あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

メディアがちくちくと左翼を攻撃する

2016年10月31日 23時39分19秒 | 政治(安倍政権)
 ここんとこ、左側の連中の酷さがちくちくと報道されている。

 今年である。

 今年、明らかに風向きが変わった。
 きっかけは、多分沖縄の例のヘリパットの事件であろう。


▲土人「お前たちの家もわかるんだぞ!妻子だってわかるんだ、ばか者!」


▲土人「(名乗り出ないなら)ここの息子は機動隊で年寄りに手をかけたと街宣カーで自宅前でやるぞ!」

 ネットで騒がれた事件というものは、テレビメディアと比較すれば、まだまだ影響力は小規模である。民主党政権が誕生した頃、ネットでの言論活動は既に活発であり、当時ネットの声援を背に受けていた麻生元総理は、ギリギリまで自分の勝利を疑わなかった。

 自分達を主流派だと勘違いできる程に、当時から熱量はあった。現在は、当時と比較すれば格段にネットユーザーの規模は広がったと思うが、それでもなお、テレビや新聞のメディアには敵わない。

 それでも。ネットを敵対勢力と考えるであろうテレビや新聞からすれば、自分達が持ち得ないネットの「熱量」とはかくも恐ろしいものなのだ。

 ジワジワと支持率を下げ、長期的な低迷に陥った、ネットと敵対したフジテレビの低迷。朝日や変態新聞の失速。「勢いのある敵(ネット)」と、ある程度迎合していかねば、自分達も殺されると、半ば強迫観念に捕らわれて、自分達の意に沿わぬ事でも、できるだけ目立たぬよう、小さく短く淡々と、アリバイ報道をし始めたのが…実は、いけなかった。そっち系の人にとってな。

 だって。左側酷すぎるもん。ちょろっと見ただけでも、ドン引きの炎上ネタだらけやんけ。沖縄のメディアなんて、一人残らず活動家やん。

 いくらちょろっとの報道とか紹介とかでも、そのインパクトは絶大で、特集とか、そんなんするまでもなく、簡単にその異常性が広がる広がる。ドヤ顔でメディアの連中に言いたくなったわ。「そんな大事件、報道しといて隠せるわけないやん」と。

 功績として大きいのは、やっぱ継続的にその手の記事を大きく載せ続けてくれた産経新聞だろう。代表的なのは勿論蓮舫のネタだろうか。俺はあれ、マスコミ的には絶対なあなあで済ませてしまおうとしてたのはミエミエだったんだけど。産経はちまちまと、蓮舫にとって致命的なネタを提供し続けていたし、彼女は真綿で首を締められるが如く弱っていく。
 彼女を救おうと、彼女を叩く連中を叩く連中は、自らの無能をさらけ出し、ネットで嘲笑されるし。

【猪野亨】蓮舫氏の二重国籍問題 未だに執拗に言い続けているのは極右の人たち[10/31]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1477919440/-100

 でも、それでも蓮舫の二重国籍問題の報道も、やめるわけにはいかない。
 これまでなら公権力の介入とかが発生すれば、叩かれるのは政治家や警察だったけど…。

【ざまあww】 沖縄ヘリパットに抗議するサヨク市民の違法駐車車両、強制撤去へ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1469054825/l50

 それも、今は昔。
 東京都知事に立候補した候補者による、早稲田の学祭におけるトークセッションは、脅迫、暴動により中止に追い込まれた事も、ちゃんと報道されてるし。

【社会】桜井誠氏の早稲田祭出演、一転見送りに 「ヘイト」批判殺到で主催者が断念[10/31]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1477914267/-100

 これ、メディアはぜんぜんそういう方針では語らないけど、普通に言論弾圧だよね。
 警官の沖縄ファイターへ向けた「土人」発言も、もう一方の沖縄土人共の発言の取扱は小さく、バランスに欠ける。

 でも、実はこれが、騒ぎの継続に拍車をかけているんだ。「ふざけるな。扱いが小さいぞ」と。

 結果的に。メディアは、細く長く、扱いは小さかろうと、チクチクと、左翼のドン引きネタを連日報道し続けるしかなくなるわけだ。

 …で。
 小さくとも。ネットの声があるうちは、不本意だろうとも報道を続けるようになったのが、今年からって気がするのである。

 「メディアの正常化」は、着々と進んでいる。俺はそう思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

戦後リベラルの終焉 なぜ左翼は社会を変えられなかったのか (PHP新書)

コメント (3)

蓮舫失職が現実味を帯びてきた4

2016年10月29日 01時24分53秒 | 政治(安倍政権)
 本日、仕事から帰ってくるのが遅かったので、手短エントリになってしまう。

 が、これはまあ、長年追いかけていたのでエントリしておきたい。

【産経】蓮舫氏を東京地検に告発へ きょう「二重国籍問題」で市民団体代表ら
http://www.sankei.com/politics/news/161028/plt1610280024-n1.html

 よくやった!
 民間団体がこれをやってくれる事が、すごく嬉しい。

 蓮舫の場合、多分俺が一番やってほしかったのは、彼女の証人喚問と、辞職勧告決議である。
 はっきり言って、蓮舫を逮捕するのは難しいだろうと思う。旧民主党政権は、これは真っ黒で絶対逮捕できるであろうと思っていた、小澤一郎や鳩山由紀夫を逮捕できていないのである。

 鳩山に至っては、自民党の与謝野元財務大臣に、そのあまりの巨額な税金の申告漏れに、「平成の脱税王」という称号を与えて、それが冗談でもなんでもなくその通りだったにも関わらず、政界から引退後も逮捕されていない。



 蓮舫の場合、二重国籍の問題については、元々グレーゾーンであって逮捕されるような案件ではないように思う。逮捕されるとすれば、それは公職選挙法違反である。それも、故意に虚偽記載をしていたケースに限られるので、故意性を証明しなくてはならない。

 どんなに怪しくても、限りなく真っ黒であっても、蓮舫はグレーである。三浦弘行九段が資格剥奪されないのと同じだ。
 だから、こーゆー民間の盛り上がりを見て、蓮舫は説明責任を果たしていないと、政治家の間でも判断されるに至り、そして証人喚問と辞職勧告決議にかけられるべきなのである。世論の後押しは、これらの可能性を上げる。

 そこまで話がすすめば、蓮舫の逮捕はあり得る。逆に言えば蓮舫の逮捕は、そこまでいかないとないと思うのだ。

 俺は、少なくとも蓮舫は辞職ぐらいまでは追い込まれてほしいと思っている。
 恐らく一番軽いペナルティでも、党代表の辞任ぐらいにはなると思うが。

 さて。最悪の展開にまで、また1歩近づいたぞ。
 なかなか進展せず、やきもきするけど。いけー!俺は応援しているぞ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書)

コメント (2)

生活保護と医療費の削減

2016年10月27日 22時55分38秒 | 政治(安倍政権)
 一瞬、考えたのが「いくらなんでもそれは…」であった。これの事だ。

【共同】生活保護でも医療費自己負担。過剰受診抑制へ財務省提言
http://this.kiji.is/164283764324548617?c=39546741839462401

 まず、考えられたのが、まさにその、生活保護の過剰受診を生命線とする、それでも優良な医療機関へのダメージが大きい事。
 そしてもう1つが、貯蓄が許されない生活保護者が高額な治療を必要とする病に臥してしまった場合、自己負担額はまさに大きな負担になるのではないかという事。

