あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

誠実な中国人、狡猾な日本人

2018-07-29 23:15:51 | 国内の事件
 いつか書こうと思っていたのだが、日本人にも向き不向きがある。

 以前にもちびっと書いたのだけど。日本という国は、住むにはいい国なんだけど、会社で働きだすと、途端にイヤな側面が見えてくるのである。多くの外国人がその事に言及し、そしてリタイヤしていしまう。

 根拠はない。強いて言うならこれは、「ソースは俺」である。経験則。
 いつも主張している、「日本国内の経営者はおしなべて外道。ワタミの渡邉美樹が標準」につながっている経験則である。

 最近、極めてわかりやすい事例があったので、それを紹介してみようと思う。

 その前に、タイトル「誠実な中国人、狡猾な日本人」なのだけど。一般的には逆と言われているし、実は俺も逆だと思っているのだけど。
 見方を変えればガラリと印象が変わるという事で、日本人の方が狡猾になってしまう事例を紹介しようと思う。

 ある巨大なシステムがあって。
 その一部が、誤ってデグレードしている事に気がついたんだな。デグレードってのは、一般的に言われている「アップグレード版の方が品質が悪い」という程度の意味ではなく。文字通りの「過去アップグレードした機能の一部がなくなっていた」。
 原因は、数年前に辞めた社員が更新したプログラムのソースが共有されておらず、アップグレードしたタイミングで、彼が修正したものが消失してしまったんだ。
 既に、彼の対応した分のソースはない。明らかにこっち「メーカー側」の管理ミス。
 しかし、現在そのシステムは大規模な改修プロジェクトの終盤で、納期まで既に1週間を切っている、追い込み時期であった。

 このタイミングでデグレードにお客様が気がついて、激怒して当社にクレーム。今すぐ修正しろと厳命してきたのであった。

 まずお客様のこの命令だが、通常対応は不可能である。
 なぜって数年前に辞めた社員がガメてた消滅したソースの復元は、逆コンパイルで過去のロードモジュールから抜き出して比較検査をするしかなく、相当時間がかかるからだ。
 この時、プロジェクトのマネジメントトップは日本人。実務トップは中国人だった。

 日本人トップは幸い業務にも精通し、技術力も有していた。その日、中国人トップは不在だった。
 事態を深刻に捉えた日本人トップは追い込み時期の作業員の全作業を止め、リソースを全部デグレード対策に割り振った。幸い、ファイルサーバからその辞めた社員のガメていたと思われるソースがサルベージされ、マージ作業は快調に進んだ。
 怒ったのは翌日出社した中国人トップである。かなり検証が進んでいたソースに対し、過去のソースが部分的にとはいえマージされたのである。

 中国人トップは、クレームしてきた客に連絡。日本人トップが約束した期限を、「懸命にマージによる検証作業は継続するが」守る事は不可能だ。リリースは恐らく、現行のシステム改修プロジェクト完了後になってしまうと宣言する。
 それで、社内メンバーに、デグレ分の作業は全部中断しろ。現在のプロジェクト完遂に全力を注げと命令する。

 要するに、顧客に嘘をついたのである。今のプロジェクトが完遂するまで、デグレ問題に手を付ける気がないのだ。
 これは、自社社員に重きを置くか、顧客に重きを置くかの意識の違いである。
 これは俺の持論だが、自社社員:ユーザ=51:49を目指している。お客様の理不尽な我儘に対し、社内から反発があった時、51%は社員を守る事を考えようという意味だ。

 この時の日本人トップは話のわかる男であったが、立場が立場である。30:70ぐらいでお客様寄りだ。ところが、中国人トップは近い立場であるにも関わらず、60:40ぐらいで、自分の仕事の精度を優先する。そのついでに、自分が使役する社内社員も守る。

 当然、ぶった切られたユーザにしてみれば、たまったものではない。
 しかし、最終的にどちらの品質が上になるかと言えば、恐らくは中国人の行動であろう。
 日本人トップの行動は、ユーザの溜飲は一時下がったかもしれないが、後々のプログラム品質に爆弾を抱える事になってしまう。

 日本人的に言えば、あれほど激怒しているユーザに対し、しかも非は自分達にあるのが確かなのに全力で対応しないのは「不誠実」と感じる。当然ユーザの心証も悪くなる。
 まず、中国人トップのように、「あれを断っていいんだ」という発想が、日本人からは出てこない。

 日本人トップも嘘をついている。お客様にデグレード対応が完遂できない事を語っていない。要するに彼は「死ぬほど頑張らせたけど無理でした」という言い訳がほしいのだ。それによって社内リソースが疲弊する事については、今は考えていない。

 かつ、プロジェクトの納期は厳守させ、残業は極力するなというスタンスも崩さない。もちろん、いよいよとなれば、ユーザに謝罪する・・・のかもしれないが。まあ死んでも納期厳守かもしれん…。

 さて。これはどちらが正しいのだろう。
 少なくとも、俺は日本人が、ビジネスの世界で世界のトップクラスに登れない理由を、日中の民族の差で見たような気がした。
 そうして、言うまでもないが、日本人社会では、日本人トップの行動が正しいのである。こうでなくては、恐らくその日本人トップは生き残っていけないだろう。

