あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の財政破綻論者は愚か者

2019年10月16日 07時55分19秒 | 国際
 マジで意味のない記事に、「なんでこんな記事を書くんだろう?」と、困惑を禁じえない。何が言いたいんだ。この人。

【幻冬舎】町中にゴミがあふれ…「日本が財政破綻」するとどうなるのか?
https://gentosha-go.com/articles/-/23103

 いわゆる「テールリスク」についての記事である。この記事はこんな書き出しで始まる。

テールリスクとは、発生する確率は低いものの、実際に発生してしまうと、非常に大きな損失をもたらすリスクのことです。財政破綻や金融危機のほか、予測し得ない天変地異や大規模なテロ、暴動なども、テールリスクといえます。

 この記事におけるテールリスクの定義はこんな感じ。

発生する可能性は低いとはいえ、過去にはロシア危機やリーマン・ショックのように、テールリスクが現実のものとなった例はいくつもあります。絶対に起こらないわけではない以上、万一日本が財政破綻したとき、私たちの身にどんなことが降りかかってくるかは、ある程度予想しておいたほうがよいでしょう。

 そして、テールリスクの筆者の認識は、こんな感じである。
 テールリスクというものは「ありえないこと」を想定し、万一に備える為の解説用語の1つなわけだけど。
 俺が一番違和感を覚えたものが、「日本の財政破綻」と「ロシア危機」「リーマンショック」が「同じテールリスク」として、筆者が同列に捉えているところである。
 俺の認識では、テールリスクとは「発生するリスクは低くとも、最悪の事態に備える為、あえて想定してシミュレーションする為の用語」である。

 例えば。日本の安全保障リスクとして、北朝鮮からの核ミサイルの飛来があったとしても。隕石の飛来については論じられないであろう。
 北からの核ミサイルの飛来なんて、ありえない。なぜならば核ミサイルとは「戦略兵器」であって、撃たないことに意味があるからだ。撃ってしまえばオシマイである。
 しかし、自らが本当に滅亡する寸前ともなれば、もしかしたら道連れにする為、残った核兵器を全弾日本に発射するかもしれん。可能性はゼロではない。

 しかし、隕石の飛来については、そりゃまあゼロではないかもしれんが、限りなく0に近い確率であろう。ありえないし、そんな事を想定し、対策をうつ意味もほとんどないように思う。

 日本の財政破綻は、もしかしたら隕石よりありえないわ。
 この手の論者はなぜ、日本政府が債務を全額完済しなければならないと、アホな事を考えるのだろう。
 どこの国でもそうだけど、そんな事をして無事でいられる国は存在しない。

 少々乱暴に言ってしまえば、1万円札は日本国が日本国民から借金している利率0%の借用書である。日本国が、1万円の価値があると信用を担保している貨幣なのだ。
 1万円の日本国債があったとすれば、それは単なる利率0.数%の、現金よりちょっと利率が高い借用書なのだ。
 日本国が、借金全額完済なんて、やるわけがない。
 そんな事をすれば、日本では貨幣がなくなり、国家の体をなさなくなる。

 それに、日本が財政破綻するならば、日本がカネを貸しているすべての国は先に財政破綻を起こしている。

 日本は円高が進み、貨幣価値が上がりすぎているのだから、もっと薄めるべきであろう。それを、増税によって円の流通量を絞っていけば、さらに円高が悪化していき、流通量が減るわけだから、デフレも進む。
 尤も、だからといって円の流通量を増やすと、日本は得をするかもしれないが、誰かが割りを食う事になる。そりゃそうだよ。日本社会で誰かが円の偽札を作りまくって自分で使ってたとしても、日本経済にはほとんどなんの影響もないかもしれないけれど。この規模が大きくなれば、日本全体で少しずつ割りを食う事になるのと同じである。ドル・円・ユーロはハードカレンシーだから、日本円を薄めれば、その影響は世界全体が受ける事になるのだ。
 それで、ずっと得をし続けているのが、基軸通貨国のアメリカで、だからこそ、ドルのアメリカも、円の日本も、ユーロの欧州もじゃぶじゃぶカネをすりまくるのを遠慮するのである。

 そこで、遠慮呵責なく自国通貨を刷りまくり、厚顔無恥に儲けまくったのが中国なのである。

 と、まあ…。少々脱線が長かった感は否めないところだが。
 日本の財政破綻に備える記事は、本当にナンセンスだと思うのである。ロシア危機も、リーマンショックも、わかってた人はみんな知っていた。リスキーな状況で綱渡り状態であった事をである。

 例えば、少なくとも、現時点において、今にも破綻しそうな韓国が、なんとか綱渡りで運営できている。国家なんて、そうそう破綻するものではないから、韓国が崩壊するなんて、政治リスクぐらいなものかもしれないが…。
 それでも、韓国の崩壊はテールリスクとして考えておくべき事ではあるだろう?ロシア危機やリーマンショックというものは、それぐらいの確率のリスクであった。

 日本の財政破綻をテールリスクとして「論じたい」とか、それは「日本は他の国よりも壊滅リスクがある劣った国なのだ」という、微妙に恫喝が滲んだジム・ロジャーズと同じ反日的ミスリードに他ならない。
 天然でやってるのなら単なる愚か者であり、確信犯的にやっているのなら…。どっちにしろ愚かなので、「もっと現実をみたら如何であろう」と忠告させて頂く事にしたいと思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

立体四目並べ (うちの末っ子が無双)

コメント

地球温暖化よりリベラル汚染の方が問題

2019年09月25日 23時16分44秒 | 国際
 「アレはキチガイだ」

 そう、正直に言える事が大切だと思う。

国連総会で涙の訴えをしたグレタ・トゥンベリさん、ボロクソに言われる
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1569377318/

 本当にボロクソである。言ってるのは、オーストラリアの元首相に、英労働党のコービン党首のお兄さんである。一線の人ではないけどね。それなりの影響力の人が主張している。日本で言うなら、今の小泉元総理ぐらいの立ち位置かな。

 …まあ、一線の政治家が口にしたら、叩かれるわ。誰も叩かないだろう。
 しかも、彼女、グレタさんはアスペルガー症候群と、昨年11月に診断されている。
 彼女をキチガイ扱いすれば、同じ病気の方に対する人権侵害を主張する輩も出てくるだろう。

 別に、発達障害は欠点ではなく特性であるという、最近の考え方に否定的なわけではない。彼らは時に発達障害ではない人々より優秀ではあるが、他者とのコミュニケーションを苦手としており、日常生活において、なんらかの補助や支援が必要な事がある。
 それについては、なんらかの配慮が必要であれば、それを求めるのは間違ってはいない。生活をしていく上で、平等に経験する機会が与えられる事を考えれば、当然の事と言えるのかもしれない。

 しかし、コミュニケーションになんらかの問題がある人が一方的にヒステリックにキチガイな主張している事で、世界が動かされてはいけないと思う。彼女の、あの主張やこれまでの行動は、アスペルガー等の発達障害における一側面ではあるが、あえて断言しておきたいと、俺は考えている。「アレはキチガイ」だと。

