デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ガンピやテイカカズラ

2018年05月31日 | デジカメ散歩日記

ガンピ(ジンチョウゲ科)

今にも雨が落ちてきそうな生憎の天候である。過日、山口県地方は「梅雨入り」したとのことで、これから当分の間こうしたぐずついた天候が続くのであろう。所要を済ませ「兄弟山」周辺を歩いた。まず見かけたのは羽根車のような特色ある花をつけたテイカカズラである。そしてすぐその近くではネズミモチの花が咲きはじめているのを見かけた。コナスビやソクシンラン、スイカズラなどをカメラに収めながら奥へ奥へと歩をすすめといると、長さが7~8mmくらいの小さな小さな白い花をつけた低木を見かけた。ガンピである。これを今日の一枚しとするほか、以下、前記のテイカカズラ、スイカズラ、ネズミモチなどをUPする。

テイカカズラ

スイカズラ

ネズミモチ


旅先で撮った美しい庭園(島根県大根島の由志園にて)

5/29~30の二日間、友人たちと山陰を旅してきた。一日目は米子市内観光に続き境港市に宿をとり「水木しげるロード」を散策、宿では酒を酌み交わしながら「昔話」。二日目は、牡丹と雲州人参で知られている「大根島」へ向かい、美しい庭のある「由志園」を訪れてみた。もうすぐ80才を迎えようというのにみんな元気だ・・・・。楽しく愉快な二日間だった。来春は尾道で再会・・・。


ネジキの花

2018年05月25日 | デジカメ散歩日記

小さな小さな白色の花をいっぱいぶら下げたネジキ(ツツジ科)

朝のうちは曇り空だったが次第に青空が出てきて好天気に。気温も急速に上がり今日の日中は真夏なみの暑さとなるであろうと報じている。そんななか、所要を済ませ「スポーツの森」周辺を散策した。ニワゼキショウやニワゼキショウの中間、アカバナユウゲショウ、チチコグサ、タチイヌノフグリなどを撮りつつ歩をすすめ、林の縁にさしかかったところでネジキが小さな小さな花をいっぱいぶら下げているのを見かけた。これを今日の一枚とする。以下、前記のニワゼキショウとその中間のセッカニワゼキショウ、そして、ネジキを見かけた近くの林の下で、名前の判らない4弁の小さな花を見かけたのでこれもUPする。

淡紫色のニワゼキショウ(アヤメ科/帰化植物)

白色のニワゼキショウ(アヤメ科/帰化植物)

ニワゼキショウを細くしたようなセッカニワゼキショウ(帰化植物)という名の植物

林下で見かけた径が5~6mmくらいの4弁の花


山柿の花やヤマボウシ

2018年05月24日 | デジカメ散歩日記

山柿の花

昨日は一日中、雨が降ったり止んだりの生憎の天候だったが、今日は朝から晴れ渡っている。そんななか、Jeepで、山地の集落(稔畑地区)へ向かい周辺を歩いた。コガクウツギやコツクバネウツギ、ヤマボウシ、ニガナ、サルトリイバラの実などを撮りながら歩をすすめていると、山柿が可憐な花をつけているのを見かけた。これを今日の一枚とする。さらに歩をすすめていると、小さな鐘形の可憐な花をぶら下げたナツハゼを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、前記のヤマボウシ、帰り道の集落で見かけた桐の木が花を咲かせているのを見かけたのでこれらをUPする。

ナツハゼ(ツツジ科/スノキ属)

特色ある花をいっぱいつけたヤマボウシ(ミズキ科)

