あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

北朝鮮の兵器はほとんど日本製だったりして

2009年06月30日 22時57分11秒 | 国内の事件
【NHK】“ミサイル装置”社長ら逮捕 6/29 20:22
 逮捕されたのは、東京・新宿区の「東興貿易」の社長で在日朝鮮人の李慶鎬容疑者(41)ら3人です。警察の調べによりますと、李社長らは、ことし1月、ミサイルの開発などに使われるおそれがある磁気の測定装置を、国の許可を受けずに横浜港からマレーシア向けと偽ってミャンマーに輸出しようとしたとして、外国為替法違反の疑いが持たれています。


【NHK】同じ装置 以前に北朝鮮輸出か 6/30 19:30
 関係先への捜索で、李社長とともに社長が逮捕された東京の「理研電子」が製造した同じ装置が、以前に数台、北朝鮮に輸出されたとみられることが新たにわかりました。

 で、この上記の記事中にある、「以前北朝鮮へ輸出禁止の装置を輸出した」という同一の事件と思われるのが、次の記事だ。

 【産経】ミサイル関連物資、北朝鮮に不正輸出 都内の商社を強制捜査(2/26)

 ミサイルなど大量破壊兵器の開発に転用されるおそれのある磁気測定機を東南アジア経由で北朝鮮に不正に輸出しようとしたとして、神奈川県警は26日、外為法違反(無許可輸出)容疑で、東京都新宿区西新宿の貿易商社「東興貿易」や機械製造メーカーなど数カ所の家宅捜索を始めた。



 と、言うわけで北朝鮮のミサイル技術拡散のニュース。「東興貿易」を調べてみると、北朝鮮系である事を紹介するブログに行き当たった。

 【中道右派なBlog】北朝鮮系(朝鮮総連系)企業リスト

 なんというか…。山ほどあるなぁ。北朝鮮関連企業。上記の東興貿易は、明らかに北朝鮮からの意向で動いているわけで。一連の報道を見てみれば明らかだ。
 こんな連中が、日本国内でのうのうと生活できてしまっている状況が信じられん。

 昨年7月には核兵器開発に転用可能な真空ポンプを不正輸出した「ナカノ・コーポレイシヨン」の社長、中野鴻が不起訴処分になっているし。

 【産経】核開発転用できる品を北朝鮮に輸出した会社社長を不起訴 横浜地検

 ちなみにこのナカノ・コーポレイシヨンだが、この時の輸出は台湾を経由している。
 この北朝鮮への迂回輸出が発覚するまでは、台北の大学等の優良顧客があって、20年間何事もなく操業してきている。なんでこんなリスキーなマネをするんだろうと、回りに怪訝な目で見られたとの事だ。

 どう思う?日本への浸透が激しい半島勢力を恐ろしいとは思わないだろうか。
 彼らは、長い年月をかけて浸透し、信頼関係を築いた後に、人事権を掌握して身内を大量に引き込む術に長けている。

 現在、民主党が外国人の地方参政権付与を党是としている事を考えると、既に計画は最終段階。TBSや国連で練習した朝鮮人による日本乗っ取りプランは今、日本を確実に追い詰めていると思う。
コメント

予兆

2009年06月29日 23時11分06秒 | 政治(国内・その他)
 なんというか、安倍元総理の大敗がいまだにトラウマになっているんだが、民主党は本当に大勝するんだろうか。マスコミがこぞって麻生政権のネガティブキャンペーンを繰り返して、不気味な程に民主党の醜聞をスルーするこの現状。テレビだけ見てりゃ、民主党の大勝は火を見るより明らかだ。
 さらに、追い討ちをかけるかの如く、鳩山邦夫が自民党を割ろうとしているし、自民党はほんとうにぼろぼろに見える。

 しかし、これは本当の姿なんだろうか?

 いくつか、決して民主党が楽勝ではないと思わせる、サイレントマジョリティ(沈黙する一般大衆)の胎動を感じるので、紹介しようと思う。

 サイレントマジョリティ…って、あまり使いたくない言葉だなぁ。マスコミが好んで使う言葉で、自分の願望を一般大衆の願いに偽装する際に使われるからなぁ。
 でも、なんか思った程、マスコミの望む方向に話が動いてないんじゃないのではないかと疑われる事例が出ているので、それを表現する為に、

「サイレントマジョリティは、今回の選挙からはマスコミの思い通りに動かせないのではないか」

 としか言えないんだけど。

1.小泉神通力の衰退

 【大日本セキュリティ研究所】国政と知事の回転ドア

 これは民主党も格好悪い形になりましたね。自民も民主も小泉さんを買いかぶりすぎたという事か....。自民・民主の相乗り候補+小泉応援4回で敗れるのですから.....。コイツは国政にもかなり影響があるなぁ。自民党の中には小泉構造改革路線を強調すれば、人気を回復できるという人達が少なからずいたわけで、そういう人達は一種のパニック状態に陥ると思いますよ。


 先日の横須賀の知事選。
 自民・民主相乗り+現職知事+小泉純一郎の演説4回で、無所属新人に敗北。
 最近の世論調査のニュース映像とかで、大学の卒業式の女性たちが笑顔で、「小泉さんスキー!!」とかやってたのがあったけど、現実は無残だのぅとか。


2.yahooのみんなの政治における、麻生支持アンケート


 アンケート開始直後、膨大な麻生不支持票が入っていったのに、時間がたつにつれて徐々に逆転し、麻生支持が7割に達したという。(最終的に69%)
 新聞やテレビのニュースではもちろん、ニコ動ですらありえなかった逆転劇。


