あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

防衛官僚の腑抜け

2018年12月29日 23時16分11秒 | 政治(安倍政権)
 別に、安倍総理は韓国にキレてないだろうよ。

【レーダー照射】韓国にキレた安倍首相、「映像公開」押し切るwwwwwwwwww

 なんていう、スレタイを読んだ俺は記事も読んでみたのだけど。

【時事】渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122800890&g=pol

同省は防衛当局間の関係を一層冷え込ませると慎重だったが、韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。

 意外にも、安倍総理がキレていると思わせた一文があった。
 それでも…。俺は別に、これ韓国にキレているわけじゃないと思うんだよな…。
 どちらかと言えば、日本の国益に無頓着な日本の防衛官僚に苛立ちを感じているのではないかと思った。

 そりゃそうである。
 この件、韓国の主張は面白いようにコロコロと変わる。
 そのあたりの流れについては、昨日の鈴置氏のコラムを紹介しておきたい。

【日経ビジネス】「現場の嫌がらせ」では済まないレーダー事件 くるりと言い訳を翻した韓国
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181227-39851935-business-int

 この記事には、この事件に関する韓国の主張の変遷がわかりやすく記載されている。
 なんと、韓国は最初「火器管制レーダーは照射したが自衛隊機には向けていない」としていたのである。

 そこから、悪天候故に全方位に向けてすべてのレーダーを照射していたとか、むしろ自衛隊機が国際法に反する低空飛行による威嚇行為を行ってきた、問題があるのは自衛隊機の方だとか、言い出し、そしてとうとう。

 最終的に悪かったのは全部日本であり、韓国は火器管制レーダーの照射なんぞまったくやっていないと、一方的に批判してきたのである。

 そこで、渋る防衛省やら外務省を押し切っての、安倍総理の「映像公開」である。
 この映像公開は、韓国がとてもわかりやすく嘘をついている事を解説している。

 1つが、漁船救出の為にレーダーを使用する必要があったという点。

 

 救助対象と思しき漁船は韓国軍の船のすぐ近くに目視で確認できる距離にあり、これをレーダーで捜索する必要はないだろう。

 もう1つが、悪天候の中だったという話。

 

 海は明らかに波がひくく凪いでおり、時刻も日中で悪天候ではなかった事がわかる。

 この映像で自衛隊が嘘をついている可能性があるのであれば、実際に超低空飛行時の威嚇飛行を行った瞬間をカットしているか、無線での呼びかけは虚偽で実際には韓国軍へ無線を飛ばしていないかぐらいであろう。
 この点は確かに映像ではわからないかもしれないが、そのかわり、日本が嘘をついていると断言する確証も存在していない。

 一方、韓国の方で言えば、あの映像は明確に「悪天候で漁船の捜索にレーダーを使用していた」という点が嘘である証拠にはなっているのである。
 どちらが嘘をついているのかは、もう明白であろう。韓国は、日本の自衛隊が嘘をついていると主張するのであれば、実際に、悪天候下、自衛隊機が低空飛行で迫ってきている最中に漁船救出を行っていた映像を公開すべきだ。
 そして、だからこそ、日本は映像を公開したのである。

 竹島近辺を含む、日本海における韓国の行動は明らかである。
 火器管制レーダーで脅せば自衛隊機は距離を取らざるをえない。日本側の政治家が、ここで「戦略的放置」とか愚かな方針に出れば、韓国は何度も何度も同じことを繰り返し、日本人を追い出しにかかるであろう。
 実例が竹島である。あの時、日本人の死傷者がいったい何人出たであろうか。そして、今竹島を実行支配しているのは、どこの国なのか。

 安倍総理の判断は当たり前である。しっかり証拠があるのに、それを使わないとか、防衛省のお偉方は、先日死におった(海上保安庁の船に突進した中国人漁船をかばった実績がある)民主党菅内閣の仙谷由人元官房長官か?

 俺は、そろそろ本気で日本は韓国に経済制裁をするべきだと思うし。
 無様な防衛省はもっと批判されて然るべきではないかと思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (5)

業務連絡

2018年12月29日 22時07分11秒 | 日常ネタ
 お久しぶりである。

 ちょっと冗談抜きで仕事で大変なトラブルに巻き込まれており…。
 エンドユーザの会社でカンズメになっていたのである。

 俺は、1週間ほど前から、既に年末は1日も休みがない事をプロジェクトリーダーから告げられていたし、本番可動を翌々日に控えた昨日、メンバーがカンズメになっていた電算室にエンドユーザのお偉いサマの一人がやってきて、メンバー全員に聞こえるように、プロジェクトリーダーを罵倒するような有様であった。

 ちなみにその時間帯は昼休みである。にもかかわらずメンバー全員が血眼で仕事をしており、「そろそろメシを食いにいくか…」とか、話が出始めたところであった。罵倒されたプロジェクトリーダーを中心に電算室が気まずい空気で覆われた中、「メシでも食って、空気を入れ替えるか」と、みんなで休憩しようという空気になったところで。

 真っ青になっているプロジェクトリーダーが「俺…メシええわ。みんな行ってきてくれ」とつぶやいたのであった…。

 暗雲立ち込める職場。
 そんなわけで。心も体も寒い年末であった。
コメント (2)

火器管制レーダーは韓国軍の幼稚な嫌がらせ

2018年12月23日 00時51分09秒 | 政治(安倍政権)
 かなり大きく取り上げられている、韓国軍による、自衛隊の哨戒機を狙った火器管制レーダーの問題。

【NHK】自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181221/k10011756321000.html

 かなり最初期に報じられたNHKの報道から、かなり深刻だった。
 やはり、「一番強調したい部分は記事の最後に書く」という黄金パターンを踏襲すると、シメにはこんな事が書かれている。

ただ、複数の自衛隊幹部は「政府間の問題とは別に、韓国軍との間では良好な関係が続いていると思っているので、今回の問題には驚いている。韓国軍側の意図を詳しく調べる必要がある」と話しています。

 そう。以前紹介した元韓国軍の元外相のインタビュー記事がかなりマトモな人であった事を考えれば、これは非常に重大な問題なのである。
 所詮、政治家はパフォーマンス1番である。それは韓国だけではない。日米も例外じゃない。だから、実務者は基本的に非常に硬いはずなのだ。
 日本で言えば、官僚は冒険せず、手堅い人々なのである。まあ個々の資質は置いておくとして、全体として見れば、官僚は優秀である。方向性さえちゃんと示してやれば、ある程度無難にこなしてくれる。

 だから、韓国の実務者としては最も手堅い韓国軍人が、このような体たらくである事に、非常な危機感がある。
 中国がやってくるレーダー照射はまだいい。連中は敵国だ。韓国は軍事的には味方であるべきなのだ。
 だから、この防衛相の台詞はガチの本音であろう。

【共同】韓国側を「信じたい」と岩屋防衛相
https://this.kiji.is/448815125056324705?c=39550187727945729

 本当に、信じられない事態なのである。これはもう、「反日なのは韓国人の一部。ほとんどの韓国人は親日である」という、韓国人の主張は既に信用ならないところまできてしまったのだ。もしこれが、本当に韓国軍による故意の嫌がらせでなく、事故であったならばとんでもない落ち度であり、どう足掻いても全面的に韓国軍に非がある話なので、真っ青になっていの一番に謝罪すべき案件であろう。