 一応、補足をしておくと。彼女の事をキチガイと言っているわけではない。

 しかし、発言内容については、どうしようもなく、庇い立てできる余地もない程キチガイだと俺は思う。

 ちなみに。俺も温暖化については過去、何度も主張しているのでくどくど繰り返し主張するつもりはない。
 端的に竹田恒泰氏がツイートしてくれているので、そちらでも引用してみようか。

【竹田恒泰氏・ツイート】
https://twitter.com/takenoma/status/1176629838653706241

温暖化していたとしても、それは人間の活動の結果ではない。地球上の二酸化炭素排出のほとんどは海。人間が排出するのは全体の3%程度でしかない。なのに「よくもそんなことを」、、、

 そう。温室効果ガスの中、最大の寄与度を誇るのは水蒸気で50%を超える。CO2の寄与度も、近年「無視できるものではない」ぐらいには寄与度があると盛んに語られてはいるが…。
 南極の氷が溶けて海水面が上昇して日本が沈むとか、キチガイじみたキャンペーンは、アレは、あの主張から何十年後の話なんだっけか?順調に日本もCO2削減目標をクリアできていないし、世界各国のCO2排出力は増え続けているけど、そんな未来、どこにもやってきている気配すらないのだが。

 真面目な温暖化関連の学者で、警笛を鳴らす人々でも、せいぜいCO2の温室効果が寄与するのは年間1度程度という。
 間違っても、グレタさんが言うような、いきなりやってきた殺人熱波の原因ではないだろう。

 だいたい、温室効果ガスがなければ、あっという間に地表は冷却され、地球は生活できない死の世界である。水だって摂取しすぎれば水中毒で人間は死ぬのである。
 温室効果に寄与度がそれほど高いと言うならば、急激なCO2の削減は本当に安全なのだろうか。

【伊吹早織氏・ツイート】※ハフポ(朝日)記者
https://twitter.com/ciaolivia/status/1176437367843897344

グレタは"環境団体に利用されてる"と言う方がいますが、彼女に限ってそれはないと思います。なぜなら…

・11歳、温暖化への不安などでうつに
・12歳、環境のためビーガンに
・12歳、飛行機に乗るのをやめる
・15歳、学校スト開始
・16歳、国連に行くためヨットで大西洋を渡る

 この朝日の記者は、「グレタさんは別に利用されているわけではなく、ちゃんと自分の考えで、今の主張をしている」と言いたいのかもしれないが…。
 この感性を紹介するのは、逆効果ではなかろうか。どう考えても一般地球人に還元するには問題のある感性と、言わざるをえない。

 朝日記者さん。ちょっと感性が、少なくとも俺とはズレてるんじゃないですかね。
 俺は、人に迷惑をかける菜食主義者についても以前、「アレはキチガイ」とエントリを書いた事があるのだけど。

 俺は、「これだからアスペは」とか、言うつもりは毛頭ないが、「あいつが『これだからアスペは』ってグレタさんを批判した!」って叩く気まんまんで待機しているメディアとか、それを恐れて真っ向からキチガイ発言を批判できないまっとうな政治家の辛さとかを、問題があると思っている。

 地球温暖化なんぞより、こーゆー「リベラル汚染」の方がよほど公害だ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ヒットマンガ (自分で考えた台詞カルタ。ノリのいい人とやらないとひどくつまらない可能性がある。要注意)

コメント (1)

ドイツ賛美はフェイクニュース

2019年09月24日 23時37分50秒 | 国際
 まーたドイツ賛美かよばかばかしい。

【東洋経済】「中年の引きこもり」ドイツではありえない理由
https://toyokeizai.net/articles/-/302387

 ホントかよ。まず最初に思ったのはそれだ。

 過去を反省し、未来に活かせないのは先進国で日本だけ。日本だけが労働生産性が低すぎる。日本にだけ、パワハラやセクハラがある。

 これらは実際には、全部、日本だけの問題ではなく。どこの国でも問題なのである。
 単に、同じ問題なのに認識とか現象が異なっているだけだ。

 例えば。ドイツには引きこもりはいないと言われる。

「HIKIKOMORI」日本だけの現象?
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/m/kul/mag/20720273.html

社会との接触を拒否するこうした現象は、主に若い男性に多い深刻な心の病として日本ではよく知られている。しかし当初は日本の問題であったものが、すでに欧米でも見られるようになってきた。だからこそショーバーは、次第に重圧を高める社会から、進んで閉じこもろうとするこの現象に向き合おうとしたのである。

 この記事の通りである。続きを読んでみようか。

引きこもりはどこにでもある
他人との接触への不安は、確かにドイツや他のヨーロッパの国々、そしてアメリカでも見られる。ただ、名称は違っている。英語圏ではNEET (Not currently engaged in Employment, Education or Training) といい、ドイツのHikikomoriたちには社交不安障害という診断が下される。ドイツの青少年の8人にひとりが罹っていると言われる社交不安障害では、重症となると社会から断絶し、実家の子供部屋に閉じこもることになりかねない。

 というわけで、まずはこれ。「ドイツにも引きこもりは存在した」(まーた、今度は健常者と病人で、ドイツを分けんのかよ…)
 つまりね、一番最初の問題提起が日本だった。というわけなのだ。
 日本で問題になった。あ。それウチでも同じようなヤツがいるわ。確かに問題だわ。と。それで研究が始まったというわけだ。
 そりゃーね、「引きこもり」はかつて、日本にしかないわな。日本以外、気がついてなかったんだもの。「HIKIKOMORI」が万国共通語になるくらいだ。
 2006年、上記引用のオーストリアのホルガー・ショーバーさんが戯曲にするぐらい、ドイツの隣国でも社会問題だったのである。

 まあ、それでもドイツは、確かに日本よりも引きこもりは少ないのだそうだよ。

 でもそれは、冒頭の東洋経済の記事の通り、親も「子供が成人するまでの我慢だ」と辛抱して子育てをしており、成人すれば子供を追い出すからである。
 それで。ドイツでは若年ホームレスが、大変な社会問題になっているのだ。

 日本と、ドイツのこの問題は、子供が成人後、ひきこもりになるか、ホームレスになってしまうかの違いでしかない。

 日本が子供を甘やかしているのか、ドイツが子供に対して無責任なのか…。それは見方によって解釈が異なるであろう。
 一つ言える事は、冒頭の記事を書くようなヤツは、仮に日本の方がホームレス問題が深刻で、ドイツの方ではひきこもりで問題になっていれば、「ドイツには中年のホームレスがいない理由」という記事を書くであろうという事である。

 …誰だろう。こんな記事を書くやつは。

 俺はそう思って、著名記事だったので、名前を見て、その写真を見てみた。

 

 「サンドラ・ヘフェリン」女性であった。で、写真を見た瞬間、思った。ああ。またこの手の顔か。なんで、ドイツ賛美の日本叩き女性は、こんなのが多いのかね。

 ついで、Wikiを少し読むと。

『ここがヘンだよ日本人』に出演した際に、ドイツがユダヤ人に対するホロコーストを謝罪したように日本もドイツを見習って中国や韓国に謝罪すべきと云う認識の発言をした。

 ああ。過去の日本人と現在の日本人を分けて、現代日本人はご先祖様を悪鬼の如く罵り倒し、全否定せよって人なのね。と、すごく納得した。日本で言えば、社民党とか、共産党と同じ論調の人である。