帰り道の集落で見かけた桐の花

田植えが済んだ集落の田圃


ウリノキに出会った

2018年05月22日 | デジカメ散歩日記

ウリノキ

雲は多めながらも好天気である。そんななか、Jeepで「宮野湖」~「八丁峠」方面に向かった。湖周辺では、コガクウツギ、スイカズラ、ウツギなどを撮りつつ歩をすすめていると、特色ある花をぶら下げた樹木を見かけた。手持ちの図鑑で調べたところウリノキと判明、これを今日の一枚とする。白い花弁が外側にそりかえり、長さがおよそ3センチくらいの雄しべをぶら下げているというおもしろい形をしている。「八丁峠」方面では、ガマヅミやビロードイチゴの実、ヤマツツジ、真っ白い花を泡状につけてハイノキなどを見かけカメラに収めて帰った。以下、もう一枚ウリノキをUPするとともに、前記のハイノキ、ウツギ、ヤマツツジなどをUPする。

ウリノキ

ハイノキの花

あちこちで見かけるようになったウツギ

ガマズミ

崖地の高い位置に咲いていたヤマツツジ・・・ズームアップして撮った


タニギキョウに出会った

2018年05月21日 | デジカメ散歩日記

タニギキョウ:木陰のやや湿った場所で見かけた5~6mmほどの小さな小さな花

昨日同様今日も爽やかな好天気である。そんななか久々Jeepで「21世紀の森」周辺に向かい山道を歩いた。まず出迎えてくれたのはツクバネウツギ、そして林の縁のあちこちでガクウツギやコガクウツギが競うように咲いていた。未だ健在なシャガやカキドオシ、ニガナ、ハナニガナなどを撮りながらさらに歩をすすめていると、木陰のやや湿った場所で小さな小さな可憐な花を上向けにつけた野草を見かけた。キキョウ科のタニギキョウである。これを今日の一枚とする。さらに歩をすすめていると、山の斜面でナルコユリを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、前記のツクバネウツギ、コガクウツギ、ハナニガナなどをUPする。

ナルコユリ

ツクバネウツギ

コガクウツギ

ハナニガナ

田植えが終わった山地の集落


ナツハゼの花やスイカズラなど

2018年05月20日 | デジカメ散歩日記

ナツハゼの花:小枝に小さな小さな釣鐘型の花をいっぱいつけていた

雲ひとつない好天気である。時折通り抜ける風がとても爽やかで心地よい。そんななか田園地帯から二つの集落(熊坂~大山路)を経て我が家までの一周およそ5キロコースをひたちすら歩いた。集落にさしかかったところの林の縁でシソバタツナミを見かけたのでまずはこれをカメラに収めたのに続いて、すぐその近くの清水が出ているところでミズタビラコもカメラに収めた。ひきつづきニガナやハナニガナ、咲きはじめたウツギ、白い集団花をいっぱいつけたガマズミ、至るところで競うように咲いているスイカズラなどを撮りつつ歩をすすめていると、小枝に小さな小さな釣鐘形の花をつけた低木を見かけた。手持ちの図鑑で調べたところナツハゼと判明。これを今日の一枚とする。以下前記のスイカズラガマズミ、シソバタツナミなどをUPするほか、散歩中に通りかかった「SLやまぐち号」をUPする。

スイカズラ

シソバタツナミ

ガマズミ

今日は、散歩中に通りかかった「SLやまぐち号」も撮った。今日も沢山の「SLファン」が押しかけていたが、それらの中に「北海道から来た」という女性の方がおられ驚いた。飛行機で福岡へ、そこからレンタカーで山口まで。昨日から今日にかけてSLを「追っかけている」とのこと。


ソクシンランやシソバタツナミなど

2018年05月18日 | デジカメ散歩日記

ソクシンラン(ユリ科)

今日の空も厚い雲に覆われていていまにも小雨が落ちてきそうな生憎の天候。そんななか山地の集落、岩杖地区へ向かい、奥地の集落(杖坂)までの「往復コース」を歩いた。まずはシソバタツナミの生えている場所を覘いてみたところ、数株その姿を見ることができカメラに収めた。谷川岸のノイバラやエゴノキなどを撮りつつ奥へ奥へと歩をすすめていると林の縁で小さな小さな集団花をつけたガマズミやコガクウツギ、ウシハコベ、キジムシロなどを撮りさらに歩をすすめていると、米粒ほどの小さな小さな壺型の花をいっぱいつけたソクシンランを見かけた。これを今日の一枚とする。以下、もう一枚ソクシンランをUPするとともに、前記のシソバタツナミ、ガマズミ、咲きはじめたウツギなどをUPする。