 これであった。
 俺は、生活保護者に対する医療費の自己負担には反対である。

 まあ、でも許容範囲内の政策ではあると思う。

 生活保護者の過剰受診を生命線にしてしまっているような医療機関は、通常なら経営的につぶれているわけで、いくら「優良」とはいえ、他にも同条件で潰れた医療機関の事など考えれば不公平とも言えるわけだし、高額医療費制度を考えれば、類型の低所得者でも同じ負担での生活を強いられているのだ。もともと不公平な部分を公平にする提言なわけで。

 強く強く反対するわけではないんだけどね。官僚側からすれば喫煙者叩きと同じで、取りやすいところからとっている話だとは思う。

 思うんだけどな…。医療費自己負担は、命に関わるわけじゃないか。

 日本の生活保護は手厚すぎるという話はもちろん知ってるし、そこは批判すべき点ではあると思うんだけど。
 生活保護については保護内容を圧縮するより先に、まずは不正受給者への厳しい取り締まりや、保護費の余剰の返納とか、遊興費…パチンコ代とかで使用されている状況を、大阪で橋下氏が実験的に導入しようとしてたプリペイド方式にして、透明化し、場合によっては保護費の増減を行う方針にする(なんらかのどうしようもない理由で出費がかさんでれば、増やす事も考えればいいと思う。まあ基本的に劇的に減るだろうが。建前は大切なのだ)とか、したらいいと思うんだよ。

 真っ先にする事じゃないと思うんだ…。医療費削減。

 でもこれ、反対する人はあまりいないんじゃないかなぁ。それどころか、香山リカとか、あっち方面の人が、俺と似たような事を言うような気がするよ。なんか嫌な気分なんだよなぁ。あんな連中と同意見とか。言わないでほしいなぁ。

 でも。それでも俺は、医療費を最初に削減する方針は反対である。
 これは財務省提言なので、おそらくは消費税増税が遅れている事に対する一種のプレッシャーだと思うのである。

 消費税を上げなければ、社会保障額はどんどん削られていくよ?という脅し。

 前々から主張しているが、社会保障費と消費税をバーターの関係にし、財務省のこのような脅しを可能にしやがったのは、鳩山由紀夫とかの旧民主党の面々が新党さきがけにいた頃の、国民福祉税構想が元凶だ。

 なんでそんな、日本国民を痛めつける為の政策に、うかうか同意させようとするのだろうか。

 生活保護者は確かに不公平だよ。叩きやすい。
 でも、やってほしいのは、そこじゃないんだよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

健康で文化的な最低限度の生活 4 (ビッグコミックス)

コメント (5)

マスコミがコントロール不能な人々

2016年10月26日 23時58分01秒 | Weblog
 今朝、産経新聞の朝刊で、フィリピンの現大統領、ドゥテルテの来日を知る…。

 
 ▲握手を交わすドゥテルテ大統領と安倍総理

 俺も、ドゥテルテの事をよく知ってるとは言えないが。市長時代、犯罪者を殺害する為の自警団を容認して、劇的な治安改善と、それに伴う記録的な好景気を実現した政治家として、フィリピンの国民から絶大な人気を誇っている事は常識として知っている。

 

 ちなみに。ドゥテルテ大統領の支持率は9割を超えている。独裁国家ではない国での支持率としてはちょっとありえない数字であろう。

 このような政治家の出現なんだけど。俺は最近ブームな気がする。

 要するに、「誰もできなかった事を実現できた、あるいは実現できる可能性がある人に、口コミベースでに絶大な人気が集中する」という現象である。

 特徴としては、マスコミがいくら叩こうと、ますます人気が高くなるところである。

 米国も、いくらトランプが最低の男だと、世界中で繰り返し繰り返し報道されたとしても、票読みでずっと互角なのである。不自然なほどに、ヒラリー・クリントンの方が僅かにリードのまま、推移している。
 俺はずっと、次の米国大統領はトランプだろうと言い続けているが、彼も時流に乗っている感じがするのである。ドゥテルテと同じに。

 それは、政権奪還を実現した当時の安倍総裁や、橋下元大阪府知事なんかもそう。
 これを反動ではないかと俺は思っている。

 フィリピンはどうか知らないが、少なくとも俺のよく知る日米の場合、マスコミに踊らされて民主党政権(奇しくも両方民主党だ)が出来て、両国民が痛い目を見て、「超現実的実行派」と目されていた、日本では安倍総理が圧倒的な力で安倍政権を樹立したじゃない。で、米国ではトランプが、大統領就任まであと一歩というところまできている。

 外国人に融和的な政権から、自国民優先の政治へ。
 橋下氏の場合も、大阪を国と例えるならば、大阪国民を苦しめる、不平等の源泉であった生活保護者と公務員と在日朝鮮人への露骨な圧力で、大阪府民が溜飲を下げたと思うのである。

 みんな、現状に限界を感じているのだ。
 オバマや鳩山なんかが国民から選ばれた時、外国人に対する融和は極限に達していたんだよね。で、その綺麗事には限界がある事を、国民は否応なしにつきつけられたんだよ。で、綺麗事は綺麗事でしかなく、非現実的で実が伴っていない事を感じていた。

 そこに、そーゆー綺麗事を言わない人々の登場。ネットで人物像の背景をあさってみても、言動に裏表が感じられない人。
 これが、綺麗事にウンザリしていた人のハートをわしづかみにしたのだ。

 俺は、今の流れを正常と感じている。

 確かにドゥテルテ比大統領は、外交面では歴代比大統領では最低クラスではあるだろうが。マスコミの力が世界的に弱まっているからこそ、発生している事象だとするのであれば…。

 ここで世界が大混乱に陥らなければ、その更に次の政治指導者あたりから、鳩山やオバマ大統領みたいなお花畑の理想論ばかりのバカでもなく、安倍晋三やドゥテルテ、トランプのような自国民優先のリアルに力点をおく極端な現実主義ばかりでもなく、そこがいい具合に融合した意見も出てくるのではなかろうか。

 人は少しずつ学びながら、ちょっとずつちょっとずつ、進んでいるのだと思う。

 まあ、この中で安倍晋三だけが、俺はマスコミから極端な独裁者と言われながらも、実質は調整型の臆病な政治家で、毛色が異なっていると思うんだけどな。マスコミからの嫌われ度合い的には、似たようなもんだと思うので、同列に並べてみたのであった。

 マスコミからみりゃー、トランプもドゥテルテも安倍晋三も、自分達の思った通りになってくれない連中で一括りなんだよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2016年 11/1 号 [アジアを揺るがす暴君 ドゥテルテ]

コメント

元朝日記者の沖縄土人擁護

2016年10月25日 23時40分59秒 | 政治(安倍政権)
【スピン経済の歩き方】なぜ大阪府警の機動隊は「土人」などと暴言を吐いたのか
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1610/25/news048.html

 という記事を読んだ。
 記事タイトルから、府警の機動隊の暴言を叩きたいという臭いがしたからだったんだけど。記事の内容を読んでみると、そこそこバランスの取れた、しぶしぶ納得できそうな話だった。

 いや。誤解しないでほしい。著者(元朝日の記者)の立場からの物言いならば、まあまだマシかという奴である。俺のエントリを読む前に、是非とも上記の著者の記事を読んで、まずは自分で反論を考えてみてほしい。すると、多分俺が「しぶしぶ納得できる」って言っている意味が、多少わかると思うのである。