 …こうして、外国人は日本で仕事をする事がイヤになる。

 そして俺は、日本人を指して「奴隷向きの民族である」と主張し、日本人経営者を指して「基本的に全員外道である」と認識しているのであった。

 なんか俺、間違ってるっすか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

日本の敵

コメント (8)

アメフット残酷タックル雑感

2018-05-24 23:24:58 | 国内の事件
 いつもの雑感シリーズが書けるほど、俺はこの問題を突っ込んでチェックしていない。
 せいぜい概要ぐらいかなぁ。今北3行ぐらいのネタしか押さえていない。
 なぜって、あまり興味を持ちたくなかったからだ。胸糞だし。

 この件で言える事は2つだけ。

 1つ目は、渦中の内田前監督は明らかにゲス・外道な人である事。
 2つ目は、内田前監督が本当に相手チームのQBを負傷させる為に指示を出したという証拠がなにもない事。

 である。
 そりゃまあ数々の証言はあると思う。でも、それって別に証拠じゃないんだよな。もし、本当に内田前監督がかなり低い可能性であるにせよ、相手チームQBを負傷させる気なんてなかったのならば。どーすんの?と。

 これがまあ、俺がこの件について、積極的にネタにしない理由のほぼ全てである。
 推定有罪には関わりたくはないのだ。

 それに、はっきり言ってこれは、伝統的といえる日本の恥部であろう。そんなもんを何故に大々的にエントリで喧伝しなければならないのだ。

 ウチではいつも主張しているが。経営者なんてもんは、押し並べて大半が外道なのである。いつも和民の渡辺美樹を俺は例に出すが。

【拙】生存報告
https://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/cf3f2e899b90bf6263d268d7e5181c80

 この時、俺が自身の実体験を紹介したように、ある程度の大きな組織の上の方の連中は基本的に似たような外道である。

 以下の記事の古市氏のコメントを読んだ時、俺は凄く共感した。

【報知】古市憲寿氏、日大の悪質タックル問題に「外側を見ないで内部だけでやってきた結果」
http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20180524-OHT1T50065.html

「たぶん、組織的に外側を気にしなくてよかった組織だと思うんですね。大学にしてもスポーツ協会にしても。世間の目とかじゃなくて内側の論理だけで動いていて。得に日大なんかは税金も入って来ますし、予算収入もありますし、とにかく外側を見ないで内部だけでやってきた結果っていうのが、こういうことになってしまったという感じがしますね」と指摘していた。

 日本の集団の上層部にいる人に共通する事なんだけど。
 みんな貴族なんだよな。

 これも、ウチのエントリではよく話題にするのだけど。日本人ってのは基本的に本当に奴隷に向いているのである。文句あんまり言わないし、勤勉に働くし。

 それで、そんなお人好し日本人を良心の呵責なく上手く使えるからこその、上記貴族連中の今の地位なのではなかろうか。

 上記ウチのエントリでも紹介したけどさ。
 あんな連中、実はいっぱいいるのである。常々、実に苦々しく思っている。

 連中は、上記内田前監督も含め、日本人の恥部である。
 単なる爺さんならば、そのうち年齢的にいなくなるんだろうけど。企業上層部にいくにつけ、日本人がそのように変節していくように思う。つまりいつまでたってもいなくならない。日本型の会社がある限り。

 どこの国でもそうなのかなぁ。日本人だけだとは思いたくはないが…。
 それでも、俺はこれを、日本人の特色なのではないかと思うのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史


コメント (2)

反LGBT男さんに1票

2018-04-15 23:59:10 | 国内の事件
 ちょっと前、いやかなり前になるかな。俺はエントリで、実は自分の友人連中の中だけで、LGBTをコンプリートしているという事を語った事があったと思う。

 で。自分が今から書こうとしている事が、当時のエントリと比べて矛盾していないか、確認しておこうと思い、久しぶりに該当エントリを読んでいた。

【拙】日本人はみんな結婚すべき
https://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/e8e8d1ee6fbb7d89f01a495b01d54ed2

 で、まったくブレていない自分を見て、妙に安心してしまった。
 さて。本日のお題はコレである。

【with news】LGBTが気持ち悪い人の本音 「ポリコレ棒で葬られるの怖い」
https://withnews.jp/article/f0180406003qq000000000000000W03j10101qq000017134A

 で、この記事でLGBTがダメだって人が、そこかしこで叩かれて、炎上しているらしい。ちなみに、この記事をエントリした人は、朝日デジタルの編集記者である原田朱美さんだよ?言わば内ゲバである。

【buzzap!】絶賛炎上中の「LGBTが気持ち悪い人の本音」記事はなぜ完全にダメなのか
(by深海氏)
https://buzzap.jp/news/20180410-lgbt-harada/

 それで、まあ多分この「LGBT気持ち悪いカミングアウト男(以下、反LGBT男)」を批判してる中で一番有名なエントリがこれで。
 コレがまとめサイトで取り上げられて、「セカンドレイプだ!」とばかりに激高して、再度エントリを投下して…なんて流れになっているわけだけど。

 まあ、この深海さんって人、ある程度正しい事は書いてると思うんだよな。特に、反LGBT男さんに対し、「そんな事、口に出すなよ関わんなよ」という主張については。
 確かに無難に生きるなら、こんな主張しない方がいいわけで。でも、反LGBT男さんがなぜ、それをあえてやってるのかと言えば。それをやんなきゃ深海氏のようなポリコレ棒系の人の独壇場になっちゃうやんってのが、あると思うのである。
 ほら。アレだよ。ドイツのマルティン・ニーメラーの詩。

