐらいならまだしも、全巻絶版はない。

 ちなみに。冒頭で紹介した「二度目の~」のアニメ中止の記事。

降板騒動に戸惑いを受けつつも、声優のファンたちは「ホッとした」「賢明なご判断」「これからも応援しています」と、声優の公式Twitterへ心配や励ましのコメントを寄せていた。

 声優が降板する事を、ツイッターの反応として「ほっとした」とか「ありがとう」とか言うのが紹介されているが。
 3つ紹介されているうち、1つが香港人、1つが20ツイートしかしてない明らかに不自然な垢、1つが普通の人という構成であった。

 今回の声優の行動を正当化するようなツイートを探すのに、苦労した痕が偲ばれた内容となっていた。

 返す返すも最低だよホビージャパン。好きな作家もいるからホビージャパン系を不買なんて事は言わないが。俺はホビージャパンからの書籍化の話は、できるだけ拒否する事を、作家の卵さん達にはオススメしたい。

 だって。後になって平気で、作家生命を実際に断ってくるんだぜ?
 そんな実例がある出版社なんて、イヤじゃないか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

世界一おもしろい 世界史の授業 (中経の文庫)


コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

外交青書の「韓国との関係性」、またもランクダウン

2018-06-01 23:17:03 | 特定亜細亜
 これは本当に、いい傾向。

【産経】韓国は「重要な隣国」消えた!! ついに「格下げ」…外交青書が映す他国との関係性
https://www.sankei.com/premium/news/180601/prm1806010005-n1.html

政府が5月の閣議で了承した平成30年版「外交青書」の韓国に関する記述で、29年版まであった「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」の表現を削除し、扱いを“格下げ”にした。

 この記事によれば、「韓国に対する外交青書の表現は上げ下げが激しい」との事なのだけど。どうみても下げ止まらない状態が続いている。

 だってさ…。

5年前:「価値の共有」「利益の共有」「最も重要」
4年前:「最も重要」
3年前:「戦略的利益を共有」「最も重要」
今年:なし

 なんだよ?「最も重要」でなくなってしまったのである。
 さて。この記事に登場する「外務省幹部」によれば

「全体の書きぶりを見てほしい」と外務省幹部が語るように、枕詞が関係をすべて言い表しているわけではない。

 との事なので、実際の30年度外交青書のうち、韓国の部分を全文引用してみよう。
 なに、それほど長い文章ではない。

〈韓国〉
良好な日韓関係は、アジア太平洋地域の平和と安定にとって不可欠である。
2015 年に日韓国交正常化 50 周年を迎え、それ以降も、活発な日韓交流が行われており、2017 年には日韓間の人の往来は過去最多となった。経済関係も緊密に推移している。政治面では、2017 年 5 月に就任した文在寅大統領との間で、同年 7 月及び 9 月に首脳会談を行い、2018 年 2 月には平昌冬季オリンピック競技大会の開会式の機会を捉えて安倍総理が訪韓し、首脳会談を行った。一方、2017年 12 月には、2015 年の慰安婦問題に関する日韓合意について検討する「慰安婦合意検討タスクフォース」が報告書を発表し、2018 年 1 月には韓国政府が日韓合意についての立場を発表した。韓国側が、日本側に更なる措置を求めるというようなことは日本として全く受け入れられるものではない。日本政府は、韓国が「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した合意を着実に実施するよう引き続き強く求めていく考えである。日韓間には困難な問題も存在するが、これらを適切にマネージしつつ、日韓関係を未来志向で前に進めていくことが重要である。

本当に、どこにも友好国らしき言葉がなく吹きそうになった。
 安倍総理がトップに立った時、まず感じた今後の日本の外交方針が、「まずは韓国を潰そう」であった。
 それが、現実のものとなりかけている。
 外交青書は、各国に対する日本の現在の外交方針を示したものだから、韓国との関係性は著しく後退しているとしか言いようがない。

 ちなみに、この文章の中、「重要」という言葉が出てきたのは最後の1つだけ。しかもその「重要」の使い所が、要するに「昨今悪くなった関係を、地道に戻してくのが『重要』」ってな感じなのである。

 他国に対する書きっぷりを全部確認したが、こんなにマイナス評価ばかりの青書になっている国は他にない。
 俺は、いくら安倍総理になったとしても、ここまで関係が悪化するとは思えなかった。そりゃまあ日本人の韓国に対する心証は悪化の一途を辿るであろうとは思ってはいた。それでも、国家としての外交関係も、日本人の韓国人に対する心証悪化に負けず劣らず悪化してしまうとは…。
 やはり、政治というものは、国民に引きずられるものなんだなぁ。