 なんか、日本のメディアに出てくるドイツ系の人って、なんでこう、気持ちの悪い人が多いのだろうか。めいろまとか。
 しかもなぜ、ここまで見た目から「同類臭」立ち込めているのだろう?不思議。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ヒットマンガ (自分で考えた台詞カルタ。ノリのいい人とやらないとひどくつまらない可能性がある。要注意)

コメント

米中・ジャイアンVSジャイアン

2019年05月24日 00時14分23秒 | 国際
 昔、中国製品は劣悪で、いくら世界の工場とか言われようとも、アレにこだわる必要性は欠片もないと思っていた。
 しかし、今の中国製は違うように思う。玉石混交ではあるものの、単なる安物とも、決めつける事はできない。

 中国は、それなりの技術力を身に着けたと思う。だからこそ、思う。
 今のアメリカのやり方は、美しくないし、面白くない。アレは国際的ないじめであって、単なる脅しである。いわば、アメリカは中国と同じ土俵に立ち、同じ事をやっている。

 …いきなり身近な話になるけれど。職場にいる身近な中国人を見ていればわかる。
 昔から、彼らはご立派な「お題目」を唱えるが、結果を望んでいない。歴史を振り返ってみても、彼らのお題目は常に言いっぱなしなのである。
 真面目に相手をする方が、バカを見る。
 つぶさに観察すればわかる。彼らは周囲の日本人から忌避されている。なぜって、相手に「完璧なお題目」を求め、そして自分に対し、超甘いからである。
 ただ、敵に回すのは厄介なのである。彼らはある種の正論で戦うからだ。

 これは、中国人同士にも言えることだが、どう相手をすればいいのかというと、適当に流せばいいのである。要するに、彼らの言いっぱなしを肯定してやればいい。メンツを立ててやればいいのだ。別に、連中は執拗に結果を求めてこない。

 基本的に日本人は真面目だから、言った言葉に責任を持つし、結果を求める。
 だから、中国人が無茶を言えば、日本人は結果を出そうとし、それが無理難題であれば、無理だと言って怒るのである。で、日本人と同じように感じるのは、別に日本人だけではない。

 今のアメリカの、トランプ政権のやり方は、中国に対し、真摯に向き合おうとした真面目な国民の気持ちに寄り添い、ムカついた人々の代わりに報復措置を取るものだ。ここには、日本人の心情をも、含んでいるように思う。

 偉そうなお題目を唱えるくせに、執拗には結果を求めてこない中国人は、自分達に「ご立派なお題目」…お鉢がまわってくると、頭を抱える。まさに、中国の故事、天に唾するが如しである。

 ビジネス的には、中国人は決してお近づきにはならず、敵対しないように利用するのが最も有益である。

 ただ、中国の一部政策は、自分達のメンツを立てる為に日本のメンツを破壊するものだから、アメリカの方針には、日本人のメンツを修復する働きがある。
 アメリカの政策は、日本にとっては都合がいいものの、米中貿易摩擦は劇薬で、トランプ政権の博打であると、俺は思う。まあ、G20の前哨戦だよね。

 中国のメンツを守る行為は前述した通りだし、国際的に中国の扱いはみんなに知れているので、各国は当然、中国を深追いしない。なので、日本に味方してくれる人は少なく、日本のメンツはこれまで、いいように蹂躙されてきたわけだけど…。

 だからと言って、冒頭に言ったようにアメリカのようなやり方をするのは、あまり気持ちのいいものではないと思うのである。端的に言ってジャイアンである。そして、あまり褒められたものではない中国と、同じ土俵に立って対立しているのだ。

 しかし、俺は以前、このように主張した事もあったと思う。「国際社会ではキチガイが最強である」と。

 いずれ、誰かがやらねばならなかった、必要悪。キチガイのフリ。
 トランプは美しくない。見た目の話じゃないよ?そう言ってしまうのは、簡単だと思うのだ。
 でも、否定してはいけないんだと思っている。アメリカが汚れ役をやってくれて、日本は手を汚さずに中国にダメージを与える事ができるのだから。
 俺は、中国みたいなやりようがのさばる世界には、なってほしくはない。

 こーゆーの、見てて思うのである。
 政治ってのは、綺麗事じゃねぇよなぁと。9条命の共産党とか、確信犯的な連中の弁に乗っかって、信じて、性善説でもって日本は武力を放棄するべきだって主張するやつは、本当にアホだよなぁ…と。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (7)

世界的なポリコレ疲れと、それとリンクするアレ

2019年02月20日 00時12分11秒 | 国際
 フランスで、シティーハンターの実写版が、大ヒットしているそうだ。
 俺はそれを、「海外の反応」系のサイトで初めて知って、つべで流れている予告編動画を先日初めて見た。

 うん。よくできてると思う。
 登場人物はもちろん日本人じゃない。でも、今どきありえない、バブルを思わせる登場人物達の服装に、フランス人なのに誰も違和感がない。

 

 聞けば、主演、兼監督のフィリップ・ラショーさんは、インタビューによれば原作愛あふれる人だったそうで、「これは日本でも通用する!」という、現地の評価になっているらしい。俺もそう思った。

 動画見て、面白そうだったので嫁さんにこの話を振ってみたら。

「文化の盗用って、大丈夫なの?」

 と言われた。いや、別に嫁さんが文化の盗用に敏感な人ってわけではなく。
 他民族の衣装とかを真似る行為を、バカバカしくも叩きまくる風潮を見て、そーゆー連中にいじめられないのかと、心配になったようなのだ。

 基本的に、日本人は自分達が愛しているものを愛してくれると喜ぶタチである。
 別に、芸者の格好をしたって、サムライの格好をしたってOKである。多少ズレた和食でもOK。新しい寿司、カリフォルニアロールが開発されたってウェルカムである。

 文化の盗用ってのは、要するに「文化の私物化」という意味合いを強く持っていると思うのだけど。日本人は、日本文化を布教される事を殊の外喜ぶ。

 極端な話、ゲンブツに対するリスペクトさえ、あればOKなのである。

 リスペクトがあれば、ゲンブツにダメージを与えるようなマネはしないだろう。言い換えれば、リスペクトがあっても、ゲンブツにダメージを与えるような行為を、少なくとも俺は許せない。

 フィリップ氏の冴羽姿は、バブルの頃の古臭いスタイルだとは思うけれども、それは原作愛の現れだし、別に「未だに日本人はこんな古臭いダサいかっこなんだぜ」とか、主張したいわけではないのは痛いほどよくわかる。

 「文化の盗用」って言うのかわからないけれども。俺は和牛の精子を盗んで自国に持ち帰り、「韓牛」として売り出して、自国産アピールをして、和牛ブランドに多少なりともダメージを与えたり、自国で発生させた口蹄疫を、何度も日本の和牛農家へ訪れる事で日本へも拡大し、甚大な被害を与えたりした、いわゆる民主党政権時代の「赤松口蹄疫事件」なんかは、本当に許しがたいと思っている。