3.EU議会選での右派の台頭

 【拙ブログ】政党の左傾化、人々の右傾化

 世界中の民主主義国が全て、マスコミが左派に偏重している中、その傾向がより強いヨーロッパで、報道的には金融危機であきらかに傷を負った資本主義の考え方、社会主義への傾倒という追い風がありながら、何故か右派が大躍進するという波乱の展開。
 マスコミも政治家も意味がわからなかったという…。


 俺は、今回の選挙で民主党が大躍進し、政権交代が実現してもどうせすぐに崩壊するんだからいいじゃんという考え方には反対だ。
 国籍法や個人情報保護のような、覆すことが非常に困難な法案を次々通される可能性があり、「東アジア大陸のためのサイフ化」の第1歩の可能性があるからだ。昨日の台湾は、今日の日本なのである。

 選挙の結果なんて、誰にもわからない。
 でも、日本はいつもギリギリのところで神風が吹き、国家転覆を免れてきた。
 4月、俺が「神風が吹いた!!」と叫んだ時より、情勢は悪いが…。今回の選挙は、何か予想もつかない事が起こるような気がしている。

 願わくは、日本国民の多くが、俺と共感できる方向に舵を切ってくれる事を願っている。

 しかし…。いや口に出さないでおこうか。

コメント (8)

番外編:暗黒病院通信

2009年06月27日 23時28分04秒 | サイエンス
「またやったか…」

 うちの嫁さんとこの病院の薬局長が、またこんな事をつぶやいた。
 薬剤師である嫁が勤める病院は、問題が多い…というより、病院ってのはどこでもそれなりの問題を抱えているものなんだが。

 ちなみに、この薬局長(要するに嫁の上司)、こーやって絶望をつぶやく時というのは、病院業界の非常識を聞いたり体験した時である。

 例えば、以前ヨボヨボのジジイ医者が、約2年間に渡って梅毒を判定できず、誰が見ても明らかに梅毒なのに、薬局にゼスランと軟膏だけを処方させ続けた時も、絶望していたそうだ。

 今回は何かというと、ノイロトロピン注の後発品(ジェネリック医薬品)である、ローズモルゲン注の副作用で発生した問題である。

 【イーファーマ】ノイロトロピン注

 【イーファーマ】ローズモルゲン注

 なんでも、業界内ではたいそう有名なのだそうだ。ローズモルゲン注の危険な副作用の話は。
 上記イーファーマのローズモルゲン注の副作用の解説部分を引用すると、

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。


 そう。山のように副作用が書いてある。
 そして、先発品であるノイロトロピン注にはほとんど副作用が書かれていない。
 …というか、ローズモルゲン注と同じ副作用が書いてあるには書いてあるが、「頻度不明」になっている。つまり先発品は使用成績調査を行って発生していないのである。「お薬110番」とかに至っては、副作用の欄に

「副作用のほとんどない安全性の高いお薬です」

 と書いてあるぐらいだ。


 後発品は、使用成績調査を行う必要はないので、ローズモルゲンにも頻度は書かれていないが、業界内で常識になってしまうほどの頻度で副作用が発生しているそうで。
 どうも中国産であるとの噂が流れているそうだ。(真偽は不明)
 ローズモルゲンの品質の低さを喧伝しているからと、ローズモルゲンの製造元であるフジモトがノイロトロピンの製造元である日本臓器に訴訟を仕掛けていたぐらいである。

 ジェネリック医薬品は、先発品に劣らないすばらしいものもあるし、中には先発品を上回る成績のものもある。

 以前の当ブログエントリで、ジェネリック医薬品について語った事がある。

 【拙ブログ】ジェネリック医薬品について

 しかし、現場レベルではやはり使用した結果を熟知しているだけに、ジェネリックは信用のおけるものではないようだ。

 それでも、厚生労働省は、薬剤の4割をジェネリックに切り替えねば薬価点数を引き下げると恫喝してくるそうだ。

 医師会は政治的に強いのだが、薬剤師会は政治的に弱く、様々な圧力がある。6月からの薬販売についての規制緩和とか、院外処方なんかは全部、薬剤師に不利に働く。
 この事例は、薬剤師や、ジェネリックをよく知らないままに薬を利用せざるを得ない低リテラシーの病院利用者にしわ寄せがいく。
 社会保障費の自然増の抑止というのが危険だと思うのは、こんな時だ。

 せめて、ジェネリック医薬品についての詳しい情報を、患者が自分で調べられるような仕組みが欲しい。「業界では有名なんだけど」じゃ嫌だ。

 まあ、俺には嫁さんがいているので、業界で有名な危険な薬は飲まないで済んじゃうんだけどな。
コメント (1)

鳩山ブラザーズの行方

2009年06月26日 23時33分18秒 | 政治(国内・その他)
 団長さん(とまあ親しげに呼び合う仲ではないのだが)の所で、面白いエントリが投下されていた。

 【アンチキムチ団】鳩山邦夫氏とダイレクト・メール業界の微妙な関係(w

 官報によると、鳩山邦夫の身内、鳩山太郎氏の事務所のあるビルの、献金もしている団体で、ダイレクトメール業界が見え隠れしているとの事だ。(俺には官報の見方はよくわからん…)