 日本はどんどん、韓国人にとって住みにくい国になっている。
 それなのに、韓国から日本への渡航者は、昨年度も過去最高を記録している。
 ここ数年、ヘイトスピーチはやめようとか、差別差別と訴える人とかが増えた印象なんだけど。
 俺、日本人はもっと韓国人を嫌がってもいいと思うんだよね。少なくとも、あんなに嫌われてる韓国人が、日本に大挙して旅行に訪れ、リピーターになって何度もやってくるのはおかしい。表向き、差別なんて、日本人はやってない良い証拠ではないか。

 日本人が彼ら韓国人を嫌悪するのと、差別するのはぜんぜん別の話だ。
 まだ足りない。韓国は、もっとたくさんの日本人に嫌われるべきだ。あの国の実態に気がついていない人が、まだ大勢いる。

 そういう意味で文在寅政権は、日本にとっていい政権だと思う。どんどん、日本人に嫌われる事をやって欲しいと思う。マスコミが隠しきれない程の。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

世界一おもしろい 世界史の授業 (中経の文庫)


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

米朝首脳会談に向けた事前予想とか

2018-05-30 23:54:59 | 特定亜細亜
 現在の北朝鮮を取り巻く情勢が、ストンと綺麗に落ちる、久々に納得のゆく記事を見つけたので紹介したいと思う。

【プレジデント】朝鮮半島の"再属国化"を狙う習近平の誤算
http://president.jp/articles/-/25280

 なかなか長い記事なので、整理するとこんな感じ。

【中国の思惑】前提①
1.経済支援により北を救い、かつ北での立場を強化。
2.北主導で朝鮮半島の統一を行い、朝鮮を属国化する。

【北朝鮮の思惑】前提②
1.米中二股外交を展開している。米中両方に与する気がない。
2.中国が露骨に嫌い。

【現在の情勢】
1.トランプ政権の誕生、経済制裁によって北が窮地に陥る。
2.中国はチャンス。北への「救いの手」が高く売れる!
3.北は中国を無視。韓国を利用して米国の要請を受け入れる。
4.中国が焦る→中国の要請による中朝首脳会談が2回実施される。
※中国の経済支援「カネと口を出す」、「口」の方が大幅に制約されてしまう事に
5.北、中国の意をうけて米国を恫喝。
6.米国、米朝首脳会談の中止を宣言。北、米国への抱きつき戦略破綻。

 こんなところだろうか。
 面白いところは、日韓の思惑がまるで語られていない事であろう。
 こうして整理して見てみると、北朝鮮が日韓の方をまるで向いていない事がわかる。

 あくまで、北の目線は米中に向いているのだ。
 この記事は、ラストこのような文章で締められている。

北朝鮮問題はその本質において、アメリカと中国の二大国の駆け引きであり、「米中冷戦」と呼ぶべき現在の危機構造の一部として存在しています。アメリカにとって、北朝鮮に譲歩することは、中国に譲歩することと同じなのです。「ドラゴンスレイヤー」と呼ばれる対中強硬派で占められたトランプ政権の中枢は、そのことを最もよく理解しています。

 結果として、米国が北に譲歩する事はありえないという事なのだ。
 俺は記事の内容に対し、大いに納得がいって、同時に大変うれしくもあった。

 先日までのウチの煮えきらんエントリの論調を見てほしい。トランプ氏の突拍子のなさなどに起因する不安感で満載である。米国が、北に譲歩なんてしたらどうしようと。

 俺は元、2ch東亜板の住人だからして。非韓三原則提唱者である。
 つまり、「助けない・教えない・関わらない」の原則を守って、朝鮮とは付き合っていくべきと考えている。

 米朝首脳会談が成功し、朝鮮半島への経済支援などに日本が加わるような事があれば、日本の経済的損失は、単に朝鮮半島への日本の経済支援総額以上のモノとなってしまうのは確実。

 だが安心した。少なくとも米朝首脳会談は成功しないと確信できた。
 だって。この北の態度からすれば、一方的に米国に依存する事はありえない。コイツは韓国のようなエセではない「アジアのバランサー理論」提唱者なのだから。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

世界一おもしろい 世界史の授業 (中経の文庫)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国が平昌五輪で日本に要請した技術達