 

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

 反LGBT男さんに「関わるな」っつーのなら、深海氏は反LGBT男さんに内心「関わるなよ」と思いながらも黙っているべきだったと俺は考える。

 で、だ。この件について。俺は自身の社会人としての経験を元に、簡単に結論を述べるとするとな。

 俺はシステム屋で、難しい問題にぶち当たったらどうするかって言うと、基本、「タスク・ブレイクダウン」という手法を取るのである。
 案件を、できる限り細かく分割し、最小単位の仕事(タスク)まで分割する。
 で、それを一覧にして俯瞰する(いわゆる『問題点の見える化』)のである。

 今回の件で言うと。ノイジーなLGBTと、サイレントなLGBTは分けるべきだと思う。

 するとすっごい話が単純化して見えないか。
 いやあ、ソフトウェア工学ってのは、有用だと思うわ。

 おかしいのはノイジーなLGBTなのである。大多数の普通の穏やかなLGBTはおかしくないし、彼らは迫害されているのは間違っているだろう。
 ノイジーなLGBTは、実際叩かれてるのはノイジーLGBTなのに、まるで全LGBTが叩かれているかのような拡大解釈をする。これは、在日朝鮮人の主張も、てんかん協会の主張も、さらに、特定日本人の主張も、実は同じ問題なのだ。
 ノイジーな連中は、常に拡大解釈をし、自分たちの主張がさも、自分がカテゴライズされているグループ内の代表的な考え方であるという主張をする。

 俺は、そういう「拡大解釈」をする奴がまず、おかしいと考えている。
 本来誰にも、拡大解釈なんてものはできない事のはずだからだ。そこには必ず、傲慢さが伴っている。
 それが、俺が上記新海氏のようなポリコレ系がおかしいと思う所以である。

 拡大解釈をするなら、俺は「注意喚起」に留めるべきだと思うんだよね。
 例えば、「韓国に観光に行くのは危険だから止めた方がいい」というのは、一部例外的韓国人に対する問題を、全韓国人の問題へと拡大解釈しているともとれる。
 でも、それは日本人に発生するリスクに対するヘッジであって、ここは拡大解釈もやむを得ないと思うのだ。だって保険だもの。最悪のシナリオは想定すべきだもの。もちろん、国防もそう。

 新海氏のソレのどこに、そのような「注意喚起」的な消極的拡大解釈の余地があるだろうか。逆に言えば、反LGBT男さん側は、「ポリコレ棒に殴り殺されるかもしれん」という、リスクに対する保険なのである。

 よって俺は、どちらかと言えば反LGBT男さん側の言い分に分があると思う。
 朝日は今回、結構よい記事を出したように、みなさんは思わないか?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ソフトウェア工学入門

コメント (1)

相撲協会と日本型リベラルへ嫌悪感

2018-04-06 00:20:18 | 国内の事件
 最近、相撲関連が上手くない。

 いろいろと、アラが丸出しであろう。その中で、特に拙かったのが、先日のコレだ。

【ロケットニュース】相撲炎上】救命女性に向かって「土俵から降りて」問題、アナウンスについて日本相撲協会が謝罪
https://rocketnews24.com/2018/04/05/1041571/

 なんというか、「やっちまったなぁ」というのが、正直なところ。
 今、マスコミは反日機運の真っ只中である。日本にとって大きな力となっている部分を、叩きたくて叩きたくて叩きたくて仕方がない。
 そんな、「スキを見せたら殺られる」という状況で、まるで狙っていたかのように、土俵上で緊急事態が発生である。

 …ものすごく不謹慎な事を言っている自覚はある。

 しかし、なら、日本型リベラルな連中に聞いてみたいところだが、これを「機」と見て、日本を貶めようという気持ちにはならなかっただろうか。

 俺は、もちろん昨今のワキが甘い上に様々に黒い相撲協会にも眉をひそめてはいたが、これを機として「獲ったり鬼の首」みたいな事を言い出す日本型リベラル発、「抱き合わせ・これだから日本はダメなのだ理論」が出てくる事を、半ば確信してネットを眺めていた。

 それで、さっき目に入ったのが、この記事だった。小林よしのりである。

【小林よしのり】女人禁制は伝統ではない
http://lite.blogos.com/article/288452/

 昨今のキチガイじみた彼の発言集とは異なり、久々に、小林よしのりの理性的・論理的な批判を読んだ気がしたのだけど。
 小林よしのりは小林よしのりであった。最後の一文を言うための、相撲批判だったのではないかと思う。

男尊女卑の感覚自体が、実は文明開化なのである。
これによく似ているのが女性宮家の排除とか、大嘗祭の女性皇族の排除とか、女性天皇の拒否(※筆者注:これは嘘)とか、天皇は男系継承しかダメという、皇室に関する男尊女卑思想である。
相撲とまったく同様に、明治の文明開化と、神道・仏教の女性蔑視思想がドッキングして伝統だと勘違いされたものに過ぎない。

 天皇の男系血統は違うだろう。あれこそは、世界でも類を見ない本当の伝統。
 皇国史観については、確かに明治以降に強化はされたのかもしれないが、それまでに天皇に伝統がなかったわけがない。これは明確にミスリードだ。