 俺が最近まとめた、民主党議員、牧義夫の周辺構造図なんだが、今までの内容であれば、…まあ苦しくても、鳩山邦夫と、その秘書だった牧義夫は無関係だと思う人も出てくるだろうが、ダイレクトメール関連の業種が鳩山邦夫に献金しているとなると、俄然鳩山邦夫もあやしくなってくる。

 なんせ、牧義夫は白山会会長の守田義国と、鳩山邦夫の秘書時代に知り合うのだ。

 障害者団体の証明書を使った郵便割引詐欺とは、割引により膨大なコスト削減がなされ、そしてその差額の一部を口利きしてくれた政治家にキックバックする方式で成り立っている。

 それをやっていたのが、牧義夫(と疑われている)…。当時鳩山邦夫の秘書だった人で、その鳩山邦夫氏に、ダイレクトメール業界からも献金が存在するとなると、これは怪しい。

 果たして犯罪的手法により、ダイレクトメール業界に便宜を図っていた秘書の親玉が、ダイレクトメール業界から献金を受けてて、知らなかったで済む話なんだろうか。


 団長さんは、官報に記載された献金者リストと、鳩山家が所有するビルに入っている会社の役員と一致している点と、かつその会社がダイレクトメール業界である点を指摘している。
 正直、確たる証拠は何もないのだが、確かに勘ぐってしまうのはわかる。というか怪しすぎるだろう。


 俺、以前鳩山兄弟対決もありえるとエントリした事があるんだが、今朝の産経で、ようやく鳩山兄弟対決の可能性について語られていた。
 今も俺は、鳩山兄弟対決の実現可能性を考えているかというと…。答えは微妙なんだがな。

 実は、今は鳩山兄弟同時崩壊の可能性を考えていたりする。

 だって鳩山由紀夫あんちゃんの方が、邦夫より怪しいやん。
 例の故人献金問題なんだが、少なくとも名義を無断で借りて献金した事になっている人もいるそうで。
 うち、1人はあんちゃんの小学校時代の恩師なんだそうだ。

 【47】鳩山民主党代表への献金否定 収支報告書記載の3人
(前略)報告書では、鳩山氏の小学校時代の恩師で東京都内に住む男性(81)が2007年に12万円を献金、職業は団体役員と記載されていた。これに対し男性は「教え子に金を出すわけがない。団体役員に就いたこともない」と否定した。(後略)


 あんちゃんは、「全部秘書の仕業だ」と、予想通りトカゲの尻尾みたいに切り捨てる方向で調整しているが…。普通、他人の学生時代の恩師の名前なんて知っているか?

 【朝日】献金問題、鳩山代表「実務担当者が独断でやったこと」

 俺なんて、結婚式で挨拶をしてくれた嫁の恩師以外、父も母も、兄弟姉妹も、友人も、恩師なんて知らんぞ。
 その秘書って、よほどの「鳩山由紀夫マニア」なんだな。案外本人だったりしてな。
 どっちみち、じゃあそのウソの記載をしてたという献金は誰からのなんだよという話になってしまうし、これ、詰みじゃねぇのか。

コメント

東京ライフ(民主党運営のSNS)が炎上

2009年06月25日 22時36分13秒 | 国内の事件
 東京ライフという民主党主催のSNSが、炎上して閉鎖したそうで。

 【J-CAST】民主党都連SNS「炎上」 閉鎖して「仕切り直し」

 行ってみるとまだ見ることができた。

 東京ライフ電子フォーラム

 んで、まあやってるのがあの民主党なわけで。
 奴ら、ネット民とは完全に、水と油だし、彼らが言う「ネット右翼」にでも荒らされて炎上しているのかと思えば…。実際はそういう訳ではなかった。

 このSNS、利用規約がないのである。
 さらに、捨てアドでも登録可能。

 そう。完全に無法地帯だったのだ。そりゃあなぁ…。多分自民党のSNSだったとしても、同じ様なアクセス集中が起こるだろ。
 さらに、使っているのがさくらのレンタルサーバ。月額125円だそうで。

 一体、何がやりたいんだと。本気で呆然とした。

 民主党なんて、日本のネット民からすりゃ完全にカモネギじゃないか。自分達の負の知名度をなんだと思っているんだろう。

 そして、鈴木寛(かん)氏の、東京ライフ電子フォーラムの冒頭の挨拶の一部。


(前略)今回の「東京ライフ」は、多くのネチズンの声を受け、世代を超えた多くの国民の皆様にインターネット利用の意義や有効性を実証し、インターネット選挙解禁に大きな弾みをつけていきたいとの万感の思いをこめて、様々なリスクを覚悟で、開設に踏み切ったものであります。したがって、今回の試みが、インターネット解禁に反対する勢力の主張を裏付けるような結果に終わったならば、我々の時代に、政治・政策分野におけるインターネット利用促進を、論壇や国会の場で決着させることはほぼ不可能になります。この議論を決着させるには、私の次の世代の登場を待たねばならなくなってしまいます。


 ネチズンって…。
 日本では(ほぼ)使われていない。韓国の新聞では頻繁に登場する言葉だ。
 もうね。ツッコミ所満載で…。どこからつっこんだらええのやら。
 ネチズンなんて、「左派の巣窟」といわれる特亜との親和性が比較的高い「はてな」ですら、日本ではほとんど使用されていない語としての認識だ。