 今日も、面白い記事が出ていたよ。

【カイカイ】韓国人「日本から醤油製造の秘密を盗んできた方法がすごすぎるwwwwwwwww」
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/54900539.html

1986年に彼が日本の有名な醤油メーカー「ヤマサ」を見学に行った時のことだった。当時最も知りたかった秘密は、ヤマサが一体どんなカビを活用しているのかだった。

オ常務は、6~7回の断られた末に、やっとヤマサの製麹室(麹を浮かべる部屋)を見ることができた。そこで彼がしたことは、繰り返し息を大きく吸うことだった。空気中に浮遊するカビの種である胞子を自分の鼻の中に最大限多く入れるためだった。

「製麹室の外へ出るとすぐにポケットからティッシュを取り出して鼻をかみました。そして、そのティッシュを韓国に持ってきて分析しました。ついに、ヤマサがどんなカビ菌を使っているのか分かりました。ティッシュに付いていたヤマサのカビの胞子を分離するのに成功しました」

 この韓国の醤油メーカーの技術者は、日本人技術者に対するリスペクトは、もしかしたらあるかもしれない。
 しかし、ヤマサに甚大な被害を与える可能性は否定できないだろう。
 サムスン電子の会長の武勇伝とかもそうだったが、韓国人にとって「日本人から何かを盗んできた。そしてそれで韓国に利益を与えた」という話は、美談なのである。

 他にも、韓国料理しか作れない韓国人料理人が、「日本料理と言って売ったほうが儲かるから」という理由で韓国料理を日本料理と偽って海外進出したり、連中は、日本から何かを奪って利益を得る。

 中国や韓国、ロシアなんかは「誰かから何かを奪って栄える」文明圏なのである。
 中国でも、クレヨンしんちゃんの版権を日本人作者から奪い取り、中国でクレヨンしんちゃんの元の権利者である原作者の臼井氏がビジネスを展開しようとすると、その中国での版権者にマージンを支払わねばならないという、クソな事が発生する。
 ちなみにウルトラマンでもそんな事例がある。

 連中は、そういう文明圏の人々だし、そうやって利益をあげてきた。防衛できない方が愚かで、奪い取った方が賢いのである。

 こんな国々で、何か尊敬されるようなモノを生み出そうとするのは困難であろう。
 文化の私物化、文化の盗用ってのは、こーゆーのを言うのであって、フランス版シティーハンターを見て心配になるような事をやる事ではない。

 それなのに、日本愛溢れたアリアナ・グランデさんのツイートは「文化の盗用」を主張するバカ共に叩かれまくり、傷ついたアリアナさんは日本への移住すら考えていたそうなのに、漢字の勉強なんかも含めて、それをやめちゃうのである。

 で、彼女を文化の盗用とかで叩き倒したツイッターアカウントを見てみると…。
 すっごいたくさん、日本人のフリをしたアッチ系の人とか、いるんだよね。

 略奪文化圏の人が、実際日本からこれでもかってぐらい迷惑千万な略奪行為を繰り返しながら、善良な一般人の、愛に溢れた行為を、略奪行為だと指摘して潰す。

 何かおかしい。

 最近、この、「なんか、おかしいよね?」って主張が増えてきてて、俺は少し嬉しかったりする。まるで、日本国内で嫌韓ブームが始まったばかりの頃のような空気だと思うんだ。

 ポリコレ疲れ…。あれ?なんか最近、日米界隈でも聞くよね。「韓国疲れ」とか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (3)

日本でもリベラル激減の狼煙

2019年01月25日 23時39分54秒 | 国際
 遅ればせながら、今日、この動きを知った。
 これは歓迎すべき動きで、本当に拡散されていくべきだと思う。

【ロイター】焦点:「慰安婦」など表記変更 ジャパンタイムズで何が起きたか
https://jp.reuters.com/article/japan-times-korea-insight-editorial-idJPKCN1PJ050

 ウチでも一度だけ、エントリでジャパンタイムズの話題を挙げているが…。
 要するに、ジャパンタイムズってのは、特定日系人とか中華系アメリカ人がメイン顧客だった、日本の話題を提供する英字新聞である。

 この記事の中で、こんな風にも述べられているが…。

「外国人が日本について知る玄関口となるのは、当然ながら英字メディアである」

 今は外国人が日本について知るのは、当然ながら「まずネット」なんだよね。
 日本の朝日死ね新聞や、毎日変態新聞のように、反日ばかりを垂れ流す日本型リベラルな外字新聞は、当然、日本国内と同じようにその偏見が指摘されるようになってきて…。どこのメディアも同じようなものだと思うのだけど、発行部数の減少によって、テコ入れを余儀なくされてきたと思うのだ。

 そこで、新たにトップに立った人が、まあ現実的に必要だと考える改革を、抜本的に進めた結果が、このジャパンタイムズの大変革というわけだ。

 当然、これまでこのジャパンタイムズで記事を書いていた日本型リベラルに染まりきった記者(バカ)共の反発は大きかったようだ。記事には感情的になる所属記者達の様子も紹介されている。

翌日に開かれた同社のオーナーである末松弥奈子会長とのミーティングでは、発言の途中で感情的になって泣き出す記者もいるほどだった。

 無論、政府系からもカネが入ってきているのは確かだろう。そんな記述もある。

安倍晋三政権に批判的だったコラムニストの記事の定期掲載をやめてから、安倍首相との単独会見が実現し、「政府系の広告はドカッと増えている」と編集企画スタッフが発言すると、「それはジャーナリズム的には致命的だ」との声も。

 だが、それの何が悪いというのか。
 むしろ、韓国系、中国系の息のかかった連中が周辺に山程いて、安倍総理周りが、まるで対策も打っていない事の方が余程問題であろう。

https://twitter.com/take_off_dress/status/1088249454451318785

有本香「報道陣を入れないで開催される自民党部会の内容が開催した翌日に韓国の朝鮮日報に発言内容が一言一句違わないような形で報道された。中から情報が洩れている。完全に繋がってる人がいて今回が初めてじゃないとのこと。日本の中が出鱈目な状況になってる」スパイ防止法を早く施工してほしい

 この手の事で官邸は、むしろもっとカネを使って当然だと、俺は思うのだ。
 日本型リベラル達が、これまでやってきた、実弾(カネ)を使った世論誘導を、政府に邪魔されてできなくなってしまって、涙目になっているようにしか見えない。

 今回のジャパンタイムズは、水野博泰氏によるトップダウンの断行があったわけだけど。

「反日メディアであることのレッテルをはがしたい。経営陣として『アンチジャパン(反日)タイムズ』ではとても存続できない」と説明する水野博泰・取締役編集主幹に、記者側からは「ジャーナリズムの自殺行為だ」、「ファクト(事実)が問題であって、リアクション(読者らの反応)が問題なのではない」などの批判が噴出した。