2018-03-02 00:39:24 | 特定亜細亜
 別に、いいんではないかなぁと思う。

 何がって、平昌五輪が韓国の技術力では開催できず、日本から沢山協力してもらってなんとか凌ぎきった事である。
 なんでも、人工雪の製造装置や、スケートリンクの製氷、強風で安全が保証できないので防風ネットの提供、自国の気象衛星が使えないので日本の気象衛星を使用と…。

 確かに、韓国はホスト国として、何をやったの?と呆れたくなる話ではあると思う。

 開会式の時、ドローンの演出は、結局当日は飛ばせなかったみたいなので、前半のプロジェクションマッピングぐらいかなぁ。やったの…とか思っていると。
 アレも、日本が技術提供したと言う話で。

 なーんもかんもが、日本におんぶだっこだったらしい。
 まあ、冒頭でも述べた通り、俺は別にそれは構わないと思う。

 例えば、普通の感覚として、開催地がカナダのモントリオールだったとして。
 製氷や人工雪製造機、プロジェクションマッピングなんかの技術提供を日本が行ったとして、それでカナダに「プププー。お前らは自分ではなーんもできんの?」とか、そんな事を思うだろうか。俺は別に思わないし、むしろ自国の技術がオリンピックで使われる程高度なものだったのだと、誇りに思えると思う。

 うん。まあそれが、多分普通の感覚なのではないかな。
 日本のネットが、韓国を見下して笑うのであれば。俺はその姿を、マスコミが叩いても、それは正当だろうと考える。

 だが…。そういう、韓国の方が優位な立場にあるにも関わらず、それをブチ壊してしまうのが…韓国という国なんだよな。あーあ。アホだなぁ。
 それで…。そういう時は流石のレコードチャイナ。日韓離間策は今日も平常運転だ。

【レコチャ】<平昌五輪>スケート競技で好記録連発、韓国メディア「われわれの氷がいいから」―中国紙
http://news.livedoor.com/article/detail/14350566/

 他人のふんどしを、まるで自前で用意したかの如く装着し、ソイツで相撲をとっちゃあいけないよ。

 こうなってくると、日本人の立場としては、上記のネットの噂について、キチンと裏をとっておく必要が出てきてしまうのである。
 俺、こーゆー醜い争いには加わりたくないんだけどなぁ。
 結果、人工雪以外については、ほぼ裏が取れたと思って大丈夫であった。
 人工雪製造機は日本のメーカーが協力しているのか?ってのは…。誰か知ってたら教えて(他力本願)。エントリ修正すんので。

 まず、製氷は、まあ高等技術だしなぁ。韓国はギブアップして日本に支援要請をしたんだそうな。

【日経】日本の技、銀盤磨く 韓国から整氷の協力要請
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26797690R10C18A2CC1000/?pye=1

 


 次に、韓国の気象衛星はまともに使えないようで、これも日本に要請。

【中央日報】韓国気象衛星、よりによって五輪中に故障…日本衛星を活用中
http://japanese.joins.com/article/586/238586.html

 

 防風対策の防風ネット。これも日本製。

平昌ジャンプ台に「白馬」の技 防風ネットで選手守る
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO25435570Y8A100C1SHB001?channel=DF220420167266

 

 開会式の時のプロジェクションマッピング。これも日本製。

【パナ】平昌2018冬季オリンピックを多様な映像音響機器とソリューションでサポート
http://news.panasonic.com/jp/stories/2018/54937.html

 

 人工雪はわからんかったが…。
 日本はホント、すっごい韓国にいっぱい協力してたんだなあと。改めて思った。
 それで…。やっぱりさ、「ありがとう」が言えない連中には、協力ってしちゃいけないと思うよ。

 次は、韓国の光州市で、来年夏に世界水泳だっけか。
 世界の人々が、韓国で国際大会をやっちゃいけないって、わかんないのは、きっと日本のせいじゃないかなあ。

【産経】ついに国際水泳連盟が韓国に最後通牒を突きつけた! 世界水泳の開催権を剥奪か?
http://www.sankei.com/premium/news/160619/prm1606190033-n1.html


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

平昌五輪の開会式でドローンが飛んでいない?

2018-02-11 22:52:10 | 特定亜細亜
 これマジなん?

