きまぐれ日記

高知県室戸市の地域情報と写真などの趣味の話。時々エッセイ風に。

6月29日(日)のつぶやき

2014年06月30日 02時32分49秒 | 日常

セクハラの定義について知っている人はどれほどいるだろうか。『セクハラ』の定義は、そもそも、確定していない。女性が不快だと感じると、セクハラというのが、定義らしいのだが、個人によって感じ方が違うので、何がセクハラになるのかは、主観的な問題だということ。男性に対するセクハラは、無視・


男女平等であるから、男性に対するセクハラもある。セクハラは、女性に対する行為だけだと思われているが、、男性に対する行為もセクハラになる。しかし、メディアでは男性に対するセクハラは報道されない。女性は、社会的弱者で、女性の言う事は正しいという社会的先入観がある。


つまり、男女は平等ではなくて、女性は、優遇されるものという社会的通念がある。男女同権、平等とは、女性を優遇する事を意味しているのではないかと思われる。社会的に、女性は不遇で苦痛を負わされている。男性は社会的に優遇されていて、女性より苦痛を味わうことはないと、男女同権を叫ぶ人たち。


男女同権どころか、日本は女性を優遇する社会で、女尊男卑になっているのではないかとすら思える。ほんとに男女同権を叫ぶのであれば、義務も果たすべき。『結婚しないさい』がセクハラになって、『結婚』がセクハラになり、『子供を産む』がセクハラどころか、人権侵害になりかねない。


女が強くなったと言うのは、男が弱くなったのではなくて、女性が優遇され、特別扱いされ、女性たにいして男が優位に立つ発言をすると、セクハラ、人権侵害になる。とすると、男は女性に対しての発言は、神経を使わざるを得ない。女性の近くによることも憚れる。少子化はこういうことも原因の一つ。


コメント

6月28日(土)のつぶやき

2014年06月29日 02時28分01秒 | 日常

2050年には、60%を超える地域で、人口が半減するらしいです。高知県に限って言えば、2050年までには必ず南海地震が起こるので、この数字以上に人口は減少します。人口が減少したら、労働力が減少して国力が衰えると単純に考えますが、そんなに単純に国力が衰えるのでしょうか。


悲観的な未来しかないのだと、多数の国民が思い、若年層の人々が結婚もしないし子供も産まないようにしようと思ったとしたら、デフレスパイラルのように、少子化スパイラルに陥ります。さらには、『結婚しなさい』というような言葉自体がセクハラになるような世の中では増々少子化を助長させてしまう。


将来に絶望することはない。35 年後にはテクノロジーは、今では想像できないほどに進歩しているはず。単純労働は、ロボット化されているかもしれない。現在でも、クローン人間はできる。たとえ、終戦後のように人口が7000万人程度になったとしても、日本では、文化的な暮らしはできるはず。


子供を産み育てることは、苦痛であり、苦役であると考える女性と、それは、人としての責務であり、喜びであると考える女性ではどちらが多いのか。いろんな口実はあると思う。子育てには経済的、肉体的負担が多い。子供を産まない方が楽である。子供産むことは喜びであるという教育を受けた人は・・・


子供産むことは喜びであるという教育を受けた人はどれほどいるだろうか。戦後、日本国が経済的に貧しいからといって、少子化になっただろうか。日本人は、今は貧しくても、未来は豊かになるとずっと信じしてきた。今が苦しくても、子供たちの時代にはきっと楽になると信じてきた。


自分の身はどうであれ、自分の存在が他者のために何か役立つ事を喜びとしてきたのが日本人。その意識が薄れ、グローバル化の中で、やたらと権利ばかり叫び、自己の利益ばかりを追求している。その結果が少子化につながっているかもしれない。自己の存在は次世代の日本のためにあるのではないか。


コメント

6月27日(金)のつぶやき

2014年06月28日 02時29分46秒 | 日常

室戸市は、高知県内でも、寿命が短い市です。この原因は、検診を受けないからなのでしょうか。検診を受けて早期に病気が発見されると寿命が延びるのは確かです。室戸市の場合は、検診を受ける率が低いとかそういう問題ではなくて、根本的に、自然環境が悪すぎるのではないだろうか。