 現在、反日勢力というものは明らかに退潮なわけで、今後はこういった事が増えていくのではないかと思う(やや願望混じり)。日本型リベラルな記者側は「ファクトが問題」とか言っているが、あの連中がやってる事は明確にフェイクニュースの量産である。むしろ、ネット時代の要請により、ファクトに沿った改革に着手したのが、上記水野博泰氏だと思える。

 情報収集の中心が、ネットに移っていきつつある昨今、今更英字新聞が「正しい動き」を始めても、もう遅いとか、言いなさんな。

 「メディアの改心」はとても重要なのだ。最近、ツイッターをはじめとするSNSとかでも、自分で情報配信をする政治家なども増えてはきているが、やはりネットでも、とっかかりの情報を提供しているのは、ほとんどが既存メディアなのである。

 日本型リベラルは、減っていく味方に恐怖を感じていて、より感情的になっているように見える。このリベラルの減少傾向は、ユーロ圏とかで言えば移民排斥によって表層化していった感があるけれど、日本では韓国の暴走をトリガーとして、やっと、より表層化していきそうな予感がする。

 俺は常に言う。「先駆者が、もっとも讃えられるべき」なのである。
 英断により、路線修正して正しく生まれ変わろうとしているジャパンタイムズ。
 俺はその行動を称賛したいと思う。

 できれば、琉球新報あたりとかも、似たような事が起こってほしいものである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント (2)

米中間選挙予想

2018年11月05日 23時03分44秒 | 国際
 短い記事だが、これは事前にあげておこう。

【産経】米中間選挙情勢 接戦6州が焦点 6日投開
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000546-san-n_ame

 これは予想通りの展開であった。
 中間選挙直前まで民主党有利で、投開票直前に共和党巻き返しである。
 これは、トランプ大統領が勝利した大統領選挙と同じ展開だ。

 俺は、報道では圧倒的に有利だったヒラリー・クリントンが絶対負けると言い続け、実際にトランプ大統領が勝利した時、「そら見たことか!」と「とったり鬼の首」とばかりに叫んでいた事が記憶に新しいのだけど。
 メディアは、どーしても、どーしてもトランプ大統領が嫌いなんだなーと思う。

 俺は、トランプ大統領にもやっぱり不満はあるのだけど。
 この情勢ではすごく勝ってほしいと思う。

 だって。この直前の「共和党、すごい巻き返しです!」って実況みたいな報道ってのは、結局アリバイ報道だろう?

 力いっぱい偏向報道してた証左みたいなものじゃないか。
 これで、共和党が勝ったら。

 それは、トランプ大統領が勝負強いんじゃなくて。
 メディアがイケてないという事じゃない。

 だから頑張れ共和党。負けるなトランプ。
 メディアの凋落を証明してくれ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx


コメント

日本人が全米OPで優勝雑感

2018年09月14日 00時35分54秒 | 国際
 本日は、珍しく「海外反応系」の話。

【どんぐりこ】海外「認められてる!」大坂なおみ選手を日本人として受け入れる日本人たちに海外が感動
http://dng65.com/blog-entry-5601.html

 俺はテニス観戦が実はワリと好きだったりして、ランキング急上昇だった大坂なおみさんの事は前から注目していたのだけど。まさか日本人がグランドスラムで優勝できる日がくるとは信じられなかった。

 初めて彼女を見た時、明らかにハーフとわかる容貌で、俺は彼女の事をすぐさま調べてみた。中南米のハイチ共和国の父とのハーフである事はすぐにわかった。
 わかったんだけど、俺としては彼女を同じ日本人として応援し、そして全米で決勝に進んだ事が報道された時、職場だったのだが興奮気味で仕事仲間に、彼女の決勝進出と、その強さ、初のグランドスラム優勝の可能性について、語ったものであった。

 そして、全米オープンで、彼女は決勝も圧勝での優勝。

 俺はこの時、もちろん嬉しかったし、この事についていっぱい、いろんな人に話をしたのだけど。心の中で少しだけ…。

 「こんな時だけ…」と考えている自分がいた。
 こんな記事を見つけたのだけど。まさにこの記事の筆者の心理が、ほんの少しだけ、自分にあった事は否定しない。

【ハフポ】大坂なおみ選手は"日本人"なのか。
https://www.huffingtonpost.jp/naomi-iwazawaa/osaka-naomi-20180911_a_23522169/

どうしても「こういうときだけ......」とひねくれた感情を抑えることができないのです。

 別に、ハーフの彼女に、日本人としてなんら含むところがあるわけではない。
 韓国人のネタとして、例えば「手塚治虫は実は韓国人だった」とかの、かっこいい事をなした人を「実はあの人は韓国人なんだよ」と言いふらしたりする、いわゆる「韓国人認定」を、日本人として嫌悪していた心理の反動というか。

 こんな事で日本人は喜んでしまって。調子がいいんじゃないの?とか、浅ましいんじゃないの?と、自分を含めた大坂なおみさんを応援していた側の節操のなさに、ちょっと「恥ずかしい事なのかな…」という気持ちがあったのだ。

 そこで、見つけたのが冒頭の海外反応系ブログのエントリ。

 そこには、日本人が純粋に大坂なおみさんをマジで応援しているのを見て、「ハーフの彼女を同じ日本人として応援している!」との、外国人達の驚いた姿があった。

 ああ。本当に日本には人種差別が少ないと思う。相対的に。
 だって、そこに外国人が驚けるって事は、おそらくは白人社会では、黒人とのハーフは自分と同じ国籍であっても、同国人のように応援できない人もいるという事なのだ。

 相対的に、日本では人種差別が少ないと、わかる話だろう?

 それで、よくよく大坂なおみさんの国籍をネガティブにとらえている記事をいくつか読んでみると…。
 その記事を書いているのが、まあ上記のハフポも含め、リベラル系なんだよね。

 日本人は、大坂なおみさんを日本人として心理的に受け入れ、純粋に応援できていたと俺は思うのだけど。
 どうも、リベラル系はその様子がお気に召さないように思う。

 それで彼らは自らが率先し、「大坂なおみさんは純粋な日本人ではない」みたいな記事を書いてくる。朝日新聞の元記者が、どっかで出したコメントを俺は覚えているのだけど。新聞は、基本的に世論を善導する為に、記事を書いているのだそうだ。

 つくづく思った。日本型リベラルこそ、俺は多様性に欠けると。
 そして、改めて思った。大坂なおみさんを心から日本人として応援する事は、ぜんぜん悪い事ではなく、むしろ世界から称賛されるような心理なのだと。

 遅くなってしまったが、優勝おめでとう!大坂なおみ選手。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx

コメント (9)

日本型マスコミは他人に厳しく自分に超甘い

2018年08月20日 23時49分18秒 | 国際
【デイリー】バスケ不祥事で買春認める 金銭やりとりに永吉「認識の甘さあった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000140-dal-spo

 最初にこの記事を見て思った事。「嫌な記事だな」であった。
 ご当地インドネシアは日本人旅行者にとってみれば買春のメッカであり、違法性は当然の事ながら認識しつつも、言わば「誰でもやってる」事である。