 アホ過ぎる…。
 そして、そのアホ過ぎる振る舞いの数々の隙間から、ちらちらと見え隠れする、特亜臭。くさい。臭すぎる。

 まあね。打ち合わせや会議も、居酒屋使ってるっていうし。レンタルサーバ125円のとこを使ってるとか、庶民派を演出しているのかもしれないよ。俺はそんな演出アホ過ぎて逆効果だと思うけどな。運営後1週間しかもたなかったってダメでしょ。選挙はもちょっとだけ先なんだからさ。

 なあ。「自転車乗れるから僕は庶民だ」とか言い出す、鳩山由紀夫あんちゃん。その感覚が既に庶民派ではない事に、一生気がつかないで欲しい。

コメント (1)

コンビニ店長の乱2

2009年06月24日 23時42分47秒 | 国内の事件
 さてと。今日は昨日の続き。

 【拙ブログ】コンビニが変わる

 セブン妥協案が提示され、産経新聞が報道したので、その分析だ。

 【産経】セブンが売れ残り食品廃棄損失を一部負担へ 排除命令受け

 昨日示した図の空いている部分に、今回のセブン妥協案をはめてみると、昨日の図が完成する。


 右下が、今回のセブンの妥協案だ。朝日が報じた時の弁当10個の式を、今回の妥協案で計算しなおすと、わずかに赤字を脱出する事がわかる。
 純利益でロイヤリティを計算する、本当の意味での「厚い利益を本社と店舗が分け合う」形と比較すると、まあマシな気がしてくる。


 そこで。

1.従来のセブン方式
2.純利益でロイヤリティ計算方式
3.セブン妥協案方式

 この3つで、弁当10個の場合、何個売れれば儲けがでるのか、一覧にしてみた。



 青い網掛けの部分が、店舗と本社の利益の値である。
 6個売れればトントンとなり、損益分岐点である事がわかる。(実際の人件費とかは単純化する為に無視)

 すると、従来では1個でも売れたら9個廃棄されても儲けがあった従来型よりはいくぶんマシでも、10個中4個しか売れず、帳簿がまっかっかでも、ロイヤリティを支払う形になっている事がわかる。

 セブンの妥協が無意味とは言わない。
 しかし、俺はこれ、解決になっていないと思うのだが。
 俺だったら値引き販売やめないね。
コメント

コンビニが変わる

2009年06月23日 22時07分25秒 | 国内の事件
【産経】セブンへの排除命令、コンビニ経営に打撃 事業モデル転換迫る

 まあ何と言うかね…。産経はさすがに、「産業経済」を冠する新聞だと思った記事内容だ。もんのすげー企業よりの記事。
 前、せっかくちゃんと、本質を報道してるって褒めたのに。

 【拙ブログ】鬼畜セブン本社VSコンビニ店長連合、決着

 もうね。何回も何回も書いているんだが。
 このセブンイレブンVSコンビニ店長戦争については、構造をよく考えりゃ誰でもセブンイレブン本社の搾取構造に気がつく類のシロモノなのだ。
 産経新聞の記事をちゃんと読めば、確かにこの点(本社の搾取構造)についても言及しているんだが、アリバイ程度にさらっと書かれているだけで、話がよく見えず、とある方向への印象操作ばかりが目立つ内容となっている。

 その方向性とは。

 『店舗側の我侭による定価販売戦略の見直しを余儀なくされる本社』

 である。こりゃ印象操作というよりもっと積極的に話をそらしているだけに過ぎないだろ。
 本当に定価販売戦略を推進したいのであれば、純利益からロイヤリティを取ればいい。
「純利益からロイヤリティを取るようにするから、定価で販売し、賞味期限が切れた段階で廃棄するように」

 と言えばいいのだ。
 これなら、「廃棄を出さない経営」が、本社と店舗、双方の利益になる。そして、値下げ販売で仕事帰りのお父さんも大喜び。

 そうなれば、店舗側は間違いなく定価販売に同意するだろう。「一円廃棄」という店舗側の裏技が考案される段階で、間違いなく本社による搾取構造なのだから。

 産経新聞記者の以下の台詞が、産経新聞のクズっぷりをよく表しているとしか思えないだろう。

ここから生み出される厚い利益を本部と加盟店で分け合うことで、成長を続けてきたといえる。

 定価販売から生み出される厚い利益を全部本社が吸い上げている状態で、よく言うよな。何度でも言うが、本気で定価販売を守りたいのであれば、その搾取構造を改めろ。
 ぬぁ~にが「見切り値下げは顧客が販売終了時期を狙って買いにくるようになってしまう為、収益源に繋がる」だ。減るのは本社のロイヤリティだけだろうが。
 「売れ残り」という、商売する者にとって「最大」のリスクを店舗だけに負わせて、本社は上がりだけをせしめるというのが既に鬼畜の所業。
 既存の法律に適合できないビジネスモデルと言うことは、その時点で既にマルチ商法となんら変わらない。いや、MLMは特定商取引法を守っているだけ、コンビニよりマシとすら言える。


 そのへんの詳しい事情は、拙ブログの関連エントリを見ていただきたい。

 【拙ブログ】コンビニ店長の反乱

 ついでに図もつけといちゃおう。

 


 さすがに大企業寄りだな産経新聞。こんなところは俺、お前が大嫌いだよ。ちなみに、こーゆーのの話題は朝日新聞が強かったりする。
 だからなぁ…。たとえ印象操作の総本家・朝日新聞でも、俺はあった方がいいんじゃないかなーと思っているんだよな。右翼と補完関係にあるから。
 似たような意味で、本当にしっかりしてくれよ民主党!(ルビ・中道左派政党)てめーらが本気度丸出しの売国奴だからこそ、こんな奴らがのさばるんだ。