日差しが強い。風が強い。潮風にさらされている。強い日差しが身体に悪いのは、明白です。同じく、潮風も身体に悪いのは間違いありせん。潮風は、金属を腐らせ、コンクリートを朽ち果てさせます。木は風雨と日差しで腐ります。自然環境が室戸市民の寿命を縮めているのは間違いありません。


高知県一、室戸市は寿命が短い、その原因は、自然環境であるのは間違いないですが、それと、同時に医療機関が貧弱であることもその原因の一つです。大きな怪我、病気になると、安芸市か高知市の病院に運ぶしかありません。救急病院が室戸市にはあるのですが、室戸病院は、夜間救急患者は受け入れない。


国土、国民の生命財産を守のが義務です。つまり、安全保障の問題です。市町村単位であっても、この考え方は適応できます。市民の生命を守るのは病院です。その病院が救急患者を夜間には受け入れないというのは、何を意味するかというと、市民の安全保障が脅かされているということです。


南海地震は目前に迫っています。それただけでも、市民の安全が脅かされています。それに加えて、救急患者の夜間の受け入れはしないとなると、市民の不安は増大します。南海地震が起った場合、長期避難場所がどこなのかも分かっていない。食糧、毛布、燃料の備蓄もしていない。


住民の安全保障をないがしろにしていては、安全な場所、仕事を求めて、市外に人口が流出するのは当たり前。人がいなくては、再生はできない。安全保障が担保されていないと住民は安心して暮らすことはできない。人口の二割は、南海地震の津波と揺れで命を失う。さらに、その二倍の人数が避難所で死亡。


都議会でのセクハラヤジは、メディアの捏造報道から始まっている。『早く自分が結婚したほうがいいんじゃないか』と、テレビ報道では、テロップが入ってるが、実際には、『みんなが結婚したほうがいいんじゃないか』と聞こえる。『みんな』の部分を『早く自分が』に捏造して、塩村文夏議員に対するヤジ


塩村文夏議員に対するヤジにすり替えている。『みんなが結婚したほうがいいんじゃないか』は、少子化に対する正論である。これが誰かを誹謗中傷することになるか。そもそも、セクハラの定義とは何か。塩村文夏議員は、外国人記者クラブの記者会見で、外圧によって、日本を貶めようとしている。


塩村文夏の過去の言動の疑惑については、国民の前で、説明する責任があるのではないか。今回のセクハラ発言は、メディアを利用し売名行為であり、安倍政権への攻撃であるようにも思える。セクハラ発言から、都議会、あるいは、日本の社会の女性蔑視の風潮といった次元にまでに問題を広げている。


この、メディアの報道は、まさに、従軍慰安婦問題にも通じる。女性が少しでも不快を感じたら、セクハラ、自分の意志に反して連れて行かれたら強制。セクハラヤジと、慰安婦の強制連行には通底するものがある。捏造を洗脳によって真実だと思い込ませる。これが、反日メディアのやり方。


jp.fotolia.com/id/33780342
fotoliaで、神輿洗いの写真が売れました。神輿洗いの写真としては、何かつまらない写真に見えます。波の中に入った時の写真がいいのではないかと思われるかも知れないですが、そういうものはストックフォトでは売れません。


photolibrary.jp/img186/124316_…
フォトライブラリーでは、釣り人を救助している時の写真が売れました。これは、訓練ではなくて、実際に救助している時の写真です。こういうシーンはなかなか見られません。


コメント

6月26日(木)のつぶやき

2014年06月27日 02時29分45秒 | 日常

今朝の高知新聞社説で、都議会での疑惑のセクハラ発言に言及していた。その記事の中で、発言の内容を、『結婚した方がいい』と書いてあった。一般的に、『自分が早く結婚した方がいいんじゃないか』と、報道されている。ところが、『自分が早く』の部分は、捏造で、実際は、『みんなが』と聞こえる。


