はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町横浜 (516)  市外編  浦安市場とトタン(2)

2019-01-19 07:29:38 | 日記
浦安市場のカラー写真の話に行く前に
ちょっくら脱線する




本牧通りに昭和の時代からある
月嶹寿司のトタンが素晴らしい




月嶹寿司の文字の真ん中あたりにある
⛩の位置も素晴らしいが
その下あたりに描かれている山並みも
銭湯絵同様にたまらなくいい

横浜市の有形文化財にしたいような
凄いトタンが
ぬぁんとぬぁんとぬぁんと





月嶹寿司閉店のお知らせの紙が貼ってあった

あ〜〜
悔しい悲しいなぁ


そんなこんなで
ヤケクソで浦安市場の
カラー写真に話を進めていく




浦安駅から少し歩いていくと
大図さんが
「浦安市場が見えますよー」




浦安市場デカイ看板の左側が
無くなっているぞ、
いいぞいいぞー
(普通の人なら喜ばない事に
無性に嬉しさを感じるはげまるである)




はい
浦安市場





前回モノクロで載せた浦安市場の
前にある飲み屋さん総合建物





さーて
中に入ってみますか

市場であるから午後は人っこ一人いない


もちろん無断で中に入っているから


ネコちゃんみたいに
あたりを見回しながら




抜き足差し足忍び足

はげまるが子供の頃は
個人商店が並んでいるこんな市場が
あちらこちらにあったもんである





そう思うとら、こりゃー
はげまるブログにも残さなくてはなるまい

抜き足差し足忍び足

にゃ〜ん にゃ〜ん



とにかく市場の中を10分程で
散策した写真を載せてみる

初めて浦安市場に入ったので
コメントはほとんど書かない
と言うより書けないのである




入って来た入り口方向を写す





ほんじゃ
ここから先は写真だけでお楽しみください















































さらば浦安市場さん。


異国情緒あふれる港町横浜 (515)  市外編  浦安市場とトタン

2019-01-15 08:29:28 | 日記


昨年末久しぶりにすげ〜〜トタンの集落を見てきた
場所は千葉の浦安にある浦安市場付近である





この辺りは来年の3月頃に壊されてしまう
浦安市場と一緒に壊されてしまう感じである



音楽仲間であり
埼玉屋に通う紳士同盟仲間でもある
(なんだなんだ)
大図さんのライブ仕事で浦安に行った時の
写真である





南区は未だに御立派なトタンが
見られる場所であるが
近頃ではこのようなトタン集落には
なかなかお目にかかれない





トタンフェチのはげまる
感極まって息するのを忘れてしまい
気絶する寸前であった





あ〜〜
あぶねぇあぶねぇ




大図さんが
「浦安には浦安市場という
凄い昭和している場所があり
来年に壊されてしまうみたいなので
ライブ前に散策しましょうよー」

なぁんて事になったのである





はげまるは昭和の景色
そう、トタンやベニヤを散策するほうが
ライブより楽しいのである
(ほんと)





トタン集落で考える人








浦安市場の前にはスナックやら
食事処やら小店ばかりが
並んでいる一角がある





きっと浦安市場の仕事を終えた人達が
毎夜毎晩通っているんだろうな























ニャンちゃん






浦安市場の入り口のひとつ





浦安市場の中は次回に回す事にする











張り紙が貼ってあった






浦安市場が昭和28年に建てられた
なぁんて書いてあるぞ、
はげまるとほぼ同じ年代である

う~~ん・・・・・・

言葉も出ないくらいのう~~んであるな)





昭和感満点のモノクロ写真でした

(カメラGRD III撮り)






