Toy Box

ごちゃ混ぜ日記

ケータイデビュー

2007-03-31 20:49:10 | モブログ

新しいケータイを買いました。

が・・・買ったのは私ではありません。

今まで「ひまになったら持つ」と不携帯宣言していたハズですが、

ひまになった途端に買い求めました。

会社から半ば強制的に持たされていたものを除き、

初めての自分の携帯電話です。

ケータイショップには私が使っている2年前のモデルはすでになく、

新機種ばかり勢揃い(当たり前の事ですが)。

シンプルな機能の機種を探していましたが、それもなく、

使い易さを求めたら勧められたのがこのケータイです。

早速、取説片手に操作の開始。

30分過ぎた頃には「疲れて眠くなった」ですって!

「ケータイを使えない人はいないでしょ!」の私の言葉に叱咤激励され、

けなげにも再開。

あの指の動きを見ているとかなり時間がかかりそう。

そばで見ているとストレスが溜まりそうです。

ちょっとばかり早く触れた私の方がここぞとばかりイニシアチブを取り、

優越感に浸っています。

絶対追い越されないぞ

 

★全く携帯電話の話から外れますが・・・

 珍しいカーネーションを頂戴しましたのでお見せします★

紫色のカーネーション

人工的に着色したのでしょうか、初めて見る色です。

 

 

コメント (4)

さようなら

2007-03-29 10:04:15 | Weblog

月曜の夕方電話が鳴りました。

「○○号のKですが。昨夜・・時ごろ主人が亡くなりました。

お通夜は明日・・・葬儀は明後日・・・場所は市の斎場です」

突然の悲報に頭が上手く回らず「ご愁傷様です。・・ご冥福をお祈りします・・・」と

応えるのがやっとの私。

つい一週間もたたない前、ご主人にお会いしたばかりだっただけに信じられません。

その時、公園のベンチにご夫婦で座っており、

彼は挨拶した私に手を降ってくれたのです。

そのあまりにも痩せた姿を目にした時、一抹の不安を感じましたが・・・

現実になったしまいました。

すい臓がんを患って丁度2年。会社役員を退任し、これからという時の発病でした。

手術入院と抗がん剤の投与以外は自宅で療養をなさっており、

体調のいい時はスポーツクラブで体力回復に努めていました。

話し好きで本当に明るい方。

自分の病状を包み隠さずお話なさるので聞かされる方が

戸惑ってしまうくらいでした。


柔道で鍛え抜かれた体は徐々に蝕まれ、

最高時の体重より30キロは落ちてしまったと喪主を努めた奥様の会葬の言葉。

2年間の闘病生活を涙こらえながらも淡々と話された奥様は立派でした。

享年68歳。

本当に惜しまれる年齢です。    

コメント (2)

小さな旅

2007-03-27 17:04:23 | 食べる

陶芸の仲間と取手市までちょっとした小旅行を試みました。

作家100人によるティーカップの展示会です。

途中、柏で昼食をいただいたところが・・・

「竹やぶ」です。

建物からインテリアまでお洒落で独創的。

割れた皿やビー玉を埋め込んだアプローチや塀、玄関にたどり着くまで楽しめます。

もちろん店内も。

    玄関

「そばおためしコース」を注文しました。

 

そばがき                     せいろ

 

にしんそば                      水あずき

そばがきは一番ボリュームがあったかな・・・

柔らかく、もちもち感が優しい。

せいろは底のざるが透けるくらいの量。この2倍は欲しいところ。

温かなにしんそばは、かつおの出汁がしっかり出ており、

ニシンを入れて食べない方が私は好き。

水あずきは「水ようかん」風。甘さひかえめで、あずきの粒が大きい。

ゆっくり堪能した昼食後に行った展示会

      

見るだけのつもりが見ると欲しくなるのが真情。

価格はぴんきり。

デパートで求めるより格安とか。

買っちゃいましたマイカップ。

 

 

 

 

コメント (4)

旅のアルバム

2007-03-25 18:15:46 | 

 

香港の写真の整理がはかどっていませんが・・・

一部ご紹介します。

邦画「武士の一分」のポスターも見つけました。

広東語の表現も興味深かったのですが撮り損ねました。

ここはちょっとお洒落なレストランだったせいか客層もバラエティに富んでいました。

それにしても香港人は「飲茶」が大好き!

どんな店でも美味しく、安価で食べられるのがその理由のようです。

 

コメント

花、華やかに・・・

2007-03-21 22:02:05 | 趣味

一昨日、香港から帰国して気付いたこと。

3月1日撮影

今日21日 

去年の2倍は花が咲いたムスカリです。

数えたら20数個はありそう。

咲き終わった後、一回り大きな鉢に植え替えたら来年はもっと増えるかも・・・

手が掛からず楽しませてくれるのは、我が家向き。

これは澳門のSt.ポール寺院を観光した時、近くの砲台跡で見つけた花々。

    

なんとポインセチアが地植えされていました。

         

ハイビスカスも至るところで見つけました。

       