 勿論男尊女卑ではあろうが、勘違いされた伝統ではない。こーゆー、抱き合わせ批判こそ、俺が最も嫌いで卑怯なやり方だ。

 ここぞとばかりに、「溺れる犬を棒で叩きまくる人々」

 しかも、小林よしのりは、記事前半ではかなりマトモな意見をしている。はっきり言って、一番タチが悪いやり方であろう。大嫌いな池上彰と同じやり方だ。「なんや。小林よしのりが珍しくマトモやんけ」と納得させると同時に、文章にするっと目立たないように、嘘を混ぜる。
 すると、その「嘘」までも信憑性が増すのである。

【神戸新聞】「土俵上であいさつしたい」女性市長の要望、主催者側断る
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201804/0011136625.shtml

 これもそうだ。

【NHK】女性が土俵 海外メディアも大きく伝える
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180405/k10011392311000.html

 これもだ。俺は、日常生活上で「溺れる犬は棒で叩け」の韓国の諺の使い所に困らない人々が嫌いである。
 相撲協会の自業自得が引き起こしたこの惨状を見て、同協会へと苛立ちを覚えると同時に、ここぞとばかりに尻馬に乗る日本型リベラル共にまた、同協会を二重にも三重にも上回る嫌悪感を覚えるのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

のたり松太郎 31 松、再始動す!! (ビッグコミックス)

コメント (4)

あーあー聞こえない

2018-03-31 15:30:26 | 国内の事件
【朝日新聞・社説】財政再建論議 まずは「森友」の解明だ
https://www.asahi.com/articles/DA3S13427206.html

 朝日のこの記事の、5chのスレタイがなかなか本質を突いていたので、紹介してみたいと思う。なお、このステタイは少しだけ改変させてもらった。

【アホの朝日新聞】事実を捏造した卑怯者が未来を語るな 信頼を失った者の論など誰も信じない

 まあ、普通にその通りだよね。
 いや、安倍政権の事を言ってるんじゃないよ。だってね、少なくとも今回の森友問題において、安倍政権の落ち度はないもの。
 そうじゃなくて、このスレタイは、朝日新聞自身の事だよねと。

 昨今のブーメランブームは、みなさんご存知の通りなんだけど。朝日新聞を含めたパヨク連中って、コレがあまりに多くないかと思うんだよね。

 まるで、朝日新聞を批判している人々の声が聞こえていないよう。

 多くの人が既にご存知の通り、朝日新聞は何度も何度も、事実を捏造して日本国民を欺いている。
 古くは、なんと戦前から、朝日死ねは戦争を煽って日本国民の意識を大東亜戦争の開戦へと導いたりもしているし。数十年の後になって自らの誤報を認め、訂正する事となる慰安婦問題なんてものは、はっきり言って戦後最大のペテンである。

 無論、朝日死ねに未来を語る資格はない。

 知ってる人は無論知っているし、よく知らない人ですら、今や「朝日新聞って嘘つき新聞なんでしょ?」とか言い出してしまうぐらい、最早信頼度は週刊誌レベルにまで落ちているように思う。朝日死ね。

 実際には、朝鮮日報とかと同じで、反日が絡まなければそれなりにキチンとした、マトモな情報も掲載されているのだけどねぇ。

 「朝日新聞は嘘つき」という虚像が独り歩きしているように思う。まあ事実の面もあるので、虚像(真実を伝えていない人物像の事)とまでは言えないかもしれないけれど。

 ま、ちょっと話がそれたんだけど。
 そうそう。朝日死ねに、国民の声がまるで届いていないようだという話なんだけど。

 最近、思うのだけど。真実、連中には国民の声が届いていないのだと思う。
 パヨク連中のツイッターとかそうだけど、すぐにブロックして、意見を見えないようにしちゃうやん。

 例えば、気色悪いネットサヨクの代名詞みたいな存在である「めいろま」さんに、ウチのツイッター垢はブロックされてるけど、俺、まるで絡んだことがないんだよね。あの人と。
 でも、ウチのツイッターではウチのブログの更新報告は自動的にアップされているので、めいろまの名前ぐらい、ツイートした事はあると思うんだよ。
 すると恐らく、めいろまさんはエゴサしてて、すっごいマメに、自分と異なる意見…例えば俺のような奴の意見が間違っても自分には見えないようにしているわけだ。

 俺だって、敵の情報は1次情報で確認をとりたいわけで、不愉快でも朝鮮日報や朝日死ねの反日記事も読んだりするんだけど。すっごいストレスだからね。逆の立場とは言え、彼らが右側の論調を積極的に読みたくないという気持ちはわかる。

 もしかして、ブーメランとか言われてるの、気がついてなかったりしてな。
 そう。連中、朝日死ねとかの批判を、ほぼ読んでないのではないかと思うのだ。少なくとも、分析不足のように思う。

 有田芳生を含む、しばき隊関連とか、李信恵、香山リカ、小林よしのりなんかの視野の狭さはスゴイ、反日のお友達連合の言葉しか聞こえていないのが丸わかりだけれども。
 まさか人一倍リテラシーを持っててもおかしくない朝日死ねにも、これが適用できるのではないかと思うと、ちょっと衝撃的であった。