 ところで、この廃棄推奨の効果はこれだけではない。
 実際、廃棄弁当はホームレスに配られていたり、妙なルートに横流しされている。ホームレスがぬくぬくと生活できてしまうのは、歪みだ。

 廃棄弁当激減は、おそらくホームレスの減少に繋がるだろう。
 なんだ。本当にいい事尽くめだな。欲の皮がつっぱったセブンイレブンの為、どんなけ庶民が苦杯を嘗めているのか、よくわかると言う物だ。

 ぷぷっ。ノーレジ袋だってぷぷっ。廃棄推奨コンビニがエコとか。あほか。

コメント

郵便制度不正周辺の相関図メンテ

2009年06月22日 22時40分51秒 | 国内の事件


 【産経】【郵便不正】東京都でも証明書偽造か「凛の会」関係団体がDM

 凛の会が白山会に乗っ取られた後、凛の会OBは、白山会に独占されてしまった障害者団体向け割引郵便制度の悪用ビジネスの旨みが忘れられず、同じ手口の犯行をしようと画策した…。

 そんなストーリーが容易に想像できる記事がひっそりと、産経新聞に掲載された。

 今度の団体名は「コラボレーション」という。

 当然のようにこちらの障害者企業の登録でも、実態として障害者団体であるかどうかが大変疑わしい。凛の会のメンバーは、このビジネスの旨みを知っているにもかかわらず、ほぼ同じメンバーで立ち上げたコラボレーションではこの旨みを使わないとか、ありえるのだろうか。

 しかし、レインボーブリッヂもそうだが、「検索しても別のもっと有名なもので埋もれてしまう」ような企業名だな。コラボレーション。あまり有名にしたくない会社の名前としては、もってこいなんだろうな。


 さて。まあもし、凛の会と同じ事をやっているとなると、当然の如くこちらも「政治案件」で、政治家のコネで証明書が発行されているだろう。詳報を待つ。

コメント (5)

愛すべきロボット

2009年06月20日 22時35分24秒 | サイエンス
 …土曜日っつーのは、俺が最も忙しい日なのだ。
 嫁が仕事で1日おらず、朝から晩まで寛人(0歳)嘉人(3歳)と過ごす。
 家事力を、あまり人と比べたりしないからよくは判らんが、少なくとも周辺を見渡してみると、俺は多分お父さんの中ではかなりトップグループに入る家事力を持っている。

 この年齢の子供を持ってみないと絶対にわからない感想だろうが…。
 今、俺はまさに奴隷。これを奴隷といわずして、なんと言えばいいのか。

 と、言うわけで、土曜日のこの時間、俺は1週間で一番疲れている時間であって、そして今日は、まったくと言っていいほどネットしてない。そういえば新聞すら読んでねぇ…。こんなん久し振りだ。

 なので今日はちょっとサボリ気味に。
 動画でも紹介しようかと思う。

 珈琲を淹れさせてみたのだが・・・
 

 youtube版
 

 いやあ凄い。ちいこいロボットに、コーヒーを淹れさせるという動画なんだが、動きが凄いリアル。ロボットのサイズは多分身長にして30センチぐらいなんだが、そんくらいのサイズの人間がいて、俺ら普通サイズの人間にコーヒーを入れてくれるなら、こんな感じになるだろうという動き。凄い人間くさい。

 全世界のロボット関連学者の方々は、いかにロボットの動きを人間に近づけようかと考えるわけだが、このサイズのロボットに、俺らサイズの食器を使った動作をさせようというのは、まったくの思考範疇外のはず。どう考えても無駄な動きだからな。

 でも、この無駄がいいんだよ。日本人は無駄を愛する人達だ。えてして真実は、無駄の中にこそあるんじゃないかなぁ。
コメント (2)

民主党に嫌われたくない?産経新聞

2009年06月19日 22時33分27秒 | 政治(麻生政権)
 どこもかしこも、産経新聞ですら、鳩山由紀夫寄りの記事が踊っている。
 一応、俺も例の党首討論、全部聞いてみたんだが、…どーも、圧勝には聞こえない。俺の耳が腐っているんだろうか。鳩山の言う事には実現可能な部分がほとんど見当たらないと思うんだが。

 政治家ってのは、預言者とか評論家ではない。長期スパンを見据えてどっしり政治なんて、民主国家でできるものではない。基本的に周辺との同意を形成し、妥協しいしい進めるものなのだ。
 鳩山は「政治家」なのに、実現の信憑性を語らない。詐欺師みたいなもんじゃないか。スローガンならアホでも言えるぜ。

 まあ、世論調査で確かに鳩山は麻生総理を一馬身リードしている。そーゆー空気を作っていきたいマスコミの気持ちはわからんではないんだが。

 フェアじゃない。
 そう。いつも思うのは、マスコミはフェアじゃないんだ。

 自民党の若手の一言を針小棒大に拡大解釈し、あたかも自民党内に「麻生が圧倒的に負けた」と言っている勢力がいるかのような雰囲気をかもし出し、民主党の幹部がいつもの如く、「圧勝だった」とオナニー発言をしたのをそのまま報道する。同じオナニー発言をしなければならない立場の、自民党側細田官房長官の、「麻生100点、鳩山赤点」はけっして見出しにはなりえないわけだ。