高知新聞は、あえて、捏造の部分の、『自分が早く』の部分を省略して、『結婚した方がいい』という言葉そのものがセクハラだと書いている。この言葉は、重要な部分をカットして編集して、事実と違う、印象操作しているようなもの。この言葉は、独身の女性のみに対して適用されるような印象操作だが、


もちろん、独身の男性にも、適用される。『結婚しなさい』という意味の言葉をいう事は、セクハラであるという、共通認識を国民に持たせてしまった。『結婚しなさい』という言葉は放送禁止用語になった。テレビ、CM、映画などで、このフレーズが使われるとセクハラで訴えることができる。


職場での、独身の男女に対して、『早く結婚したら』と言う言葉をたとえ、同僚の間でも、言えなくなる。上司が言うと、セクハラと、パワーハラスメントの両方が適用される。一般の家庭でも、子供に対しては、『結婚しなさい』は、セクハラになる。親子間でも禁句になる。


何とかして、少子高齢化から脱却しなければならないのに、メディアは少子高齢化を促進している。メディアを牛耳る勢力が、いくらでも捏造をして、日本の世論操作できる。世論操作は、日本の国力をそぎ落とし、日本を貶める方向に働く。庶民は、思考停止に陥ってはいけない。


日本の人口が減るのは分かるが、外国人が200万人もいることに驚いた。こんなに外国人がいるのに、さらに外国人を増やす政策は、危険。


コメント

6月25日(水)のつぶやき

2014年06月26日 02時26分27秒 | 日常

高知県内の、児童虐待が増えているようです。児童虐待と言えば、身体的に傷を受けるというイメージですが、実は、そういう場合より精神的な苦痛とか放置するといったことが、身体的虐待より多いようです。精神的苦痛というのは、言葉による虐待だと思うのですが、子供は親に言われた事は一生忘れない。


親から、叩いたり、蹴られたりしたことも忘れないのですが、言葉によって人格を否定されたりすると、その恨みは心の奥底に抑圧されて沈殿します。この親に対する恨みが子供の生きる力になったりすることもあります。親は子供に復讐されます。現実に、子が親を殺す事件が起きています。


抵抗ができない幼い子供の存在を否定するような言葉、人格を否定するような言葉は決して発してはいけません。子供は間違いなく、いい子には育ちません。親から言われた酷い言葉は、子供は一生忘れません。子供が成長すると、親と子供立場は逆転します。その時に悲劇が起こります。子供に復讐されます。


親の育児放棄によって、子供が餓死するという事件も起こっています。この、日本で、こういう痛ましい事件が起こっているのです。親は、親になる教育は、基本的に受けていません。母親になる教育も受けていないし、子供の育て方も教えられない。男女同権平等だから女だけが子供を産むのは不平等なのか。


常識的に考えましょう。女が子供産むのは不平等なのか。子供を育るのは、男と、女ではどちららが適しているのか。子供は、母親に育てられる方が幸せなはず。母親の思いがすべて子供には伝わります。愛情をもって育てられるか、憎しみをもって育てられるか、母親のおなかにいる時から子供は知っている。


pixta.jp/photo/2316332
ピクスタで、久しぶりに、エクストラライセンスで売れました。室戸岬の何でもない写真です。台風の波が高い時とか、長時間露光で波を消した幻想的な写真が売れると思われるのですが、ストックフォトではこういう汎用性のあるものが売れます。


コメント

6月24日(火)のつぶやき

2014年06月25日 02時38分17秒 | 日常

youtube.com/watch?v=ngwq3J…
この動画は、東京都議会での、塩村文夏(あやか)議員の質疑時のヤジと言われる音声の部分です。『みんなが結婚したほうがいいんじゃないか』に聞こえます。しかし、メディアでは、『早く結婚したほうがいいんじゃないか』と言ったと報道している。

1 件 リツイートされました

『みんなが結婚したほうがいいんじゃないか』であれば、ヤジではなく、一般的な意見である。メディアは、『みんな』の部分を『早く』と捏造して報道している。捏造報道で一人の人間を悪者に仕立て一つの方向の世論を作り上げている。ヤジを飛ばしたのが自民党議員である。