 さて。

 記事中で引用されている、こんな逸話を俺も引用してみよう。

日米開戦の直前、ルーズベルトはチャーチルに対してこんなことを言ったという。

 「戦争はやる、しかし、宣戦はしない、そしてますます挑発的態度をとるようにする」
 挑発に挑発を重ねて、最初の一撃を撃たせて「世論」を味方に付けるという戦い方だ。市民活動家の中には、こういう「情報戦」を得意とする歴戦の闘士も多い。

 つまり、左翼はあーゆー戦い方をするものだ。テレビがまわっているところで、あんな発言をしてしまう警察の方がワキが甘いという観点なのである。
 実際、こんな事も書いてある。

今回の暴言問題の本質は、暴力とパワハラの連鎖に組み込まれている機動隊員を、警察組織を目の敵にして「挑発」も得意とする市民活動家との「消耗戦」へ投入する、という日本政府の戦略ミスにあるのだ。

 これと時を同じくして、似たような事をつぶやいている奴がいた。津田大介である。



https://twitter.com/tsuda/status/790482894749786112?ref_src=twsrc%5Etfw

 このツイートは、石井氏のこのツイートに対する返信である。

 

 つまり、津田大介にせよ朝日新聞にせよ、左翼はあーゆーもんだ。あれは単なる挑発であり、それに挑発されてしまう警察が弱いのだという観点なのである。

 俺は、石井氏と同じ気持ちである。「おかしいと思わないのか」

 「これは情報戦である」というのならば。俺はこのキチガイ左翼どもの行状が、今テレビを賑わしている事こそ素晴らしいと思う。

 それはすなわち、この異常なキチガイ左翼どもの「情報戦」とやらが裏目に出ているという事であろう?

 日米開戦直前のルーズベルトの物言いは、正しいと思うのか?この朝日記者。
 バレなければ、ルーズベルトは正しいのかもしれんわ。でもな、本当に正しい状態ってのは、外道を行ったルーズベルトの行状が世界中にバレて、日本に同情が集まってルーズベルトが叩かれる事じゃないの?

 左翼の行状がバレて、府警の機動隊が同情されるような空気になって、「アレは左翼の戦い方であって、機動隊の方が弱メンタルやねん」とか、アホじゃねーの?なんであんな、キチガイ左翼の肩を持って、土人発言で叩かれてる府警と、単なるキチガイ左翼と互角の争いに持っていこうとしてるんだろう。

 自分のやってる行いを、恥ずかしいと思うべきである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)


コメント (2)

みんな景気のせいね

2016年10月24日 23時16分24秒 | 経済
 俺はこの記事から、現在の日本の構造的問題を感じる事ができた。

【HB】現役産業医が見た電通事件、3つの問題点――「残業100時間超えだけが問題ではない」
http://hbol.jp/113696

 でも。3つの問題点って、読み終わってもなんだかわからないw。
 えっと、①職場で承認欲求が満たされない事と、②職場でのいじめ・嫌がらせ③①②が永続的に続くと考えてしまう点の3つになるのかな。
 よーするにね、このお医者様は「3つの原因」って言ってるけど。これって俺は1つの問題だと思うんだよ。

 すなわち、「仕事が本人にとってアンマッチ」なんじゃなかろうか。
 もっと端的に言えば、「過労自殺する人が無能である事」が問題な気がする。

 仕事ができないから、当然の如く、①職場で承認なんてされない。②仕事できないと、テキメンにいじめに近い状況に追い込まれる。で、仕事ができるようにならないと、この状況は永続するわけだよ。

 これはなぁ。深刻な問題だと思うよ。だって無能はホント腹立つもの。対策なんて、俺は誰にもわからないと思う。俺は、もちろんいじめも嫌がらせもしないけど、でも俺だって仕事できない奴を承認したりしないし、親しくなりたいとも思わない。関わり合いになりたくもない。

 結局、誰にでもできる簡単なお仕事で実入りの良い仕事が激減しているところに、この手のストレスによる自殺ってのはあると思うんだよね。景気が悪いせい。なんでもかんでも景気のせいにできる。

 この不景気のせいで、仕事を一度辞めたら人生が詰む可能性が高いってのも、追い詰める要因であろう。今は、仕事が昔ほど過酷ではなくなったかもしれないけれど、いったん仕事を辞めてしまうと、再チャレンジのやりにくさを、もし数値化できるなら凄い低下率だと思う。

 例えるなら、日本は昔幸せな奴隷たちの国だったんだよ。で、今の日本は奴隷解放後なんだよね。奴隷たちが、なんの仕事をしたらいいのか困っている状況なんだよ。

 なのに、強制的に奴隷を開放させられた雇い主達は、もう日本人の奴隷は人道的に雇えないから、外国人に活路を見出そうとしているのである。

 うん。状況はわかるんだよね…。この電通事件を通して、この筆者の言いたい事も理解できる。でも、結局、俺のいつもの持論になっちゃうんだけど。経営者は外道なわけで。営利目的を考えれば解消できない気がするんだよね。

 転職でキャリアアップとか、できる奴の方がものすっごい少数派なんだよ。大半が、今の仕事を失えば人生詰むと思っている。
 本来公務員は、こーゆーキャリアアップとかができない人々に与える職の受け皿であったはずだ。ところが、公務員は安定した職業だからと、高学歴者がガメているのである。だからこそ、格差は生まれてしまう。

 昔、バブルの時代、給与はどんどん上がっていった。で、あの時代、公務員を選ぶ連中は、「給与安いのにアホやろ」とマジで言われていた。今やすっかり立場が逆転してしまって、公務員は給与も民間を上回り、余暇も充実している。

 デフレ脱却とは、俺はこの、公務員の給与が最底辺になるところまでいってはじめて成立するのではないかなぁと思う。

 そうすれば、俺は自然と、上記産業医先生の言う問題点が解消すると思うのである。会社を辞める事が、人生の袋小路ではない。もし、なーんの仕事もないのなら、公務員という、地味で堅実な仕事が最後の砦として残っている。セーフティネットとして機能している。

 それこそが、健全な状態なのだと、俺は思う。
 そうすれば、彼女はそこまで追い詰められる前に仕事をやめて、別の仕事を探す事ができたんじゃないかなぁと思うのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)



コメント (9)

松井一郎をはじめて支持したい

2016年10月23日 16時01分39秒 | 政治(安倍政権)
 俺は大阪府在住の人間だが、大阪維新の会を胡散臭いと思っている。
 それでも。俺は大阪府知事となった橋下を支持した。やってる事が許容範囲であったし、何よりこれまでの大阪の政治家が絶対にやってくれなかった事を、彼はやってくれていたからである。

 具体的には、大阪府の公務員給与の大幅な削減とか、生活保護受給者の支出透明化とかである。
 無論、経済効果の面ではこれらは逆効果の政策ではあるが、そんなもん知った事かであった。大阪府民が常日頃感じていた不公平感を払拭できる強い知事の誕生は、他の欠点を補って余りあるものだったのだ。

 が、そーゆー魅力を感じたのは橋下ぐらいだった。彼の元についている人に、俺はあまりいい印象を持っていなかったのだけど…。

 今回の松井氏の判断で、俺は松井氏にも凡人にはないカリスマを感じる事ができた。
 言うまでもなく、みなさんご存知のこの記事である。

【ハフポ】沖縄で「土人」発言の大阪府警機動隊員に「出張ご苦労様」松井一郎大阪府知事
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/19/matsui-ichiro_n_12566966.html