もう一枚ソクシンラン・・・・ズームアップしてみた

シソバタツナミ

ガマズミ

咲きはじめたウツギ


ニワゼキショウやキキョウソウ

2018年05月17日 | デジカメ散歩日記

ニワゼキショウ(アヤメ科)

空は厚い雲に覆われ、いまにでも小雨が落ちてきそうである。そんななか、川岸コースを歩いた。その名のとおり「米粒」のような小さな小さな黄色い花をつけたコメツブツメクサや、これもまた小さな花をつけたマメグンバイナズナ、ハルジオンに代って咲きはじめたヒメジョオン、タチイヌノフグリ、アカバナユウゲショウ、アメリカフウロなどを撮りつつ歩をすすめていると草地で可憐な花をつけたニワゼキショウを見かけた。これを今日の一枚とする。図鑑によると、北アメリカ原産の「帰化植物」で、明治中期に渡来し各地に拡がったとのこと。その近くではキキョウソウを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、前記のタチイヌノフグリ、アメリカフウロなどをUPする。

キキョウソウ(これも北アメリカ原産の帰化植物)

タチイヌノフグリ(ヨーロッパ原産の帰化植物)

アメリカフウロ(北アメリカ原産の帰化植物)

アカバナユウゲショウ(南アメリカ原産の帰化植物)・・・紅色と白色が同居していた

 


キンランやハタザオに出会った

2018年05月15日 | デジカメ散歩日記

美しい花キンラン(ラン科)に出会った

今日も好天気である。しかも今日の日中は30度を超すかもしれないと報じている。そんななかJeepで「宮野湖」~「八丁峠」方面に向かった。湖周辺では、エゴノキをはじめガクウツギ、ツルカノコソウ、ツボスミレ、タチイヌノフグリなどを見かけカメラに収め峠方面へ。峠にさしかかる手前で長~い茎の先端付近に小さな白い十字の花をつけたハタザオを見かけた。毎年のようにこの時期この場で出会うことのできる貴重な存在である。その姿をカメラに収めさらに奥へ奥へとすすんでいると、崖地に朱赤色の花をつけはじめたヤマツツジを見かけたのに続いて、峠付近でおよそ30センチの花茎の先端に美しい黄金色の花をつけたキンランに出会った。これを今日の一枚とする。図鑑によると「山地や丘陵の林下に生える高さ30~50cmの多年草」でその名は、花の色から「金襴」となったとのこと。以下、もう一枚キンラン(全体像)をUPするほか、前記のハタザオ、ヤマツツジ、ガクウツギなどをUPする。

キンラン(全体像)

ハタザオ(アブラナ科)

ヤマツツジ

ガクウツギ

今日もエゴノキ


花いっぱいつけたエゴノキ

2018年05月14日 | デジカメ散歩日記

清楚な花をいつぱいつけたエゴノキ

昨日は一日中小雨が降ったり止んだりのあいにくの天候だったが、一転して今日は好天気に。そんななか、我が家からおよそ1キロ地点にある「スポーツの森」周辺を散策した。ニワゼキショウやカタバミ、アカバナユウゲショウ、ノアザミ、イチゴツナギなどを撮りながら森周辺へ。同周辺ではニガナやハナニガナ、コナスビなどを撮りつつ歩をすすめていると、林の縁のあちこちで白い清楚な花をいっぱいつけたエゴノキを見かけた。これを今日の一枚とする。昨日の雨で花片が同木の下にいっぱい落ちていた。しばらく歩をすすめていると可憐な花をつけたスノキを見かけた。これを今日のもう一枚とするほか、前記のコナスビ、ハナニガナ、イチゴツナギなどをUPする。

スノキ(ツツジ科)の小さな小さな花

コナスビ(サクラソウ科)

ハナニガナ

イチゴツナギ(イネ科)

森近くの集落にて