異国情緒あふれる港町横浜 (514)  市外編  京急川崎駅から大井町の旅(2)「立会川」「鮫洲」

2019-01-11 10:13:00 | 日記


とにもかくにも
風邪の熱がちんたらちんたらだらだらと
じじぃのおしっこみたいに未だに続ている

じじぃは免疫力はもちろん
全ての機能が年々劣化していくもんである、
なぁんてあきらめと
ヤケクソが入り混じっている

まあ、死んでしまったら
熱も暑さも寒さも感じないのだから
毎度の
あー 生きててよかった

風邪はまだ完治てないが
熱はだいぶ下がってきたので
前回の続編でも
書いていくことにした





さーて
焼き鳥で酒が飲めるぞー

なぁんて声には出さないが
会長さんの後をとことこと着いて行く



第一京浜国道を渡った川沿い
安くて美味い焼き鳥があるそうである




楽しみだなぁ

なぁんて第一京浜を渡って
店の前に行ったら
張り紙が貼ってあった
「本日祭日の為にお休みとさせていただきます」

がっぴーーーーん

前に岡山の☆☆☆さんと都電荒川線の旅も
酒が飲めなくて大変な思いをしたはげまるである
「会長! とにかくとこでもいいから
どこかに入って軽く一杯
ぶぁ〜っとやりましょうよ!」

会長様

「.まあ、立会川駅から京急で
鮫洲あたりに行ってから考えましょう」

なんてのんびりとしたお答えが返ってきた



くっそ〜〜
だんだん散策がめんどくさくなってきたぞー
とりあえず又橋を渡って立会川まで
引き返す事にした




川の反対側の商店街の看板






昭和感溢れるアーケードを真っ直ぐに
行くと京急立会川駅である



このアーケード街、
なんか40年は軽く経っているみたいで

会長さんが
「なんかー渋いねー」





昔からやっているみたいな
スナックの看板がちらほらと
目に入ってくる





第一京浜道路の先が立会川駅である







このあたりで一杯やりたいが
会長さんはさっさと歩いて行く

そう
会長さんは意思が固く
融通が利かないみたいであるな

それにしても立会川駅付近は
昭和が沢山残っていて大満足であった





立会川駅からまた
ガタゴトガタゴトガタゴト
が始まった




ガタゴトガタゴトガタゴト






ガタゴトガタゴトガタゴト
鮫洲駅が見えてきた




鮫洲駅



駅前の喫煙コーナーに向かう
会長さんが写り込んでいる





鮫洲駅前にあった地図

やたらと神社仏閣があるのがわかる
そう言えば今はないが
京急は鮫洲→青物横丁→新馬場→北品川
→品川と駅があるが「新馬場」は
その昔は「南馬場」「北馬場」
なんて駅があって
やたらとお寺が沢山あった記憶がある

前に書いたが
神社仏閣近くに遊郭あり、
吉原遊廓が近い入谷付近なんかも
お寺だらけであり
この近くの北品川にも
吉原遊廓に負けないくらいの
有名な遊郭があったから

皆さん
神様拝みついでに
おね〜さんでも拝んでみるか、
なんて輩が沢山いたそうである



鮫洲には免許試験場があり
こんな看板を見ると昔が懐かしい

はげまるは50年位前の
髪の毛ふさふさで寝癖がついてしまう時代に
この鮫洲試験場で免許証を取ったのである

鮫洲試験場も懐かしいが
寝癖がついて困っていた青春時代が
懐かしいなぁ








さて、これから会長さんと二人
大井町に行って
まだまだ昭和が残っている飲屋街で
一杯やるのである

るんるん。



はげまるライブ情報

2019-01-10 16:50:04 | 日記
はげまるのライブ情報です






宜しくお願い致します

    

ど〜もいかんな

2019-01-07 09:05:12 | 日記
昨年末あたりからひいている風邪が
なかなか完治しない

熱が少し下がったので
油断して仲間達と酒を飲んだりすると
翌日また熱が上がってきたりする
この繰り返しを未だにやっている
はげまるは
アホだなぁ〜

なんて再認識している次第である

そんなこんなで
はげまるのブログを更新するのが
めんどくさくなってきた

それにブログで生計を立てている
わけでもねーし

風邪が完治してアホな脳味噌が
動き出すまで少しおやすみします

m(__)m