事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「祝祭と予感」 恩田陸著 幻冬舎

2019-11-17 | 本と雑誌

Kansas - Dust In The Wind ...with Lyrics

蜜蜂と遠雷」の直後に読んでいたら、それはそれは楽しかっただろうとは思うけれど、「あれ、これ誰だっけ?」と思い起こしながら読むのも一興なスピンオフ。

特に、教え子が社会人、家庭人としてきちんと生活しながら作曲を続け、そして早世したことを悼む「袈裟と鞦韆」と、“自分の楽器”との出会いを描く「鈴蘭と階段」がいい。そうだよ鈴蘭って毒があるんだよね。そしてその毒も含めて受け止めていこうという少女の覚悟がすばらしい。

風間塵(くどいようですけどカンザスのダスト・イン・ザ・ウインドから名前をいただいてます)と師匠の出会いを描いた「伝説と予感」を最後に置いた構成も憎い。


コメント   この記事についてブログを書く
« 日教組東北ブロック事務研2019 | トップ | いだてん 第43回 ヘルプ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事