 俺、単なる鋼鉄のツラの皮だと思ってたんだけどな。
 「アーアー。きこえなーい」だったとはな。


 だってさ。そうでもないとこの台詞は出てこないよ。「事実を捏造した卑怯者が未来を語るな 信頼を失った者の論など誰も信じない」

 まさか、お前らを頭っから信じてくれる人が、まだまだ沢山いるとガチで思ってるの?すっげーおめでたいな。おめでとう。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

生きたいようにいきて死ね 続銀幕ロック

コメント (1)

あえて言おうカスであると

2018-03-27 00:14:59 | 国内の事件
 ああ。本当に日本のメディアはクソだなぁと。ここ最近の報道で、装いも新たに思う。いつも思ってたんだけど、改めて思う。マジで。

 というのは、森友ネタによる政権支持率の急落と、安倍政権が掲げる、放送法撤廃方針に対する日本メディアの反応の2つを見ているからだ。

 実に見苦しい。放送法撤廃に対する、最新のメディアの反応を見てみよう。

【産経】日テレ社長、放送制度改革方針に「容認できない」
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180326/bsj1803261745004-n1.htm

 彼の言い分1つ1つを考えてみようか。

仮に報道通りの内容であるならば、民放事業者は不要だと言っているのに等しく、とても容認できない

 放送法撤廃で「民放事業者が不要」と感じるのであれば、現在の民放事業者共同で自主規制団体を立ち上げ、旧放送法準拠を加入者で遵守を徹底すればいい。
 放送法の崇高な理念を守りたいのであろう?誰がやらなくても、自分たちは貫けばいいのだ。そして、放送法に準拠しない、偏った事をやってる連中こそを、自分たちの「ペンの力」で叩けばいいだけである。
 あなた方が正しければ、きっと支持されるであろう。

放送が果たしてきた公共的、社会的役割について考慮がされていない

 ここ2年のモリ・カケネタを見ていて思う。
 アレがお前らの考える公共的、社会的役割か。思い切り少数の野党に迎合する、非常に不公平な報道だったと、ガチで思う。その証拠が、今の安倍政権の支持率低下であろう。あの世論調査の結果は、まだまだ日本のメディアが世論をコントロールできている証左だ。

【産経】近畿財務局は「安倍昭恵」名を知る前から森友に国有地売却方針 決裁文書改竄
http://www.sankei.com/politics/news/180326/plt1803260006-n1.html

 これは今日、最も読まれていた産経の記事である。
 メディアの安倍政権叩きの一番最初のネタは、安倍昭恵夫人による売却額への関与であったはずだ。
 現状、どう考えてもこのネタは安倍政権叩きではなく、与野党相乗りでの財務省糾弾ネタのはず。それ以外の何者でもない。
 なのに、なんだよこの支持率の超減退は。お前らの不公平が生み出しているとしか思えないだろうが。
 まあ、ネットリテラシー持ちな人々からすれば、今安倍政権の不支持に回る連中の方にため息をつきたくなるのかもしれないが(何を隠そう俺もそうだ)。

何の規制もないネットと同様のコンテンツが放送に流れた場合の社会的影響の大きさを考えると、放送事業者としては間違った方向の改革ではないかと思わざるを得ない

 これまで、自分たちが与える社会的影響の大きさに酔っていたクソ野郎どもが、何をほざくのか。最初に言った通りだ。

放送法の崇高な理念を守りたいのであろう?誰がやらなくても、自分たちは貫けばいいのだ。そして、放送法に準拠しない、偏った事をやってる連中こそを、自分たちの「ペンの力」で叩けばいいだけである。
 あなた方が正しければ、きっと支持されるであろう。

 あなた方は、あなた方の思う正しい報道をすればいいのだ。
 それがきちんと整合性がとれており、納得のゆくものであれば、日本国民は広く支持するであろう。
 逆に、放送法撤廃で進出してきたネトウヨ共が極めて不快な人種差別的発言を繰り返せば、もちろん自滅する事が目に見えている。
 そうだねぇ。例えば

News U.S.-中国・韓国・在日崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/

 この辺りが毎日あの調子でテレビ放映したら、きっとすっごい叩きやすかろう。既存の日本メディアからすりゃ、万々歳だろ。

 放送法撤廃方針に、何も問題はない。

 これに不快感を感じると繰り返せば繰り返すだけ、「なんの枷もなくなれば、自分たちは支持されなくなる」と感じている事の裏返しに見えるだけである。

 それに反比例するように安倍政権の支持率が低下を続けば。俺はその、卑怯なメディアのやり口に、怒りを覚えるのである。
 怒りついでに、最後に朝日死ね記者の台詞を紹介しておく。

【朝日】朝日新聞記者が見た“森友改ざん”スクープ「この1年間『嘘つき新聞』と言われていた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010022-abema-pol

確かに、権力に都合の良いことを書いた方が楽だし、より読んでもらえたりして短期的にはいいが、大事なのは読者の方々。それを今回、改めて考えさせられた

 この最後の一文が、日テレ社長、朝日記者共通のメディアの傲慢さをよく表している。権力に都合のよい事を書いた方が楽?
 違うだろうが。昔は、整合性も求められず、気持ちよかっただけの「反権力の主張」が、今、きちんとした整合性を、ネットの検閲のせいで求められ、「整合性を保った上での反権力の主張」以外が難しくなっただけだ。

