はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  B級横浜散(505) 南区裏通り散策(1)

2020-01-17 08:38:06 | 日記

毎年毎年、年の暮れあたりから
新年にかけて徘徊する
楽しい場所がある

今年も昨年と同じコースでも
のんびりと徘徊してみるか〜
なんてなり
歩いて南区の川沿いの一本裏通りを
とことこ歩いてみた




知る人ぞ知る
早朝からやっていて手打ちうどんやら
定食やら酒やら
なんでもござれ、
そう、明け方まで飲んでいて
これから飲み直しで次行くかー 
なんて言う輩とか
(仲間でもそんな奴はいくらでもいた)
朝から飲みに入る人
仕事前に朝食を食べに入る人
とにかくごった煮みたいな
「高橋」さんがあった場所あたりだ

まあ、はげまるが週末あたり
頻繁に通っている
「埼玉屋」さんみたいなもんである




ここ「高橋」の煮込みが美味かった、
はげまるが川崎に住んでいた
50年以上前に食べた味がしたので
よく食べに行っていたもんなぁ




あー
このクソ寒い年の瀬にもう一度
高橋の煮込みで一杯飲みたかった




なぁんて思いながら
川沿いにある埼玉屋さんの
一本裏通りあたりを歩いて行く

このあたり、
ひと昔前あたりは
はげまるブログに何度となく
登場している散策コースであり
とにかくトタンの宝庫であって




この辺りはトタンアパートが
密集していた場所であり
写真をかなり撮ったもんである

この辺りの写真は「高橋」同様
はげまるブログをさかのぼって見れば
見つけられるので
各々探してくださいね




未だに残っているスゲー建物がある




ひと昔前から鉄工所は稼働してない
感じであったが
今でも建物が残っている事が凄いなぁ









夏の頃になると埼玉屋さんの前に
へろちゃんとよく入る
「山上酒店」




貼り紙が見えるぞ




なんと閉店のお知らせである

こりゃ〜 
昭和のトタン、昭和の銭湯
昭和の立ち飲み、昭和のトイレ等の
散策玄人のはげまるにしては
「山上酒店」の写真やらを少し
載せるしかあるまい




昨年の夏あたりに埼玉屋さんの前に
へろちゃんと二人して行った時の写真








お母さんの後ろ姿





へろちゃんとはげまる




真夏の夕方前に二人して
物音がほとんど無い無音状態のなかで
飲む角の水割りは
たまらなく美味い

ここでカラー版を少し載せてみる








ビールの友としっかりと刻印されている
鉄製のデカイ栓抜きである




このビールの友の栓抜きはきっと
はげまるが生まれた時代ぐらいに
製造されて今まで
元気に山上酒店さんの
カウンターでしぶとく栓を抜く仕事を
していたんだろうなぁ




山上酒店さんさようなら。

続く

この記事についてブログを書く
« 異国情緒あふれる港町  B... | トップ | 異国情緒あふれる港町  B... »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事