安倍政権が河野談話の検証を発表したから、その報復の一つとして、政権政党である自民党の議員を、安倍政権嫌い、あるいは、反日勢力が、血祭りにあげたという観測もある。メディアによって事件が捏造されることがある。メディアは公正な報道をするべきである。


セクハラと言われる発言をした議員を一方的に非難する報道ばかりで、擁護する報道は全くない。対立する意見がある場合は、両方の意見を偏りなく報道するのがメディアの責務。しかし、実際は違う。反日勢力は日本の津々浦々まで巣食っている。日本を貶めるために、政権を転覆させるために。


反日勢力、反体制勢力の巣窟がメディアである。新聞に書かれているから正しい、テレビで報道しているから正しいと、多くの国民は思ってしまう。それは、まるで、メディア教である。メディアの報道は何でも正しいと、ありがたく頂戴する。何でも受け入れて、思考停止状態に陥ってはいけない。


youtube.com/watch?v=T3Zv8J…
『結婚したほうがいいんじゃないか』という言葉がセクハラというなら、我々は日常的にこの言葉を使っているから、日常的にセクハラをしていることになる。女性の立場からこの事件をどう見ているか。このビデオは一つの意見。


youtube.com/watch?v=Gaxm2d…
女性は、社会的弱者だから何を言っても許されるという社会的通念は正しいのだろうか。塩村文夏(ふみか)議員は以前に、明石家さんまさんの、『恋のからさわぎ』という番組に出演している。彼女がどういう人なのかは分かると思う。社会的弱者なのか。

1 件 リツイートされました

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140623-…
本能寺の変は、長宗我部元親を救うためだったという新たな手紙が発見された。これはほんとの事か。


メディアが、都議会での、ヤジを殊更大きくとりあげ、海外でも報じられた結果、『結婚しなさい』という意味の事を言うのは、日本の社会ではセクハラになるという共通認識になっている。とすると、テレビ、CM、映画で、「結婚しなさい」というフレーズは使えなくなる。フーズどころか、「結婚」という


「結婚」という言葉すら使えなくなるかもしれない。親だからといって、娘に、「もう、いい年だから早く結婚しなさい」というフレーズはセクハラになる。ドラマでは、親が娘にたいして、こういう台詞を言うシーンはよく見られたがこれからはこういうシーンはなくなる。その結果どういうことが起こるか。


その結果、結婚そのものを敬遠し、少子高齢化が促進される。人口減少を補うために、大量の移民が日本に入り込む。この場合の移民とはほとんどが中国人。武力による侵略ではなくて、合法的に、日本が中国の植民地になります。メディアによって踊らされて、セクハラは許せない、人権無視だと声高に叫ぶ


人権無視だと声高に叫ぶほど、反日勢力の思う壺に入る。日本人自らが、日本はこんなに人権無視のセクハラ国家だと宣伝するようなもの。日本人が日本を貶める。この騒ぎは、日本が嫌いな日本人、反日工作員、反日勢力によって作られたものではないか。塩村文夏は祭り上げられ鈴木議員は人身御供。


コメント

6月23日(月)のつぶやき

2014年06月24日 02時27分20秒 | 日常

昨年の米国への投資が、日本が世界一になりました。ということは、投資先が中国から米国に変わったことを意味します。中国への投資は激減しています。この傾向は、今後も続きます。中国に対する幻想を持つ時代は終わりました。これからは、中国から脱出する時代になります。


政府は、テロが拡大して、中国が分裂した場合、邦人を脱出させる方策を考えているでしょうか。だいたい、中国の残留邦人は、13万人です。民間の飛行機で、どのくらいの期間で脱出させることかできるのでしょうか。そもそも、空港は使えるのでしょうか。鉄道は、港は使えるのでしょうか。


船で脱出する場合、民間の船が足りなくて、米軍の船を使うという事も起こりえます。その時にこそ、集団的自衛権が大きな意味を持ってきます。邦人を米国の軍艦が移送する場合、自衛隊が米軍の護衛をします。中国軍は、日本の艦船は攻撃する可能性はあっても、米軍の艦船を攻撃する可能性は小さい。