 昔は楽だったものが、今、お前らが「楽」ではなくなったにすぎない。

 それで、自分たちが苦労するハメになった象徴が、自分たちの同等の力を有するようになる可能性に、戦々恐々としているだけだろうが。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

マスコミはなぜここまで反日なのか


コメント (6)

パヨクを見習うな

2018-01-16 23:59:55 | 国内の事件
 俺は以前より、在特会に一定の理解を示すエントリを投下している。
 何故かと言えば、当時はまだ、韓国の酷さを日本のマスコミがひた隠しにしていて、日本国民の大半が知らなかったからだ。
 在特会の在り様は、酷く下品な韓国の日本バッシングをそのまま鏡のように韓国に返すものだったから、在特会をちゃんと批判する為には、韓国の下品な日本バッシングの存在を、読者や視聴者に知らしめる手順が必要だったのだ。

 しかし、今となっては一部正論も認めつつ、俺は在特会の「やりすぎ」も気に食わない。もう彼らの役割は終わった。日本国内では十分に韓国のゲスさが知れ渡ったと思っている。

 そんな在特会を批判する勢力として、パヨクが誕生し、サヨクは昔言われてたようなインテリヤクザではなく、ただのアホだという認識をも、正しく広まりつつある。
 そんなアホな政治活動家を、さらに批判する立場にある人々が、同じ位置まで堕ちて喧嘩をするべきではない。

【産経】10代の妻殴打で逮捕の三橋貴明氏が釈放 ブログで“騒動”を謝罪 マスコミ批判も
http://www.sankei.com/affairs/news/180108/afr1801080022-n1.html

 釈放された三つ子の赤字神の記事を見た時、俺は…。

さらに高輪署の出て報道陣に囲まれた際に、「『マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!』と、中指を立てて追い払いました。こう言っては何ですか、そんなに目くじら立てて追っかけるようなネタかよ!(でも、マスコミのテレビカメラの前で『くそくらえ』と、できたのは、少し気持ちよかった)」と綴った。

 ウーマン村本と変わらんやんけと。もちろん、三橋氏の主張と村本の主張とでは天と地ほどの差があるのだけど。やってる事のバカさ加減は同じである。
 2ch出身やんけ三橋…。炎上の怖さを、比較的よく知ってるだろうに。村本やら香山リカと同じように、わざわざマスコミの前で中指を建てるのかよ…。

【産経】百田尚樹さんの「売国新聞を支える読者も日本の敵」ツイートに朝日新聞広報「差別的な発言に強く抗議します」
http://www.sankei.com/politics/news/180116/plt1801160015-n1.html

「これは首を賭けてもいい。もし、中国と日本が軍事衝突をすれば、朝日新聞は100パーセント、中国の肩を持つ。朝日新聞は日本の敵だが、そんな売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」とも。

 これはまあ、中指は流石に立ててないけど。直接的すぎるんだよ。確かに朝日は、英語版とかで日本人に知れないように、こっそりと中国の肩を持つかもしれないが。少なくとも日本語の朝日新聞でそれをやる事はできないであろう。百田氏のコレは、いくら確度が高かろうと現時点では妄言以外の何物でもない。朝日はいっぱい売国ネタを抱えているのだから、連中のクソな実績を叩くべきだ。

 それに、もしそのようなゲスい事を朝日死ねがやるならば、その時に、「実績化」した時にだ。読売なり産経なり、各種週刊誌なりが、ゲス朝日死ね的な記事を書けばいいのである。

 ここで「差別」とか言い返す朝日死ねも大概クソではあるものの、現状はどっこいどっこいだ。

 政治的発言をする識者のうち、長年発言をしてきた人に特に顕著だと思うのだけど。
 最近、下品ではないか。

 中指立て立てな、パヨクに毒されてない?
 アレを、公共の電波やらネットによる世界配信で流す事ができる連中の気持ちを、俺は理解できない。

 下品だと、親から学ばなかったか?お里が知れるぞ。

 ちなみに。中指を立てて挑発する行為の意味は、「ファッキュー」である。「お前犯すぞ」だ。
 地頭が悪いヤツしかやらない脅迫行為である。少なくとも、俺はそこまで堕ちれない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界

コメント (3)

ウーマン村本は社会的に死んでしまうべき

2018-01-07 17:55:37 | 国内の事件
 わざわざ短命で終わりたいとしか思えない、戦略的炎上商法ならばアホだとしか言いようがない、ウーマン村本のツイートを、保守速が拾っていた。
 以下のエントリの事だ。

【保守速】ウーマン村本「俺が間違えたことを言えば、専門家が訂正して教えればいい。それが仕事だ。」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48808809.html

 正直、このスタンスが本当に愚かなので、絶対にやめてもらいたい旨のエントリを投下しておきたいと思う。8.6秒バズーカーのようにさっさと消えてもらいたい。まあ消えると思うのだけど、そっち方面の炎上ネタ芸人で生きていこうとしているようにも見えて、長くのさばるような気がしないでもなかったりする。

 