 沖縄で、現地人を「土人」と罵倒した大阪府警機動隊員に、労いの言葉をかけたのである。ちなみに、松井氏は、対象の機動隊員に問題があった事自身は認めてはいるのだけど。それでも、あえて労いの言葉をかけているのだ。

 それは何故か。


▲土人「お前たちの家もわかるんだぞ!妻子だってわかるんだ、ばか者!」


▲土人「(名乗り出ないなら)ここの息子は機動隊で年寄りに手をかけたと街宣カーで自宅前でやるぞ!」

【産経】【政論】反対派の機動隊員に対する罵詈雑言を聞いたことがあるか? 「土人」発言招いた沖縄の異常空間
http://www.sankei.com/politics/news/161020/plt1610200026-n1.htm

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古では、反対派が設置したテントに機動隊員の写真と氏名と役職が張り出されている。自身や家族の危険を感じながらも、機動隊員は「私たちはプロですから」と耐え忍んで違法行為を辞さない反対派の妨害活動に向き合っていた。

 土人という言葉が「野蛮人」という意味であるならば。俺はまさしくこの台詞を言ったカスは土人だと思う。


▲反対派のやりようの代表例

 土人といえば、くるさりんど山城をはじめとする、沖縄集結左翼は土人である。
 大阪のニュースバラエティのあさパラ!で、沖縄出身の弁護士である嵩原安三郎氏が、必死こいて「あれは現地の人じゃないですから!」って弁解されている。

 
 
「あの現場で実際何が起きているのか見て下さい。今の報道の仕方はかえって沖縄人を傷つけています」


【ぼやきくっくり】10/22放送 よみうりテレビ「あさパラ!」
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1961.html

 が。くるさりんど山城は生粋のウチナンチュだし、翁長雄志もそうである。

 
 
【wiki】翁長雄志沖縄県知事
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%81%E9%95%B7%E9%9B%84%E5%BF%97
 1950年(昭和25年)- 那覇市(旧真和志村)大道に翁長助静の三男として生まれる。

 
 
【wiki】山城博治
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E5%8D%9A%E6%B2%BB
 沖縄県具志川市(現うるま市)の農家に生まれた。沖縄県立前原高等学校で生徒会長

 無論、日本本土からやってくる左翼連中が多く存在するのは事実だろうが、それでも、そんな本土左翼を取りまとめているのが、生粋のウチナンチュである翁長や山城なのだ。

 そして、翁長は沖縄では圧倒的な選挙の強さを誇っているのである。
 今回の件、まずは現地の機動隊の土人発言から端を発したが、ネットでは有名だった沖縄県での反対派の土人的行動がネットに多数アップされており、それを見た松井氏が適切なメディア対応を行い、沖縄での左翼のキチガイっぷりが「ネット発」で認知されるに至り、そしてテレビもそれを隠し通せなくなってアリバイ工作を始めたのである。

 
 ▲適切すぎる松井氏の応答。質問をしているキチガイ擁護派の記者の異常さが際立つ

 いい傾向だ。

 さあどうする沖縄県民。嵩原氏が言うように、あいつらがウチナンチュと関係ないと言うならば。俺は選挙などで奴らを否定したり、ウチナンチュなりに結集して外来の「市民」を糾弾したり批判しないと、同類視されてしまうと思うぞ?連中、お前らウチナンチュではないんだろう?嵩原氏曰く。

 ならその土人どもと戦うべきだ。あいつらは、沖縄県民になりすまし、日本との分断工作を行っているそうだよ。いわれのない罪を着せられようとしてるんだよ?

 …でもな。俺は沖縄県民、ウチナンチュは立ち上がらないと思うんだよね。
 だって、あれ、本当に沖縄県民じゃないの?

 こう考える事…いや「これを前提とする事」は、実は大切だと思うのである。これで、危機感を覚えた正真正銘のウチナンチュが本土左翼を追い出せばよし、ウチナンチュの意見がキチガイ左翼と迎合されたものであるならば、日本人は沖縄県民に抱いている幻想を捨てるいい機会なのである。

 さてさて。このままでは沖縄県民は土人って事になっちゃうんだけどな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)



コメント (3)

一利はあった日韓合意

2016年10月21日 23時52分34秒 | 政治(安倍政権)
 百害あって一利なしだと思っていた日韓慰安婦合意だが。
 ここにきてなかなかの効果を上げているようだ。それは、認めざるをえないところだろう。

【産経・西論】韓国の慰安婦像設置攻勢を止めた自治体の力 松山市、福井市の“歴史戦”
http://www.sankei.com/west/news/161021/wst1610210006-n1.html

 この記事は、欧州初の慰安婦像設置となりかけていた、ドイツ・フライブルク市の事例を、姉妹都市提携を結んでいる松山市が抗議して、設置中止に追い込んだというもの。

 このニュース自体は知ってはいたのだが、これが日韓慰安婦合意によって簡単に中止に追い込めた点を、今回の記事は強調している。該当部分を引用してみよう。

松山市と福井市を取材して印象的だったのは、慰安婦像設置に異を唱えた根拠として、昨年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意をそろって挙げたことだ。
 松山市は、水原市の像設置計画を支援する民間組織「日本の歴史歪曲(わいきょく)を外交的に圧迫する」と宣言していたことから、「日韓両政府が合意の履行と問題解決に努力しているなか、像の設置はそれに反する行為。市民の理解が得られない」(観光・国際交流課)とフライブルク市側に伝えた。

 水原市とは韓国の地方都市名である。念のため。
 なるほどと納得がいった。日本の地方自治体は、日韓合意を巧みに利用した形だったわけだ。これは確かに説得力のあるやり方であろう。歴史的経緯の説明を行うより、よほど良い方法だと思う。

 日韓慰安婦合意は、今後も韓国の慰安婦像設置圧力に対し、大きな対抗手段となる片鱗を感じさせる事例であった。

 そもそも、俺が日韓慰安婦合意を無意味な合意だと思っていた最大の要因は、世界各地で韓国人が草の根で行っている慰安婦像設置運動を、韓国政府が「あれは民間がやっている事だから関知できない」と、やるべき義務を放棄していたからだ。
 日本人にとって現在最もうっとおしい、世界同時多発慰安婦像設置問題を解消できないのに、日本だけが韓国に対し、様々な配慮を行わねばならないのは何故なのかと。日本は、慰安婦像設置に対し、これまで行っていた「日本政府からの抗議」すらも封印していたのである。慰安婦像設置は、日本政府からの抗議もやれずに日韓慰安婦合意後、世界で加速する危険すらあった。

 ところが、日本の地方自治体はなかなかに巧緻であった。日本の地方自治体の動きも、日本政府のあずかり知るところではないからだ。沖縄県の翁長知事がそうであるようにな。慰安婦像設置を遂行する韓国人を、「あれは民間がやってる事で政府はあずかり知らぬ」という立場をとる韓国と同じ状況となったのだ。

 これに加え、韓国政府が予算を計上していた慰安婦広報関連の事業はすべて、予算執行が停止される事になった。

 こちらは、まあ予想通りの展開であったとはいえ、なかなか大きな成果である。というか、俺は慰安婦合意における日本が得る果実はこれぐらいしかないと思っていて、そこで発生した韓国の国庫の余剰が、民間の慰安婦像設置事業に影でこっそりまわる事を危惧していたのだから、相乗効果が期待できる状況になってきているように思う。

