Toy Box

ごちゃ混ぜ日記

今年の作品は・・

2010-10-31 19:19:38 | 趣味

土曜、日曜と公民館の文化祭でした。

第12回になりました。

昨日は台風の影響で出足は鈍りましたが、今日は市長さんも来館し大いに賑わいました。

今年の陶芸の作品はこの2点のみ。



黄瀬戸に織部の釉薬の作品

別にサボったわけではありませんが、こちらも出品しました。

丸い形の2客が作品

丁度1年前から参加したガラス教室です。

ビギナーは私だけですが、見に来た方から気に入られたこのワイングラス。

ベテランの作品が居並ぶ中だけに嬉しくなりました。

おかげでやる気満々。

これですね、褒めることが如何に大切か。

もっと褒めまくって子育てすれば優秀な子に育っていたかも・・・・・いえちょっと言ってみただです。

コメント (2)

話題の羽田へ

2010-10-28 20:00:18 | モブログ

12月の気候だったとか肌寒い1日でした。

その雨の中、行って来ました話題の「羽田国際線ターミナル」へ。

想像通り混雑していました、特に人気エリアは。

そのビルは5階建てで、2階が到着ロビー、3階が出発ロビー、

4,5階がEDO MARKET PLACEのショップ、レストラン街です。

先ず、真ん中に鎮座している真っ赤な江戸舞台が観客を惹きつけます。



時間でパフォーマンスが見られるようです。

左右に広がる通路は江戸小路、仲通り、広小路、江戸前横丁と称され

お洒落で可愛らしくレイアウトされた店内はどこもギュウギュウ詰め。



レストランも順番待ちの長蛇の列、空弁を買って食べている人もいました。

展望デッキは5階にありましたが生憎の雨の為、傘をさしてまでデッキに出ている人はいませんでした。

小さなスペースに小さなお店がひしめいている中で、

ゆっくり見ることも出来なかった今回ですが、

人気のほとぼりが冷めた頃、又行きたい気はありますが・・・そんな頃は来そうにない?

 

コメント (2)

2010-10-22 12:01:01 | モブログ

疲れました。

私が神経質すぎるせいかもしれません。

姉と甥の卓史君の訪問は今の住まいになってから初めてです。

わずか24時間にも満たない滞在だったのに疲労を感じたのは障害を持った彼のせい?

卓史君は身長180cm以上はある成人ですが、精神年齢は4~5歳。

今でこそ行動半径が狭まり、大人しく座ってTVを見ることが出来るようになりましたが、

毎日のパターンが変わると落ち着かない。

子供時代は目を離すと,家からいなくなる事はしょっちゅうでした。

その度に姉は追いかけて捕まえ、毎日が運動会のよう。

迷惑をかけただろうご近所にはいつも頭を下げていましたっけ。

店の商品を無断で持ってきたり、往来では自転車に乗って車と衝突したり、

東上線の線路を歩いて電車まで止めたとか、武勇伝は尽きませんでした。

彼の顔は、自傷行為の名残か顔にかき傷が数ヶ所残っていますが、

最近ではパニックを起こす回数も減りその行為も無くなったようです。

声をかけても私の目を見ることはありませんが、さっとそらして「うん」の返事はしてくれます。

そんな彼の面倒を一人で見てきた姉の足首は疲労でボロボロ、

杖を付いての今回の訪問でした。

卓史君のひげを剃って、歯を磨いてやった後、以前住んでいた町に行き、

レンタカーで依然お世話になった施設4ヶ所を回るとか。

底抜けに明るい姉の笑顔には元気を貰います。

 

コメント (4)

紅葉狩り

2010-10-12 20:29:48 | モブログ

那須連峰の茶臼岳と朝日岳に登ってきました。

茶臼岳は標高1915m。

噴気あり。噴火口に近い区域は硫黄の臭気が漂う。

朝日岳は標高1896m。

最も峻険な山体を有する鋭鋒。

およそ5時間の走行です。

紅葉の美しいこの時期は、昨日の「体育の日」を避けたのにもかかわらず、

駐車場を探すのも困難な程、賑わっていました。

今、話題の「山ガール」達にも遭遇し、華麗なるファッションに目を奪われましたが、

連れの男達のファッションもイケていましたね。

すれ違った時のさわやかな香りは、今時のお洒落な若者そのものでしたが、

ピアスを付けているのは心配になりました。

何故って、雷でも来たら真っ先に被害に遭うのではないかと・・・・これは老婆心ですね。

新しい靴に馴染めないまま、痛みを抱えての下山はちょっと苦しかったけれど、

目と心の保養になった一日でした。

 

 

コメント (2)

抜歯

2010-10-10 12:09:43 | Weblog

抜歯したばかりです。

口内は生臭さと麻酔が切れはじめ、感覚が徐々に戻りつつあります。

噛む度に痛みがはしり始め、我慢も限界に感じ始めたのがひと月程前の話です。

歯科医院は、出来て10年にも満たないこの町に、選ぶのに悩むほどあるので、一番自宅から近い医院にしました。

常時7~8人は勤務している医師達は案の定、30~40代の若さ。

土日返上、夜も8時までしっかり営業しています。

診察の結果は抜歯して入れ歯、ブリッジ、インプラントの三択をせざるを得ない状況でした。

どれも一生ものでないこと、インプラントは保険対象外、治療の時間等を時間を掛けて説明を受けました。

それから悩んだことおよそひと月。

96歳になる姑の歯は、全て自前と聞いていただけに、抜歯にはかなり抵抗があったのも事実ですが、

抜歯への恐怖感が一番判断を鈍らせたのです。

考え抜いた末にインプラントを選び、抜歯に至りました。

に何度も笑顔を投げかけた結果、

歯が入るまでの半年間は大口は開けられないと実感した次第です。

コメント (2)

ピンクの東京タワー

2010-10-01 20:20:55 | Weblog

今、東京タワーがピンクに輝いています。

撮影モードは「風景」

サッカーワールドカップで日本が出場というときにはブルーになりましたが

ピンクは初めて見ました。

10月は乳がん月間、今日一日は「乳がん検診の日」だそうです。

①治療中のあなたに愛と勇気をおくるために

②乳がんで亡くなったあなたを忘れないために

③早期発見が大事なことを知ってもらうために


そういえば私、前回検診したのは何時だったかな・・・・

4~5年は経っていそうですが何となく億劫です。
撮影モードは「夜景」

コメント (2)