 で、ウチはどう「絶対やめてもらいたい旨」エントリするのかというと…。

 公共の電波で、堂々と間違えた事を恥ずかしげもなく流すなカス。間違える事を前提にしている段階で最悪である。

 最も顕著な例で例えるならば、やはりアイリス・チャンの「ザ・レイプ・オブ・南京」である。あれはもう、ありとあらゆる意味で偽書であり、中共のプロパガンダを、中国系米国人ジャーナリストの名前で発表しただけのものだ。
 どんなに否定されようとも、嘘が証明されようとも、著名な人が一度発信してしまえば、それは悪意ある第三者によって拡散され続ける。

【産経】ユネスコ、「世界の記憶」を包括的見直し 「南京」登録後に紛糾…政治利用回避へ今春「行動計画」
http://www.sankei.com/world/news/180103/wor1801030003-n1.html

 昨年、ユネスコの「世界の記憶」に、南京大●殺が登録されてしまい、アイリス・チャンの悪意のプロパガンダが亡霊のように生き残ってしまっているが…。

 ユネスコは今更、

新たな行動計画は、世界の記憶の登録審査プロセスをより透明化し、加盟国間の対立を防ぐ仕組みへの道筋を示すもの。世界の記憶として登録された資料のアクセス促進も課題になる。

 みたいな事をやろうとしているが、これはむしろ悪手であって、南京大●殺がこのような厳しい審査をも通じて登録されたと、後世まで残ってしまうであろう。誤解されたままな。

 最悪である。コレは、きっかけは結局、一番最初のアイリス・チャンたった1名による、プロパガンダが起因なのだ。

 南京大●殺は、こっから、たしかにCNNやらが大々的にとりあげたりと、マスコミが極大化していったとか、そーゆー「マスコミの責任」はあるにはあるのだけど。

 ウーマン村本みたいなプロパガンダを野放しにしてはならんのである。
 叩きまくって、こーゆー明確な嘘の発言をすれば、痛い目をみると、それを一般化していかねばならないのだ。

 そう。ウーマン村本のアレはプロパガンダだ。少なくともそう取られても仕方がない。無知でやってるなら本当に相当なアホだと思う。

 公共の電波なりを使って、何かを発信するのであれば、それについては相応の責任が伴う事を、発信者は自覚しなければならない。

 少なくとも、マスコミはその責任を負っていると思う。だからこそ、叩かれる事を恐れて、今現在の「消極的な」反日姿勢があるのである。

 ウーマン村本のような物言いがまかり通るようであるならば、それは著名人を使ったプロパガンダが日本ではマスコミよりも有用であると吹聴するようなものだ。

 だからマジで思うのだ。ウーマン村本よ。お前は社会的に死ぬべきである。
 通名を捨てて別の通名で生き直す事ができる、一部在日の外国人のように、芸名を捨てて、一般人としてひっそりと生きてゆくがいい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界


コメント (2)

フェイクニュースの定義がフェイクニュース

2017-12-06 23:22:06 | 国内の事件
 あらら…。ここ最近、このレベルのやっちゃイケナイ感のあるチョンボを、日本のマスコミはやらなくなってきてたのになぁ。

【デイリー新潮】流行語大賞「フェイクニュース」の説明もまたフェイクだった
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171205-00533814-shincho-soci

「フェイクニュース」について、以下のような説明が掲載されている。
「ネット上でいかにもニュース然として流布される嘘やでっち上げ。2016年のアメリカ大統領選挙では『ローマ法王がトランプ候補の支持を表明』『クリントン候補がテロ組織に資金を渡した』など、いかにも報道サイトっぽい雰囲気のウェブサイトに掲載され、それがあたかも事実のように拡散した」

 まあ勿論、ネットで嘘が蔓延してるのは昔からの事だし、何を今更感満載なのだけど。もともと嘘を言ってはいけないとされる報道で、明らかな故意の嘘を垂れ流しているのを「フェイクニュース」っつーんだよな。少なくとも「今年流行ったやつ」の定義は。
 だって、googleトレンドでフェイクニュースをチェックすると、2016年12月4日ぐらいに初めての小さな盛り上がりをみせ、2017年2月5日ぐらいにぐぐんと大きく盛り上がりを見せている。

 ちなみに、米大統領選挙で、ヒラリー・クリントンを支持したとされるCNNに対し、トランプ現米大統領が、「お前はフェイクニュースだ!」と名指しで非難されたのが、2017年1月11日である。

 

 フェイクニュース…。日本語では「虚偽報道」と呼ばれるモノだけど、これが「フェイクニュース」として流行語となるのは…、つまり、『生みの親』はトランプ米大統領なのだ。

 上記の流行語大賞の解説・定義では、フェイクニュースとは「ネットの流言飛語」という事になる。勿論これは大間違いであって、「今年流行した」フェイクニュースとは、報道機関のあからさまな虚偽報道の事である。

 その後、日本のマスコミは、このフェイクニュースの意味を捻じ曲げ、ネットでの流言と限定した上で大騒ぎをし、しばき隊界隈とかの極左が、自分達の悪事を暴露されたら「フェイクニュースだ!法的手段に訴える!」と、尻馬に乗って訴えたりして悪用してたのが悪目立ちして、嫌悪感と共に流行していったように思う。

 「忖度」もそうだったしな…。忖度は、せっかく美しい良い言葉なのになぁ。すっごい悪いイメージがついてしまった。「平和」もそうだし、連中は美しい日本語を汚しているとしか思えない。