【産経】韓国艦レーダー照射は2回、数分間「意図的な事案」
https://www.sankei.com/smp/politics/news/181222/plt1812220012-s1.html

政府関係者によると、P1は最初の照射を受け、回避のため現場空域を一時離脱した。その後、状況を確認するため旋回して戻ったところ、2度目の照射を受けた。P1は韓国艦に意図を問い合わせたが、応答はなかった。照射は数分間に及んだとみられる。

 だってなぁ。これ、言い訳無理だよホント。
 なのに、韓国軍は苦しい言い訳に終始し、韓国特有の「日本にだけは謝罪したら死ぬ病」を発病している。文在寅とかが日本に謝罪しないのとは、はっきり言ってわけが違う。思えば、韓国で行われる国際的軍事イベンドで、自衛隊に旭日旗を掲げて入港するなと、できるわけがない注文をし、日本を結果的に参加させなかったり、そのイベントで自軍が「自称・対日戦勝旗」を掲げたり。既に、韓国軍のやりようにおかしな兆候は出ていた。
 まるで、日本に宣戦布告させようと、挑発するような言動の連続だ。
 日本の国防思想が「専守防衛」である為、なめきってて挑発を繰り返しているととられても、これでは仕方があるまい。

 この様相でいくと、おそらく12/24のクリスマスイブには、本当に新日鉄に徴用工の強制執行が入るのではなかろうか。
 なんか、ちょっとは足掻いて日本の機嫌をとるような、韓国の行為がくるかなぁとか、思っていたのだけどな。デッドラインまで、際限無く加速していくな!

 日本のマスコミは、安倍政権をコントロールできていないぞ。安倍政権は、「ここで韓国に甘い顔をしたら、ただでさえヤバい経済政策なのに、さらに失点が強調されてしまう」とか、マジで考えていそうだ。つまり、この件については、日本のマスコミの示す世論よりもネット世論の方が「正しい世論」と読んでいるフシがある。

 2019年1月元旦。日本が期限をきった徴用工問題に関するデッドラインだが。
 結局、俺はもう韓国が何もできず、日本政府は国民世論を恐れて何もしないわけにはいかず、韓国に対するなんらかの経済制裁第1弾が発動してしまうのではないかと思う。これ、もしかしたら大東亜戦争以降、初の事態ではなかろうか。

 韓国…きっと、なんもやってないわけじゃあないんだろうなぁ。

 安倍政権になる前までは、韓国はきっと非公式に日本に謝罪をすれば、親分の米国が、日本に「許してやれ」とか命令して、ジャイアンの威を借るスネ夫の様相で、のび太日本は粛々と受け入れざるを得なかったんだろうけど。
 今は残念ながら、米国がジャイアンじゃないんだよ。見た目ジャイアンなんだけど。オバマの方が日本にとって余程ジャイアン。そうだなぁ。ジャイ子あたりなんだよ。ジャイアンが、のび太を武力で圧倒している状況は、既に存在していない。

 多分、韓国は水面下で山程日本に謝ってるけど、どうしても公開土下座をしないと許さないと、韓国が土下座するまで腕組んでカウントダウンしている今の日本の声を、焦りと諦念にまみれて右往左往しているだけなのでは…と邪推している。

 そんなわけで。順調にカウントダウンは進む。
 えぇ…。マジで今のところ、本当に韓国が無策なんだけど。大丈夫なわけないんだが、大丈夫なんだろうか。なんか意味不明な事を言ってるな俺。錯乱しているのか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (8)

日韓局長級会合で徴用工の事を話合?…フェイクニュース臭

2018年12月20日 23時47分09秒 | 政治(安倍政権)
 今日、ネットで見かけた記事で日韓協議が行われるという記事が出ていて、俺は驚いた。は?え?なんでそんな事すんの?アレは今のとこ、韓国の国内問題じゃないか。日本が批判だけするならばともかく、関わる必要はまったくないのに。

【東京】徴用工判決対処巡り、日韓協議へ 外務省局長級、今週末にも
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018122001001100.html

 で、とりあえず俺は、東京新聞以外の新聞社が、同様の記事をエントリしているかを確認しようとザッピングしてみたわけだが…。

 産経も読売も報じていない。
 報じているのは共同通信の配信で、東京新聞と地方紙。

 …どうやら、朝日が最も詳しく報道しているようだ。

【朝日】徴用工、日韓局長が今週末協議
https://www.asahi.com/articles/DA3S13819336.html?iref=pc_ss_date

 さて…。これ、本当だろうか?
 どうやら、外務省局長、金杉憲治氏が訪韓するのは確かなようだが、とりあえず表向き、北朝鮮との融和政策を批判し、圧力の継続を要請に行くようだ。慰安婦問題について、日本の従来の見解を説明にもいくようだが、ことさら、徴用工について話をする気がないように見える。

 例え、金杉氏が日本政府の密命を受けており、こっそり徴用工についての日韓局長級会合を行う事が本当であったとしても、日本側が「密命」というスタンスである限り、最終的デッドラインを切った状況は変える事はない。局長ごときが、そのゴールポストを遠ざけるほどの権力は有していないであろう。

 新日鉄・三菱の判決を変えないまま、数日後に控えた強制執行期日を過ぎてなお、在韓日本企業の資産が保証されるようにするウルトラCを見出さない限り、この韓国にとってクソ拙い事態は打破できない。このウルトラCは、隠れてこっそりできるものではないのだ。

 それで、この今週末に行われると予想されている日韓外務省局長級会合では、徴用工について、ほとんど触れられないんじゃないかなぁと思うんだよね。
 朝日以外はどうやらソウルの共同通信による配信だし、多分に韓国の希望が混じった記事のように見受けられる。「日本が、とうとうギリギリになって、やっぱり徴用工について、『なんとかできませんかねぇ?』って相談にきたニダ!」ってな具合だ。

 俺、これで日韓外務省局長級会合の結果記者会見とかで、徴用工関連の情報がロクに出てこなかったら、共同と朝日死ねに、「オマエら本当に日本のメディアなのか」ってツッコミを入れるよ?
 産経も読売も変態も、金杉局長の訪韓を「徴用工問題の相談に行くため」とは報道していない。
 今日も、菅官房長官は韓国政府を相手に徴用工裁判が発生し、原告が1000人を超えるって事を聞いても、ハナクソほじりながら「ほーん。で?」ってな具合に流していた。日本政府は、ここで韓国に迎合すると国民の信頼を失うと、多分わかっているのである。

 同時に、この韓国でおきている徴用工裁判のせいでも、日本はヘタな妥協をする事ができなくなっている。ここで日本が何らかの妥協をしたとする。
 すると、現在「カネを毟り取れそうなのが日本政府より韓国政府だから」という理由で徴用工裁判に参加した韓国人が、一気に日本側に鞍替えしても不思議ではない。

 これは、韓国内で盛んに行われる「嘘も百回言い続ければ真実になる」を体現した、韓国市民向けのフェイクニュースだと思うんだよね。
 んで、この手の怪しい連中と、手に手を携えて、一緒に報道する朝日や共同って…。
 やっぱり連中も、「嘘も百回言い続ければ真実となる」と思っているのかな。それって、ホント、日本人っぽいとは思えないわ…。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (4)

もう手遅れw

2018年12月18日 23時34分06秒 | 政治(安倍政権)
 なんというか、ニヤッとなってしまったよ。

【日経】元徴用工ら集団訴訟を計画 韓国政府を相手に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39094660Y8A211C1FF2000/