政変とか、テロが起こって他国から米軍が邦人を移送する場合に、自衛隊が護衛をするというシナリオの他国とはどこなのかといえば、中国ではないのか。日本政府が憲法解釈変更して、集団的自衛権の行使を急ぐのは、中国の政変、分裂が迫っているからなのではないか。


中国で政変が起って、中国の自治区が独立を宣言するような事態ににった場合、中国の軍部は民衆の目を自国から外に向けさせるために、暴走を始め、日本に戦争を仕掛けてくる可能性がある。日本がもっとも恐れなければならないのは、人民解放軍の爆発である。それが迫っている。


都議会で、『早く結婚すればいいじゃないか』と女性議員に対して言ったヤジがハラスメントとして問題になっています。こういうことはふつふの職場でも起こります。女性に対する発言は気を付けなければなりません。女性に対して、「結婚をしなさい」がハラスメントになるのであれば、他にどういう言葉が


女性を褒める言葉も禁句になる可能性があります。髪型とか、服装を褒める言葉がハラスメントになる可能性もあります。女性の顔をじっと見たり、肩をちょっと叩いたりすることもハラスメントになります。職場で、女性に対する禁句を決めておくべき。そうすると、男性は、女性に対する言葉に神経を使い


男性は、女性に対する言葉に気を使いすぎて、仕事に支障が出る可能性があります。その対策としては、女性には全く声を掛けない。できれば、完全に黙殺する。職場の飲み会には、絶対に女性は誘ったりしない。これで、足りなければ、最初から、女性を職場の環境に合わないと言う事で、雇用しない。


下手に、女性に声を掛ける、ハラスメントになるのであれば、職場を離れ場所でも増々、男性は女性に言葉を発することに委縮してしまう。そうすると、男女の出会う機会も減り、婚姻率が下がり、少子高齢化が促進されるようになる。メディアがこのことを促進している。


日本の人口が減り、日本の国力が落ちると、反日国家は喜ぶ。日本の人口が減るから、移民を受け入れる。移民とは、ほとんどが、中国人。合法的に、日本が中国の植民地になる。社会が、男性を委縮させ、女性化していく。


コメント

6月22日(日)のつぶやき

2014年06月23日 02時30分28秒 | 日常

日本は、法治国家で、ほんとに、法を守国家で、GHQが占領下に作った憲法も改正しない。それだけ、法を守る国家です。日本のように法を守る国家は、他にはないだろうと思う。国際紛争の場合は、国際法で解決する。それが当たり前である。日本のような当たり前の価値観を他国は持っていない。


他国も日本と同じ価値観を持っているわけではない。韓国は、法を軽視する。法の上に国民感情、道徳が位置する。日韓の間で、条約を締結しても、その時代の為政者、国民感情によって、条約、法を黙殺してしまう。韓国は民主国家ではない。いまだに、李氏王朝なのである。価値観を全く共有していない。


法が通用しない、価値観を共有しない国とはいくら交渉したところで、妥協点は見つけられない。たとえ、見つけたとしても、為政者が変り、国民感情が変れば、その妥協点がまた、黙殺される。この繰り返しである。韓国とは、ほんとは、全く関わらない方がいい。反日行為に対しては、経済制裁もありえる。


韓国人は感情をコントロールできない。韓国語は語彙が少なくて、自分の感情を表現する事ができないので、激高するとも言われているが、一種の民族的精神的風土病かもしれない。あらゆるものに対して恨むのが韓国の文化であり、その最大の対象が日本である。反日が彼らの生きるよりどころである。


韓国は、事大主義、他国に頼る事、恨む事をやめ、自国が世界の中心だという自負があるのであれば、何物も恐れず、民族と国家に誇りを持ち、真の民主国家になるべき。反日教育を続けているのは、実は、日本に対する恨みからではなくて、自国に対する恨みの裏返しではないか。早く民主国家になるべき。


民主主義とは読んで字のごとく、国民に主権があるはず。地方レベルで考えれば、市民が主である。とすると、従となるなのは、行政側、つまり、公務員である。公務員は公僕なのか。それとも、役人は住民の上の立ち位置なのか。住民が公僕を批判する事は多々ある。逆の場合はどうか。