 これは想像だが、日本人選手団だけではなく、他国の選手も買春には手を付けているであろう。
 別に、「みんながやってるんだから、俺らもいいだろう」ってのが正しいとは言わないが。日本人選手を明らかにターゲットとして後をつけ、うまうまとスクープして、日本選手団の弱体化を狙っているかの如くのブンヤ(新聞記者)が、正直気に入らない。

 このスクープ、どこの記者だ?と思っていたら…。

【日スポ】朝日社員目撃、写真も 4選手ホテルに連れ込み行為
https://www.nikkansports.com/sports/asiangames2018/news/201808200000489.html

 ああ。朝日新聞だったわけね。納得であった。
 ちなみに日スポも朝日新聞系列である。沖縄タイムスも同じ系列である。

 …いつも、俺が主張している事を、また性懲りもなく繰り返すが。
 正論は、誰も幸せにはしないのである。

 俺は、実は玄人童貞で、性病が怖くてヌキ系風俗の経験がないのだけど。
 それでも、その需要を考えれば、買春は合法化すべきだという主張を繰り返している。建前に縛られて無理に禁止にしてもアンダーグラウンドに潜ってしまうだけで管理も甘くなるし、ヤクザや暴力団の資金源にもなってしまう。
 なら、きちんと管理して性病なんかのチェックも義務付けたりして、ヤクザなんかの入り込むスキをなくした方がいい。

 マジで思ったよ。ほっとったれよと。

 俺は、あんまり他人に厳しい事を言いたくはない。
 自分を含む普通の人々が守れてない事で、特定の誰かを批判したくないのである。
 例えば、違法性が少しでもあればアップロードできないyoutubeって、面白いと思うかね。

 マスコミなんかは、それをしなければいけない、非常に厳しい立場なのかもしれないが。ならば、俺はマスコミこそ、自分に厳しくあらねばならないと思う。日本型リベラルな日本の野党もそうだけどな。

 それなのに。朝日ってのはこんなんなわけなのである。

【シェアニユース】朝日新聞、アリバイ作りで書いた吉田証言虚偽訂正記事の英語版にGoogle検索を回避する“メタタグ”を埋め込んでいた事が発覚…
https://snjpn.net/archives/63489

 他人には超厳しく、自分には超甘い。
 そりゃね、アメリカの世論調査で、過半数の国民に「マスコミは国民の敵である」とか言われるわけだよ。
 さっきちょっと読んでた、池上彰の「戦争を考えるSP」もそう。

軍や政治家の嘘が戦争を泥沼化させてしまった。翻って、現在の日本。政治には嘘が蔓延していないでしょうか?

 戦前・戦中、記事で国民の戦意を煽りまくり、開戦に向けた世論形成に最も寄与したと言われている朝日新聞が何を言う。あ。池上彰は朝日新聞違うけどね。

 8/15に戦争を考え、その結論として「今の政治に嘘が蔓延しており、戦争に導かれる」という危機感の熟成を行うのであれば、俺はまず、真っ先にマスコミが戦前・戦中の自身の所業を懺悔し、毎年8/15に特集すべきだと思うわ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

https://amzn.to/2mHTvUx

コメント (3)

日本食叩き大歓迎

2018年06月05日 06時28分06秒 | 国際
 最近、稀に見かける日本食叩き記事。

【サイゾー】寿司はビッグマックより体に悪い!? 海外メディアが警鐘
http://www.cyzo.com/2018/06/post_164544_entry.html

 まさにこんな感じなんだけど。
 マジで思う。こーゆーのはほっとけと。えっと。ここで言う「海外メディア」はオーストラリアかな。らしいなぁ。クジラ大好き反日白人国家。

 こーゆーのは、言わせておけばいい。本当にいいものは受け入れられるし、この程度で受け入れを拒むのであれば、むしろ大歓迎である。
 韓国とか、未だに日本の魚介類を放射能汚染を嫌って輸入禁止にしているだろ?他にも、いくつかそんな国もあったはずだ。そんな国の連中の食卓に、日本の魚介が上がってほしいとも思わない。

 俺は昔から、海外で日本食が流行する事が、実は気に入らなかった。
 日本食は、クジラを生で食らうような蛮族の気持ち悪い食べ物。それでいいではないか。

 そんな気色悪い日本人の国、日本に何故か、何を間違ったかやってきて、日本食のヘルシーさや美味しさに触れてギャップ萌えすればいいのである。きっとその方が日本を訪れる人は感動できるだろう。

 最近、ホント食傷気味な日本アゲアゲな番組はイヤだ。
 俺はあまり懐古主義は好きではないのだけど。昔の海外の反応ネタは本当に面白かったんだよ。「日本好き」の外国人がレアだった頃がよかった。

 だいたい、こーゆーアンチな記事が出てくる事自身、日本食がメジャー化し、避けようがないレベルで浸透している事の証左といえる。
 「嫌いなアニメランキング」とか「嫌いな芸能人ランキング」でアンケをとると、上位に有名所がズラリと並ぶのがいい例で、こりゃーいわば「有名税」の一種である。ここまで有名になってしまえば、日本食はどっかでなにがしか、叩かれて当然。

 で、もし仮に、この記事で紹介されたような劣悪な日本食の劣化コピーが叩かれるような事になれば、それこそ、低レベルで日本食とはとても呼べなさそうなシロモノが淘汰されるわけで、それもいい事ではないか。

 正直、俺はこの記事を読んでメリットしか思いつけないのだが。ほっとく以外の選択肢はないやん。

 昔、俺が日韓翻訳掲示板であるエンコリの住人だった頃、韓国人が、

「俺、調理師免許とってドイツで日本食レストランを開いて、韓国料理を売るのが夢なんだよ」

 って言った時、とても不愉快な気持ちになって日本人みんなでその韓国人を必死になって「お願いだから韓国料理で勝負してくれ」って懇願したものだったが。上記のオーストラリア記事が叩いてるのは、日本食か、エセ日本食だろう?だったら好きなだけ日本食を叩けばいいと思う。
 そして、日本食を永遠に食わなければいい。

 日本では、優れた衛生管理に裏打ちされた生食が文化として根付いている。生で食べた方が明らかに美味しいものはたくさんあると思うが、日本人であれば、海外で生食をすることに躊躇を覚えるものも多い。卵ごはんなんてのは、その好例だろう。

 むしろ、俺は海外で日本食を食べる事をオススメしない。
 ちなみに。あまり知られてはいないが、オーストラリア料理というものは存在する。
 ちゃんと自国の料理があるのだから、イヤならベジマイトとか食っときゃいいのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

世界一おもしろい 世界史の授業 (中経の文庫)


コメント (6)

米中貿易戦争雑感

2018年04月09日 00時17分15秒 | 国際
 個人的には「ほっときゃいいのに…」というところであった。

 先日から、米中で貿易戦争が勃発している。
 米国のトランプ政権から口火を切って、高額関税導入合戦を、米中が繰り返しているのである。日本もちょっと巻き込まれているので、かなりの日本人が知っている事だろうと思う。

 米国は、なんでこんな事を始めたのか?と問われれば、恐らくはコイツのせいである。

【日経】中国、原油先物が上場 人民元建て 国際指標に育成目指す
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2856643026032018EAF000/