 この記事本文を読めばわかるが。つまらない事に、これは正しい方向性である。

1965年の日韓請求権協定で日本政府から3億ドルの無償支援を受け取った韓国政府に補償責任があるとして、1人当たり1億ウォン(約1千万円)を求める原告団を構成する

 誰でも、基本的に「取れるところから取るべし」なので、元徴用工達は、日本企業から賠償金のおかわりをせしめるのが難しいとなれば、水が高いところから低いところへと流れるように、自然とターゲットを韓国政府へと変更しただけなのかもしれないが。

 この時期に、これまでバリバリの反日オナニーを繰り返していた韓国による、突然の方針変更は、韓国政府の誘導があったような気がしないでもない。あるいは韓国流に言い換えれば、「良心的勢力」の跋扈というやつかな。

 ああ。日本では朝日死ね新聞や、毎日変態新聞を、中韓が「良心的勢力」って読んでたけど、なんか腑に落ちたわ。今まで連中が呼ぶ「良心的勢力」の意味がよく理解できてなかったんだよな。連中目線で見りゃ「韓国にとって都合のいい日本人達」と言う意味か。日本人目線でいう「日本にとって都合のいい韓国人達」か。この訴訟原告団は。

 嫌な響きだなぁw

 そんなわけで。韓国は反日で凝り固まってしまうと、このままでは死んでしまうと瀕死になってから気が付き、行き過ぎた反日で日本に向かっていた視線を、自らを犠牲に無理矢理自分に向けさせた…のかもしれないね。

 でも。残念ながら手遅れ

 既に三菱と新日鉄への損害賠償請求については結審してしまっている。
 クリスマスイブに強制執行されれば、いまさら徴用工や慰安婦問題の被告は韓国政府であると、別の訴訟で主張しても意味はない。新日鉄や三菱の判決は覆らないからだ。

 俺は、この既に手遅れ感満載の新日鉄&三菱の問題で、韓国政府が静観の姿勢をとる代わりに、今後の訴訟は韓国政府が引き受ける…というシナリオを、先日の電話による日韓外相会談にて、韓国側にプレゼンされたのではないかと思う。

 既に終わってしまった司法判断については覆す事が容易ではないが、これから起こされる裁判については韓国政府がある程度コントロールできる。
 ぶっちゃけ、韓国は「今」をしのげれば、今から起こす元徴用工の裁判は長期化させて塩漬けにしてしまったり、原告を敗訴させたりできるのである。

【朝鮮日報】「せかすつもりはない」徴用工判決に対し河野太郎外相が異例の発言
http://news.livedoor.com/article/detail/15750410/

 せっかく日本の外相がこう言ってくれてるので…と、韓国側では新たな徴用工裁判の方に日本人の目を向けさせ、「急かすつもりはない」前提で、問題解決を長期化させたいのかなぁ…とか、思っていたりする。

 が、これは韓国の思い違いで希望的観測だ。河野外相は別に融和的になったわけではなかろう。期限をきっておいて、その期限を延長したわけではないのだから。従来とまるで立場は変わらない。
 単に、「期限までゆったりと高みの見物をする」と言っただけである。河野外相は。

 韓国はすでに油断してしまっているような気がするが、カウントダウンは止まっていない。
 年末年始にむけて、少しずつ、韓国の悪あがきが始まっているように見える。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント

日本のマスコミはスポンサーの味方

2018年12月16日 21時58分54秒 | 特定亜細亜
 一応、明確な敵ってのは、いるやん。
 有田ゴキフとか、辻元清美とか、福島みずほとか。あーゆーのは、ある意味潔く、敵とわかりやすいし、与しやすい。

 俺、連中はそんなに嫌じゃないんだよね。「狂人」として扱えば良い訳で、自分のリアルな周辺にそんなのが居たとして、「ねぇパパー、変な人がいるよ?」とか子供に聞かれたとしても、「しっ!目を合わせちゃいけません!」とか言えば済んでしまう。

 やっぱり厄介なのが、池上彰とか、小泉進次郎みたいな一見、正しい事を言っているかのような連中である。
 俺はそーゆー、

「一見、正しい事を言ってるように見えるけど、なんか違和感がある」

 というのの違和感を、わかりやすく解きほぐしたいのである。
 今日も1つ、そんなネタを提供してみたいと思う。

【テレ朝】玉川徹「中国がアジアの覇権国になった時に日本はどうするんだ?アメリカとも中国とも上手くやれるのか?選択を迫られる!」
http://seikeidouga.blog.jp/archives/1073198027.html

 玉川氏はこの番組内で中国擁護を連発したそうだけど。
 最後のこのコメントについては、ウチのブログの根底に流れるテーマのようなものと極めて近かったりする。
 俺のいつもの主張をしてみよう。

「日本に外交力なんてものはなく。日本と言う場は、米中のパワーゲームの場である」

 では、玉川氏の主張は俺にとって正しいのかと言えば。それは違うのである。
 確かに、日本は米中パワーゲームの場であって、日本の外交的な選択肢なんて限られたものかもしれないけれども。俺はこれもいつも主張しているのだけど。「だったら米国と組むのが一番マシ」なのである。「アメポチ上等」なのだ。
 少なくとも米国は、自国に滞在する日本人を問答無用で逮捕し、懲役12年の実刑を言い渡したりなど、日本が自分達の都合の悪い政策をやったとしても、そこまで理不尽な事はやってこない。米国を捨て、中国につくなんて事は、ありえない。

 玉川氏は、「中国がアジアの覇権国になったらどうする?中国とも友好関係を大切にすべきだ」なんて言っているが、中国は今の時点で十分にアジアの覇権国である。
 彼の主張とは正確には、「米国を抜いて、中国が世界一の覇権国になった時、日本がそれまで中国をないがしろにしていたら、大変な事になるぞ」という話なのだ。

×中国が世界一の覇権国になった時に備え、中国とは友好な関係を築くべきだ
○中国を世界一の覇権国としないように、米国と共に中国を牽制するべきだ

 ここが、視聴者に考え方を間違えさせようとする重要な部分だと思う。
 本来、中国が世界の覇権を握ってしまう事を最大のリスクとするべきなのに、「中国が世界の覇権を握った後に日中の友好関係は重要」という理由で、「中国が覇権を握ろうとする事を邪魔すべきではない」という、頭の痛くなる主張なのである。

 こんな番組が日本で平気で流されている事に、日本のメディアの限界を感じる。
 さらに言えば、この番組中にファーウェイのCMが流れる辺りで、俺は池上彰にドヤ顔がしたくなる。

 以前、池上彰は自身の冠番組「池上彰のニュース、そうだったのか」で、新聞、雑誌は偏っても良いが、テレビ・ラジオは政治的に公平である事が義務付けられているという話を紹介した事があるのである。

 

 

 俺はいつも、むしろテレビやラジオってのは、「公平です」という分厚いツラの皮のその裏側で、こっそりわかりにくく、公平でない事を垂れ流している事を憤っていたわけだけど。正直、今回みたいにわかりやすい事例ってなかなかないと思うんだよね。ファーウェイの件って。

 テレビ・ラジオのどこが公平なのよ。

【週刊実話】ファーウェイ社を過剰賛美? 『モーニングショー』の放送に猛批判 偏った放送のワケは…
https://wjn.jp/article/detail/5000878/

 とうとう疑いようのないソースがついちゃったよ?