 それにしても、なんで、産経新聞ですらこんなんなんだろうか?俺はこと、政治記事に関してだけは、産経はなかなかフェアだと思っていたんだが。

【北京・平河趣聞博客】同情するなら金をくれ、と突っ込みたくなるQT

 で、そんな事を常々思っていると、なんか微妙に納得できそうな記事が、IZAの記者ブログでエントリされていた。
 産経新聞の福島香織記者のブログだ。

(前略)友達に民主党支援者多いし、ひょっとしたら政権交代するかもしれないし、民主党から嫌われない方がいいかな、という心理が働くもんなんです。なぜなら政権交代すると、民主党議員にパイプがあって直接取材できる記者が紙面の一番めだつところを埋めるわけですから。政策ネタとかは、みんな民主党議員に取材しないといけないんですよ。それに政権交代すると、今まで野党担当だった記者たちが、官邸とか院内の与党記者クラブに引っ越しして、いままで広いスペースを独占していた自民党担当記者たちは、野党が使っていた狭い記者クラブのブースへ大移動。つまり、政権側・与党担当をはずれた記者たちは座る場所までかわっちゃう下剋上なのだ。(後略)

 …意味がわからない。
 既に、「危うい友愛外交」みたいな連載やってて、鳩山とか小澤とかのアホーなドタバタを、長嶋とか前原とかがため息をついて眺めている…みたいな事を書いておきながら、何を言い出すんだ。民主党の人に嫌われたくない?そんな遠慮して記事なんて書けるわけがなかろう。
 元々、産経新聞は自民党に特化した媒体なんだから、民主党に迎合する必要はないだろう。自民党が下野すれば、そのまま自民党を追いかければいいのだ。
 どっちつかずのコウモリは嫌われるんだぞ。盧武鉉元大統領を見てたらわかるだろう。今にして思うが、中道ほど卑怯な位置はない。

 それにしても、産経の中の人がこのような事を考えているとはな。
 もしかして、マスコミ連中は、もうすぐ政権交代するから、民主党様からネタを頂く為に、揉み手してたりするんだろうか。

 まあ、でも確かに毎回、総理のぶら下がりでイジられる朝日とか左側系記者を見るとなー。産経の記者さんの気持ちはわからないではないんだけどね。
コメント

鳩山さんはこんな人達の味方です

2009年06月18日 23時37分08秒 | 政治(麻生政権)
 いまだに信じきれないんだが、各メディアが言うには、刻一刻と自民党最後の日が近づいているそうだ。
 もし、民主党が政権とったりしたら、この人達の力がとてつもなく強くなるであろうと予測されるわけだが。

 …考えるだけでも恐ろしい現実を見てみたいと思う。

【youtube】日の丸にウンコのデザインをする在日韓国人 「オレ達に選挙権をよこせ」


 なんというか…。

 うんことかを日の丸のデザインで掲げ、反日上等、差別反対、生きる権利に国境はない…とかのスローガンを掲げながら、参政権を与えろといって闊歩する、在日韓国人のデモの動画である。

 なんか見たことがある場所だなぁと思ったら京都かな。

 えーーと。
 別に、生きる権利を否定してないっす。迷惑にならないように生きてくださいといいたい。
 むしろ大変優遇されてるじゃないか。日本国籍なんて、欧米人からすれば、取得は不可能に近いとすら言われているシロモノなのに、ポコポコ韓国人と中国人は取得できてしまうし。ぐんぐん人数も増えてるよな。中国系&韓国系日本人。

 『過去の日本の罪を考えれば、日本国籍なんてぽこぽこ与えて当たり前』とか、この方達は言うかもしれんけど、俺の身内すら在日韓国人の犯罪に巻き込まれた事がある。拉致事件なんて、日本海側に住む嫁の実家では、まともに警察すら動いてくれない恐怖の事件だったしな。
 少なくとも、俺のご近所とかでも評判悪いよ。生活保護で悠々自適、とても生活保護とは思えないほど羽振りのいい人とかも知っているし。

 で、そんなけ優遇されつつ、「反日上等」と言いながら、参政権よこせとか本気でアホだろうか。

 それって、「お前の事は大嫌いだが、お前の家族になる権限をよこしやがれ」と言っているわけだろう?まさにジャイアンじゃないか。

 この動画、今マスコミが超絶大絶賛中の鳩山由紀夫さんに見せて、

「アンタこいつらを俺らに受け入れろというのか」

 と言ってやりたい。こんな奴が家族になったら、俺の家は無茶苦茶にされてしまう。

 無論、いい人がいる事も知っている。
 俺が尊敬していた仕事上の先輩は、在日韓国人だった。客に酷いいじめを受けてた時に、かばってくれて一緒に要求された無理難題に付き合ってくれたりしたし、俺なんかよりずっと優秀な人だったし。
 だから正直、悪口なんていいたくないんだけどさぁ。こんなけ優遇されているのを目の当たりにしてしまうと、凄い警戒感なんだよな。

 さっき見てた、「ルビコンの決断」というテレビ東京系の

「ホームレスから社長に~こうしてどん底からはいあがった~」

 の主人公は、在日韓国人3世だったせいでいじめられたとか、やっぱりなんだか話の筋に合わない部分で強引に挿入してくるし。
 ずっと朝日新聞をつい最近まで取り続けていた、韓流大好きなウチの実家の人達も、近所にある朝鮮人地区とかについては真剣に大嫌いだ。

 そんな人達が何故か民主党&鳩山由紀夫氏を支持している不思議。
 最近、そのへんの事情をよく知っている人が増えていると思うんだけど、どーもそんな気がしないんだよな。
コメント (2)