 勿論、フェイクニュースはネットでは溢れてるよ。俺は毎日スレタイ詐欺と戦ってるし。そりゃー、聖書が造られた頃の昔っから変わらない。よーするに現実だって元々フェイクニュースが溢れてるのである。
 それを、左翼メディア代表のユーキャンメンバーが、「自分達は関係ない」とばかりに、周囲へ「ネット」の悪印象を振りまいて…。結局、今年もこうなってしまうのかよ。今年はちったあ「自主規制」的にマシになったのかもとか、言ってしまった、比較的常識にそったウチのエントリでの俺の想いを返しやがれ。

【拙】2018流行語大賞ノミネート
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/5c573a97545c664cc2647354bc16d7c3

今回は見事に「なんじゃこれ?」というものがない。

 ちなみに。俺にとって今一番不愉快なフェイクニュースは、もうこの2つが甲乙つけがたく嫌なんだが。1つが、サンフランシスコの慰安婦像に刻まれた、「日本陸軍は私達従軍慰安婦を数十万人性奴隷として飼育し、ほとんど全員虐殺しました」である。
 そして、もう1つが、韓国の映画、「軍艦島」における、日本軍による無辜の朝鮮人への残虐極まりない拷問虐殺シーンの数々であろう。



 フェイクニュースとは、世界にあふれている。
 そして、本気でイヤなフェイクほど、日本のマスコミは日本人には気づかれないようにしているように思うのである。

 一体、どこのメディアがサンフランシスコの慰安婦像の碑文はフェイクニュースだと指摘したよ!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇宙兄弟 心のノート 「メモしたくなる言葉たち」

コメント (2)

日馬富士報道の各紙方向性

2017-11-30 23:53:30 | 国内の事件
 最初、5ちゃんねるでコレを見た時、俺は「また根拠のない妄想を…」と思った。
 例によって、朝日新聞である。…朝日死ね。

【朝日】「土俵上で日本人が勝てないのでモンゴル人が締め出されたと考える人が多い」 日馬富士引退でモンゴルに広がる日本不信★5
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512042944/-100

 とは言っても、そこは腐ってもクオリティペーパーを自称する朝日新聞である。
 なんぞ納得できそうな情報を持ってきているかもしれないと。記事をちゃんと読む。

 …いつもの、5ちゃんのスレに掲載されている部分は、朝日新聞社サイトにログインしなくても読める部分だけで、スレタイにあるような「土俵上で日本人が勝てないのでモンゴル人が締め出されたと考える人が多い」な部分は見当たらない。

 ちなみに、ソース元の朝日記事のタイトルは『「モンゴル人疎まれた」日馬富士の母国に日本不信』なので、スレタイ詐欺では決してない。

 そこで、朝日にユーザー登録している俺はきちんとログインし、後半部分をチェックした。

しかし、同事件を報道した地元紙のガンサロール記者は「モンゴルではよくあるけんか。なぜこんなに大げさに扱うのか」と首をかしげ、「土俵上で日本人が勝てないのでモンゴル人が締め出されたと考える人が多い」と話す。こうした受け止めの背景には横綱朝青龍が知人を暴行して引退した問題もある。「強すぎるモンゴル人力士が疎まれた」との当時の見方が、再び広がった形だ。

 …地方紙の一部記者の見解だけであった。ガンサロール記者をぐぐってみても、この記事しか出てこない。マジでロクなソースではなかったわ。確かにソースではあるけれど。とてもメジャーなモンゴル人全体の見解には見えない。

 そりゃー確かに、そーゆー見解も一部あるかもしれんが、なぜこいつら朝日新聞は、こんなふうに、いつものように「日本が悪い」にもっていこうとするのか。こいつらマジで日本人が嫌いなんだなと思う。

 やってる事は日本の相撲界とはいえ、モンゴル人同士の不祥事ではないか。日本が悪い要素なんてなんもない。そして、事この「横綱」の不祥事は、日本人横綱であったとしても、間違いなく同じ状況になったと思われる。仕方のない話であろう。
 不祥事の当事者、日馬富士は引退後、親方になる為に帰化手続きの最中だった。そう聞いてしまうと、やりきれない。とても残念でならないと思う。

 ちなみに。日馬富士が帰化手続き中であったニュースは、朝日新聞の記事からは出てこない。(!)
 今、Googleでニュース検索「日馬富士 日本国籍」で検索すると、日刊スポーツ、読売新聞、産経ニュース、スポーツ報知と、スポーツ紙か右派の新聞が上位を独占する。

 俺は、日馬富士を擁護するなら、方向性はこちらであろうと確信する。

 いつも思うのだが。朝日はいつも、「もしも自分が当事者ならば…」という視点に欠けているように思えてならない。
 俺が日馬富士であるなら、朝日の記事みたいな庇われ方はしたくない。もう、ぜっっっったいに、そんな庇い方はしてほしくない。

 日馬富士のやった事は暴行で、もちろん犯罪である。
 なのに、それで責められたからといって「日本人はモンゴル人を差別している」「だから彼は引退に追い込まれたのだ」とか、言って欲しいか。


 …ああ。
 それに乗っかって、「ウリは可哀想ニダ!賠償を要求するニダ!」とか言ってくるニダとかアルとかがいたっけそういえば。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

乙嫁語り 1巻 (HARTA COMIX)

コメント (5)