 まあ、テレビ的に「言い換え」をしてやればね、世の中ファーウェイ叩きが主流だから、一般人に向け、ファーウェイの別側面の情報提供の必要性があった…。だから、テレビは公平なんだよ…とか、言いそうだと思うのだけど。

 でもそれってさ。最右翼の虎ノ門ニュースとか、あの辺りが、地上波では絶対に報道しない右側の情報を提供するのと、いったいどう違うって言い訳すんだろうね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (6)

変態は中韓のプロパガンダに加担してた?

2018年12月13日 00時07分31秒 | 政治(安倍政権)
 先日、英ガーディアンで、「毎日新聞やニューヨークタイムスは、中国共産党に報酬をもらってプロパガンダをしている」という記事が出て、大層話題になっていた。
 事の真偽は不明なんだけど、本当っぽい話だと、俺は思った。朝日ではないというところが、特に。

 朝日はアカだからな…。別に報酬なんて、もらわなくても勝手に中韓を応援してくれる媒体だと思うのである。だから、プロパガンダを依頼するならば、自称中道を謳う公明党や毎日変態新聞は、日本国内では最適の宣伝媒体…広告塔といえる。

 でも、別に俺は変態が中国共産党のプロパガンダの片棒を担ごうと、それがデマであろうと、どうでもいいのである。
 なぜなら、変態がそれを疑われるような報道をしているのに、どっちだろうと関係ないからである。最低なのにはかわらない。

 「変態は、中国共産党のプロパガンダに報酬をもらって加担していました」と言われて、「やっぱりなぁ」って言われるような報道姿勢なのである。

 まるで、全国展開している日刊ゲンダイか琉球新報みたいだよ。
 報道内容が、貴社一紙だけスクープ的に内容が違うとか、結構あるもん。今回の日韓外相の電話会談の記事もそうだった。

【変態】元徴用工判決、日韓外相が緊密な意思疎通確認
https://mainichi.jp/articles/20181212/k00/00m/010/185000c

日本政府は、韓国側の対応を見極めつつ、国際司法裁判所(ICJ)への付託など対抗措置を準備する。外務省幹部は「韓国政府が真剣に対応策を検討するなら待つ。対抗措置に踏み切る期限は設けていない」と語った。

 韓国がなんらかの対策を講じる動きを見せるなら、ICJへの提訴は待つ とか、多分他紙にはないよ?外務省幹部って、誰やねん…。
 こんな事をすれば、韓国はさらなる遅延戦術をとってくるではないか。いったい、河野太郎外相はなんのために、今回の対韓措置を発表したのか。事実上、日本がICJ提訴を断念したかのように見えてしまう。

 思えば、記事に登場する日本の「外務省幹部」とやらは、毎回なにがしか、おかしなコメントをする。
 今回はコレ。河野外相がせっかく区切った期限を無効化するようなコメントである。
 以前にも、例えば増長する韓国に対し、「戦略的無視しかない」と、愚にもつかないコメントをしていたのも外務省幹部だったし、国連人権理事会に慰安婦問題で批判されてた時も、「頭を低くして嵐がすぎるのをひたすら待つのが最上の策」とか言っていた外務省幹部もいたはずだ。

 思うに、もし変態が中韓のプロパガンダに加担するような報道を真面目にしていたのであれば、変態の単独犯だと考えるほうが不自然であろう。外務省幹部にも潜んでいる可能性は否定できない。靖国神社への参拝を自粛するように提言していたのも、外務省幹部であった。

 先走った、政府を妨害する立ち位置を取ろうとするような動き。これは…。なんというか、変態と共謀し、マッチポンプをやってるようにしか見えないっ!

 …とか、なんだかとってもそれっぽい説明がね…。できてしまうのである。
 何度も言うが、変態や外務省幹部が、マジで中韓のプロパガンダの片棒を担いでいるかどうかはさほど重要ではないのである。どーせバレないだろうし、バレたところで従軍慰安婦問題の時のように、長年放置されて風化するのを待つだけで、対象者が外患誘致罪に問われて死刑になったりもしないのだ。

 ただ、それを疑われても仕方がない程に、中韓人に傾斜した記事を、あまりに変態は作り続けてしまったのだ。疑われて当然である。

 海外の他紙に、「中国のプロパガンダに報酬をもらって加担している」と書かれ、まるで違和感がなく「知ってた」とかネットで言われるのと…。本当に報酬をもらってプロパガンダをしていた証拠がでてきてしまって、なんだかとっても大変な事になってしまう事と、変態の社員としては、どっちが恥ずかしい事なんだろうね。

 まあ、俺だったら、まだ中韓のプロパガンダを意図的にやっていた方が、まだマシ…というか、完全にどっちもどっちだと、思うのだけどな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント

もうすぐ日韓関係カウントが始まる

2018年12月12日 00時16分33秒 | 政治(安倍政権)
 日本をなめてるのか。それともアホなのか。それとも、腹をくくったのか…。
 正直この3択である。最近の韓国の有様は。

【朝鮮日報】慰安婦関連の「性暴力対応国際協力」予算 初めて計上=韓国外交部
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/11/2018121180073.html

 これは、もちろん日韓慰安婦合意違反である。
 合意文には、韓国側の声明で、こうある。

(3)韓国政府は、今般日本政府の表明した措置が着実に実施されるとの前提で、日本政府と共に、今後、国連等国際社会において、本問題について互いに非難・批判することは控える。

 もう、韓国は慰安婦問題で日本に文句を言わないと宣言したのである。
 この予算の名目には「性暴力対応国際協力」という事で、慰安婦については記述はないが、内実は朝鮮日報によると

外交部当局者は同予算について、「慰安婦のおばあさんに関連するもの」として、「国際機関と共にどうしたら紛争地域で弱者、特に女性を保護できるかという私たちの経験を共有し、国際的な共感を広げるため」

 と解説している。慰安婦と性奴隷はイコールではないから、韓国が「これは日本の慰安婦問題とは別件である」とシラを切る事が可能なのかもしれないが、そもそも「日本の従軍売春婦」を「所有性奴隷」であるとすり替えて中国・韓国は喧伝し続けてきたので、まるで説得力がなく、昔ならまだしも、今どきの日本政府がこれを許容するわけはない。
 もちろん、日本政府はこの動きを事前に察知していたと思われる。

 そこで、この日本政府の動きである。

【FNN】日韓議連総会に祝辞寄せず 安倍首相 関係悪化で...
https://www.fnn.jp/posts/00407461CX

日韓議連と韓日議連の合同総会は毎年開かれていて、日本の首相と韓国の大統領が祝辞を寄せるのが通例。

しかし、14日にソウルで開かれる合同総会に安倍首相は祝辞を寄せず、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と面会する日韓議連の額賀会長に親書を託さない、異例の対応となることがわかった。
日韓議連・額賀会長は「親書とか、われわれが政府の考え方を持っていくということではない」と述べた。
安倍首相は11日午後、首相官邸で額賀氏らと面会したが、祝辞や親書の話はしていないという。

 まあ、日本側としてはこうなる事が明白なわけだけど。
 それで、この動きに合わせて韓国内での政治的な動きも、この流れに沿った動きをしている。

【中央】韓国政府の外交中心が大移動…日本を抜いて「中国局」新設へ
https://japanese.joins.com/article/978/247978.html