 俺は産経のこの記事を読んで、本当に驚愕した。

【産経】サイバー攻撃か?! 開会式のさなかにネットがダウン 国防省も巻き込んで原因調査中
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180210/pye1802100060-n1.html

 驚愕したのは、以下の部分。

しかし、ロイター通信によると、開会式では予定していた小型無人機(ドローン)を飛ばすことができず、事前に録画した映像を使用した。

 実は俺、五輪の開会式をリアルタイムでテレビで見ていた。
 プロジェクションマッピングによる、中央の円形のスクリーンを使った寸劇など、なかなか興味深く見ていたのだけど。
 IOCの偉いさんのスピーチが始まった辺りで「長そうだな。まあ、開会式のパフォーマンスもそんなに酷い失敗もなかったみたいだし、もういいか」と、テレビを切ったのだ。

 ライブで開会式をその辺りまで見ていた人はご存知だと思うが、突然映像が、録画映像に切り替わったのである。俺も見た。

 俺は、きっと、現地のモニターで流している映像を、日本のテレビでも直接流しているのだと、その時思ったのだった。

 それで、ウチの嫁と、「現地の観客たちが見ている姿も含めたライブ映像が重要じゃないのか。現地のスクリーンに写っている映像を、そのままTVで放映して、日本のマスコミは、何を勘違いしてるんだ?」と訝しんでいた。

 それで、俺や嫁さんは、開会式を途中で見るのをやめたから、知らなかった開会式の最後にドローンのパフォーマンスがあった事をニュースで知って、後で、ドローンの演出を担当したインテルのサイトでそのパフォーマンスを見て、「これはすげー」とか言ってたのだけど…。

 これ、録画で当日現地では、見れなかったって事?マジで?一番の目玉パフォーマンスやんけコレ。

 この話、俺本当に知らなかったのだけど。日本報道してなくない?

 それに、だったらとてつもなく不自然だった、平昌五輪開会式の最中、唐突に録画映像のみが流された事がものすごい符合してしまうのだけど。

 もしかして、日本人はマスコミに騙されてて、実は本当は、平昌五輪の開会式って大失敗だったって事…?

 まあ、極寒の平昌で、20時開会式なのに、列車で増便もできないという

【朝日】五輪開会式後、深夜に観客大混乱「電車は終わりました」
https://www.asahi.com/articles/ASL2B1DZ1L29UHBI03Y.html

 凍死者を出していない事が不思議なぐらいのサバイバル五輪で、その点だけとっても開会式は大失敗なんだけどさ。開会式参加者の心証はガチで最悪だろうし。

 まさか、エンタメ…つまり「見た目」だけは取り繕う韓国が、開会式のパフォーマンスでそこまでの失態を演じていたとは。

 俺、逆に平昌五輪が終わった頃ぐらいがすっごく楽しみになってきたわ。

 だってさ。平昌五輪の評価が、日本人と、その他の国と、韓国の3つでぜんぜん違うような気がしない?

 なんだか意外と、分析のしがいがありそうな予感がする。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平昌のノロわれたパンデミック

2018-02-08 23:31:36 | 特定亜細亜
 人の不幸を笑うわけではないが…。キタな。パンデミック。

【読売】平昌のノロ感染、86人に拡大…1千人超が症状
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/topic/20180207-OYT1T50166.html?from=tw

 最初、昨日の段階(02/07 23:17)でゴゴ通信がハングルの報道から同記事を拾い、GJ!とか思っていた。まーた日本のメディアはギリギリまでこれを積極的に報道しないんだろうなあとか、思っていたら…。

 翌朝になったら読売(02/08 07:45)が報じてた。
 どうやら、日本の大手メディアでは一番手であった。よしよし。ここは遅れないよね。よくやった読売!

 これで、一拍遅れではあるものの、テレビメディアも報じざるを得まい。
 これは正直、当然の結果であろう。こうなる確率はすっごく高かった。ノロやロタは感染力が高く、相当モラルが高くなければ感染の拡大は防げない。
 先日紹介した、ソウルの一流ホテルでアレなのである。しかも、日本の報道では、「水道水が原因」とか、あたかも原因が特定できたような弁であったが、韓国の報道では、「ノロウイルスの型が様々で、感染源が特定できない」とあった。

 普通に考えて、既に水際防衛に失敗した後だった。手遅れだろう。

 はっきり言って、ここまで来てどの日本メディアも報じなければ、日本ではネットでかなり叩かれるハメになっただろう。選手や渡航日本人への感染が確認されれば、情報を伝えようとしなかった、日本のメディアの信頼度はさらに低下する。