 これまで、原油決裁通貨については、基軸通貨(ドル)の特権であった。
 そこに、人民元による原油決裁の導入である。

 まあこれは、絶対に許さんだろうなあと。言ってみりゃ、ドルの信用力の源泉の1つが、原油決裁通貨という形だったわけで、米国からすれば、中国のこの振る舞いは、米国への権益侵犯と捉えたのだろう。
 要するに今回の件は、米国による対中経済制裁である。トランプ周辺は今、タカ派ばかりだから、そのような急激な動きになっているのだろうと思う。

 人民元は変動相場制ではない。原油決裁に使う以上、中国の人民元は変動相場制へと移行していかねばならない。
 そうすると、これまでドーピングしていたようなモノなので、買い手がつかないマンションとかでゴーストタウン化しているような場所が散見される中国は、現状の維持すら苦しくなってくる。
 俺は、ほっときゃ自滅すると思うんだが…。米国は強硬手段に出た。中国も米国もメンツの国なので、双方が引っ込みがつかない状態になっているものと思われた。

 現在、米中ともに、チキンレース状態である。
 こうなってくると、またも日本はいい立ち位置にいるような気がする。米国とも、中国とも比較的、いい距離を保っている。

 それで、このチキンレースについてなんだけど。
 どっちの方が無理をしているか?と問われれば。もうそれは確実に中国なのである。

 中国は、貿易収支において、対米貿易黒字拡大により前年実績を上回る事ができ、ようやく景気が回復方向へと舵を切っていた。それが、出鼻をくじかれる形になったわけだ。
 しかし、別に米国がダメージを受けていないわけではない。
 これは、米中共にダメージなのである。米中共に、相手に肉を切らせて骨を断つつもりなのだ。

 日本は確かに、この状況下でいい位置にいると思うのだけどな。
 ここは、中国潰しに乗ってもいいところじゃないのかなと思う。

 でも…。これ、米国は別にやらんでもいい喧嘩だと思うんだよね…。いや、なんらかの措置は、米国共和党の観点からすれば必要なんだろうけど、ここまでハデハデにやったら、自分たちの首も締まるだろうに。とか思うのである。

 トランプは、俺の少ない米国に対する知識の中で判断する限り…ではあるが、かのルーピー鳩山のように、アホだと思うのだよね。特に、「最後に話をした奴の事を信じる」という感じのところが。
 米国のやってる中国潰し政策だけど。個人的には日本に有利に働く政策だとは思う。でも…。トランプはどうやら、思った以上にアホな気がする。そんな奴にうかうか乗っても構わないのだろうか…。と、一抹の不安を感じるのだ。

 どうも現在、日本が結構良い位置にいると思いながら。
 日本が積極的に米国に与しない理由が、この辺りにあるのではないかと、ちょっと考えているのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

偽りの報道 冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞 (WAC BUNKO 273)


コメント (6)

日本メディアのやりすぎ

2018年02月28日 23時47分53秒 | 国際
 海外反応のホルホル系で有名な、パンドラの憂鬱さんとこが、日本で銃乱射事件が発生していない理由についての、海外反応を載っけていた。

【パンドラの憂鬱】海外「民度の差が理由だよ」 米紙『日本人もゲームが好きだが銃乱射事件は起きていない』
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2619.html

 なんというか…。日本人賞賛型というものは、最近こぞってテレビでも取り上げられるようになって、食傷気味になっているように思う。
 テレビは、これまで日本を腐すような論調ばかりを取り上げていて、すっごい偏っていたので、これはこれで、そこまで悪い事ではないとは思っているのだけど…。

 日本メディアは、日本賞賛系がウケるのがわかってきているにもかかわらず、相変わらず日本を腐してもいるので、意図としては、日本賞賛系の馬鹿馬鹿しいテレビ番組を増やして、日本賞賛系の番組をわざと陳腐化させようとしてんじゃないの?とか思う事も、あったりする。

 その辺りは、黎明期からの老舗、パンドラの憂鬱さんとこも(礼賛一辺倒はよくないって)よーくわかっている事だと思われ…。
 最近、あそこは、紹介している外国人コメント群を、多分けっこう意識してニュートラルで集めている。
 むしろ、いろんな意見を紹介する為に、若干反日側に寄った意見の方を多く掲載している程だ。そうなんだけどな。

 銃乱射事件が日本でおきない理由は、日本人からすりゃ明白だよ。
 単に銃が所持できないからだ。猟奇的な大量殺人なんかは、日本でも発生している。

 記憶に新しいのは、勿論、秋葉原通り魔事件である。アレは白昼堂々、7人を殺している。もし、日本で銃の入手が容易であれば、犯人である加藤智大は恐らく銃を使ったのではないかと思う。もう9年も経ってんだなぁ。あの事件から。

 そこは、間違っても民度の差なんかじゃない。

 それでも、パンドラの憂鬱さんとこで、外国人達はどうやら日本人は民度が高いから、銃乱射事件なんてモノを起こすような犯罪者はいないと思っている人がいるようだ。

 俺は、ちょっと前の、外国人が「来日してみたら、今まで期待していなかったのに、日本人はあまりに民度が高かった」という…そんな感想を言う時代が好きだった。

 最近は、なんだか外国人が最初から、日本人は民度が高いと思って来日しているような気がしてならない。ハードルが上がってるのだ。

 この傾向、俺はよくないと思うんだよね…。

 それで、なんかテレビは最近、すこぶる日本という国に対して過剰な民度を宣伝しているような気がするのである。わざとハードル上げてない?

 でもって、「日本人って、意外と民度低いで?」とかいうガッカリな感想を、外国人に抱かせようとしてないかな。

 …考え過ぎかなぁ。
 まあ、そんなわけで。俺は外国人による日本礼賛番組がキモいと思うのである。
 そんで、そーゆー行き過ぎが、真っ当な海外反応系であるパンドラの憂鬱さんあたりをも、色眼鏡で見せる事によって、せっかくのいい記事を台無しにしているように思うのだ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット

コメント (10)

朝日死ねの慰安婦報道英語版について

2017年12月22日 23時38分06秒 | 国際
 おお。これはマジで知らなかった。

 「なでしこアクション」で公開されている、英語版朝日新聞の、慰安婦報道のやりようである。

 http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2016/03/AJCN_日本人が知らない朝日新聞慰安婦海外向け報道の実態.pdf

 無論、「こーゆー事はやってるだろう」とは思っていたのだけど、ちゃんと調べようとした事はなかったし、きちんと日本語で紹介できる気がしなかったのだ。

 なるほど。これならサンフランシスコの慰安婦像の碑文の、あの内容が理解できる。
 まあ、あの碑文の内容を紹介するのは割愛しておこう。腹が立つし。

 むしろ、あの碑文ぐらいプロパガンダでなければ、英語版朝日の記者なら納得できないであろう。
 そりゃー、日本人は「アメリカ人ってなんであんな、嘘八百信じるの?」ってなるわ。明らかにアメリカ人と日本人とで基本的認識がズレてる。朝日新聞が、英語版でずっとあの碑文に書いてあるような事を変わらず喧伝し続けているのだもの。で、その朝日新聞の表現を、海外メディアがそのまま似たような表現で使っているのだもの!

