ベジタリアン・マーフィーの菜食日記・日々是精進

平和を愛するベジタリアン。生命倫理、菜食、環境問題など、みんなで考えよう!

誰かが言っていた

2011-04-29 07:51:03 | 心の修養
受けた恩義は石に刻め。
かけた情は水に流せ。
コメント

サヨナラ原発、神戸アクション

2011-04-26 21:55:55 | その他
4月29日の祝日

13時~集会(市役所南側の東遊園地)
15~16時パレード
コメント

果報は寝ててはだめ

2011-04-26 18:23:17 | 心の修養
【果報は練って待て】

仏教用語で、原因と結果の法則(因果律)にちなんだ言葉です。
日々、こつこつ努力精進して積み重ねて得た結果のこと。

決して寝てても得るものは無いわけです。
コメント

環境省の試算

2011-04-24 20:05:11 | その他
4月21日、やっと環境省が風力発電に関する明るい発表を出しましたね。
うまくいけば原発40基分の電力が生産できるとか…
テレビのバンキシャでも放送してたけど、特に海上に浮かべるタイプは、海底の環境破壊も無く風も大抵吹いてるから安定的らしいです。
なにせ太陽光パネルより、風力の方が電力供給に期待出来るそうです。

これまで経済産業省と東京電力に、ことごとくつぶされてきた自然エネルギーで未来像を描くことも可能になりました。

ところで、あの計画停電も不思議な政策です。
バブル全盛期ジュリアナ東京の如く日本中が踊り狂っていた頃、4500万キロワットを東電が供給してたけど、今東電が最低必要だと主張してるのは、5500万キロワット。
これだけ省エネ家電が売り出されても、当時より電力消費が増えてる…って、不思議な話です。
これってオール電化のおかげ???


これを機会に電気依存生活を見直そう。
コメント

ナマ春巻き~

2011-04-23 18:48:27 | べジ自炊
ナマ春巻きを作りました。
具は、チシャ菜、にんじん、きゅうり、こんにく。


“こんにく”ってのは、名古屋のかるなぁさんで購入した、「おからこんにゃく」のパクりみたいなの(-.-;)


酢、醤油、ラー油、粗びき胡椒で食べます。
あるいは、コチ醤の甘いタレでも美味しいでしょう~(^o^)/
コメント

しばし休憩た~いむ

2011-04-23 15:44:09 | Weblog
今日のボヤキ川柳、お題は「のぞく」


腹の中
覗かぬおかげで
まだ夫婦

体重計
覗いた妻が
肩おとす

覗くたび
妻が包丁
研いでいる

女子会を
覗いてみたら
ニューハーフ

あんなとこ
覗く勇気を
お持ちかな?

いい夫婦
覗いてみれば
深い溝

女子会を
そっと覗いて
みてごらん



(苦笑)
コメント

すーちゃん

2011-04-22 09:26:17 | Weblog
キャンディーズの田中好子さんが、乳癌で亡くなりました。
享年55才。

子供の頃は欄ちゃん派でしたが、朝ドラの「ちゅらさん」に出てて、すてきだなぁ~と思いましたよ。


日本人女性の乳癌や子宮癌、また骨粗鬆症など増えてるようです。

赤ちゃんの頃から牛乳製品を摂りすぎるからダメなんでしょうね。

改めて、知識のスリコミには注意したいものです。

スリコミと言えば、計画停電!
火力発電所を稼働させずに、電力が足らないパフォーマンスをしている業界…


騙されないようにしよっ!
コメント (2)

穀雨

2011-04-21 08:08:12 | 生き物たち
気がつけば昨日は『穀雨』でした。
だんだん春雨の降る日が増えて、田畑を潤し種蒔きやその成長の時期となります。

さてさて、“幸せの種”を蒔きましょう。
コメント (2)

福島原発避難区域で路頭に迷う生き物たち

2011-04-19 19:24:02 | 生き物たち
福島原発20km圏内の牛や鶏、犬と猫たち。
勇気ある撮影者は大丈夫なのか(汗)!?


パート1


パート2
コメント (2)

長崎原爆記

2011-04-18 21:28:59 | その他
1945年、長崎に原爆が落とされました。
爆心地から1,4kmのところで被曝した医師、秋月辰一郎氏は玄米菜食の食養生活をされてて、病院のスタッフや患者さんにこんな指示を強くされてました。

※玄米、海藻、北海道の南京、天然塩(味噌汁や梅干しなど)を食べるように…
※動物性はもちろん砂糖も厳禁です。


そのお蔭で、スタッフや患者さんに犠牲者が出なかったとか…

『長崎原爆記』はチェルノブイリの原発事故の後、ヨーロッパでも多く売れたそうです。


自分が病弱で始めたマクロビオティックが、被曝時に役立つとは想像もされて無かったでしょうね~
秋月氏が病弱だったゆえに、マクロビを習い医師として多くの人々を救ったのは、『災い転じて福』となった一例でしょう。
コメント (2)