 現状を想像するに…。

 日本のメディアは、口火を切るのを嫌ったのではないかと思う。
 ほぼ致命的とすら言える、韓国の平昌五輪のネガティブネタを、いの一番で報じる事を、嫌ったのではなかろうか。

 それで、「あー。読売が報じちゃったか。じゃあもう、ウチが報じなかったとしても、時間の問題だよね。もう一緒だよ。あー。韓国のイメージが悪くなったの、ウチのせいじゃないですよ。読売のせいだよ?」と、誰に向かって言っているかわからないけれども、そんな呪文をどっかに向かって呟いた後、日本人に向かって

「ウチも、この情報は是非日本国民に知らせなければ!と思ってたんですよ!ホラちゃんと報じてるでしょ?」

 とアリバイを主張してる…のではなかろうかと思う。
 …どう思う?つーかホント、どこの国の報道なんだよ。日本のメディアって。日本じゃないのか。

 そんなわけで。大手読売で、いの一番で、ノロのパンデミックが報じられたのであった。

 ホラ。わかるかな。俺の上記妄想が正しければ。今後はちゃんと、韓国平昌の、ノロパンデミックが報じられるハズである。

 まあね。アリバイ報道でもなんでも、報道されないよりゃ、100倍マシなわけだけどさ。…なんだろうな。この忌々しい気分は。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平昌五輪開幕前に現地でノロが感染拡大

2018-02-08 00:06:09 | 特定亜細亜
 あまりに重大なニュースだったので、徐々に、やっとこ日本でもチマチマと報道されはじめたけど…。
 このニュースを大々的にやらないのは、報道機関としては失格じゃねーのか。

【日テレ】平昌五輪 警備員が“ノロ”集団感染か
http://www.news24.jp/articles/2018/02/06/10384993.html

6日までに、約40人にノロウイルスに感染した疑いがもたれている。水道水が原因とみられ、同じ宿舎の、約1200人が業務から外れて待機している。

 と、言うわけで、日本のメディアによる、このTVのニュースでは原因の特定が既に完了しているかのようだが。
 韓国メディアのニュースでは、感染経路が確定していないと報じられている。
 というか、日テレはまだ報道してるだけマシで。さっき検索してみたけど、テレビで報道してんの、もしかして日テレだけじゃね?

【朝鮮日報】平昌で女性警官12人新たにノロ確定、感染経路把握できず
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/07/2018020703080.html

同庁によると江陵嶺東大学の宿舎に滞在していた女性警察官12人が6日に下痢やめまいなどの症状を訴えて病院で検査したところ、全員がノロウイルスに感染していることが確認され、すぐに隔離された。これにより、ノロウイルスと確定した患者は32人から40人以上に増えた。

 人数や日にちからして、同じ元ネタだと思われるが…。
 どうして日本のメディアはこの手の韓国のネタは過小に報じるのか…。正直理解に苦しんでいる。

 数日前、韓国では一流のホテルであっても、、客室の洗面台や便器を磨いたものと同じスポンジでコップなどを洗っているとの報道があった。

【保守速】韓国元ホテル従業員「10年前も便器磨いたスポンジでコップ洗っていた。昨日今日のことではない」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48810567.html

ホテルの元従業員や現職の従業員は「マニュアルをすべて守っていたら担当する客室の清掃を時間内に終えられない」と言う。時間がない最大の理由は、手当をより多くもらおうと能力以上に多くの客室を担当することだ。



 ノロウイルスは、次亜塩素酸系消毒液での消毒や、1分以上の煮沸消毒が必要になる。
 この状況で付着したノロウイルスとか、消毒できるわけがない上、ノロの感染力はハンパではないので、ごく少量が経口しただけでアウトである。

 マジで思うのだけど。韓国人ってノロとかロタに対して、強力な抗体を有していないか?少なくとも、ある程度耐性があるように思えてならない。

 こんな状況で、世界有数の清潔国家・日本から韓国へと滞在して、大丈夫なのか。日本人は住めないのではなかろうか。

 日本人の皆様は、選手の方も含め、くれぐれもご自愛を。まあ選手は無理だろうけど。
 あんなサバイバル五輪、渡航リスクばかりが高くて、行く価値なんてまるでないと思うな。俺は。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ピーターパンな韓国

2018-01-11 01:03:40 | 特定亜細亜
 奇しくも、昨日のエントリで紹介した百田氏の著書で、確か同じ事が書かれていると思うのだけど。(大将の著書自体は、実は未読)。

 今こそ、韓国に謝ろう

 