 英語版朝日新聞は、徹底して「性奴隷」という言葉を使わないそうだよ。
 それでいて「強制的にセックスを供与させられた」が繰り返される。これでは日本政府が、自分達の暗部を隠すために暗躍しており、朝日新聞が日本政府に抑えつけられつつも、ジャーナリズム精神に乗っ取って、なんとか真実を伝えるカッコイイ人に見えてしまうやん。
 本当は、朝日新聞が嘘をついているのに。

 

 

 

 

 

 

 どこの国でも、左派メディアは嘘つきだって言われるけど…。そりゃーなぁ。トランプもCNNをフェイクニュース扱いするわ。
 でもって、朝日新聞も、やっぱりフェイクニュースなメディアだったか。なんてったって提携関係だものな。CNNと朝日って。

 今は、なでしこアクションとよく連携してくれている杉田水脈氏が自民党にいることだし、国会でも取り上げてほしいものだけど…。

 ああ。政府はやっぱ、直接メディアを攻撃するのはなかなか難しいのだろうねぇ。
 言論弾圧だとか言われちゃいそうだし。
 これでも、最近は結構椿事件に地上波で安倍総理が言及しそうになって必死こいてテレビ局側がスルーしたり、麻生大臣が、朝日新聞の「当時55歳の社長夫人の鶴の一声で55歳が老人ではなくなった。ものすごい影響力」事件に言及したりしてて、ずいぶんマシにはなってきたと思ってたんだけど…。

 コソコソ、まだこんな事やってるのね。ゲス。
 変態のWAIWAI事件も。当時、相当ゲスなものだと思ったけれども。後の世の影響度合いで言えば、朝日新聞の所業は変態を遥かに凌駕しているな…。

 俺は、別にこーゆー姑息で卑劣な事を、海外で朝日がいまだにやっているのは、別にほっといてもいいと思っている。
 でも。こーゆー事は、もっと広く、日本人は知るべきだと思う。
 それで、その結果どうなるのか?というのは、実はそんなに重要じゃない。
 一番問題なのは、日本人が知らない事なのだ。
 連中は、日本人が知らないからこそ、好き勝手にできるのである。わからないだろうと思ってやってるからこそ、ゲスなのである。

 とりあえず。俺は知らなかったので、積極的に広めていきたいと思い、本日のエントリとする事にしたのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界

コメント (4)

法則に従って滅びろ

2017年10月25日 22時50分10秒 | 国際
メロスは激怒した。





 というわけで。俺は別に大阪市民ではないというのに、大阪市に意見した。
 というか、まるで悪いことをしているように語られる、大阪市長に対し、激励をしたつもりだ。

【産経】サンフランシスコでの慰安婦像の公共物化 大阪市長が懸念を伝える
http://news.livedoor.com/article/detail/13790319/

 大阪市長に伝えたい。
 マジで応援していると。むしろ、まるで小池百合子のようにヘタれるのだけは許せない。

 ガツンと言ったれ。

 大阪市へのご意見はこっちから。
 http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000006578.html

ただ、オカモト氏は慰安婦像と碑の扱いに言及せず、日系米国人の社会においても繊細な問題であることをうかがわせた。

 これを些細な問題だと捉えているバカ共に、目にもの見せてやれ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界

コメント (1)

日本人なんてどうでもいい

2017年06月19日 23時48分47秒 | 国際
 昨日もエントリしたけどさ。

 ここ1ヶ月ほどの反・共謀罪攻防はもう、マスコミ的には存亡を賭した感じがする。
 だって麻生政権の時ばりだよね。加計学園と森友学園ネタの連続を見ていると。

 現在、共謀罪に繋がりそうなニュースが一切報道されていないだろ?マジでなんでやねんと思うもの。

 と。ここで今、外務省の海外安全HPで、フィリピンを確認してみよう。

【外務省】海外安全HP「フィリピン」
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_013.html#ad-image-0

 

 なんとレベル3だ。「渡航中止勧告」。

 中韓の反日暴動程度であれば、レベル1の「注意喚起」すらなかなか出ず、「日本人は死んでも良いので中韓経済の妨げになるような注意喚起はしません。情弱な日本人は死ねば?」の日本の外務省ですら、今回のフィリピンの情勢については渡航は無謀であると主張する。

 いったい、何がフィリピンで起こっているのだろう。そのまま外務省海外安全HPを確認してみると。

●主に,ミンダナオ地域のレベル3(渡航中止勧告)発出地域では,身代金目的の外国人誘拐等が多発し,様々な武装勢力が活動を行っているため,これらの地域には目的の如何を問わず渡航は止めてください。
●2016年9月の南部最大の都市ダバオ市における爆発事件,12月末のレイテ島の一部地域での爆発事件,2017年4月のボホール島おけるテロ組織と治安部隊との間の衝突事案,5月初旬のマニラ市キアポ地区における相次ぐ爆発事件,ミンダナオ島西部の大都市マラウィ市におけるテロリストによる市街地占拠事案などが相次いで発生し,市民を含む多数の死傷者が出ています。現在,首都マニラを含む全土において引き続きテロの脅威があり,十分な注意を要します。
●現下のテロ情勢を踏まえ,フィリピン政府は全土で国家非常事態宣言(2016年9月),ミンダナオ地域全域で戒厳令(2017年5月)を発しており,西部ミンダナオの一部地域では夜間外出禁止令が発せられるなど,テロ事案の発生に対して全土で厳戒態勢がとられています。

 との事なのだ。つまり現在、フィリピンは世界最大のテロ組織であるイスイス団と交戦中であり、この1ヶ月で300人以上の犠牲者を出しているのだ。

 この、外務省の渡航中止勧告は、6月1日に発行されたもので、今現在も有効である。さて。これはなんで報道されないのだろう。

 あ。ちょっと言い換えようか。
 海外の日本語メディア…例えば、AFPとかBBCは報道している。日本語で。日本国内のメディアは、どこもほとんど報道していない。

 答えは。無論共謀罪の成立を阻止する為だろうと俺は思っている。
 共謀罪ってのはテロを未然に防ぐ為の法案である。これが大々的に報じられていれば、共謀罪の成立にはかなりの追い風になっていたであろう。

 フィリピンのマラウィの情勢を見ているに、テロの拠点なんぞできたらガチで最後である。鎮圧には多大な犠牲が必要で。だからこそ、事前に察知して潰す必要があるわけだ。いろいろ理由をでっちあげて別件で踏み込むしかない日本の状況では、フィリピンのマラウィに拠点ができていた事を考えれば、かなり状況が差し迫っていたと思ってもいいだろう。

 メディアが気がついてないわきゃないんだよねぇ。日本のメディアはどこも気がついているはずだ。
 それで、ちっとも報道されず、逆に心底どうでもいい加計やら森友やらを連日、安倍を潰すチャンスとばかりに報じ続ける。

 流石やね!心底安倍が憎く、心底日本人がどうでもいいのだろう。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ジハード―イスラム主義の発展と衰退

コメント (2)