これは初めて目にした花。名前がわかりません。

香港の街中でも目にした大木で、真っ赤な花はツバキくらいのサイズ。

不思議なことに葉が見当たりません。

ブーゲンビリアはもちろん、ツツジも満開。

香港の国旗の花も撮ったのですが失敗してアップ出来ませんでした<m(__)m>

こちらは全体に華やかで大きく、赤い花が多いような・・・

日本の花のほうが繊細で可憐な花が多そうです

 

コメント (2)

努力できるのも才能だ

2007-03-20 23:31:14 | Weblog

昨夜香港から帰国しました。

ここは、香港より気温がおよそ10度は低く、冬に逆戻りしたよう。

でも成田に着いた時、空気の透明さと新鮮さ、そして環境の清潔さを感じました。

これは香港とは限らず海外からの帰国時にいつも感じるものですが・・・

今朝の新聞(一週間ぶりの日本語の記事は新鮮)を読んでいたら、

こんな記事に目に飛び込んできました。

努力できるのも才能だ

今、水泳の世界選手権がメルボルンで行われており

シンクロナイズド・スイミングのソロで原田選手が銅メダルを獲得しました。

彼女を支えたのが恩師のこの言葉だそうです。

好きな言葉に「継続は力なり」があります。


自分を鼓舞する言葉であり、理想の言葉でもあると思ってきまし、

子育て中によく登場して来た言葉です。


しかしながら自分の中で、この言葉には行き止まり、

つまり結果が出せない自分に限界を感じる事もしばしば。

それに比べ前述の言葉は努力を惜しまない限り生き続ける気がします。

年齢差、性差、身体能力など全てを越えて生きる言葉とは思いませんか?

大好きな言葉になりそうです

 

コメント (2)

深川

2007-03-17 11:11:43 | 

「深川」は香港の中心から1時間以内で行ける一番近い中国大陸です。

香港の居住民はIDカードと指紋で簡単に出入国が出来るようです。

いつでも買い物客で大混雑、大きな荷物を抱えた人達の「往来」は、

「移動」のように映り、近年の日本では見られない光景です。

駅前

駅ビル内のショッピングセンターから撮りました。

この中に沢山の商店と、今回の目的のネイルとマッサージの店舗が入っています。

洋服やバック、靴などを、興味深げに店舗を覘いただけで、

売り子が寄って来て、私の腕を取って放さない強引さは怖いくらいでした。

ぼんやり、のんびりショッピングは危険です。

これは二時間もかかったジェルネイル。

ネイルしてから一月以上は保持できるというものですが、指一本一本塗っては

乾燥を繰り返し、最後に細かい絵柄を描き仕上げるもの。

中学生くらいの女の子が一生懸命下働きしている姿を見た時は、

つい親心の目で見てしまいました。

支払いは170香港ドル。1香港ドルが15円ですから・・・

人件費の安さには驚かされます

その後はマッサージがきっちり2時間。これも安い!

交通費をかけ出入国の煩雑さもありながら、

「深川詣で」が魅力なのはここにあります。

(深川の川は正しくありません。読みもシンセンではなくサンチャン?)

 

コメント (6)

MACAU 澳門

2007-03-15 13:12:13 | 

澳門へ日帰りで行ってきました。

香港からフェリーで約1時間15分で到着。

400年以上もの間、ポルトガルの植民地として過ごしてきたこの地には、

西洋と東洋が混在してエキゾチックな顔を見せています。

世界遺産の建造物が12もあります。

これはその一つで特に有名なセントポール大聖堂。

一年中世界各国から観光客が訪れるところ。

日本人の学生らしきグループが記念撮影をしていました。

そして澳門といえばカジノ。

いくつかを覗いてきました。

最大のカジノ

派手ハデのイルミネーションは日本のパチンコ店のそれにも似て・・・

もちろんスケールは大違いですが。

プレイしている人達はごく普通の一般人。

普段着の老若男女(18歳以上の)が楽しんでいる様は、生活に

すっかり定着しているようです。

行きのフライトの中で、映画「007 カジノロワイヤル」を見たばかりだったので、

プレイヤーのドレスアップを期待していたのですが・・・残念。

そんな華やかなものではありませんでしたね。

もちろん内部のインテリアは驚くほどゴージャス。

そしてこれはライトアップした他のカジノ。

まさに不夜城の雰囲気。

慣れていない者にとっては、訪れるのは勇気がいりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

飲茶

2007-03-14 00:14:30 | 食べる

香港の住人にとって「飲茶」は無くてはならない食文化の一つ。

とにかく安くて美味しい。

レストランにもよりますが、朝からオープン。

朝食とランチを兼ねるブランチとも言え、、特に休日は沢山の人達が、

大勢でテーブルを囲み賑やかに食事を楽しんでいます。

内容は春巻き、餃子など日本でもなじみ深いものばかりですが、

まったくそれとは異なりどれを食べても・・・美味しい!

おまけに安い!

写真は後日にしまします。お休みなさい。

 

 

 

コメント (3)

香港行き♪

2007-03-12 16:45:46 | モブログ
以前も同じような場面がありましたが・・・
成田空港となると被写体はどうしてもこれ!
言い訳はさておいて、心はひとっ飛び、もう遥か彼方へ行っています。o(^-^)o
これから一週間、主婦を忘れる!!

コメント (5)