 考えていたよりずっと、松本市、福井市の行動はすばらしい。

福井市には、市長の訪問中止決定後、水原市から「女性と子供の人権問題を記憶するための像で、日本を侮辱する意図はない」と釈明があったが、「廉市長が日韓合意に批判的な姿勢を示しており、市民感情や両市の信頼関係に影響を及ぼしかねない」(国際室)と揺るがなかった。

 この汚らわしい韓国水原市の釈明にたいしても、ブレない姿勢は値千金である。

 断っておくが、俺は日韓合意を締結した安倍政権及びに岸田外相を評価しない。
 日本の地方自治体が適切な対応を取らねば、俺が危惧していた通りの状況になっていた事が、想像に難くないからである。日本が余計なリスクを負ってしまったのは間違いなかったし、俺は今でも許せない。

 まさに、「災い転じて福となす」とはこの事で、松本市・福井市が、日本が持つ既存の手札をうまく使ったファインプレーだったのである。褒められるべきは地方自治体であり、さらに言えば

9月5日に韓国メディアがフライブルク市での設置計画を報道。松山市は外部の指摘でこのニュースを知り、「姉妹都市交流に支障をきたすおそれがある」と判断。

 松山市にこれを指摘した「外部」も素晴らしいのである。
 日本は昔からそうだが。市井(しせい)の人に、優秀な人が多いのである。識字率世界一だし、頭のいい人の母数がデカイ。

 政府がダメダメでも、それを日本人全体でフォローするのが、我々日本人の特性なんだと、つよく印象に残った記事であった。

 みたか。これが日本人の実力じゃ(ドヤ顔)

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔

コメント (3)

そこは日本人が謝罪しないといけないところ

2016年10月21日 00時33分00秒 | 政治(安倍政権)
【産経】慰安婦性奴隷説を明快に否定 「こんなでっち上げを作ったのは日本人だ」と訴えるソウル大教授に学問的良心を見た
http://www.sankei.com/premium/news/161020/prm1610200004-n1.html

 最近、中韓の微妙な方針転換が見て取れる。
 ネタにはしなかったが、先日中国では、日本の中国への莫大なODAがついに報道された。これまで中国では「この施設は日本のODAにより建設された」等のパネルを隠したりと、中国経済発展における日本の役割についてひた隠しにしてきた。

 そこそこ、驚きに値するニュースではあったと思う。
 そして、今度は韓国である。上記のソウル大教授のネット番組、「李栄薫教授の幻想の国」の内容は、これまでの韓国の常識をブチ破る内容である。

 ここには、韓国人が決して語る事のなかった「事実」が語られている。そして、慰安婦問題のようなデッチ上げの発端は、特定日本人の仕業であるとして結んでいるのだ。

 その通りである。反日が絡むと気が狂う、韓国人とは思えない論理的展開であった。

 経済的に困窮する中韓は、共に現在、日本に擦り寄ってきているという話は、以前からお伝えしている通りなんだが。中韓には大きな違いがある。

 中国は反日的基本姿勢を崩していないところであり…。韓国は反日の根幹、自らのアイデンティティを崩しているところだ。
 で。韓国は中国以上に日本から援助を受けているのだけど。この点についてはまったく言及しておらず。中国は南京大虐殺については何も言及していないのであった。中国の場合、あくまで根幹には日本人の戦争犯罪があり、この莫大な日本の援助は、あくまで日本の贖罪だというスタンスなのである。

 中国がより狡猾といえばいいのか。韓国がいったん事大しだしたら、際限なきジャンピング土下座といえばいいのか…。

 まあ、その点は置いとくとして。

 中国も韓国も特定日本人もだが。連中はことあるごとに日本人はドイツを見習えというわけだけど。

 何回かウチのブログでも解説したけど。それはドイツが土下座で被害国に謝罪した事があるからなんだよね。そのスタンスは「全ての罪はナチスにある。俺ら関係ないねんけど、ナチスに生殺与奪を握られて、逆らえなかった罪はある。だからごめん」である。

 
 ▲ヴィリー・ブラント元ドイツ首相の謝罪

 日本人も日本軍と現在の日本人を切り離し、共に過去の日本人を叩こう!が、まあ中韓と特定日本人の見解なのである。

 これについては福島瑞穂も

【拙】ウチナンチュは日本人ではない3
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/db4f6fa4757aef9d2443e93347054d4f

「日本の中国侵略は一部の軍国主義者によるもので、一般の日本人も戦争の被害者だった」
 この「免責」をありがたがり、自らの歴史観や政治的主張を通すために利用したい勢力がいるのである。第1次安倍晋三内閣時代の平成18年10月、安倍首相が国会で周氏の説明について「日本がその見解を承知したとか、日本側も同意してつくったというものではない」と事実関係を答弁したところ、質問者の社民党の福島瑞穂党首(当時)はこう食ってかかった。
 「それは重大だ。安倍首相は(一部の軍国主義者と一般国民を)分ける見解に立たないのか」

 こんな風に語っていた事がある。俺はそーゆー、現代日本のご先祖様を唾棄する連中の思想が許せないのだけど。

 事、慰安婦問題については、俺は特定日本人と我々一般の日本国民を分けて考えたいのである。

 一緒にすんな。マジであいつらと一緒にすんな。ナチと我々普通のドイツ国民を一緒にすんなと考えているであろうドイツ人と、これは同じ気持ちなんだろうかと、一瞬思ったが、アレと一緒ではない事に、すぐに気がつく。

 福島瑞穂とか中韓人とかは、我々の大恩人であるご先祖様を裏切れと言っているクソ野郎共であり、特定日本人は我々の大恩人であるご先祖様を既に裏切った裏切り者ではないか。唾棄されて当然の存在である。

 しかし、最近の韓国の変遷は興味深い。今回のソウル大教授の言説は、特定日本人とその仲間たちに、反日の矛先を替えさせる試みだ。その方向には日本の在日韓国人も含まれている。反日の矛先が特定日本人や在日韓国人に向かう事例を、ウチのブログで紹介するのはこれで2度めだ。

 こいつらは、韓国だけでなく、中国とも密接な関係を持っている。
 この流れは、韓国と中国の仲違いも関係しているように思うのである。

 ただ、だからと言って俺は、日韓の友情を今更信じる事はできないのだけどな。
 俺はただ、日本が韓国を特別扱いしないのであれば、それでいいのである。

 とりあえず。日本の特定日本人らは、韓国に申し訳ない事をしたと思う。日本人として、ここは韓国に土下座したい。

 連中は、我々普通の日本国民とは完全に無関係なので、ぜひとも叩きのめしてやってほしいと思う。連行していってくれるとなお有り難い。北緯38度線、北朝鮮の国境付近において、前線兵士としてでも使ってやってくれ。

 ああ。なんのダメージもない土下座もあるんだな。俺はイメージの中で韓国人に土下座してみて気がついたよ。

 なんて軽い土下座だろう。俺は、土下座ってのは精神を蝕む謝罪だと思っていたが…。きっとドイツがやった例のひざまずいての謝罪も、軽かっただろうなと、本気で思ったのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔

コメント (3)

外国人観光客獲得は積極的でなくてもいい

2016年10月19日 23時27分38秒 | 経済
 法則発動か…。

【ポストセブン】大阪の「わさび大盛り寿司屋」が騒動後も盛況の理由
http://www.news-postseven.com/archives/20161016_457028.html