 日本が本当に韓国に謝罪しなければならない事ってのは、こーゆー事だと思うの。

【産経】「男が言い寄るのは性犯罪ではない」セクハラ告発運動の行き過ぎに警鐘 女優カトリーヌ・ドヌーブらフランス人女性100人が連名寄稿
http://www.sankei.com/world/news/180110/wor1801100014-n1.html

セクハラ告発の行き過ぎは「女性を保護が必要な子供におとしめること」と評した。

 まさにその通り。
 日本の真の罪は、韓国を子供扱いし、さらに過保護に過ぎた事である。
 そこから、韓国はいわゆる「ピーターパン症候群」に陥ったのだ。
 いつまでたっても大人になれないという「パーソナリティ障害」の事である。ちなみに、正式な病気ではない。

 ここで、1つピーターパン症候群の「症例」を紹介してみよう。
 わりと、驚く人も多いと思う。

甘やかしはNG!? 大人になれない「ピーターパン症候群」な夫への接し方
https://papimami.jp/49113/

【女性からのご相談】(前略)結婚前の夫は地域経済を活性化させたいという理想に燃え、無邪気で情熱的で魅力的な男性に見えました。ところが、結婚生活を始めてみると、何でも私にやってもらうのが当たり前と思っているところがあることに気づきました。また、家庭より仲間を大事にし、現実を無視した夢物語のようなことを言います。大人の男性としては言動が軽く、不安定です。その結果として失敗も多く、反省する様子すらありません。いろいろと調べて、夫は『ピーターパン症候群』というパーソナリティ障害だと確信しました。愛すべきところはある人ですが、どう向き合っていったらいいのでしょうか。

 どうよ。読んでみればすっごくよくわかると思うけど。思い当たるフシの多さに驚愕を禁じ得ないのではないか。

『ピーターパン症候群とは、アメリカの心理学者ダン・カイリー博士が提唱した男性特有のパーソナリティ障害です。“男性であれば誰もが多かれ少なかれ持っている問題”であるため、医学上の正式な病名ではありません。ピーターパン症候群の男性は、両親や祖父母に甘やかされて育ち、成人してからも恋人や妻に世話を焼いてもらうのを“当然のこと”として考えます。一見すると、少年のような無邪気さと情熱を持っているように見えますが、本音では、「大人になりたくない」と考えています。カイリーは、この特徴から“ピーターパン症候群”と名付けたのです』(50代女性/都内メンタルクリニック院長・精神科医)

 これが、この記事における、ピーターパン症候群の定義だ。
 で、この記事では、ピーターパンに対する殉教者、ウェンディにならないように、注意しろと、対等なパートナーである、ティンカーベルになれとある。
 まあ、これまでの日本ってのは、言うまでもなくウェンディなんだけど…。

男性の面倒を見るのが上手な“ウェンディ”タイプの女性には、知らず知らずのうちに“ピーターパン”タイプの男性と一緒になってしまう傾向があります。けれど、今からでも間に合います。旦那様のことをこれ以上は甘やかさずに、旦那様が自営業・自由業的な分野で立派な業績を残せるようにパートナーとして応援していただきたいと思うのです。

 あくまで「応援してあげてください」なんだよね。
 それで、この記事は、最後にこのようにまとめられている。

このような趣旨のことはカイリー博士自身も、世の女性に向けて勧めています。やるだけやっても旦那様が一向に大人になれず、見込みがないということであれば、そのときは仕方がないではありませんか。

 仕方がないとは。
 まあ、別れるしかないって事なんだろうけどさ。

 ピーターパン症候群な人に対し、どのように接したらいいのか。医者や専門家の見解は、恐らく一般的に、こんな感じなのよ。

 で、これを読んで、韓国に未だ、おもねろうとするパヨクな人々はどう思う?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

中国の国賓として、文在寅がやってきた!