 これまで、政治的には米国に次ぐ地位であった対日部門を廃止し、中国局を設立する事になったようだ。
 そりゃまあ、対日外交政策なんて、今の韓国の態度を考えれば重要度は低くなる。当たり前なんだけどね。

 さて。ここでこのエントリの冒頭に戻る。

 文在寅は日本をなめてるのか。それともアホなのか。それとも腹をくくったのか…。
 別に、この3要素のいずれか単独…と言っているわけではない。この3要素をバランスよく配合しての結果かもしれない。

 日本を軽視してるうちに後戻りできなくなり、経済面で中国を無視できなくなってきて腹をくくったのかもしれないし。
 中国に傾斜するうちに中国からの応援もあって日本批判を強めざるをえず、やがて腹をくくったのかもしれないし。
 日本をなめてるから、腹をくくって心地よく反日三昧なのかもしれない。

 いずれにせよ韓国は、日本とはもう、袂を分かつ覚悟は決めたかのように見える。
 日韓議連総会前夜に、この寒々しい状況は、まるで開戦前夜の敵国同士のようだ。
 13日には、額賀日韓議連会長が、文在寅と会談を行うが、お互いにどんな踏み込んだ事を言い合ってくれるか、非常に楽しみにしている。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (1)

日本に移民は必要ない

2018年12月09日 23時16分17秒 | 政治(安倍政権)
 まあ、今回の山本太郎は俺の言いたいことを代弁しているのだけどね…。

【日スポ】山本太郎氏が与党に「保守と名乗るな」と怒り絶叫
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201812080000021.html

今国会最大の焦点だった、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案は8日午前4時すぎ、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。

 基本的に、外国人なんて受け入れても日本はよくならないと、俺は考えている。
 こんなのは日本の基本的に外道な経営者達の単なる「要望」だ。
 自民党はその日本の企業経営者に支援を受けているから、こんな方向性になってしまうのは、もはや仕方がない事なのかもしれない。

 だから、本来ならばこんな時はきっちり野党を支持して、自民党を叩くべきなんだけど…。

「(賛成する議員は)官邸の下請け、経団連の下請けだ。この国に生きる人を、低賃金競争に巻き込むのか。恥を知れ」と、憤った。

 うん。ホント、実際そのとおりだと思うんだけどな…。
 その野党の連中が、この自民党の政策に対してどんな対案を出しているのかと言うと、こんなのなのである。

【保守速】【外国人受け入れ】入管法改正:立憲などの野党案「外国人労働者の技能実習を廃止!生活支援や人権保護する多文化共生庁を作ろう!」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48825127.html

・外国人労働者受け入れに関する立憲民主党など野党の対案

◆ 外国人に社会保障制度参加を法定化、家族帯同も認める

◆ 外国人の滞在期間は何度も延長更新できて永住に道を開く

◆ 外国人労働者には日本国内での職業選択の自由を認める

◆ 外国人労働者の生活支援や人権保護を拡充する多文化共生庁を設置

◆ 外国人差別や人権侵害を受けた場合に相談できて救済する国指定の専門組織も提案


 ウンコすぎる…。マジで?としか思えないよね。こいつら日本を潰す気マンマンなのである。
 これに比べれば、自民党案はまだマシなのだ。本当にお話にならない。

 ちなみに、自民党は「移民政策ではない」と言いながら、将来的な移民受入の方針でずっと政策を進めている。入ってくる移民の数を増やして、コントロールしようとしているわけなんだけど…。
 何が問題って、日本の外道経営者が望んでいるのは「社畜」なのだ。日本人がやりたがらない低賃金労働者を望んでいる。

 低賃金で仕事をする労働者がいるから、日本人の賃金が押し下げられ、移民が入ってくるから低賃金に拍車がかかる。ほら。山本の言う通りではあるんだよ。幸せになるのは一部の外道経営者だけで、その他が全員日本国民が不幸になるのだ。
 山本は、日本政府をそう罵るのであれば、対案を出している立憲民主党も同じように批判するべきだと思う。

 さて。自民党の移民政策が不可避ならば、望む事は1つだけだ。
 外国人労働者との賃金格差をなくす事。それには、現在の技能実習制度からの脱却が必要なのだ。

 そして、今回の自民党の方向性は、まだこの方針を踏襲しているのである。これこそが、野党の対案と比較してマトモなところ。

【産経】「賃上げ」企業苦悩 外国人労働者拡大 受け入れ半数の技能実習生から移行
https://www.sankei.com/economy/news/181206/ecn1812060029-n1.html

 これは、外国人労働者の地位向上にもなるけれど、何より、安い労働力を必要とする外道共への牽制になる。低賃金労働者ではなく、純粋に日本には労働人口が足らないから外国人労働者が必要なんだろう?なんか文句あるのかと。
 これはいくら外道な経営者だろうと、非常に文句が付けにくい。

 賭けてもいいが、介護職などの不人気職業に人が集まらない最大の理由は、給料が安いからである。汚かろうがキツかろうが、給料が相応に高ければ、そこに日本人だろうが外国人だろうが、人は集まってくる。

 不当な低賃金を許さない事が、一番重要なのだ。
 安価な奴隷労働者の量産を可能にする民主党時代に成立した技能実習制度を破綻させ、新たに導入された外国人労働者の待遇改善で、それでも日本に移民が増えるか否か。きっと就職難に陥っている韓国人の若者が大挙してやってくるとは思うけれど、コントロールしきれると政府が豪語するのならば、もう仕方がなかろう。だって野党案よりゃマシなんだもの。

 民主主義ってのは、最悪の政治形態であるってのは、以前も紹介したウィンストン・チャーチルの言葉だけど。ベストなんて選択肢には出てこない事はわかっている。
 しかし、どうにかならないもんなんだろうか。マジで。

 今の日本の不幸は野党が最悪すぎて与党の暴走を止めれない事だと思うのだけど。
 それでも、民主党が与党時代に比べれば、いくらかマシなんだよねぇ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (9)

こんな時だからこそ嫌韓まとめが嫌い

2018年12月06日 23時52分17秒 | 国内の事件
 昨日、つらつらとブログエントリ用のネタ探しをしている時、すっごい不愉快そうな、まとめサイトのエントリを見つけた。
 「どーせ、タイトルで煽る嫌韓記事だろ。騙されて踏むのは嫌だな…。」とか思ってスルーしてたんだけど。

 ちなみに、あじあにゅーすである。

【あじあにゅーす】韓国政府「慰安婦財団解散は国内問題で日本は無関係。徴用工は未払い賃金ではなく慰謝料。支払えないなら日本が財団を立ち上げるべき」
http://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/54543288.html

 余談だが、俺、この手のサイトの煽りタイトルが実は本当に嫌いである。
 例えば、同サイトの別エントリで、こんなのがある。

【あじあにゅーす】日本始まった! ついに韓国切りを正式発表へwwwww 韓国の主力産業、早速崩壊wwwww
http://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/54542785.html

 で、元記事はこれ。

【自動車】 日産が『韓国斬り』 ルノーサムスン受託生産中止〜識者「韓国自動車業界の未来は暗い」 [12/05]

 タイトルが悪質だと思わないか。ほとんど詐欺である。
 ちなみにこんなのまだマシな方で、エントリタイトルが元記事にかすりもしていないモノもある。じゃあタイトルは何を指しとるねん!と思えば、どこの馬の骨とも知らぬ、いち5ちゃんねらーの、採用したコメントの引用の1つが元ネタだったりする。…ひどすぎるわ。