 この話、韓国人観光客にわさびを大量に入れる「わさびテロ」をやった板前もどうかと思うし、ぜんぜん関係のない韓国人が、粘着質にも店舗にわざわざやってきて無理矢理謝罪させるのも最悪だと思っていたのだけど。

 ひょっとして、災い転じて福となすとなったのかもしれない。

騒動後、同店を訪れると、店内は意外なほど賑わっていた。外国人観光客の姿はほとんどないものの、日本人客でカウンターはほぼ埋まり、常連らしき男性客が「さび抜きもらおうか」とジョークを飛ばして職人が苦笑いする場面もあった。

「このあたりの繁華街で商売をする人間では、むしろ今回の件で店側を応援する人が少なくないんですわ」

 どうやら日本人客が戻ってきたようなのである。
 昔は、中国人客や韓国人客というのは確かにマナーが悪かった。中韓の客をよく見かける大阪在住の俺としては、はっきり言って怖いと思った事も何回かあった。

 が、最近はマナーをきちんと守る中韓人観光客も増えたように思う。以前ほどの問題はないように思うんだよね。でも、いったんついてしまったイメージってのは、なかなか払拭できない。
 外国人客でごったがえすところに、わざわざ行こうとは思わないもの。むしろ不便になったなぁと憂鬱に感じる。

 で、日本人客が戻ってきたと聞けば、「よかった」と思うのである。

 大阪人は、多分日本で一番、ガラの悪い外国人に慣れている。だって本気で怖いんだよ在日韓国人。その在日率の高さ故に、他地方からは「大阪民国」とか蔑称され、なんだか俺らまで、微妙にネット民から同類視されているように感じるのだけど。
 大阪人こそが、彼ら外国人を最も忌避している日本人だと思うのである。一緒にしてほしくないと思っている。


 そんな俺は、日本の旅行関係者に、もっと日本人を大切にしてほしいと思うのだ。
 本音を語ってしまえば、俺は日本に観光立国なんて、目指してほしくない。

 そろそろちゃんと、理解してほしいのである。外国人が増えれば、日本人客は来なくなる。それも、黙ってやってこなくなるのである。海外ホテルで、日本人が宿泊してくれるホテルは一流と言われる逸話があるだろう。サービスの質が悪ければ、日本人はクレームもせず、静かにいなくなってしまう。「サイレント・ピクシー」などの異名は伊達ではない。

 中国人客がどっと押し寄せてバブリーに潤った後、嵐のように中国人観光客が去っていって、失われた日本人客で思い知った日本の各地観光地も多い。

 日本は、「知る人ぞ知る優れた観光地」でいいのだ。外国人がこぞってやってきても、長期的に見れば実は損をしていると、俺は思う。

 日本人7割、外国人3割ぐらいを目指せないものなのかね。


P.S.
 最後に一つだけ。俺も誤解していたかもしれない上記記事内容について、触れておきたい。

同店を運営する藤井食品(大阪・茨木市)は10月2日、HPに〈海外から来られたお客様からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため事前確認なしにサービスとして提供〉したことを認める謝罪文を掲載する騒ぎとなった。

 当時この謝罪文を読んだ時、多くの人と同じように、俺も「ヘタクソな言い訳を…」と思ったのだけど。この記事によれば、こんな背景もあったようなのだ。

「たしかに勝手にわさびを増やしたのはマズいかもしれへんけど、この辺りの寿司屋の職人たちは食べる前から“わさび、わさび”と騒ぐ韓国や中国からのお客を“ネタの味がわからんようになるやろ”と複雑な気持ちで見てたんですわ」(略)
「韓国やと“わさびはビタミンが豊富”と評判らしくて、回転寿司では小袋に入ったわさびを一人で10袋も20袋も使うんですわ。家庭用のチューブ入りわさびを持参して、目の前でたっぷりネタの上に乗せる強者までおる。こっちは馬鹿にされたような気分になりますわ」(大阪の回転寿司店員)、「ある寿司チェーンではわさびの消費が多くなりすぎて、店舗が本部に“もっと安い仕入れ先を探してくれないか”と泣きついていた」(別の寿司店店主)といった声が引きも切らない。

 どこまで本当かはわからないけれど。俺は少なからず、韓国にバイアスがかかった情報が流れているように感じた。

 もしかしたら、この寿司屋は案外本当に、韓国人によかれと思ってわさび増量したのかもしれないなと。まあ、そんなわけないか。

 でもね、これで日本にくる韓国人が減ったらいいなぁとか思うのは、やっぱちょっと駄目なのかもしれないね。俺。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※過去最高順位更新中です!いつも応援ありがとうございます!

丸岩安藤わさび店 生わさび[1000円]

コメント (1)

蓮舫が国会議員であり続ける可能性

2016年10月18日 23時50分36秒 | 政治(安倍政権)
 まあずっと抱いていた不信感ではあるものの。なんだか確信に変わりそうな気がしてきている。

 蓮舫が、このまま何事もなく民進党党首であり続けるという事態である。
 と、言うのはこの記事を読んだからだ。

【読売】二重国籍で法相「期限後に選択しても法違反」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00050049-yom-pol

 この話題を法相が答えている事について、むしろ「GJ」と言う人もいるかもしれないが…。俺はむしろ逆の想像をした。

 というのは、ならば小野田議員も二重国籍だったからである。事、この点だけを争点とするのであれば、小野田議員も同罪である。
 で、現在のところ、小野田議員の発言になんら矛盾はなかったりする。選挙公報にも、少なくとも確認できるものは全て確認してみたが、出自の事は書かれていなかった。

 

 それに、新人という事もあり、悪質度も低い。低いんだけどな。それでも。
 二重国籍かもしれないと、彼女曰く25歳の頃から漠然と感じていた可能性は否定できないだろう。選挙公報のプロフィールにも、生まれが伏せられ、育った場所が記載されている。あえて隠していたと言われても、蓮舫と同じで、否定はできないと思われる。

 ただ、彼女の場合、二重国籍の隠蔽が故意だったかと言われれば、なんの証拠もないのである。ただ疑わしいだけだ。

 一方蓮舫の場合、これはもう、今までウチのブログでも紹介しまくった通り、山ほど自分が台湾籍、あるいは中華民国籍である旨を吹聴しまくっているのである。故意なのは明白で、迂闊にも自身の選挙公報に帰化情報まで記載している。

 普通に公職選挙法違反なのだ。ここが小野田議員との大きな違い。

 俺は、蓮舫を追い詰めるのであれば、悪質な経歴詐称をもっと叩くべきで、その悪質な行為でもって公職選挙法に違反していた事を責めるべきだと思うのだ。

 そして、できれば小野田議員は、フェイスブックやツイッターで、当時の選挙公報を完全に公開するべきだと思う。自身が帰化について、なんら意識していなかったという証拠を宣言してほしいのだ。

 責めるべきは国籍法違反ではないのだ。

 …まあ国籍の話は重要なんだけどね。法相の言い分は尤もなんだけど。
 その物言いでは、小野田議員も道連れになるわけだよ。そして、多分そんなの誰も望んでいないのである。
 ちなみに。小野田議員は議員辞職する事で、蓮舫を道連れにする事ができる可能性もあると思う。ぜんぜん、まったくそんな事をする必要はないと思うけどな。

 俺が、蓮舫のこのネタをネタにし始めた当初から、この問題について蓮舫を追い詰めるネタは、実は1つしかないと主張していた。それは、「蓮舫の経歴詐称は故意か否か」だ。

 蓮舫はこれをずっと「わざとではない」と言い続けている。明らかに嘘なのにだ。
 この問題、第1のハードルが「蓮舫が嘘を言っている事を証明する事」であった。そして、第2のハードルが「蓮舫の嘘が故意のものであると認定される事」なのである。

 双方、とてつもない高いハードルだったんだけど。第1のハードルがなんと超えれてしまった。第1ハードルが超えれたら、第2ハードルは難しくない。

 …でも。そう。ここまで読んでもらって、冒頭の金田法相の台詞を思い出してみてほしい。彼の論点がね、二重国籍の違法性なんだよね…。今、ここに至っても。そのハードルはね、もう超えたんだよと言いたいのだ。

 自民党に、蓮舫を斬る気概を感じないのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※現在、まさかの過去最高順位更新中です!いつも応援ありがとうございます!