業務連絡

2009年06月18日 21時35分41秒 | その他
 ちょっとコメントとか、滞ってて申し訳ありません。(まあ、謝る事でもないような気がしますが、返事をするべきだと思っているコメントもあるので)
 うちの画像とか、うちが作ったものであれば、常識の範囲内であればご自由に使っていただいてかまいません。

 常識の範囲内の定義としては、図を、「これは自分で作ったんだが…」とか言う嘘をついて使うとか、そういうのは駄目と言うことで。
 図の出元を明記してほしいとか、そーゆーのも必要ありませんし、似たような表をコレを参考にして作って、メンテしていかれるのも、ほんとご自由にどうぞ。

 ただし、ご指摘いただいている点を修正したりしてますし、絶対に間違っていないとは言い切れません。私も最初作った時、裏なんかとってません。ご指摘いただけましたなら、それ相応の確認を取った上で修正をしますので、まあそこそこの精度にはなっていくと思っていますが。

 あと、図にこれも載っけた方がいいとか、アドバイスもあればお願いします。
 というか、アドバイスがなければ適当に自分で追記していく所存です。
コメント

産経妙の心のかたち

2009年06月17日 22時54分36秒 | 国内の事件
 今朝の産経新聞(6/17 朝刊)には、一環した郵便不正問題への流れが感じられる。

 特に産経妙がイイ感じで、基本的に、論調は麻生太郎首相からの書簡を公開した、鳩山邦夫氏への苦言なんだが、その論調の中に、郵便不正問題が絡められている。

【産経抄】6月17日
 昭和の時代には想像さえできなかったが、仕事も遊びも今やパソコンや携帯電話のメール抜きには考えられない。頭同様、指の動きも鈍く、携帯メールが大の苦手な小欄もパソコンに電源を入れ、メールをチェックしないと朝が始まらなくなって何年もたつ。

 ▼そんな時代だからこそ、封筒に入った直筆の手紙をもらうとお小言であってもうれしい。手紙は、便箋(びんせん)や切手選びから始まって、時候の挨拶(あいさつ)はこれで良かったか、漢字は間違っていないか、相手に失礼はないか、といろいろ気を使い、はなはだ非効率なのだが、人の情けがもっとも良く伝わる手段だ。

 ▼書簡のやりとりは、教養のやりとりでもある。更迭された鳩山邦夫前総務相は、麻生太郎首相から、日本郵政の西川善文社長の辞任を前提に後任人事を相談する手紙をもらっていたと暴露したが、なんとも後味が悪い。

 ▼「かんぽの宿」の一括売却など一連の日本郵政問題で鳩山氏は鋭い指摘をし、行動にも移してきた。大河ドラマばりに「正義」の旗を掲げるのもいいだろう。だが、裏切られたとはいえ、かつての盟友からの私信を勝手に公表するとは「友愛」の看板が泣く。(ブログ管理者注…詳しくはこちらで)

 ▼日本郵政をめぐる不祥事の一つである障害者団体向け割引制度悪用事件の捜査もいよいよ佳境に入ってきた。焦点は逮捕された厚労省女性局長のかつての上司に証明書発行を依頼した国会議員にまで捜査が及ぶかどうかだ。

 ▼報道によると、某議員は電話で依頼したそうだ。本人は否定するだろうし、首相と違って手紙という“証拠”は残してはいまい。総選挙を目前にして「国策捜査だ」という雑音が再び聞こえてきそうだが、厚労省という伏魔殿と国会議員の不適切な関係に検察は徹底的にメスを入れてほしい。

 本日の産経新聞朝刊全体を見渡しても、郵政不正問題と鳩山邦夫氏との関連性はまったく見られない。
 逮捕秒読みと思われる民主党代議士、牧義夫氏もわかる人にはバレバレなんだが名前が伏せられているし、彼が鳩山邦夫氏の元秘書である話なんてのは、特に触れなければならない話ではない。
 なのに、産経妙は鳩山邦夫への苦言の中に、逮捕されるかもしれない民主党代議士の話題と、郵便不正問題の両方が登場させている。さらに兄の由紀夫氏と同じ「友愛」のキャッチまで登場させているのだ。短文のコラムであるにもかかわらず。
 表面上の両者の繋がりのなさが、ものすごく不自然なんだが、例の相関図を作ってしまった自分としては、妙な勘繰りをしたくもなろうものだ。

 産経妙の真上のスペースには、「凛の会」設立の目的は、

「障害者支援団体としての登録は普通できないのはわかってたさ。民主党の某議員の口利きがすべてだった。障害者への支援?そんな事やってねぇよ。金儲けの為に作ったにきまってんじゃん(超意訳)」

 …とまあ、こうだったと、倉沢容疑者の暴露記事が掲載されている。

 【産経】「凛の会」金もうけ目的で設立 「最初から議員頼り」

 予防的先制攻撃と自衛的先制攻撃を勘違いして辞任した小池百合子の話題を、ちゃんと小池百合子の勘違いであるという文章で記事にしている(こんな事を麻生総理がやったらキチガイのような「失言!」「失言!」の大合唱だけどな)し、民主党叩きまくりキャンペーンである「危うい友愛外交」の連載も面白い。
 それでいて、現在マスコミ各社が横並び一線で強烈に煽り立てている麻生総理の支持率低迷問題も、一応乗っかっている。