 最初の頃俺は、この手のなんの根拠もない記事を、「そんな馬鹿な」「え?マジなん?」とか思いながら、何度も何度もアクセスしてしまっていた。そのうち、「どうせ煽りだろうけど…。でも本当だったら…」とか思ってやはりアクセスし、最終的にはこーゆー連中のエントリには触れないようにしようと、思うに至ったのである。

 閑話休題。

 でも、なんというか冒頭紹介したあじあにゅーすのエントリタイトルは、なんかいっぱいの情報をなんとか無理矢理エントリタイトルの制限文字内に押し込んだような印象があって、気にはなっていたのである。
 それで、珍しく読んでみた。

 すると、まあやっぱり煽りであった。アクセスカウンター回してしもたわ…。

韓国政府「慰安婦財団解散は国内問題で日本は無関係。徴用工は未払い賃金ではなく慰謝料。支払えないなら日本が財団を立ち上げるべき」

 まず、この台詞を言ったのは韓国の元外相であって韓国政府ではない。日本で言えば、「徴用工に謝罪すべき!」と菅直人元総理とか、鳩山元総理とかが言っているようなもので、「日本政府が言っている」とはまるで意味が違う。大違いだ。

 「慰安婦財団の解散は日本とは無関係」については、「国際問題化しないように、対案を韓国自身が用意し、国内で解決するべき。10億円は日本との合意を尊重する意味でも返してはならない」という意味だ。おそらく、慰安婦財団の解散は愚かな行為だったと嘆きつつもあえて言及せず、「これ以上日本に迷惑をかけるな」という意味合いのアドバイスと思われる。

 「日本が財団を立ち上げ、徴用工の慰謝料に対応せよ」は、「韓国主導で財団を立ち上げ、徴用工に対処する。財団への寄付については、日本企業も参加できるようにするべき。心証はよくなるだろう」であった。

 はっきり言おう。大違いだ。曲解も甚だしい。
 むしろ、この元外相はかなりまともな事を言っている。流石、日本統治時代の元軍人の外相。非常に現実的だ。

 で、このエントリの元ネタのスレタイがこれ。

【徴用工賠償】韓国外相 「日本は感情的にならず心のゆとりを持て。基金を出し被害者に謝罪と賠償すれば許すと我々は言ってるだけだ」

 はぁ…。これも…まあ詐欺みたいなスレタイだな。
 まず、「韓国外相」ではないわな。元外相だ。
 こんな事、一言も言っていない。話の流れ的に、「日本が心のゆとりを持ってくれる事が、我々にとって望ましい」から、「韓国は日本がそうした態度がとれるよう、それなりに努力するべきだ」という感じである。
 「基金を出し」については前述したように韓国主体で行う事だと主張しとるし、「被害者に謝罪と賠償すれば許すと我々は言ってるだけだ」に至ってはどこにも存在しない。

 俺は、今の韓国の態度について、日本人は怒ってもいいと思っているよ。
 しかし、俺はこーゆー煽り記事をすごく間違っていると思うのである。

 しかも、この記事で紹介されているねらーのコメントも、このあじあにゅーすのエントリについているコメントも、みーんな、この記事を信じてしまっているのである。

 5chのスレタイも、この記事のエントリタイトルも…である。
 これくらい、韓国人なら言ってもおかしくないと。思っているだろう?

 実は、俺も少し思ってしまっている。
 けど、こーゆー嫌韓まとめ記事とかの煽り記事を見て、怒りを感じる根拠として、このサイトに言及してしまう事はとても恥ずかしい事だと思うし、このブログ管理人も恥ずかしい奴だと思うのである。

 それに、このブログを読まず、アクセスランキングとかで記事タイトルだけ見た人も、このエントリ記事のタイトルだけチラ見して、「ふーん。韓国の外相って今そんな事言っとるんや。アホやな…」とかちょっと思って流した人もいるかもしれない。そんな人達は、潜在的に少しずつ、韓国への嫌悪感を溜め込んではいないだろうか。

 それは、かつてマスコミが強大であった頃、自虐史観で日本人を洗脳していったわけだけど、新聞の煽り見出しを使って同じ事をしていたのである。

 俺は、こーゆー連中が、自分達が嫌悪する日本の反日マスコミと同じ事をしているという事に、気がついているのだろうか…と、思うのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (13)

韓国「日本に悪い事は何一つやってません」

2018年12月05日 23時04分11秒 | 政治(安倍政権)
 韓国のメディアは、何度も言及しているが日本が絡むと途端にキチガイである。
 でも、意外と朝鮮日報とか中央日報を読んでいる日本人に、その感想を聞いたりすると、「日本がからんでもそれほどキチガイじゃない」という回答が返ってくる。

 そういう人は、韓国語の、翻訳された記事を読んでいない。
 思うに、韓国メディアは自分達がかなり無茶な主張をしていると自覚している。日本語の記事だと必ずトーンダウンするのがその証拠だと思う。

【朝鮮日報】【コラム】「反日の代償」は高い
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/05/2018120580029.html

 もちろん、日本語なので日本人に向けた記事なのだから、流石にキチガイみたいな主張はしないのだ。

 そんな朝鮮日報の日本語版でも、昨今の日韓情勢の酷さは隠しきれない。
 記事のシメはこんなのである。

国際舞台でこれまで韓国支持の立場をとってきた日本が態度を変えた時、韓国に本来の外交力がどれだけあるのか、すぐに明らかになるだろう。

 つまり、朝鮮日報日本語版は、「俺達メディアは、韓国人に『今すぐ馬鹿な事をやめろ』と警告し続けているんだよ」と日本人に向けて主張しているのだ。
 こーゆー取り繕った記事だから、朝鮮日報はこの記事の中、日本人に対してできるだけ配慮をし、逆に韓国人を糾弾している。

 だからこそ、この記事に現れる日本人に対する蔑視はホンモノだ。「これだけ日本に配慮してるつもりでも、書いたモノから日本に対する蔑視が見えるんだな…」と。

韓日関係が悪化すると、これまで例外なく代償を支払ってきた。代表的なケースとしては韓日漁業協定がよく挙げられる。

 こんな風に始まる「韓国が日本から被った代償」とやらは、3つ、例が挙げられている。

金泳三大統領退任1カ月前だった1998年1月23日、アジア通貨危機や政権交代期に乗じて、日本政府は協定破棄を一方的に通知してきた。続く金大中政権は「無協定状態」を避けるため、日本が要求する通り独島周辺の「共同水域」を譲歩するしかなかった。これらは、金泳三大統領の「日本の性根をたたき直してやる」といった発言など、度を超えた対日強硬外交が生んだ惨事だという話が伝説のように言い伝えられている。

金大中政権は韓日友好ムードを生み出したが、日本人を誘拐した辛光洙(シン・グァンス)元北朝鮮工作員を日本側の要請を無視して北朝鮮に送還すると、日本政府は在日韓国人系銀行設立拒否や情報共有拒否で対抗した。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領時代には、同大統領が「外交戦争も辞さない」と宣言するや、在日韓国人に対する税務査察強化・留学生研修支援中止といった措置が新たに取られた。