2017-12-15 00:50:53 | 特定亜細亜
https://twitter.com/Che_SYoung/status/941166064980787201

本日は、フリーライターの崔碩栄氏のツイッターから。

文在寅大統領の中国訪問。

習近平主席にもあえず、空港に迎えにきたのは次官、国賓晩餐無し、共同記者会見無し、共同声明無し。朝食は豆乳にパンだったと韓国で話題。

新聞は「一般食堂で中国の庶民たちと疎通した」とかばう。

そんな疎通は韓国内でも出来そうな気がするけどね(^o^;)

 動画もみた。…一応、国賓待遇のはずだよね?これは流石にありえないわ…。ドン引きした。

 中国の兵法書「六韜(りくとう)」には「武力を使わず敵を倒す方法」の項目に、「無能なものなら大いに歓迎せよ。有能であるならば何一つ与えずに返せ」という一文がある。

 実際、日本の村山富市や加藤紘一、鳩山由紀夫、菅直人なんかは大歓迎された。
 どうして?中国なら、韓国を大歓迎するのではないの?…と、マジで俺の頭上にクエスチョンマークが浮かび…。そしてその直後に「ああ。そうか」と一瞬にして納得してしまった。

 韓国は、敵ではないんだ。「釣った魚にエサはやらない」という事か。無駄なことはやらない主義なんだな。中国ってのは。

 「韓国が敵ではない」というのは、いわゆる「韓国は味方である」という意味ではない。「韓国なんぞ、倒すまでもない、取るに足らない存在だ」という意味である。

 中国にとっては、韓国は数少ない味方の国なんだから。もっと仲良くすりゃーいいのにな。まあ、韓国にとって、日米は最早共感できるような国ではないのだろうし、いくら邪険に扱われても、中国に対しては腹を見せて寝っ転がる以外の選択肢はないのかもしれないが。

 こうして考えると、日本に対する中国の態度というものは、常に立派に六韜の兵法書に沿っている。バカで無能は歓迎し、手強い人には何もやらない。徹底していると言ってもいい。

 先日は、河野太郎外務大臣に対し、中国は辛辣な態度を貫いていたわけだけど。
 むしろ六韜の教えが、中国の国益にとって邪魔になっているように思うんだよね。

 俺、河野太郎を熱烈歓迎してやれば、いろいろ中国側に有利に働いたような気がするんだよなぁ。

 河野洋平を念頭に置く人々からは、河野大臣と中国の接近は警戒されるだろうし、熱烈に歓待すれば、中国にとって耳の痛い話を河野大臣が切り出しにくくなるし、ここ最近のハナタレのガキのような韓国の外交が念頭にあれば、「中国は大人な対応」とか、「ちょっと我慢すれば評価が簡単に上がる『劇場版ジャイアン効果』」は確実に発動しただろうし。

 それにしてでも、日本に対する態度を硬化したままにしておくのは、やはり日本を敵と、きちんと認識しているからであろう。そこはまあ「光栄デス」とでも言っておこうかな。

 戦う事も許されない、戦う意味もない韓国は、とても惨めだ…。

 しかも、動画を見た限りでは、文在寅韓国大統領のパンの食べ方など、いくら大衆店だからとはいえ、マナーがなっているとは言えず、こーゆーのをみると、よく言えば庶民派なのかもしれないが、分相応なのかなと感じてしまう。

 

 世界中に放映されてんだぜ?報道で。せめてパン齧るなよ。一口大に千切れ。
 こんな彼が、現在韓国では、「外交の天才」ともてはやされているのだそうだが。
 朴槿恵元大統領も、似たような時期は「外交の天才」と。おんなじような事を言われてたなぁ。

 さて。いつ気がつくんだろうな韓国の国民は。
 文在寅が国益を食いつぶし続けている事実に。さっすが。ノムたんの血族だよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

就職氷河期世代が辛酸をなめ続ける (Yosensha Paperbacks)


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ネット世論の劣化

2017-11-24 23:45:35 | 特定亜細亜
 この記事を読んだ時、瞬間的に思いついたのは、ネット世論の劣化であった。

嫌中・嫌韓をカネに、「愛国ビジネス」はなぜ盛り上がったのか
http://ascii.jp/elem/000/001/589/1589777/

 ちなみに。この記事の内容については、はっきり言って間違いだらけである。
 上記記事の著者も、ネット世論の劣化について説明しているわけだけど、なぜにウチところだけかけ離れてしまうのかと苦笑してしまう程である。

愛国ビジネスとは、その名の通り国民のナショナリズムをあおり、消費行動につなげていくビジネスモデルのこと。

 まず、愛国ビジネス…なんて言葉は初めて聞いた。

 出版業界の原理は簡単である。「需要があるから儲かる」。マジでこれだけだ。

 別に、煽られているわけでもなんでもなかろう。
 例えば、この手の本の走りである「嫌韓流」の話をすれば…。そりゃー、訂正が必要な箇所はいくつかあるかもしれないが、概ねホントの話で構成されている。