正義について考えよう (扶桑社新書)

コメント (6)

実は大切な地方選

2016年10月17日 23時20分43秒 | 政治(安倍政権)
 俺の見立てでは、自民党はそれほど国民に支持されていない。
 単に、野党がありえない程に支持されていないだけである。

【新潟県知事選】与党痛恨、野党共闘に“成功体験”与えてしまい…解散戦略に影響、TPP審議にも暗雲
http://www.sankei.com/politics/news/161017/plt1610170002-n1.html

 
 ▲支持者に頭を下げる、落選の森民夫氏

 新潟知事選で負けた事は、それを象徴していると、俺は考えている。
 前々から何度も言及しているが、俺は、俺ですら反原発である。

 ただ、廃炉するにせよ再稼働するにせよ、原発の危険度はたいして変わらないから、新規の原発建造には反対で、現在稼働可能なものは再稼働しておき、代替安定エネルギー開発をやるべきだと主張している。俺の主張は元東京都知事の猪瀬氏に近い。

【日経】猪瀬直樹:東京都、100万kWの天然ガス発電所建設めざす
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110808/280319/

 彼は原発建設より遥かに安価で、通常の火力発電所より1.5倍ほどの発電効率になるハイブリットガスタービンの火力発電所の建設計画を進めていた。

 だから、俺は原発推進派である与党に対抗するのは反原発ネタが最良だとは思う。このあたりの見立ては小泉元総理とも一致するのだが…。なのに、反原発を主張する連中が実に実に胡散臭く…。うっかり彼らを支持してしまうと、日本を転覆させそうな連中なのである。これでは支持できないと、流石に最近日本国民は気がついてきており、それが、国政での与党支持率を押し上げているという状況なのではないかと分析する。

 故にうっかり日本を転覆させかねない国政とは異なる地方選挙では、そーゆー庶民の不満がダイレクトに反映される。国政のように「野党やばい」というブレーキが利きにくいのだ。

 地方選挙は、本来の、純粋内閣支持率が現れると思う。

 もう1つ言える事は、原発再稼働に純粋に反対する人が、これだけいるという事である。俺の中では、原発再稼働の反対については、思考停止以外の何者でもない。新規原発の建設じゃないんだよ?廃炉中も危険度はほとんど変わらない。なら、使い切った方がいいとか、再稼働しておいて、その間にもっと原発について勉強した方がいいとか思わないか。なんの為に原発止めとくの?答えられる?
 なのに、原発反対のワンセンテンス・ポリティクスに賛同する連中がこれだけいる。これは、メディアの方針がまだまだ国民に浸透している証左ではなかろうか。だってメディアは、その思考停止した反原発一色だもの。路線は共産党とほぼ同じ。

 その、メディアの後押しを、SEALDsや共産党や民進党が強烈にブレーキしているのである。

 与党はぶれないが…。俺はこの国民の声を侮ってはいけないと思う。コレを、

自民党幹部は「与党系候補が連合新潟の支援も得て、相手は共産党が主体。あらゆる手を打ち、負ける理由がないのに負けた」と分析。

 …とか言ってる段階で、身内しか見ていないと感じる。だって危機感ないよね?負ける要素がない?いやいやアリアリだよ。「負けるかもしれん」という不安が、いつも拭い去れないよ。それだけ、国民は政治に不満を持っている。

 与党側に問いたい。説きたい。
 お前ら、本当に国民を見ているのか。


 さらに。今度は別サイドから分析するとだ。
 野党側よ。この地方選の勝利は、お前らがどれだけ国民の信頼を得られていないかの証である。選挙分析上、負けるはずがないレベルの布陣を与党側は準備しておきながら、実際には野党側に敗れたのである。
 この状況は、如何に与党の方針が国民から乖離しているかを示している。共産党系候補を支持した地方民が正しかろうが間違っていようが関係ない。
 本来、君らがまともであればこれぐらいの戦力差、ものともせずに逆転できる程に、現在の与党は支持されていない。

 なのにあの国政での与党の高支持率は何故だ。
 現状のままであれば、お前らに国政では勝ち目がない事を、正しく認識すべきだと思うね。まあ「あの」蓮舫をトップに担ぐようなアホ共には無理な話かもしれないが。

 え?俺は民進党支持じゃないって?なら尚の事だろうよ。共産党系で国政が戦えるとか、民進党以上に俺はありえないと思うよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※現在、まさかの過去最高順位です!いつも応援ありがとうございます!

正義について考えよう (扶桑社新書)

コメント (7)

変な誤解が横行している蓮舫二重国籍問題

2016年10月16日 22時29分11秒 | 政治(安倍政権)
 先日紹介した時事の蓮舫の記事もそうだったけど、この産経の記事も、なんだか微妙な誤解を産むような表現をしているように思う。

【産経】民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」
http://www.sankei.com/politics/news/161015/plt1610150010-n1.html

 ちなみに、どんな誤解かと言えば。時事は蓮舫を守るが如き方向性なんだけど。
 産経は、蓮舫を破滅させようとするかの如き方向性なのである。

 おかげでなんだかネットでは、蓮舫が今まで台湾人であり、はじめて今日本人になったみたいな印象で騒然となっている。

 いや違うやろ?と思うのである。無責任なネットで流布してるのは、「蓮舫は10月7日まで台湾人だった」である。
 まあ、こちらも厳密には嘘ではないんだが…。とりあえず、蓮舫が「二重国籍だった」から、「二重国籍ですらなく、台湾人だった」にシフトしてそうな感じなのである。

 正確には、蓮舫は国籍の選択権の無い未成年の頃に日本国籍を取得して二重国籍となり、成人しても二重国籍を解消しようとせず現在に至っていたという事である。

 そして、上記記事によれば、蓮舫は10月7日に日本国籍の選択を宣言したとの事である。

 前回のウチのエントリで書いた通りの展開。106条による申請というのはやはり嘘であって、104条による日本国籍の単独所持を宣言させられたようだ。行政指導によって無理矢理な。

 よほど、台湾国籍を捨てたくなかったのであろう。自らの意思で日本国籍を選択していないのであれば、台湾国籍を取り戻すのは容易だが、自らの意思で日本国籍を選択したとなると、それは難しくなる。蓮舫は、ほとぼりが冷めてから台湾国籍を取り戻す気だったに違いない。行政指導によってそれが阻まれた形。