公僕が、住民に何らかの具体的な圧力をかけた場合、住民を貶めるように行為をした場合、例えば、ネット上で、住民を非難した場合は、犯罪なのか。犯罪ではないが、住民の感情としてはゆるせない。まさに、グレーゾーン。選挙で選ばれた公僕は選挙で落とすことができる。


高知県は、社会に女性が進出している先進県らしい。確かに、高知県の女性はよく働く。所得が少ないから、女性が働いて家系を支えるということもあろうかとも思う。共稼ぎはごく普通だという感覚がある。むしろ、働かない方がおかしいと思ってしまう。


コメント

6月21日(土)のつぶやき

2014年06月22日 02時29分10秒 | 日常

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-…
河野談話の検証結果が発表された。河野談話の基となったのは、慰安婦からの聞き取り調査ということだったが、この調査は、そもそも、儀式のようなもので、裏付けも信ぴょう性もないことが決定的なり、河野談話そのものが日韓の創作であった。


政府は、河野電話の見直しはしないと言っているが、河野談話の検証の結果は、実質的な河野談話の見直しである。河野談話が存在するがゆえに、韓国はディスカウントジャパンを全世界で展開している。米国では、慰安婦像、碑が建てられ、米国在住の日本人の子供がいじめ、人種差別に遭っている。

1 件 リツイートされました

全世界で、韓国及び、中国によって、真実の歴史が捻じ曲げられ、全世界で日本人の尊厳が凌辱されている。この現実に対して日本国政府は何もしてこなかった。政府は何もできないので、民間が立ち上がるしかない。日本政府は、戦勝国史観を継承せざるを得ない。しかし、国民は真実の歴史を知りつつある。


政府を動かすのは、世論である。河野談話の検証にまでこぎつけさせたのは、民間団体の活動と、世論である。政府は何もしないから、民間人が涙ぐましい努力をしている。過去、現在、そして未来の日本人の名誉と誇を取り戻すために、河野談話は撤回するべき。河野洋平氏を国会に招へいする時が来た。


headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-…
日本政府が、河野談話を否定できないのは、米国が背後にいるから。河野談話は、韓国と日本だけの問題ではなく、この問題は東京裁判史観の戦後の戦勝国史観と関連してくるから。韓国は相変わらず、事大主義で,米国に告げ口外交をしている。


もし、日本国の政府が、河野談話を否定する発言をすると、米国は日本に対して何らかのアクションを起こす。安倍首相を総理の座から下ろす工作をするだろう。そのことは安倍首相は、分かってるから、河野談話に関しては、いうなれば、ダブルスタンダードの立場を取っている。


公には、ことに、対外向けには、河野談話の見直しはしないと公言し、国内の保守層に対しては、実質、河野談話を見直したというメッセージを発信している。国民の世論が盛り上がれば、河野洋平は国会に招へいされるはず。国民世論を味方にすれば、安倍首相は米国の圧力も跳ね返すことができるはず。


コメント

6月20日(金)のつぶやき

2014年06月21日 02時30分52秒 | 日常

ツイッターのタイムラインは、ワールドカップが多くなるだろうと思う。日本は、ギリシャと引き分けで、現在、グループリーグでは3位。グループリーグの突破の可能性は消えたわけではない。可能性はどの程度なのか。日本中がサッカーに熱狂している状況が、どうも、解せない。


四国の景気は好調のようですが、実感はできません。製造業の景気がいいのでしょうか。小売業の景気がいいのか。小売業は、6月になってから、いっそう、景気は落ち込んでいる感じがする。消費税の増税分以上を値引きしている感じがする。実質、デフレが続いている。


東京オリンピックの影響で、東京は、および、大都市圏は設備投資をして、人手も不足の状況だろうと思う。地方も、そういう状況なのだろうか。地方では、設備投資は控えているように思う。


headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-…
本日、韓国が日本の竹島の領海を含む海域で射撃訓練をしたのは、本日、河野談話の検証結果が発表される事に対する対抗処置と思われる。何が発表されるのか注目したいと思う。


コメント