 ああ。産経新聞は本当に、好みだとしみじみ思う。
 たまにアホな間違いをするし、間違った時の訂正方法も、他のマスコミと同じで無言の記事削除なんだけど。
 それでも、この手の分野におけるバランス感覚は本当に見事だ。これぞ「日本的中道」ではなかろうか。

 でもな。
 なんつーか…。そのスタンスってな、日本の政治家全部を叩いているだけって気も、しないでもないんだよな。
 なんなんだろう。この脱力感。民主党が酷すぎるのは火を見るより明らかなんだけど、自民党も酷いもんじゃないか。特に小池百合子の辞任は本当に酷いぞ?国防系政治家でここまで無知なのはあかんやろ。ド素人の俺でも「アホだろ」と思ったぞ。

 俺は、先日のEU議会選みたいに、賢くなった日本国民による右派躍進を次の選挙で夢見ているが、小池百合子みたいなパフォーマンスだけの人は、自民党の票を割っちゃうよ?
コメント

郵便制度不正周辺の相関図

2009年06月16日 23時15分37秒 | 国内の事件


 なんか、土日まったく更新してなかったのに、凄い閲覧人数にびびった。
 とりあえず、結構この図に関しては、見てくださっている方がおられそうなので、関連する事件が発生した場合、メンテはやっていこうと思う。

 さて、今回相関図に初登場は、村木厚子容疑者。
 厚生省の傷害保険福祉部の企画課係長、上村勉の上司で、事前に倉沢容疑者との面識もあり、上村容疑者に便宜の催促までしていたという事だ。

 まあ、つまり彼女は上村容疑者というスケープゴートを用意して逃走しようとしていたわけで。この件、かなり逮捕者が出てるなぁ。

 【産経】【郵便制度不正事件】厚労省、2度目の捜索へ局長の関与裏付け

(追記)
コメントくださったとおるさんや、ysさんのご指摘の通り、一部間違いがありましたので、修正しました。
ご指摘ありがとうございます。
コメント (7)

ボーナス払いは悪魔のささやき

2009年06月15日 23時20分32秒 | 経済
【フジ産経】マイホーム競売が急増、「ボーナス払い」が契機となる恐れ

 先日、ウチの会社で業務連絡会議があって。4月になって急に、一律給料ダウン(と言っても最大でも7%程度)になった事が話題になった。

 俺ら役付きの社員は、ある程度事前知識を持っていたので動揺は少なかったんだが、社員達はメガトン級の心理的ダメージを受けたそうで。
 役付きの連中の中にも、非難轟々の人がいた。特に女性。えんえんと1時間近く、システム部のトップに謝罪しろと独演会状態になった人がいて、非難轟々の連中はそいつの尻馬に乗った形だった。

 俺は、今結婚5年目ぐらいだったか、頭金で千五百万用意して家を購入し、それでも月10万ぐらいで35年ローンを、半年ぐらい前だったか?に先返し完了し、既にノーローン生活に突入している。現在は嘉人と寛人の教育費の為に、貯金したり運用したりしている。
 住宅ローンは消費者金融のローンとは、一線を画すけど。同じ様には考えたらダメだと思うが、将来の為に、無理なく計画的に返済プランを考えたら、

「ボーナス払い」

 なんてのは狂気の沙汰だとは思わないんだろうか。
 なんか、ローンを組んだ事がある人ならわかるかもしれないが、ボーナス払いにして、月々の支払いがぐんと軽くなると、なんだか払えそうな気がしてしまうのだ。

 俺も嫁もそのへんは似たもの同士。だからまあ結婚したようなもんなんだが。
 ボーナス払いは絶対ダメだと思っていた。それより先返しを優先し、月々の支払額を抑える方に舵を切ったほうがいい。

 現実、ウチの会社はずっとこれまで右肩上がりの成長を続けてきていたんだが、今年に入ってから、初の売上と人件費の逆転を一時期だが経験した。
 現在の財政状況を、システム部長が説明していたが、これまで欠かさずにあった賞与の積立も、今年に入ってからずっと0になっている。今回の賞与はほとんどない事が想像できた。

 安定した生活が続く事を信じているのは愚かだ。
 俺ぐらいの年齢になると、定年まで自分が仕事を続けられるのか、不安になってくるものである。
 だから、「安定した生活が続くとは思ってない!」と言うかもしれないけれど、そう思ってなお、例えば住宅ローンで定年までの期間で組んで、先返しを計画しないのは、心の奥底で安定した生活が続くと思っているからだと、俺は思う。

 最近、うちの業界では確かに、この記事にもある通り、ボーナス払いによる「7月危機」が叫ばれているが…。
 なんか俺だけ世間からズレているような気がして仕方が無いのだ。

 俺のツレの〇ヨタの整備士は、最近めいっぱいの頭金なしローンで定年まででマンション買って、先返しせずにずっと普通に支払いを続けるといいつつ、海外旅行とか行ってるし。周辺はそんな連中ばかりだ。

 …別に、俺に金銭的余裕があるわけではない。周辺の人が驚くような、質素な生活ぶりだ。
 こーゆー生活は、経済にはやさしくないとはちゃんと思っている。日本経済への貢献度は少なかろう。
 でもなぁ。毎月ローンで10万円近く支払ってボーナス時期はボーナスの半分ぐらい払って、それを定年までとか、よく払い続ける気になるな。
 年率2%程度でも、35年で倍以上になるんだぜ?わかってんのかなぁ…。
コメント (2)