 でもって、こんなのはこれまで、新聞やテレビでは取り上げてはこれなかった。唯一、書籍と週刊誌ぐらいが、わりとミクロに扱ったり、「韓国」をクローズアップしないで、例えば「在日特権」を前面に扱ったりで、タイトルにセンセーショナルさが足りなかったりで、注目を集めなかっただけではないかと思う。

 真正面から、「俺は韓国が嫌いだ!」と真っ正直に言い放ったのがわかりやすく、かつ内容がよかったんだよね。多少訂正しないといけない部分はあっても、概ね真実なもんだから、あの内容が実に問題があると思っても、ヘタにつつくと藪蛇になりかねなくって、扱いに困っているうちに、「アレが売れる!」と認識されはじめ…。

 それで、売国奴勢力が有効な手が打てないままに、もう取り返しがつかないまでに、韓国が、特に日本の団塊ジュニア世代あたりから信用を失墜していったのではなかろうか。

 なので、上記の記事の著者である岡田氏の言う事は本当に的外れだ。

 彼の物言いだと、誰か作為的な「愛国工作員」が嫌韓嫌中の悪しき流行を作り出し、バカで愚かな一般大衆を先導し、扇動していることになるのだけど…。
 きっと、そんな凄い人、いないんだよね。

 でも、俺は彼がもんのすごい勢いで間違っていると思いながら、こんな勘違いをしてしまう事に、少々腑に落ちる部分があるなあと思うのである。
 それは、冒頭で述べたように、ネット世論の劣化である。

 ウチでは同じ主張を何回かやってるのだけど。確かに昔、10年以上前になるけど、嫌韓流とかがまだ「静かなブーム」ぐらいな時期。これくらいの頃は、愛国的な主張や保守への憧憬的表現には、まだ品があった。
 そして、当時から存在した「ネトウヨ」という造語は、当時は存在しなかった「パヨク」共が作り出した「幻の敵」あるいは「マトモな右翼に対するレッテル」であって、ネトウヨなんてものは存在しなかった。

 最近、そういうの(品性とか)を失った、サヨク共の言う「ヘイトスピーチ」的な事をするネトウヨな存在は、ゴマンと存在している。
 よって、この急速な低レベルヘイトスピーカーの増加は、上記岡田氏を勘違いさせる要因になっているような気がするのである。

 しかし、ご存知の通り、岡田氏の考察は激しく間違っている。なんせ原因が違う。
 現在の右翼の増殖は、アジテーターの存在ではなくて、自己増殖なのだ。それで、これは別に悪い面ばかりではないと、俺は考えている。
 つまりね、右翼側の裾野が広がっただけなんだよ。単純に、右側の人口が増加したのだ。
 人数が増えると、ちゃんとわかっている人ばかりではなくなる。いわゆる「にわか」もいるのだ。

 それで、そんな「にわか」な人々も、一昔前に流行った「嫌韓の変遷」とかが、また適用されるのである。
 俺もちょっと記憶が曖昧なんだけど…。最初が確か、「嫌韓」から始まって、「呆韓」とか、「笑韓」とか、連中のやってる事に呆れるやら笑うやら、そんな方針に徐々にシフトしていき、最終的に「達韓」になるとか、そんな話だったと思うのだけど。

 別に、今のネトウヨってのが、ずっとネトウヨってわけではなく。はしかのような存在なのだと思うのだ。
 若い頃、サヨクにかぶれなかったヤツは情熱が足りないとか、そんな風に言われているのと同種で、若い内に嫌韓しなかったやつは情熱が足らないと、言い換えられるような。

 嫌韓は、なんの根拠もなくそうなってるわけではない。
 興味をもって、さわりでも自分で調べたからこそにわかに嫌韓しているのだ。

 なら、そこを卒業できる人はきっと、沢山存在する。
 ウヨ側の言論というものは、確かに一時期からすれば劣化しているのは否定できないけれど。俺は、そこを山の1合目とするならば、2合目、3合目に達する人々も、以前より遥かに多い人数になっていると思うのである。

 ならば。そんな悪い話ではないだろう?

 ああやって、上記岡田氏のように、「ネトウヨは狡猾な右翼に騙されてる!目ぇ覚ませ!」的な論調は、嫌韓にかぶれてる連中には反発で届かず、2合目以降に達した人々には、的外れで相手にしてもらえない。

 自滅の道を歩んでいるとしか思えない。俺は連中が「目ぇ覚ませ!」と促しているのとまったく逆で、目なんて覚まさないで、永遠にファントムと戦っていてほしいね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース -

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加