 俺が何を言いたいか、わかるだろうか。
 全部、「韓国はこうした」→「日本は一方的に韓国を酷い目に遭わせた」である。

 目線が、「か弱い我々が、強大な力を持つ日本に逆らって痛い目を見た」なのである。被害者意識。
 自分達が、どれほど日本人に被害を与えているのか?という観点が徹底的に抜けている。だから、「一方的に××された」という表現になる。一方的にではなかろう。単に、殴られたから文句を言い返したぐらいに過ぎない。
 日本は、殴り返してすらいない。

 竹島周辺を共同水域にする事の、どこか殴り返しているのか。日本国内に韓国の銀行設立拒否や、情報共有拒否の、どこに殴り返しているのか。在日の財務査察強化などの、どこに殴り返しているのか。
 こんなもの、代償なんかではない。単に日本が韓国に、それこそ「一方的に」取り上げられていたものを、部分的に取り返せただけだ。

 これを「代償」というのならば。韓国人は日本人を踏みつけていて当たり前なのである。

 ところが。今回日本人はおそらく、本当に初めて、韓国に殴られて殴りかえそうとしているのである。
 まあ、殴り返せるのはやはり、今米大統領がトランプだからだろう。「どうせ米国が仲裁してくれる」で事なきを得ていたこれまでとは明らかに違う。
 今回の日本政府は、わかりやすく期限も切っている。日本国民の多くが、韓国に対して悪感情を持っていると思われるし、少なくとも日本政府は日本国民がそう思っていると考えている。安易にはヘタれない。

 さあ。親父にも殴られた事がない甘ったれたアムロのような韓国が、2回どころか何回殴られる事になるだろう。
 これは本当に予断を許さない。文在寅があからさまに無能だからだ。何もできない可能性が非常に高い。

 すると、このまま本気で新日鉄は強制執行の餌食だろうか。
 この後、訴訟が頻発し、在韓日本企業のうちどこかは撤退を見当し始めるのだろうか。
 もう手遅れなので、韓国はヤバい方向に転がって行かざるを得ないだろう。世論を考えれば、強制執行を止める事も、国民に向けて謝罪する事すら、難しい。

 今回は、運が悪かったと諦めるかもしれないなぁ。新日鉄や三菱重工のような、訴訟対象企業。君らの尊い犠牲があって、雪崩を打って在韓日本企業の撤退が、相次ぐかもしれない。

 申し訳ないけれども。俺は新日鉄や三菱重工が犠牲になってくれる事を願っている。
 日本政府が動かざるをえない事態に、はやくなってくれ。韓国が事の重大さに気がつく前に!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx



コメント (1)

日韓関係のカウント3

2018年12月04日 23時31分52秒 | 政治(安倍政権)
 俺は、城内実が嫌いである。昔から奴をエセ保守だと思っていた。
 しかし、評価すべき事をすれば、俺は評価すべきだと思うのである。

【ZAKZAK】「こんなことする国なんて、聞いたことがない」 日韓議連を退会、城内議員が激白!
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181203/soc1812030016-n1.html

 実際、別に大した事はしていない。どっちかといえば「何を今さら」という気分になる。むしろ「こんな情勢なのに、未だに日韓議連とか参加してたの?」と言いたくなる。

 言うまでもない事だけど、日韓議連とは「日本と韓国の友好の為の議連」である。
 現状を考えれば、あんな国と友好なんてものはありえない。文在寅が日韓慰安婦合意でゴネだした辺りか、北朝鮮への制裁破りを平気でやりだした辺りで解散していてほしいぐらいの議連である。

 実際、上記記事を引用すると、議連の幹事長をやってる河村建夫元官房長官は、空気が読めていない事、甚だしい。

その日韓議連は14日、韓国側の韓日議連との合同総会を韓国・ソウルで開く。議連幹事長を務める河村建夫元官房長官は11月29日、BS番組で「こういう時だからこそ、みんなでしっかり話をしようと思っている」と関係修復に意欲的だ。

 現状で関係修復に動くのは、ただのアホである。

 …話がそれてしまったので、元に戻す。

 では、俺は城内氏の何を評価するのか。
 それは、ここ最近の日韓議連における、初の脱会者だからである。「初の」がミソだ。俺は何度も主張しているが、先駆者というものは評価されるべきだと思う。

 俺は、ここで雪崩を打って日韓議連から脱会者が続出する事を希望する。
 日韓議連は、安倍総理や麻生副総理、菅義偉官房長官なんかも参加する、巨大議連である。
 俺からすれば、今の形態で脱会者も非常に少なく、存続を続ける事ができていた日韓議連を見るに、日本の外務省が従来やっていた外交の有り様を思い出す。
 要するに、慰安婦問題とかで国連(…の方からやってきた連中)や世界(と称する中韓関連)から日本が厳しい批判を浴びていた時、「アタマを低くして、嵐が通り過ぎるのを待つのが最良の策」とか、眠たい事を言っていた連中と、同じやり方である。

 今の情勢的には日韓の友好関係を深める事ができない。
 でも、こっそり日韓議連を存続させつづけたいと。こそこそしてたわけだが。
 そこを城内実氏はぶち破ったのである。

 こんな風に、韓国と良好な関係を夢見るような態度をとる連中がいるから…。
 韓国に舐められる。
 こんなんだから、韓国は日本をクソミソに叩きながらも、都合よく日本から金だけせしめようとするのである。

【時事】対日関係への影響回避を=歴史問題で韓国大統領
https://www.excite.co.jp/news/article/Jiji_20181203X054/

文氏は「朝鮮半島の非核化や平和プロセスにおいても、日本の協力が必要だ」と指摘。「(歴史問題と安保分野などの協力を分けて対応する)ツートラック(2路線)で協力関係を続けていくべきだ」と語り、「この点では恐らく日本も認識が一致しているとみている」

 これは、「韓国は日本にとって非常に重要な国だ」と自賛し、「そのうち日本から折れる。だから放って置け」と言っているに等しい。
 アホじゃねーの。今の日本が折れるわけがないわ。日本も、韓国も、はっきり言って自国民に対して煽るだけ煽ってしまった。どっちもブレーキが踏めないチキンレースをやっているようなものだけど、日本の車はいざとなれば飛べる…みたいな状況で、日本がブレーキを踏むはずがない。

 こんな状況の日韓議連に、何ができるというのか。
 産経が紹介する、今度の日韓・韓日議連合同総会に積極的メンバーはすごいよ?

 

 城内氏のおかげで、そんな日韓議連は余計に注目を浴びる形になった。
 タイムスケジュールが面白すぎる。

12/14 日韓・韓日議連合同総会がソウルで開かれる
12/24 徴用工裁判、原告側が新日鉄に強制執行を宣言
12/31 日本政府、韓国に最後通牒の期限


 これは、韓国との関係崩壊にむけたカウントダウンである。
 城内氏の行動は、これの最初のトリガーであればいいなと。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx



コメント (2)

楽しみな年末年始

2018年12月03日 23時32分01秒 | 特定亜細亜
 外務省の幹部が言ったとされる、「戦略的放置」というものが、今の現状を示しているとすれば、それは見事だと思うのだけど…。絶対違うと思うわ。