 さて。これで一応、彼女が戸籍謄本を公開できなかった理由が明らかになった。先日の小野田議員の戸籍謄本に記載されていた「国籍選択の宣言日」が、今回の蓮舫の言が正しければ、「平成27年10月7日」になっていたからである。

 
 ▲小野田議員の戸籍謄本。蓮舫の日本国籍選択宣言は、小野田議員よりもさらに1週間も遅かったことになる

 これで蓮舫には現在、戸籍謄本を隠す理由がなくなったはずである。

 既に小野田議員やオバマ大統領が公開したように、公人にプライバシーはない。戸籍謄本ぐらい公開するのは常識の範囲内であるし、国籍選択の宣言日も別に10月7日でおかしくはない。

 彼女の弁が正しいのであれば、これで蓮舫はついに戸籍謄本を公開する。
 これで彼女の問題はジ・エンドだ。後は、国会閉会後、彼女が刑事罰を受けるハメになるのか、辞職に追い込まれるのか。結果を待つのみとなるのであろう。

 もし、この期に及んで蓮舫が戸籍謄本を公開しないとなると…。
 蓮舫は、いったい何を隠しているのだろうか。行政指導に従わなければ、日本国籍は剥奪になる。ちなみに剥奪になった日本人は運用開始から今日まで皆無なので、蓮舫が剥奪となれば、史上初のケースである。隠す理由なんてないし、多分戸籍謄本の内容はその通りのはずなんだけど。

 俺的に、彼女は現在、全ての嘘を暴かれて、既に丸裸だと思っているんだけどな。

 …しかし、これがもし蓮舫のすべてであったとしたならば。なんてアホなんだろう。信じられない。こうなる事が予想できなかったのだろうか。

 マスコミは、既にほとんど味方ではない。保身の為に、少なくともアリバイ的には彼女を叩くしかないのだ。

【朝日】蓮舫氏、日本国籍の選択を宣言 「行政指導されたので」
http://www.asahi.com/articles/ASJBH6R8CJBHUTFK00H.html

 それでもなお、朝日はこの蓮舫の大罪を、小さな小さな最小のベタ記事で紹介する。
 こんな女、そこまでして守る価値なんてないと思うけどなぁ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※現在、まさかの過去最高順位です!いつも応援ありがとうございます!

日本における左翼的考え方の系譜と中国の影

コメント (5)

蓮舫失職が現実味を帯びてきた3

2016年10月15日 00時09分52秒 | 政治(安倍政権)
 今日、さっきまで金曜ロードショーで「カリオストロ」を観ていた。

 北の塔で、カリオストロ伯爵にルパンが無線で罵倒する台詞がリフレインする。

 「偽札造りの伯爵の、言うことやること全て嘘!女の子はとっても優しい素敵な子…」
 

 まさに、言うことやること全て嘘を地で行ってるなと思った。

【時事】台湾政府の許可証受理せず=蓮舫氏の手続き不備か―金田法相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00000115-jij-pol

 えーと。まてまて。この記事タイトルはちょっと誤解しそうな感じだ。
 これでは、なんだか蓮舫がきちんと手続きを踏んで二重国籍を解消する手続きをしようとしたが、手続きに不備があって許可証が受理できなかった…みたいな感じじゃないか。よくない記事タイトルだなぁ。

 ちゃんと要約してみよう。
 日本は台湾を国として認めていないので、台湾の発行する国籍離脱許可証は受理できないそうなのだ。これが、昨日言ってた蓮舫の戸籍法106条の手続きね。

 で、こーゆーケースの場合、戸籍法104条の規定で、日本国籍だけを所有する意思を宣言する「日本国籍選択宣言」を提出する必要があるとの事。

 

 よーするに、蓮舫は戸籍法106条に則って手続きをやってると言ってたわけだけど。その手続きに入ろうとした瞬間、それは不可能だとわかる話だったのである。

 記事タイトル後半の「蓮舫氏の手続き不備か?」は、まるでバファリンのような、時事通信の優しさでできているのである。

 つまり蓮舫は、まだなんの手続きもとっておらず、戸籍法106条を自分が使えないという事に気がついていなかったのである。

 すごいわ。本当に言うことやる事すべて嘘や…。いやまあ最初の頃は、できるだけ嘘を吐かないように、でも本当の事は喋ってしまわないようにとかいう腐れ果てた配慮があったけど、二重国籍だったとカミングアウトしてからは、嘘のオンパレードだよ。

 俺はこんな事を以前書いているのだけど。

【拙】狼女の村田さん
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/f36e17d5474a8eb4c82b8a0919bbef36

質問→回答→嘘だった→別の回答→嘘だった→別の回答→嘘だった→別の回答

 こんな無限ループで、最後の回答だけが、「論破されていないモノ」として残っているにすぎない。

これが、今回こうなったわけだ。

質問→回答→嘘だった→別の回答→嘘だった→別の回答→嘘だった→別の回答→嘘だった(new!)

 国会閉会後、蓮舫が逮捕されたり、当選無効になったりするかは、まだわからない。
 が…。少なくとも、その確率は上がり続けているのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※現在、まさかの過去最高順位です!いつも応援ありがとうございます!

民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書)

コメント (7)

蓮舫失職が現実味を帯びてきた2

2016年10月13日 23時27分00秒 | 政治(安倍政権)
【産経】安倍晋三首相、二重国籍問題の民進・蓮舫代表に「国民に証明の努力を」 自民・小野田紀美参院議員との違い強調
http://www.sankei.com/politics/news/161013/plt1610130011-n1.html

 きたぜ!!流石クレーマー安倍!

 俺は、その発言の軽さがどーも気に入らなかった安倍総理なんだが。安倍総理の街頭演説で、TPPとか消費税に反対する集団がいれば「左翼」と決めつけてしまったりとか、そーゆー軽さ・うかつさが気に入らなかったのだけど。

 まさか御大自らがこれを、しかも小野田紀美議員との違いまでも強調して、蓮舫に要求してくれるとは!これは百点満点であろう。

 まさに、これは「その時歴史は動いた」かもしれない。

 NHKその時歴史が動いた―コミック版 (忠臣蔵編) (ホーム社漫画文庫)

 

 安倍マリオといい、彼のフットワークの軽さは、よい方向に転がれば歴代総理にはだせなかった成果を挙げられるよな。

 まあ、より具体的には三原じゅん子氏が、安倍総理に質問をし、道筋を作ったところが評価されるべきだ。決して安倍総理だけの手柄ではない。というか、彼は単独では手柄を立てれる男ではないのだ。

 保守を標榜するにふさわしい人が、長く安定して国会議員を努めているからこそ、今回の流れが作れているのだ。ここもまた、よい時代の流れを感じられた瞬間であろう。

 さて蓮舫。これについてどう動くだろう。
 ちなみに、この件について朝日・変態はスルーである。スルーどころか、朝日は蓮舫の台詞をオマージュして「二重国籍じゃ駄目なんですか?」とかいう記事を載せる始末である。いやいやいや!二重国籍が駄目なら小野田議員はもっと叩かれていると思うよ。

【TBS】二重国籍問題が再燃、首相「蓮舫氏は戸籍謄本を示すべき」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2890048.htm





人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※現在、まさかの過去最高順位です!いつも応援ありがとうございます!

民進党(笑)。 - さようなら、日本を守る気がない反日政党 - (ワニブックスPLUS新書)

コメント (2)