事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第三十八回「昌幸」

2016-09-25 | 大河ドラマ

第三十七回「信之」はこちら

今日はタイトルどおり真田昌幸(草刈正雄)の最期。九度山に蟄居させられてからの十年を一気に。

この大河をこれまでリードしてきたのは草刈正雄。誰だってそう思っている。あの美男なだけだった男が、古畑任三郎の神の回「ゲームの達人」を経由してここまでの役者になった。代表作を問われれば文句なく「真田丸です」と答えることができるのだ。もって瞑すべし。いや草刈さんは死んでないですけど。

前回の視聴率は17.3%と的中。昌幸だけでなく、本多忠勝(藤岡弘、)、加藤清正(新井浩文)までが退場。代わりに登場したのが大人になった秀頼(中川大志)。堂々たる偉丈夫。だからこそ家康があせるというのはわかりやすい。自分の息子(星野源)よりもよほど有望なので(笑)。

久しぶりに歴史オタク教師から関ヶ原総括が。特に今回まったく登場しない北政所(鈴木京香)がらみは参考になった。

・実子がいなかったことで、客観的な判断ができた人だった

・血族が秀吉のせいで不幸になっていくことで、より冷めた目で世の中を見た

・大恩ある織田家の様子を見ていて、平和のために権力が移ることに抵抗感がなかった

……なるほどなるほど。特に秀次の扱いで豊臣という存在を客体化し、それ以上に、本人の意向はどうあれ“そうあったのではないか”と徳川が煽ったというのはいかにも。

同じように床につきながら、妻の薫(高畑淳子)は信之(大泉洋)のもとで食欲ありあり。夫の昌幸は信繁(堺雅人)のもとで死んでゆく。長男が捨てざるをえなかった“幸”の字を受け継いでくれという運びは泣ける。そう来るかあ。だから二週つづけて人名がタイトルなんだね。

昌幸が信繁に託した策は驚天動地のもので、同時に現実的だ。十年かけて考えた策が、息子に受け継がれていく(微妙にねじれていくのだけれど)ことを確信しながら冥土に旅立ったのだ。総括すれば確かに晩年は恵まれなかったかもしれないけれど、この十年を「どう徳川を倒すか」だけに傾注。幸せな人生ではないでしょうか。

孫(彼もまた悲劇的な最期を迎える)に、いじめっ子への対策を授けて倒れる展開は、もちろん「ゴッドファーザー」のマーロン・ブランドを意識したのでしょう。すばらしい演技だった。草刈正雄のこれからに期待。今回は絶対に18%台!

第三十九回「歳月」につづく

コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 「官賊と幕臣たち」原田伊織... | トップ | 「すかたん」 朝井まかて著... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

大河ドラマ「真田丸」第38回 (日々“是”精進! ver.F)
信濃に帰りたかった…。 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609250001/ NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック 2 [ 服部隆之 ]
大河ドラマ「真田丸」 #38 昌幸 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
あっという間に関ヶ原、 あっという間に昌幸が。
NHK大河ドラマ「真田丸」第38回「昌幸」 (真田のよもやま話)
どなたにも公平に必ずそれはやってまいります。良い人にも悪い人にも、ちょいと悪いんだけど超魅力的な父上昌幸様にも、老いと死の影が忍び寄るご様子。どうなんでしょう初志貫徹......
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い38昌幸死す・・・死に際に信繁に秘策を授け...... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第38話は九度山に幽閉された昌幸と信繁は何度も赦免を願い出るも家康は死ぬまで解くつもりはないという腹だった。そんな中で信繁には大助と娘が誕生し何も......
真田丸 第38回「昌幸」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第38回「昌幸」  あらすじ・・・・・・・
【真田丸】第38回 「昌幸」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
紀州九度山村に幽閉となった昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)ら一行。 昌幸は信之(大泉洋)を通じ何度も赦免を願い出るが、家康(内野聖陽)はそれを無視して着々と天下取りを......
真田丸「昌幸」 (のほほん便り)
タイトルから、ずっと存在感を放った、昌幸(草刈正雄)の最期は覚悟してたのですが、その最後の十年を描きつつ、本多忠勝(藤岡弘、)、加藤清正(新井浩文)までが、名物になっ......
真田丸 第38回「昌幸」~ひとりひとりが生きておる。ひとりひとりが思いを持っておる (平成エンタメ研究所)
 九度山での蟄居生活。 ・高梨内記(中原丈雄)は山菜摘み。 ・きり(長澤まさみ)は村の長・長兵衛に菓子を持っていって挨拶。 ・佐助(藤井隆)は、あっという間に家を建てる......
〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第38回「昌幸」感想 昌幸ロス大量発生!「幸」の字継承へ (しっとう?岩田亜矢那)
クレジットタイトルに 竹本義太夫 の名前があってちょっとビックリした。 時代的には九度山に居ても矛盾はしないんだけど、 このあと「ちかえもん」のように近松門左衛門とススッ......
真田丸 第38回「昌幸」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第38回「昌幸」  あらすじ・・・・・・・
大河ドラマ 感想 真田丸 第38回「昌幸」 (架空と現実の雑記帳)
九度山に蟄居させられた昌幸。家康が征夷大将軍に任じられたと聞けば、「家康は浮かれているから赦免される」と言ったり、子の秀忠に征夷大将軍を譲ったと聞けば、これまたチャン......
真田丸 第38回 (レベル999のgoo部屋)
『昌幸』「さらば!昌幸」内容信之(大泉洋)らの助命嘆願により、昌幸(草刈正雄)信繁(堺雅人)らは、紀州九度山へ幽閉処分となった。春(松岡茉優)や、高梨内記(中原丈雄)......
真田丸、昌幸の遺言!! (函館 Glass Life)
戦国の世では領土を守り抜くことさえ至難の業、しかも信濃の小豪族 に過ぎなかった真田家を大名にまで押し上げた昌幸の才覚は並外れた ものがあったのでしょうね 昌幸がもし?大......
真田丸 第38話「昌幸」 (昼寝の時間)
公式サイト 紀州九度山村に幽閉となった昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)ら一行。昌
【真田丸】第38回「昌幸」感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
副題「昌幸」新聞ラテ「さらば!昌幸」第38話の関東の視聴率は、前回の17.3%よ