 昔から、俺は安倍政権がやってる「まずは韓国を潰そう」キャンペーンについてはそれなりに高評価なのだけど。
 日本がやってる事は、「プレッシャーをかけながら、期限を区切って相手の出方を見る」であって、ボクシングで例えるならば、「カウンター待ちのアウトボクシング」である。外務省のやり方は常に一緒で「守りを固めてポイントアウト」である。まるで勝つ気がない。まあ、外交ってのは勝ち負けじゃないとは思うのだけどな。言わば、外務省の外交ポリシーは、「両方負けるのが理想」なのである。
 それで、日本はまず「ウチが負けてあげるから」と、相手に勝ちを譲る。でもって、「勝たせてやるかわりに、アレの事、便宜をはかってくださいね」とやるわけだ。
 最初から、日本が負けるのは目に見えている。そこからスタートで、どこまで相手に負担してもらえるか…。というわけだ。

 ところが。面白い事に、今の日本は一応勝つ気で外交をやっているのである。

【中央】「徴用賠償要求するな」 日本、韓国を圧迫…年末までに約束なければ提訴へ
https://japanese.joins.com/article/694/247694.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp

 消息筋情報なので、確度については今ひとつかもしれないが。
 今回の件において、日本はとうとう期限を切った。ちょっと気に入らなかったのである。韓国が日本企業に対して資産の差し押さえなどの強権を発動した時、日本も対抗措置として、日本国内の韓国資産を凍結するとか。その「専守防衛」的な姿勢が。

 それは、韓国が徴用工問題をこれ以上進捗させないのであれば、日本は何も言わないと言っているに等しい。

 ところが、日本は上記のように期限を切った。年内に韓国政府が「日本企業に賠償請求はさせない」と立場表明しない場合、国際司法裁判所への提訴手続きに入ると。
 また、ソレ以外にも、なんらかの対抗措置もあるとの事なのだ。これはいわゆる経済制裁であろう。

 それで、韓国の大統領とかは「ツートラック外交」とか、いわゆる「歴史問題と経済協力は別々にお願いします」という、かつて中国が日本に提唱した「政冷経熱でいきましょう」と似たようなことを言っているのである。
 何を都合のいい事を言っているのか。

 ここで、ガースーが聞く耳持たない姿勢をアピール。

【時事】韓国大統領発言、直接論評せず=菅官房長官
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120300303&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

菅義偉官房長官は3日の記者会見で、韓国の文在寅大統領が歴史問題と切り離して日韓協力を進めたいとの意向を示したことについて「韓国記者向けに行った発言だ」として直接の論評を避けた。その上で、韓国最高裁が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた問題に触れ、「日韓関係は非常に厳しい状況にある」と述べ、韓国側に適切な対応を重ねて求めた。

 文在寅のセリフが、韓国国内向けへのパフォーマンスであると、公的な定例会見ではっきり言い切ってしまう事も、とてもめずらしい。
 誤魔化したり、取り繕ったりしたいが故に、韓国は日本にアピールしているのだけど、それには微動だにせず、「言い訳なんぞ聞きたくないわ。もっと建設的なことをしゃべれ」と言っているのである。

 年始へむけた、カウントダウンが始まった。
 日本は、いったい何をする気なんだろう…。実に楽しみである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx



コメント (3)

立憲民主党は心底いらない

2018年12月02日 11時25分51秒 | 政治(安倍政権)
 昨日、政府に激怒する長妻のツイートをたまたま見た。原口もいいねをして、拡散を希望する意図が見えた。

【長妻昭】
https://twitter.com/nagatsumaakira/status/1068411124209541122

これはどこの国の話だ。

 …と長妻が激怒したのは、したのRTの事である。

【立憲民主党 国会情報】
https://twitter.com/cdp_kokkai/status/1068080863353614336

野党は、技能実習生の実態を把握するために、失踪した技能実習生の聴取票(個票・2870枚)の公開を、政府与党に求め続けています。
しかし、政府与党は合理的な理由もなく、いまだに公開を拒否しています。
そのため、野党各党は分担して、聴取票の書き写しを本日も行いました。

 これを読んだ時、俺は瞬間的にムッとした。「またやってやがる」と思ったからだ。これは、典型的マッチポンプだ。
 自分達がやらかした事を、あたかも現与党の仕業と決めつけて罵る。こーゆーのが一番最悪である。
 絶対、ツッコミ入れてるやつがいると思ったので探したら、案の定あったので、そっちを紹介してみよう。

【パチンコ屋の倒産を応援するブログ】人手不足?景気上昇局面なら普通のことでしょ
https://ttensan.exblog.jp/27231469/

 俺は上記エントリの主旨については微妙なのでそれは一言断っておくが…。
 このエントリには、長妻と山井和則が、与党時代に主導して技能実習制度を構築していたという事をバラされて、それを誤魔化す為に大声で野次っている様子の書き起こしがあるのである。
 そこは非常に有用であった為、引用させて頂きたいと思う。

山井和則
「国連からも、海外からも奴隷労働と批判されている働き方、これ一度、立ち止まって、これはだめだという認識の中で法改正を議論せねばならないと思います。
そこで、まず山下大臣お伺いしたいとおもいますが、こういう劣悪な処遇で働いている技能実習生の方々と会って直接話を聞かれた事ありますか?」


山下法務大臣
「えー、この技能実習生の方もおられます。(と言って委員会室に呼んだ実習生を指す)
そして、先ほど(山井委員は)技能実習の事はあまりご存知無いと、これはもう山井先生のご謙遜だと思います。(中略)」


ここで山井和則が政務官時代に関わり、
その後の修正も賛成した制度だとバラされた事に気付いた
山井和則が大声でやじって話を止めようとする。
「時間短いんでね!簡潔に!!」

 消費税増税にしてもそうだが、元凶となっているのは結局民主党時代である。
 長妻と山井が主導してやった制度だった。この制度については誰よりも知っているはずなのだ。この状況に問題があるのならば、「我々がやった事には問題があった。修正した方がいいと今では認識しているので、協力してほしい」というのが、誠意あるスタイルであろう。ああ。政治家には基本的に誠意なんてものはないか。支持者の要望が全てだものな。特に野党側には誠意の欠片も見当たらんしな。

【zakzak】「竹島は日本の領土ですよね?」立民・白真勲議員を再直撃! 徴用工判決には「コメントできない」連発…
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181201/soc1812010003-n1.html

 わかりやすいのは、やはり白眞勲のような、日本国民を支持者としていない国会議員である。自分達が誠意を見せるべき相手は支持者であると全身で主張しているので、本当に潔いと思う。

党綱領に「公正・公平なルールに基づく自由な社会を実現」を掲げる立憲民主党への期待もあった。国家間の約束を一方的に破る、隣国への厳しい苦言を聞きたかった。

 ところが、こいつの回答は、質問をしている記者が以下のような確認をしなくてはならないようなものだったのだ。

記者の頭に、ある疑問が浮かんだ。
 不躾ながらも、「(島根県)竹島は、日本の領土でいいんですよね?」と確認してみた。すると、白氏は「ふふ」と含み笑いを浮かべて、「そうだよ」と答えた。

 誠意ある言葉なんて、政治家には期待しない。
 しかし、日本国民に対し、誠意ある言葉を吐く気が毛頭ない奴を、政治家にしてはいけないと思う。
 いつ見ても、野党の、特に立憲民主党の、元管内閣の連中は必要ない。先日、はすみとしこ氏が安倍総理を批判する漫画をアップしていたが、安倍総理があぐらをかいていられるのは、まさしくこういう有害野党のおかげなのだと思った。

【はすみとしこ】
https://twitter.com/hasumi29430098/status/1067788235479240704

 

 マジでいらないよ立憲民主党。どんな角度から見てもいらない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (2)